毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

5102号 【 平均を逸脱する勇気なくして、圧巻の存在になどなれるはずがない 】


■仕事において成果を上げたい、とは、
 みな、思うことだと思いますが、

 【成果を上げる】

 とは言葉を換えると、

 【異常な存在になる】

 ということです。


 ここでいう異常な存在とは、

 【平均を逸脱した存在】

 という意味で用いています。



■そもそも、成果を上げるという言葉の中には

 【平均値を(上の方に)逸脱する】

 という意味が内包されているわけですから、


 成果を上げたいと願う人はみな、
 すべからく

 【平均を逸脱した存在(=異常な存在)】

 になることを決意しなければなりません。


 そうでなければ、語義矛盾となってしまいます。


 平均からは逸脱したくはない、

 そんな心持ちのまま、
 大きな成果を上げることなど、

 できるはずがないのです。



■結果を残したいのなら、

 【いずれかの分野において必ず平均を逸脱し、
  異常値を取りにいかねばならない】

 ということになりますね。


 異常値を取りに行くとは、
 そもそも異常な取り組みなのだから、

 自ずから異常な行動が伴います。

 異常な行動のみが、
 異常な結果をもたらしてくれるのです。



■違う表現を取るならば、ある方向に向けて

 「出る杭になる」

 ということですから、

 そこには波風が立つこともあれば、
 場合によっては弓矢が飛んでくることだってある、

 かもしれませんね。



■けれども

 【圧巻の成果を出す存在】

 になろうと決意したならば、

 いちいち、そんなことを恐れていては
 話にならないので

 そうした事態をむしろ喜びへと変えるための
 心持ち、ならびに技術が必要があるでしょう。



■周囲を瞠目せしめる結果を出し、
 評価を受けることを目指せば、

 それに伴い、予期せぬ様々な問題が
 降りかかってくる、

 これはある意味、
 やむを得ないことなのかもしれません。


 であるならば、

 【波風が立っている状態をむしろ喜べる、
  そんな「状況解釈装置」を備えた方が早そう】

 ですね。



■もしあなたや私が、
 圧倒的な成果を残そうと思ったら

 以上のような理由から、
 異端になることを決意する必要があり、


 つまりは、

 【向こう側の世界に到達するために、

  (中途半端な決意とかではなく)
  思い切った決断を下すべき】

 であるといえそうです。



■中途半端な決意や決定は「決断」ではないので、

 逡巡の末の「行こか戻ろか」となり、
 「行きつ戻りつ」の状態が続くだけの話。


 その程度のエネルギーでは、

 強い同調圧力の働くこの世にあって、
 現状を打破する力をもたらしてはくれません。


 結果として、

 「変わりたいとは思い、
  右往左往はしているけれども、

  平均的な成果を残す存在以上の存在とは
  なれない」

 こととなるでしょう。



■別にどちらに行くべきだとか、
 どちらが正解というつもりはありません。


 ただ、世の中にたくさんの

 「大きな結果を出すためには○○すべし」

 式の、本なりセミナーなり講演なりが
 ゴマンとあるわけですが、


 上述の意思決定(向こう側の世界に行くという、
 退路を断った決意、決断)なくして、

 ただただ漫然と本を繰り、
 セミナーに足を運び、

 といったことを繰り返していても、


 ここまで記述の通りのメカニズムにより、

 【平均値から逸脱し、

  異常値を叩き出す存在(=圧巻の存在)に
  到達することなど永遠にできない】


 つまりは

 【時間とカネの無駄】

 ということになるのではないでしょうか。



■口では

 「卓絶した業績を残せる人間になりたい」

 といっていても、心の中で

 「異常な人間だとは思われたくない」

 と思っている人は、おそらくは永遠に

 「卓絶した業績」

 を上げることはできません。



■(良い意味で)異常、異端の存在になると
 腹をくくった人から順番に、

 同調圧力の呪縛を逃れて大気圏を突破し、
 全く新しい世界に出ることができるのです。



■、、、と、

 決断はしたけれど、
 いまだ大気圏突破もままならぬ私(鮒谷)は、

 常に以上のことを心に置きつつ、

 【異常たれ、異端たれ(=圧巻の存在たれ)】

 と自らを叱咤、激励、鼓舞、扇動しながら
 毎日生きているつもりですし、

 これからもそのようにしていくつもり。



■ちなみに、以下は、

 【異常な存在になるための処方箋】

 をお届けしている音源となります。


 これを聞いて

 【異端の道を歩むことを決意された方】

 は数知れず。

 詳しくは、下記の音源を聴かれた方のご感想を
 お読みいただければと思います。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
 &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715


 <目標設定音源 本編をお聴きくださった方から
 お寄せいただいた377ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf

 <目標設定音源 フォローアップ編をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた80ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170714_testimonials_mokuhyou_fup.pdf

 <目標設定音源 Q&A編をお聴きくださった方から
  お寄せいただいた78ページにおよぶご感想紹介>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170714_testimonials_mokuhyou_qa.pdf

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■現在、当社にてご案内中の音源は、
 以下からお求め頂けます。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 <先週の売れ筋音源 BEST5はこちら
           ※8月14~8月20日・本数ベース>


 【1】早稲田大学商学学術院 井上達彦教授の
   『模倣の経営学』から読み解くイノベーション思考法

   ~あなたのビジネスを一大飛躍させるための、
    模倣についての19のヒント
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/7839881


 【2】鮒谷周史の、圧巻!『物語』を自在に操れる者だけが、
    人生を思い通りに生きられる」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/6536488


 【3】鮒谷周史の圧巻!「転落続きの人生を、
   日記を書いて蘇生させた話」放談会音源
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5955812


 【4】鮒谷周史の「圧巻!目標設定&目標達成」放談会
   &<フォローアップ編>&<Q&A>音源3本セット
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5162715


 【5】鮒谷周史の、圧巻!
   「極小リスク、ミドルリターン起業」放談会音源
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/4931004


 【6】ブックライター上阪徹さん音源<聞く力&書く力編>
   https://shinkaron.buyshop.jp/items/5362691


 【7】鮒谷周史が16時間、語り続けた
   セミナーフォロアップ音源集(全6巻)
    https://shinkaron.buyshop.jp/items/5005270


  ▼その他の音源はこちらからお求め頂けます。
   https://shinkaron.buyshop.jp/

  ▼音源ダウンロード等でのご不明な点、トラブル、
   その他どんなことでも、どうぞご遠慮なく

   http://www.2nd-stage.jp/contact/

   あて、お問い合わせ下さい。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■成果を上げる、とはすなわち、    【平均を逸脱した、異常な存在になる】    ということ。   ■自ら出る杭になることで、様々な摩擦も    生じることとなるが、    結果を出し、評価を得ようと思ったら    そうした状況をプラスに解釈すれば良い。   ■同調圧力に屈することなく、    異常値を取りにいくと覚悟を決めるのが    圧巻の存在になるための第一歩である。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。