メールマガジン見本8【2378号 駅売りの新聞を全紙購入した理由】

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る

見本8
【2378号 駅売りの新聞を全紙購入した理由】




■いまでも鮮明に思い出すことがあります。

 それは今から約8年前、

 忘れもしない2002年7月21日の夕方、
 営業先から会社に帰る途上のこと。



■駅の売店で売られている新聞の見出しを見るともなく
 見てみると、なんと!


 すべての新聞の1面トップ記事に

 「ワールドコム破綻」とか

 「アメリカ史上最大の経営破綻」とか、

 デカデカと書いてあるではありませんか。



■そう、この


 <ワールドコム>


 とは当時、私が勤めていた会社です。


 マンガみたいな話ですが、自分の勤務する会社が
 つぶれたのを地下鉄の駅売店で売られている新聞で
 知ったのです。(笑)



■そのとき、私は咄嗟に、
 それらの全国紙ならびに夕刊紙、全種類を買いました。

 「こんなこともあった」と、いつか、語れる日が来る。

 その証拠をしっかり残しておかなければ!

 瞬間的に、そう思ったから。



■会社が倒産したと知った瞬間、
 脳天を割られたような衝撃が頭のてっぺんから足先までを
 貫いていきました。

 しかし、その直後、私はこうも考えたのです。

 「しばらくは厳しくなるかもしれないけれど、
  人生にとってまたとないチャンスになるかもしれないぞ」

 と。


 実際こうして、8年後の今、その出来事をよい思い出として
 (そして時に酒の肴として 笑)喜んで語っているわけですが、

 当然、そのときは大変でした。

 いえ、大変などという言葉で表現できるような
 ものではなかったのです。



■その当時から、たくさんの本を買ったり、
 いろんな人との関係づくりのために会食したり、

 数千円の安い講演会から、年間で数百万円といった
 高い高いセミナーにも行ったりしていましたから、

 なにしろ、お金がありません。



■それに当時は大阪に住んでいましたから、

 東京の1日5万円のセミナーに出るにしても、
 往復の交通費、宿泊費、そして参加者との懇親会とかを
 含めたら10万円くらい軽くいってしまうのです。

 しかも、そんなことを毎月何度もやっていた訳です。

 だからお金が溜まるはずもなく、
 ほとんど貯金ゼロの状態でいきなり失業。

 そこで再起を期して東京に出てきたのです。



■そんなところから何年間か、
 それこそ死にものぐるいの生活を送りました。

 労働時間は、1日15時間~多いときだと
 ほんとに19時間くらい。

 とくに最初の1年なんて、1時間ないし1時間半くらいの
 仮眠を、1日に2~3回とって、

 いま昼なのか、夜なのか、ワケのわからないような状態で、
 夢遊病者のように動きまわっていました。

 「このまま心臓が止まってしまうのではないか」

 「脳の血管がブチ切れてしまうのではないか」

 と本気で思ったこともあります。



■しかし、この最大最高に負荷をかけていた時が、

 今、振り返ってみると私の人生の中でも
 最も思い出深い時期の一つとなっているのです。

 そして、このときの思い出は
 おそらく生涯を通しての宝物となるでしょう。



■そのときの私には、カネもコネもなければ、
 能力も実力も、地盤も知名度もなんにもない。

 まさに、ないないづくし。


 けれども

 【 未来に対しての希望 】

 だけはありました。


 だから、やっていて、苦しいという感じは
 ありませんでした。

 それどころか、毎日、これ以上ないほど楽しかったのです。



■ところで、会社が倒産した日に購入した新聞各紙は、
 今も大切に事務所に保管してあります。


 そして今日、お伝えしたように

 「こんなこともあった」

 と語れる日がきたのです。


 今となってはこれらも「最高の宝物」になっています。


 明日に続けます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■勤務先の倒産を(駅売りの夕刊で)知ったとき、その瞬間は      驚いたし、その後、数年間は毎日十数時間、心臓が止まるか、     脳の血管がブチ切れるか、と思うくらいに働いた。         ■しかしそれが苦しいとは思わなかった。むしろ楽しかった。     ■お金も実力もなかったけれど、未来に対しての希望だけは       あった。希望さえ失わなければ、どん底からでも復活できる。 

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る



※現在、20万1602名が購読中。