毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0805号 資源の遣い方に国家、法人、家族、個人の意思が反映される


■企業経営では、ヒト・モノ・カネが重要な経営資源であるといわれます。

 最近ではこれに「情報」が加わったりすることもあるようです。


■これら経営資源をどこに、どのくらいで配分するか、ということが
 企業の未来を決するわけで、

 同時に、その配分には企業の意思が明確に反映されていなければ
 なりません。


■経営者のあなたであれば、それは当たり前の話でしょうし、
 経営者でない方であっても、なるほどごもっとも、と思われる話の
 内容であるとおもいます。


■しかし、これは「企業」についてのみいえることではありません。

 大きなところでは国家から、小さなところでは家族、個人に至る
 まで同様で、志す未来を実現するために持てる資源を投下され
 なければなりません。


■国家であれ、企業であれ、家族であれ、個人であれ

 さまざまな資源を持っているわけですが、自らの目的を達成する
 ために、【 持てる資源の最適配分 】を常に考え続けなければ
 ならないのです。


■時間もお金も人間関係も知恵や知識、経験、その他あらゆるものが

 あなた個人の「経営資源」ですが、

 その資源を目的達成のためにきちんと戦略性をもって割り振られて
 いるでしょうか?


■付き合いや、惰性、その他あいまいな理由によって、ことさらに
 理由もなく目的達成に資することのないものにまで、

 有限、貴重な資源を投じているとするならば、いますぐそのような
 いい加減な資源の張り方は改めるべきでしょう。


■まず、未来の目的を明確に定める。
 これが大前提であることはいうまでもありませんが、

 その目的を定めたあとは、

 生きている、それがそのまま(自覚があろうがなかろうが)
 さまざまな資源を投下している、

 という観点からみて、今のライフスタイルが最短最速で目標達成
 に有効であるのかどうかを振り返ってみる必要があるでしょう。


■一分一秒、生きるそのままが資源を遣っているのだ、との強烈な自覚を
 持ち、

 ときに、

 急成長企業の経営者のごとく、

 あるいは、

 倒産寸前企業の経営者のごとく、

 そういった視点から、自分の資源の遣い方をあらためて振り返って
 みられてはいかがでしょうか?


■おそらくそこに、まだまだ膨大な無駄が潜んでいることにきっと
 気づかれることとおもいます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■国家であれ、企業であれ、家族であれ、個人であれ、様々な    「資源」を持っており、未来の目的達成のために、その資源    は投下されていなければならない。   ■まず「目的」が明確化されていることが大前提。    それがないと、判断の下しようがないから。   ■その上で、今行っている一つ一つの投資(時間、カネ、能力、    人間関係など)が目的達成に向けて、方向性が軌を一にして    いるか、常に自問自答し続ける必要がある。   ■以上のことに注意深く取り組むと、まだまだ膨大な無駄を    垂れ流していることに気がつくことでしょう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。