毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2015号 発信して逃げられなくする


■昨日も少し書きましたが、
 それにしても、友人たちのマラソン熱は凄いです。


 わたしがメルマガでランニングを始めました、

 って書いたら、

 ランニング情報から、一緒に走ろうのお誘いまで、
 大量に友人知人からメールをもらいました。


■考えてみると

 「外部に発信して逃げられなくする」

 というのは、一つの習慣化の手法ですね。


 情報を対外的に公開して発信する、というのは

 【自らの逃げ場をなくす】

 ということにつながります。


■「大勢の人に見られる」というのは、それだけで
 大きなプレッシャーがかかるものですし、

 その場で「なにかを宣言する」というのは
 さらに大きな心理的な負荷がかかるというものです。


■わたしも、じつはランニングを始めるにあたって
 書くべきか、書かざるべきか、躊躇がありました。
 書いて、すぐにやめちゃったら恥をかくから。

 でも、思い切って、対外的に公開いたしました。

 まだ結論を出すのは早いですが、
 それでも書いて良かったとおもってます。


■大勢の友人たちから、あるいは読者の皆さんから

 「がんばれよ!」「がんばってね」「がんばってください」

 なんてメールを頂いたら、
 これはもう走り続けるしかない、

 わけですね。


■そしてこの感覚は、メルマガを書き始めた頃の感覚に
 酷似しているのです。

 寝不足の中、毎日、一生懸命メルマガ書き続ける中で、
 あー、今日は面倒だなあ、

 なんて思う日があっても、
 多くの友人知人や読者さんからメールを頂くので、
 それが励みになって、書き続けていくうちに


 【書くこと自体が中毒化してきた(書かずにおれない)】


 という状態になってきたのです。


■翻って、今回のランニングの件を考えてみるに
 おなじく最初のほうは、きっと

 「今日は面倒だなー」「眠いなー」

 なんて思う日がこれからきっと出てくると思いますが、

 リアル&バーチャルランニング仲間からの励ましを
 随時、受け続けながら、走っていくうちにきっと、


 【走ること自体が中毒化してきた(走らずにおれない)】


 ということになっていくはずなのです。


■そう考えてみると、

 「この習慣はぜひ身につけたい!」

 とおもったら、まずは対外的に発信することで
 逃げ場をなくす、と同時に応援団を得る。

 その応援の力で、最初のハードルをくぐり抜け、
 習慣化の軌道にのり、やがてはそれが中毒化するところ
 までやってみる。


■この繰り返しで、いくつもの有用な習慣をどんどん
 身につけていくことができるのではないか。

 そんな期待に胸を膨らませている今日この頃なのです。


■幸いなことに、わたしには発信するメディアがあり、
 でも、

 「おまえの日記とか決意なんか聞きたくない」

 といわれる方もあるかもしれませんが

 (その場合は残念ながら私との接点はそれまで、ということ
  なのでしょうが、それはそれで仕方ないと割り切り)


 しかしながら、

 そうやっていろいろチャレンジして経験した
 成功体験や学習体験をシェアする形で
 読者さんにも価値を還元していければ、


 【発信者である私にもメリットがあり、

      受信者である読者さんにもメリットが発生する】


 そんなことになりはしないか、と考えてみたり
 しているのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■習慣化するには「発信して、逃げ場をなくす」という手法が      有効だ。                            ■発信したら、応援してくれる人が現れる。              その力を借りて初期のハードルをクリアしさえすれば、        やがて、その習慣が楽しくなってきて、いずれは           「中毒化」することになる。                   ■そこまでいけば、あとは自動継続モードに。         

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。