毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0813号 立位体前屈、マイナス記録でも、負荷をかけ続ければプラスになる。


■あなたは「立位体前屈(りついたいぜんくつ)」をご存じでしょうか。

 こんなやつです。


 (ビフォア) http://www.h7.dion.ne.jp/~tom.com/gazou1.html

 (アフター) http://www.h7.dion.ne.jp/~tom.com/gazou3.html


 ※ちなみにこれは私ではありませんので念のため(笑)


■これ、あなたは何センチまで行けるでしょうか?

 ことによるとマイナス何センチ、つまり指先が地面に届かない方も
 おられるかもしれませんね。


■しかしそんな場合であっても、毎日、体に負荷をかける
 ことによって、やがて指先が届くようになり、

 ようやく手がついていた人は、さらに3センチ、5センチと記録を
 伸ばしていくことができます。


■人生もストレッチみたいなものです。

 負荷をかければかけるほど強く、しなやかな柔軟性が生まれてきます。


■しかしながら、自分に負荷をかけるのが大好きだという人はいません。

 学生だったら部活動、社会人ならばスポーツジムなどに所属すること
 なしに、たったひとりで自分に厳しいトレーニングを与え続けることが
 できる人はきわめて少ないでしょう。


■恥ずかしい話ですが、私は今までに何度となくジムに入っては、
 1週間もすると、はやさぼりはじめ、1ヵ月もすると解約。

 いかんいかん、と別のジムに入会しては、

 気が付くと幽霊会員に。


■そんなことを幾たびも経験いたしました。

 こんなことを繰り返していたら入会金がもったいない。


■やはり、強制的に負荷をかけてくれる環境がなければいけないと
 さとったのでした。。


■そこで、今ではパーソナルトレーナーのもとで鍛えています。

 これはひとたび予約をすれば、行っても行かなくてもお金を取られます。
 それも一対一ですから安くない額です。

 トレーナーの先生もお忙しい中、枠を確保してくださっている。
 こうなるといくら怠け者の私でも行かざるを得ません。


■それでようやく目的のトレーニングができるのです。

 これを自分ひとりでやれと言われても難しいでしょう。


■ビジネスにおけるさまざまな能力を鍛えるときも、

 やはり、なにか差し迫った状況に置かれなければ、私たちは
 本気をだすことがなかなかに困難です。


■しかし、これがつらいストレッチ体操と同じで、
 自分からそのような環境を求めるには難しいのです。


 そこで、少なくとも自分に負荷をかけてくれるような
 大小の問題に襲われたとき、決して逃げないという覚悟を
 日ごろから固めておきましょう。

 これだけであなたは他の人より一歩も二歩も先に進んでいくことが
 可能になるのです。


 詳しくはまた明日。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生はストレッチのようなもの。負荷をかければかけるほど    強く、しなやかな柔軟性が生まれてくる。   ■しかし、つらいストレッチ体操と同じで、自分で自分に    負荷をかけていくことはなかなかに難しい。   ■大きな問題に襲われた時、決して逃げない覚悟をしておこう。    それだけで自分を鍛える機会に恵まれるようになる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。