毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0181号 一回の行為が人生を作るのではない。


■昔、会社で働いていたときに先輩に言われた言葉がずっと胸の奥底に
 眠っています。

 いわく、

 「一回の行為が人生を作るのではない」


■一回だけなら、心を入れ替えて自分の将来にとっていい事を行うこと
 は簡単に出来ます。

 ところが継続してこれを行おうとすると、なかなか難しいのです。


■人生とは、毎日毎日の、一つ一つの行動の積み重ね。

 ピークパフォーマンス(最高の結果)を発揮している人は、昨日今日に
 そのような結果を発揮できるようになったのではなく、3年、5年、10年
 の長きにわたる、地道な努力、種まきの結果、素晴らしいパフォーマンス
 を発揮できるようになったのです。


■同じ事をしている人には同じ結果しか現れません。

 頭も身体も動かさずに今以上の収入を求める人は、永遠に今以上の
 収入をとることは出来ません。

 朝から晩までテレビを見て、ぼっ~として、それで、「なんか楽して
 儲けられることはないかなぁ?」なんて考えていても、永遠に結果は
 現れないのです。


■そういうものこそ、孟子いうところの

 「木に縁(よ)りて魚を求む」

 の典型的な事例なのでしょう。


■でも、どんな人にもチャンスはあります。

 チャンスを掴むための三段階。


 第一段階  何も行動すら出来ない状態
 第二段階  今までと違った行動を起こしてみる
 第三段階  それを習慣化する


■第一段階から第二段階。これが難しい。
 でもここまでなら出来る人はたくさんあります。

 一日だけ禁煙に成功するような人。数日、時間を厳守するようにつとめる。
 数週間、高いモチベーションで頑張れる。数ヶ月、メルマガを配信し続ける。


■でも問題は第二段階から第三段階です。

 ある瞬間、自分にとって「良い」と思えることを出来ていても、やがて
 ちょっとだけいいか、一日だけいいか、一回だけいいか、一本だけいいか、
 この緊張感の欠如が命取りです。


■一度でも例外規定を設けてしまうと人間、本来怠け者ですので、あっと
 いうまに転落してしまいます。

 私がメルマガ配信を大晦日も、正月3が日も休まずに配信し続けたのは
 そういう背景があったからなのです。


■なにごとも、超一流を目指そうと思ったら、日本一を目指そうと思ったら、
 そんなことは関係ないのです。
 分量の多寡はあったにしても、配信し続けることで己の精神を鍛え上げようと
 思っています。

 昨日も夜の3時頃、帰宅しました。
 お酒も入っているし、眠い。
 翌日も仕事が入っている。

 でも、無理やりでもかきつづけるのです。おおげさかもしれませんが、
 やがて魂が練られて来る様な、そんな感覚、瞬間を経験します。


■とはいえ、まだまだ、油断すると転げ落ちる危いところにいるわけですが、
 第二段階から第三段階に至り、それが自然な習慣となり、自分の血となり
 肉となったところで、初めて今までの人生から大きく前進するための一歩を
 踏み始めることとなるのでしょう。

 ちょっと、うまくいっているからといって第二段階で足踏みして、油断する
 とあっという間に転落です。


■「一回の行為が人生を決めるのではない」

 この言葉に、更に付け加えて言うならば

 「一回の行為が一生の習慣へと昇華されたとき、新しい人生が約束される」

 といってみましょうか。

 100年後に格言となって残っていればよいのですが。(笑)


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■一回の行為が人生を作るのではありません。    目立たない、地道な小さな一つ一つの活動が明日の私を    創りだしているのです。   ■新しい人生を生み出すための三つのステップがあります。    第一ステップ⇒ 何も行動できない状態    第二ステップ⇒ 一歩行動を起こし始めた状態    第三ステップ⇒ その行動を継続して習慣化できた状態   ■よい行為も、習慣化してはじめて人生を好転させるだけの    力を与えるのです。    それまでは雨が降ろうが風が吹こうが、槍が降ろうが、継続    して行い続けるのが大事です。    その努力がやがてきっと、人生に大きな花を咲かせることと    なるでしょう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。