毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3036号 安心して法螺(ほら)を吹かせてくれる友人


■夢を実現させるためにとても大切だと
 思っていることがあります。


 それは、

 「自分の可能性を信じてくれる人が
  身近に何人いるか」

 ということ。


 言葉を換えれば、

 「安心して法螺(ほら)を吹かせてくれる
  友人がどれだけ身の回りにいるか」

 ということです。



■実際、

 理論からいっても、
 経験からいっても、

 「ほらは吹けば吹くほど実現が近くなる」

 というのはどうやら間違いなさそうです。


 自分の可能性を信じ、
 応援してくれる人がいる。

 その人たちに向けて、ほらを吹く。

 そうすることによって、
 期待を裏切らないよう、
 がんばることができるのです。



■しかし、残念なことに、

 前向きな目標を口に出して言うと、
 二言目には否定、反対してくる人もあるようです。


 これは一つの習慣、習性であり、
 議論してどうなるものでもありません。

 議論しなければ前に進めない
 (たとえば家族とか、上司とか)

 であれば、時と場合によっては、
 話し合う必要もあるかもしれませんが、


 そのような習慣を持つ人と、
 もし距離をおくことができるのであれば、

 そのようにしたほうがお互いにとって
 いいだろう、というのが私の見解です。



■自分の可能性を絶対肯定してくれる人との
 つながりを大切にする。

 今、所属しているコミュニティに
 そういう人がいるのであれば、
 その関係を大切に深めていくべきであるし、

 もしそういう人がいないのであれば、
 外のコミュニティにそういう人を探してでも
 求めるべきでしょう。



■いつもメルマガで書いているとおり、
 自分ひとりで何かができる、と思うのは
 大いなる幻想です。

 さまざまな人の助けを借りて、
 夢は実現されていくのです。


 「安心して法螺(ほら)を
  吹かせてくれる友人」

 をたくさん持ちましょう。


 (私にとっては、メルマガ読者さんも
  この友人に含まれます。

  というか、含めてます 笑)



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分の可能性を信じてくれる人、安心して法螺を吹かせて    くれる人が身の回りにどれだけいるか、が夢の実現と    直結している。   ■二言目には人の夢や目標を否定してかかる人がある。    そういう人とあえて議論、討論する必要はない。    どうしても行わなければならない場合もあるが、    避けられるものなら避けるべき。   ■自分ひとりで何でも実現できると思うのは大いなる幻想。    安心して法螺を吹かせてくれる友人をたくさん持ちたい    ものだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。