毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0816号 創造性の発揮よりも、まずは定石の収集を


■この「平成・進化論。」では毎日ひとつのピークパフォーマンス
 方程式を私なりの言語でご紹介せていただいております。

 800号を突破したということは、そのピークパフォーマンス方程式も
 すでに800以上、私は持っているということになります。


■ピークパフォーマンス方程式とは、

 自分の中に持っているポテンシャルを
 最大限かつ最高潮に引き出して
 ピーク(いただき)まで結果を引き出すための方程式。


■毎日さまざまなシチュエーションで、予期した、ないしは予期しない
 環境や状況に身を置くことが、すなわち生きるということですが、

 そんな中で自分を動かすための言語、次の一手を判断するための言語を
 持つことは非常に重要です。


■例えば将棋でも囲碁でも、定石というものがあります。

 強い人とそうでない人との違いは、定石がどれだけ身についているか
 の違いだといえます。


■特に最近、将棋の世界では若手の棋士が強いようですが、

 これは、コンピュータを使うことによってインプットの速度を上げ、
 過去に用いられていた定石の記憶やその分類などを瞬時に行い、
 効率的かつ短時間で基礎をたたき込んでいるから。

 だから若手世代が台頭してきているという話を聞いたことがあります。


■対局が終了したとき、いつも同じ棋譜(きふ)になっていることは
 ありません。

 最後のギリギリのところまで行くと、その人なりの創造性や
 オリジナリティー、直感、第六感、インスピレーションといわれる
 ことが、ものを言う世界となるのでしょうが、

 では、オリジナリティーが大事だからといって、定石を学ばずして
 だれが羽生名人に立ち向かおうとするでしょうか。


■ビジネスの世界においても、この将棋の定石のようなものが
 あるのではないか。

 そう思ったことが、そもそもこのピークパフォーマンス方程式を
 収集しようと思い立った原動力でした。


■その収集先はさまざまです。

 私が自分のオリジナリティーを発揮した局面はひとつもなくて、

 毎日、多くのピークパフォーマーたちと会食をし、セミナーに出、
 DVDを見たり、CDを聴いたりすることによって、

 定石を咀嚼し、自分なりの言葉に置き換えて、それを自分の
 定石手(じょうせきしゅ)として蓄積してきたのです。


■自分自身が頭をひねって考え出したオリジナリティーも素晴らしい
 ものではありますが、

 あくまで結果を出すことのみにフォーカスするとしたら、

 「ピークパフォーマー」たちの定石手を用いるほうがずっと結果が
 出やすいはずです。

 まずは、書籍やセミナー、学習のためのCDやDVDなど通して
 そのような人たちの定石をまねてみるところから始めてみては
 いかがでしょうか。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■将棋でも囲碁でも、定石というものがある。   ■定石を身につけずに独自の戦略を立てようとしても、それで    一流になることは永遠にできないだろう。   ■ビジネスもしかり。まずは先人が生み出してきた定石手を    まねるほうが、創造性を発揮するよりはるかに成功しやすい    のである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。