鮒谷周史の、もう少し詳細なプロフィール

上京10年物語


(以下、上京してちょうど10年目にあたる2013年2月13日に
 それまでの軌跡を総括し、今後の決意を記した文章です)


■今日(2月13日)は私(鮒谷)が大阪から単身、
 上京してきて丸10年の記念日です。


 2002年、当時勤務していたアメリカの通信会社、
 ワールドコム社が負債総額410億ドル(当時のレートで約4兆7000億円)

 という大規模な経営破綻を起こしました。

 (のちにリーマン・ブラザーズに抜かれるまで
  アメリカ史上最大の経営破綻でした)

 ※当時の新聞記事はこちらです。



■ビジネス人生の駆け出しだった私は、突然の予期せぬ乱気流に
 巻き込まれ、翻弄され、

 もろもろの残務処理を終えた2002年の12月31日をもって失職、
 新年早々、路頭に迷うこととなったのです。



■ご近所さんの目もあるので、スーツを着て、
 毎朝出勤しているフリをして外に出ては、京都まで足を伸ばし、

 古い町並みを散策しながらこれからの人生、どのように
 デザインしていこうかと自問自答を繰り返していたことが
 昨日のことのように思い起こされます。


 (漫画みたいな話ですが、日常的にご近所付き合いのある町で
  生きていると、突然失職してもほんとに何事もないフリをして、
  毎日外出せざるを得なくなるものです)



■京の街を歩きながら考えに考えましたが、

 「このまま、ここでくすぶっていてもラチがあかん。
  東京に出て一旗揚げよう」

 と決意が固まり、上京してきたのが2003年の2月13日
 (ちょうど10年前の今日)だったのです。



■この日、わずかな荷物とともに、

 新大塚のおよそ20平方メートルの小汚い(そして安い)
 ワンルームマンションに移り住みました。


 バレンタインデーの前日ということもあってか、
 街は賑やかでしたが、

 そんな中、私は近所のスーパーにカーテンを買いに行ったり、
 身の回りの物を取り揃えたりしながら、

 学生時代以来久しぶりの東京生活が始めることと
 なったのです。



■しばらくの間、事業計画を練ったり、大勢の人と会ったりして、
 起業準備をしていましたが、転機となったのは2003年6月30日。

 「楽天日記」という日記サイトで日々の活動を外に向けて
 発信することにした日です。

 これが私の人生を大きく変えるきっかけとなりました。

 (なにがきっかけとなって人生が変わるか、
  本当にわからないものです)



■日記を書く 

 → 他の人の日記を見る
 
 → 経営者や人が集まっている場を主宰されている等、
   興味のある人に連絡入れる

 → 会った人について日記で書く

 → 感想やお礼をいわれる

 → また会いましょう!となる


 といったサイクルを通して、たくさんの方とのご縁が生まれ、
 応援してくれる人もたくさん現れ、

 「場の力」「磁力」のようなものも発生し、
 それはやがて同年9月のメルマガ(平成進化論)発行へと
 つながっていきました。



■このようにして生まれた自分メディア(ならびに日記サイト)を
 核として最初は少人数のランチ会、会食会といったことを始め、

 数カ月後には100人規模のセミナーを定期的に
 開催できるようになっていました。

 けれども収益はせいぜい月に数十万円。



■もう一つ、柱が欲しい、と思い、
 メールマガジンに広告を受け付け始めたところが大当たり。

 初月度売り上げ15万(一人でやってたので丸々利益)、
 翌月50万、次の月、80万、さらに120万、150万、

 と年率ならぬ昨月対比で数十%増(!)という
 驚異的な成長を遂げていきました。



■倍々ゲームで売上が増え、1年後には毎月500万、600万円の
 利益が出るようになっていました。

 さらにしばらくすると利益(売り上げじゃないですよ)が
 1000万円を超える月も出てくるようになりました。


 起業1年半ほどして、

 「個人の独立、起業、中小企業の経営戦略」

 といったテーマで3日間30万円のセミナーを開催したら、
 メール数通送っただけ40人がお集まり下さいました。

 (1000万円くらい利益が出たかと思います)



■当時はめちゃくちゃ働いていましたし、
 睡眠時間を極限まで削っても追いつかず、

 業務にさまざまな支障をきたすようになり、
 採用活動をしようとするも、面接する時間もとれず、

 といった状況でした。



■そんな中、さらなる業容拡大を目指し、

 ネットで事業展開している法人をクライントとする、
 コンサルティング&広告代理店を全額出資して立ち上げました。

 これが再びバカ当たり。


 広告代理店を設立して垂直立ち上がりで、
 あっという間に数億の売り上げが立つようになり、

 しかしながら事業に携わるスタッフは私とパートナー1名と
 在宅スタッフ1名で、しかもオフィスはなし!

 という陣容でしたが、マーケティング、営業、実務等を
 完全分業制で行い、これ以上ないくらい業務効率を高めることで、

 毎月相当額の利益が出るようになりました。


 (広告代理店ではありましたが、特別なビジネスモデルで
  利幅の高いビジネスであったこともあり、
  
  パートナーには毎月200万円の報酬+賃料40万円の
  サービスアパートメント、月額数十万円の接待交際費を
  認めていましたが、それでもかなりの利益が残りました)



■この前後、フォーカス(写真週刊誌)に、

 「ポストホリエモン」特集として私一人が3ページぶち抜きで、
 紹介されたこともありました。(凄い反響でした)


 正直、この頃は

 「お金を使っても使っても勝手に増えていく」

 という、なかなかできない貴重な体験を
 させていただきました。



■上げ潮相場だった株式投資でも大きな利益を上げ、

 調子に乗って、さらにセミナー会社やコンサル会社なども
 設立し、

 上場企業を始めとするいくつかの会社の顧問となったり、
 上がってくる利益を数多くのベンチャー企業に投資する
 ようにもなりました。

 そして立ち上げた広告代理店を某上場企業に営業譲渡。

 ここらあたりがリーマン・ショック前の出来事です。



■その後、これはまた機会があれば書きたいと思いますが、
 思うところあって、

 ビジネスから少し距離を置いて、
 自分の人生を客観的に捉えたい、

 俯瞰し、あるいは相対化して眺めてみたい、
 という欲求が頭をもたげてきました。



■そのための活動として年10回くらいの海外視察、
 1年間の大学(正確には日本一小さな私塾?)通い、

 ※詳しく知りたい方は中谷巌先生の
  『「資本主義以後」を生きるための教養書』
  という本を御覧ください。


 2年間をかけてのドラッカー全集、論文の読破、あるいは
 昭和31年から連載されている日経新聞「私の履歴書」全集を
 求め通読(現在進行形)、

 その他、あえてビジネス書以外の本を中心とした読書、

 あるいは教養を身につけたいと思い、
 合宿形式で古今東西の知と格闘するプログラムに参加、

 ※詳しく知りたい方はアスペン研究所のサイト
  を御覧ください。


 などといったことを行なってまいりました。



■同時に私の公私にわたる先生である
 弁護士の高井伸夫先生の付き人、私設秘書(?)を行うようにも
 なりました。

 勿論一銭のお金も頂戴しておりません。


 「趣味は田中角栄」を公言して憚らなかったのは故・二階堂進氏で
 ありますが、

 その言い回しを借りるなら、私の趣味は「高井伸夫」であり、
 一挙手一投足から学ばせていただきたいと思っていたから、

 お申し出をいただいたとき、考えるまでもなく即答で、

 「ぜひ、よろしくおねがいいたします!」

 と申し上げたものでした。



■以来、国内・国外出張や会食の場に同行、同席させて頂き、

 (メルマガではほとんど書けない方ばかりでしたが)

 政治家、大使、公使を始めとする外交官、
 法曹界の幹部(検事、弁護士)、

 一部上場企業を始めとする大手企業の社長、役員、
 マスコミ関係者、言論人、芸術家、歌手、ミス日本(!)、

 数多くのベンチャー社長、著名なコンサルタントなどなど、
 たくさんの方とのご縁を頂いたもので、

 自分の住んでいる世界の狭さをはっきりと自覚させられた、
 一生の財産となる素晴らしい経験でありました。



■そんな風にあえてビジネスから離れた活動を積極的に行い、

 ついに昨年、思想、哲学、教育(教育哲学)の分野を
 より深く学びたいとの思いが高じて、

 一年間かけて大学院入試を準備するに至りました。


 合格すれば学びに没入する学生生活を送ろうと
 思っておりましたが、結果としては、

 東京大学、京都大学いずれも論述試験に合格したものの、
 面接で落ちました。


 (面接の際、両大学の先生方から大学院は勉強する所ではなく、
  研究するところだ、といわれました。

  そもそもビジネスばかりやってきたので、大学院がどういう
  ところか、私自身、きちんと理解していなかったようです)



■こんなふうにしてリーマン・ショック以降、
 4、5年の間、ビジネスの世界から大きく遠ざかっておりました。

 昨年の秋、学術の世界への門戸は(いったん)閉ざされましたが、
 それを契機として、改めて久しぶりの自問自答を繰り返すうちに、

 大げさに言えば

「自分の使命」

 のようなものを深く考えるようになってきたのです。



■それは

 「変わりたいけれども、変われない。
  そんな人に対して変わるためのお手伝い、触媒となりたい」

 というものでした。

 
 もともと私は、入学者のうち半数が東大、京大に進学し、

 (東大、京大に加え)旧帝大や国公立医学部を含めると
 8割ほどがそういった進路に進む中高一貫の進学校に
 中学受験で入学しましたが、

 中学一年の一学期中間テストで真ん中ほどの成績を
 残したのを頂点として、

 そこから右肩下がりに下がっていき、高校卒業時には216人の
 同級生の中で、下から数番目という状態になっていました。



■大学時代も全く勉強せず、学校にもほとんど行かず、留年。


 社会人になってからも、営業職として働きましたが、
 営業成績は低迷につぐ低迷。

 期待される成績を残すこともできず、たまの休日には
 パソコンゲームをやったり、小説を読んだりして、常に

 「このままいくと自分の人生はどうなるのだろう」

 という敗北の恐怖、落伍の不安を抱えながらも、
 長年にわたって


 「臭いものに蓋」

 「(直視すべきものを)見て見ぬふり」

 「敵前逃亡」


 し続けてきたわけです。



■そんなあるとき、

 「このままいけば大変なことになる」

 と本気で焦燥感を覚える出来事がありました。


 それを契機として猛烈に勉強をはじめ、
 行動を開始することになりました。

 (そんな活動のまっただ中にあったとき、
  勤務先が倒産してしまったのです)



■この機会を最大・最高・絶好の二度とない好機として、
 起死回生、乾坤一擲の大勝負をかけるために上京してきたのが、

 まさに「十年前の今日」でありました。


 振り返ってみると、そのときから10年の間、
 変わらずやってきたことはまさに、


 「変わりたいけれども、変われない。
 
  そんな人(=私)が変われるようになるためには
  どうすればいいのか」


 というテーマについて、自身を実験台としながら、
 
 自分独自の教科書を編纂するようなつもりで、
 言葉を紡ぎ続けることでした。



■この思い一つで日刊発信しつづけてきたメルマガは
 すでに発行号数として3400日を超え、

 あと少しでまる10年(3650日)を迎えます。


 このような軌跡を経ながら、
 自分なりに自身を作り替えてきましたが、

 「そんな面倒なことを考えなくても、うまくやっていける人
  (=天才肌の人、野球界では長嶋茂雄みたいな人)」

 に対しては、
 おそらく私がお役に立てることはないでしょう。



■ただ、私と同じように、

 「どうしたら、この不甲斐ない自分自身を
  変えることができるのか」

 と真剣に悩まれている方には、
 必ず何かお手伝いできるところがあるだろう、

 そんな風に思うようになったのです。

 (そしてそれは社会からも必要とされていることではないか、と)



■そんな思い、テーマを軸として、これからの10年を
 生きていく決意を新たにしているところです。


 私自身、あれから10年が経過し、果たして求めていたような
 世界に出られているのかというと甚だ怪しく、

 「あれ、こんなはずだったっけ
  (もっと、どうにかできていたはず)」

 というのが正直なところでもあります。



■とはいえ、

 それでもやはり(社会人として不適合一歩手前の状態だった)
 失業者が、

 10年の間、試行錯誤を繰り返しながら
 この程度のところまでは人生を作り替えられたという事実は、

 ささやかながらも自分の自信、誇りとなりましたし、
 それ自体が私にとって大きな財産ともなっています。



■これからの10年がどのような展開を見せるのか分かりませんが、

 過去10年で得てきたもの、培ってきたものを
 いよいよ本格的に世の中に問うていこう、

 そんな新しい挑戦をしていく決意と気概をもって
 臨むつもりです。


 よろしければこれからも引き続き、温かい応援、ご協力、
 ご助力をいただけましたら嬉しく、有難くおもいます。

 
 長文、お読み下さり、ありがとうございました。

 今後共なにとぞよろしくおねがいいたします。


 <フェイスブックページはこちら>




※現在、20万1602名が購読中。