毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0176号 目標を紙に書く、ということ。


■上述の通り、昨日ちょっとだけ、全国からお集まりになられた治療家
 のみなさまにお話をさせていただきました。

 前に出てから、さて、何をお話ししようかと考え始めたのですが、
 たまたまお話しを下さる予定だった方が、目標を紙、手帳に書く事の
 重要性を熱心に伝えられている方でしたので、そのことについて
 ちょっとお話しいたしました。


■『目標を紙に書く』これが目標達成に非常に重要なことである、という
 ことは皆さんも一度や二度は聞かれたことがあると思います。

 これは本当にそうだなぁ、と思います。
 私も振り返ってみると、紙に落とした目標は面白いように、冗談じゃないか
 と思うくらいに次々と実現しています。

 得たい収入、やりたい仕事、働く環境、欲しいポジション、会いたい人、等々。
 今、実現しているものは全て紙に落としていましたね。


■別にどんな紙でもいいと思います。手帳に書くのがいつも、手元で見るから
 いいかもしれませんね。

 4年ほど前に書いたものを引っ張り出してきて、今、メルマガを書きながら
 見ているのですが、当時の私からすればほんとかよ!?というようなこと
 がずらずらと書かれてあります。

 でも、それが大体すべて叶ってるんですよね。


■以前のメルマガでも書いたのですが、目標を設定し、紙に書き、常に意識
 の端においておくことでアンテナがよりたくさん、より高くなるのだと
 おもいます。

 どんなものを見ても、どんな話を聞いていても、目標達成に向けての
 情報収集になるのですね。

 一度、だまされたと思って、手近の紙に目標を書き出されるとよいかも
 しれません。
 その5分の時間がきっかけとなって人生変わるかもしれません。

 大体において、人生が変わるのは最初のごくごく小さな第一歩から
 なのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■目標を紙に書く。かける時間は5分でいい。   ■だまされたと思ってやってみる。だまされて失う時間は    たった5分。この5分が人生を変える5分になるかも。   ■目標を紙に落とす=意識の上に置く=情報受信のアンテナ    をより多く、より高く、立てる、ということ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。