メールマガジン見本7【2376号 安心感は貯蓄残高で購(あがな)えるものではない】

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る

見本7
【2376号 安心感は貯蓄残高で購(あがな)えるものではない】



■もし、宝クジが当たって、3億円を手に入れた
 としたら、あなたは嬉しいですか?

 それは、嬉しいですよね。


 では、「安心」はできるでしょうか?

 そりゃあ3億円が手元にあったら、ずいぶんと
 安心できるだろう、

 という答えが返ってきそうですが
 果たして、そうでしょうか。



■仮に、預金通帳の残高が「300,000,000」と
 記されていても、

 もし、いま現在、定収入がなく今後も収入の見込みがない人で
 あるならば、その胸中には、おそらく一定の不安がこみ上げて
 くるのではないでしょうか。

 私は3億円あたったことがないので
 あくまで憶測に過ぎませんが。



■逆に、貯金は限りなくゼロに近くても、

 今、猛烈に勉強していて、知識も知恵もついてきた。
 たくさんの応援してくれる人もいる。

 さらに何かあったら、いつでも自分や家族が生活して
 いけるくらいの稼ぎは手に入れられる能力を持っている。


 たとえ貯蓄ゼロでも、そんな人のほうが、心に平安があり、
 喜びも多いのではないかと思われるのです。



■昨日は、「長期展望を持つ」ことが大切だと
 言いました。

 長期展望を持つ、とは、

 「これで安心」と思えるだけのお金を持つのを
 目標にすることではありません。


 では、何を持つのか。

 【 未来への明るい見通し(安心感) 】

 を持てることを目標にする、

 ということです。



■すなわち、たとえ今、蓄えがゼロであっても、
 あるいは、突発的な事態が起きて、貯蓄がゼロになっても、

 無から有を生み出せるような、
 そんな実力や能力や資源を手に入れられれば

 それ自体が「安心感の源」となるのです。



■すなわち、


 「安心感は貯金残高で購(あがな)えるものではなく、
  いつでもゼロからでも立ち上がれる能力を身につけることで
  得られるもの」


 だということです。

 いくら貯蓄があっても、それだけで安心感は得られないのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■今、安定収入がなく、今後も収入の見込みがない人は          3億円あっても、こみ上げてくる不安から逃れられない。      ■貯金ゼロでも、今、猛烈に勉強し、応援してくれる人も        たくさんいる人は安心できる。                  ■安心感を持てる人とは、お金のある人ではなく、未来が        明るくなる材料を揃えている人のこと。              ■安心感とは、貯金残高で購(あがな)えるものではなく、       いつでもゼロからでも立ち上がれる能力を身につけることで      手に入れられるもの、という認識を持たなければならない。  

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る



※現在、20万1602名が購読中。