毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0219号 超一流同士、で切磋琢磨する。


■帰りの飛行機のなかで手に取った新聞に、プロ野球選手は超一流同士
 で切磋琢磨し、己を磨く、という記事がありました。

 さらっと読んだだけなのできちんと再現できないのですが、プロ選手
 同士、意識している選手がやはりあり、その選手を打ち負かした、打ち
 負かされた、ということで更に自分を高めようとする力が働き、結果
 として、自分の力量もあがっていく、そういった内容だったように
 思います。


■プロの世界はいずれもそうなんだと思います。
 そしてスポーツだけでなく、ビジネスの世界においても同じことなの
 でしょう。


■仲の良い友人でもあり、ライバルでもある。
 そんな関係が緊張感を持って、自分自身を高めていこうとする原動力と
 なるのだと思います。

 そしてそんな関係を持てる人と出会えることが幸せです。


■今回、一緒にセミナーに参加した人や、新しくセミナーで出会った人の中
 にも、非常に素晴らしい方々がたくさんおられました。

 こういう方々とこれから一緒にやっていけたら、単なる情報交換を
 超えたもっと人間的な刺激を受けたり、与えたりすることができる
 だろう、そんな人たちばかりです。


■依存するのでもなく、威圧するのでもなく、相互が相手の人間性と力量
 に敬意を表しながら、お互いを高めていく関係というのは、昔からも
 これからも重要な、人と人との関係性の一つのパターンなのかもしれ
 ないな、と感じました。


■いずれにしても、年齢は関係ない、と思わされることが多々ありました。

 年齢は一緒なのに、こいつは凄いな、という人もあれば、年下でも、
 自分の経験と能力をはるかに超えるものを持っている人とも出会いました。


■結局は生きてきた年数が問題なのではなく、その密度が重要なようです。

 楽を求めたり、横着をして、密度を濃くすることから逃げようとすれば
 するほど、ますます、彼我の差が開いていくことわけですから、逃げ隠れ
 せず、それぞれの現在のポジションを真正面から受け止めることが
 どんな人にとっても必要なのではないでしょうか。


■これからの時代は自立した、一流、超一流の人たち同士のネット
 ワーキングがますます注目されていく事になるでしょう。

 その輪の中で必要とされる人材となれるよう、常に自分を磨いていきたい
 と思います。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分より夢を持ち、実力を持ち、人間力のある人と付き合う。    付き合う人の器によって、自分の器も決定される。   ■これからの時代、ますます自立したビジネスパーソン同士の    ネットワークが力強く形成されていくこととなる。その輪の    中に入るには継続した努力が必要だが、その輪の中に所属    することで、それぞれに成長しようとする力が働く。   ■その輪の中に入らなければ、短期的には楽。しかし長期で    みると相互に必要とし、必要とされる喜びを感じることが    出来なくなる危険性がある。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。