毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0803号 他者の目に触れる日記を書くことで人生を作り変える


■すでにご存知のとおり、

 「平成・進化論。」は毎日、毎日、土日・祝日関係なく、365日配信させて
 頂いているわけですが、

 お会いする方、お会いする方、みなさんによくネタが尽きないですね、

 といわれます。


■でも、正直に告白すると、とうの昔にネタは枯渇しているのです。

 (気づいてました?笑)


■成功に至るための原理原則を、あらゆるチャンスを捉えて学んでは、

 そのエッセンスを読者のみなさまにできる限り分かりやすい言葉と
 例えをもって、お伝えしようとおもって、


 【 ピークパフォーマンス方程式 】


 という形にまとめて毎日配信しているのですが、


 実際のところ、珍しいこと、目新しい方程式などほとんどないこと
 に、注意深くメルマガを読まれている読者さまなら、すでにお気づき
 のことかとおもいます。


■それを、なんとかライティングに工夫を凝らしてみたり、私個人の
 体験を織り交ぜてみたり、ご感想なんか紹介しちゃったりして、

 それで、「初物」に見せるような涙ぐましい努力は一生懸命している
 のですが、

 それでも限界はありますよね。


■時間に対して厳密なコントロールを加えましょう、とか、

 多くの人たちとのつながりを大切にしましょう、とか、

 継続こそ力なり、とか、

 勉強は大事ですよ、社会人になっても勉強し続けましょう、とか、


 おいおい、当たり前だろう、ということばかりを、繰り返し、繰り返し
 角度を変えて語っているに過ぎないのです。


■でも、先日も申し上げたとおり、

 「わかっている」のと「やっている」には転地雲泥の違いがあります。


■人間、一回や二回、聞いたくらいで変化するのなら苦労はありません。

 そういうものではなく、繰り返しを重ねて重要なことは定着させて
 いくしかないものだと信じています。


■だから、「平成・進化論。」を読むことが、よい習慣を持っていただく
 ためのペースメーカーに、ささやかながら、あるいは僭越ながら、では
 ありますがなれればよいな、と思っておりますし、

 また「平成・進化論。」を執筆することにより、よい習慣を身につけて
 いこうとも考えています。


■わたしはメールマガジンを毎日配信していて本当によかったなぁ、
 と思えることがあるのですが、

 それは、

 常にその当たり前のことができているかどうか、を確認する術(すべ)を
 自分の生活習慣の中に持つことができた、

 ということ。


■毎日、さまざまな方とお会いしたり、セミナーに参加したり、書籍を
 読んだり、

 いろんな形で学びを得ているわけですが、

 その学びを総括して、自分の中で咀嚼し、文章にして、メールマガジン
 に著そうとすると、

 それがそのまま、自分の行動を照らすための鏡の役割を果たすように
 なるのです。(本当に不思議です)


■そうすると怠惰な自分が照らされては、反省させられる。
 情けない自身の姿を知らされては、猛省させられる。

 その繰り返しの中から、一歩づつ、成長していることを実感する
 のです。


■日記の効用、というのはこういうところにもあるのかもしれませんね。

 文章を書くことによって成長が加速していった人は、いままで
 本当にたくさん見てきました。

 そしてなにより、私自身が文章を書くことによって人生を作り変えて
 いった人間の一人であると確信しています。


■メールマガジンを始める前から、メモにいろんなことを書いては
 読み返しており、文章を書く習慣自体はすでにあったのですが、

 それを「公開」という形で書くことでますます、自分の目だけではなく
 他者の目まで借りることによって、より強い縛りを設けることができる
 ようになったのでしょう。


■文章を書く。そしてそれを他人の目に触れるところに公開する。

 ある種のプレッシャーの中で、文章を記し続けることが飛躍的に成長
 させる起爆剤になるのではないか、

 そんな風に思えるからこそ、眠かろうが、夜遅くなろうが、翌朝に
 なろうが、メルマガを毎日書いては配信しつづけようという気に
 なるのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■成功方程式は実はシンプルであり、そんなに数があるもの    でもない。   ■しかし知っている、と分かっている、はまるで異なるもので    あり、シンプルな方程式もインストールするためには膨大な    継続が必要となる。   ■そのために日記を書いてみる。そして自分を映し出すための    鏡として活用する。   ■さらに押し広げ、外部にその日記を公開してみることで、    他者からのプレッシャーを受けることで、より成功方程式    の定着が迅速・確実なものとなることは間違いない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。