毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0867号 成功者は、なさねばならない理由の明確化、すなわち動機付けの重要性を知っている


■私はこれまでに、多くの「成功者」といわれる人たちと、
 会食や取材、インタビューといった直接的な形で、

 あるいはセミナーやパーティの参加といった場を通して間接的に
 お会いする機会に恵まれました。


■そのような方々を注意深く拝見していますと、彼らは
 東京・ニューヨーク間のファーストクラスに乗ると130万円だとか、

 海外のあの高級リゾートホテルに何泊すると100万円くらいかかる
 よねとか、

 聞いたこともないような(私だけ?)
 それでいて、知る人ぞ知る(らしい)高級時計メーカーの、
 あの時計は500万円とか、

 六本木ヒルズの居住棟の平均賃料はいくらで、100平方メートル
 のあの部屋なら70万円とか、200平方メートルのあの部屋は200万、
 とか、

 このタイプのクルーザーを購入するのにいくら、維持費がいくら、

 とか、

 そんなふうに、いくらのお金で何が買えて、
 どれくらいのお金で何が可能になるのかといったように、

 「具体的なモノやサービスの購買(=体験)」と「金額」がリンク
 しているのです。


■彼らいわく、お金を稼ぐというのはそんなに難しいことではない
 といいます。


 (実際にお金儲けはとっても簡単で、難しいと思っている、
  その思い込みが稼ぐのを難しくしているだけです)


■お金を稼ぐにあたって、

 「なぜお金が必要なのか」の動機付けがうまくできれば、あとは
 自動操縦でお金は稼げるようになるのです。


 上述の人たちであれば、○○したいから、○○欲しいから、いくら
 欲しい、という動機がきっちり存在しているわけですね。

 だからぶれずに目標達成に向かって、一直線に走り抜けることが
 できるのです。


■もっと極端な例を出しましょう。


 「今年中に(合法的に)1億稼がないとお前を殺す」


 といわれたら、あなたは1億なんか稼ぐのはとても無理です、

 といって、そのまま殺されるのを待ちますか?


■こういう状況におかれたら、

 どんな人でもそれこそ命がけで、1億のお金を作り出してくること
 ができるでしょう。


■そこまでの話ではなくても、実際に数億円の借金を亡くなった
 お父さんから受け継いでしまって、

 それを返済するために(⇒注目!これが【動機】ですね)

 死に物狂いで働いて、返済した話などはよく聞く話です。


■実際にわたしの友人でも、20代前半で受け継いでしまった3億の借金を
 10年たたずに返済した人がいます。

 20代でそれが出来る人もいるのです。
 やはり重要なのは【動機】なのです。


■しかし、

 「今年中に(合法的に)1億稼がないとお前を殺される」

 というシチュエーションはあまりにも非現実的なため、

 あるいはお父さんから、巨額の負債を背負う、という状況も実際に
 その身になってみないことには想像もできないため、


 具体的に五感(見る、聞く、感じる、など)で感じられるように
 お金の価値をより身近な体験を通して、引きずりおろすほうが

 【動機付けしやすい】

 わけで、一般的な「成功者」といわれる人たちは、そのイメージ
 づけがとっても上手なのでしょう。


■逆に言うと、

 激しく自分を突き動かす動機さえあれば、お金儲けなんて
 簡単なのです。


■と、ここまで一見、お金儲けについての話をしてきましたが、

 実は、これはお金儲けの話に限りません。

 ですが、どうやらお金儲けの話をするのが、一番受けがいいよう
 ですので、より実感を持っていただくために話をしているだけです。


■お金儲けでなくても、

 大学受験にしても、資格取得にしても、ダイエットにしても、

 重要なのは目的そのものではなく、


 ・なぜその大学にいかなければならないのか、
 ・なぜその資格を取らなければならないのか、
 ・なぜダイエットしなければならないのか、


 という【動機】です。


■親がいくらガミガミいって勉強しろ!といっても、

 子供にとって、なんで勉強しなければならない、というそもそもの
 動機が自分の中にないから勉強するはずもありません。

 資格をとろうとおもっても、それが資格学校の営業さんに勧められて
 なんとなくよさそうだ、と思ったくらいの動機であれば、
 それが難関資格であればあるほどに、長続きしないでしょう。

 英会話だってそうですし、ダイエットだってそう。


■表面上で、掲げている目標と、固い動機に裏付けられている目標、
 実現可能性は天地ほどの差が出てくるのです。


 どれくらい、肚(はら)に深く行動の【動機】を落とし込むことが
 できるか、が目標の実現には一番重要なことなのです。


■ここで質問ですが、

 あなたが、

 いくら儲ける、何キロやせる、○○の試験に受かる、○○の成果を
 残す、

 と今年、立てた目標は心底から、それが欲しい!達成したい!と
 いった欲求から湧き上がる【動機】にリンクしているものですか?

 それとも、【言葉だけが上滑りしているもの】なのでしょうか。

 改めて、明日までの宿題として考えておいてください。

 明日もこの話をつづけます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■成功している人は、なさねばならない行動の理由の明確化、    すなわち【動機付け】の重要性を知っている。   ■立てた目標が達成できないというのは、その動機付けが    本当の意味での動機になっておらず、言葉の上だけの上滑り    となっているケースが非常に多い。   ■あなたの立てた目標が真に肚(はら)に落ちているかどうか、    改めて考えてみてはどうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。