メールマガジン見本6【2331号 家よりも高いワインを売る方法】

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る

見本6
【2331号 家よりも高いワインを売る方法】



■自分が扱っている商品・サービスの
 ウンチクを語れ!

 と、ここのところずっとお話ししております。



■なぜウンチクを語ることが大事なのかと
 いいますと、

 語れば語るほど値段が高くなるからです。(笑)

 当然、利益率も高くなる。



■たとえば高級ワイン。

 いわば、これなどは

 「1%の液体と、99%のウンチク」

 から成る商品です。

 (といって怒られる方があったらゴメンナサイ)



■でも、よくいわれるように、

 ワインは舌で飲んでいるのではない。
 脳で飲んでいるのです。


 1本2280万円するワインがあるそうですが、


 (この記事を見ました)


 1本2280円のワインと比べて、
 単価が1万倍も違う!



■いくらなんでも、味覚に訴える成分だけで
 1万倍の差は生じないでしょう。

 それにもかかわらず、
 1万倍の価格差を受け入れることができるとするならば、


 その価格を当然のものたらしめるだけの
 ストーリー、

 希少性、

 ワインが生まれるまでの数々の労苦、

 畑の歴史

 などなど、さまざまな要素が背景にあるからでしょう。

 (そんなにワインに詳しくないので、
  それ以上突っ込まないでー)



■で、そのウンチクを

 【 じっくりと語られる 】

 ことによって、


 2280円が、
 2280「万」円に感じられて、


 「これは美味しい!!!!!」


 となるのです。



■ワインの味がそんなに分かるわけでもない
 私のような人間でも、おそらくは感激すること必至です。

 ところが、
 それらのウンチクが

 【 全く語られなかったら 】

 どうでしょうか。


 2280万円のワインを飲んでも、

 「ま、いけるんじゃないかね、これも」

 くらいな感じになるのではないかと思います。



■骨董品も然りです。

 「これが古伊万里の○○です」とか

 と言われても、


 わかる人なら「すごい」「さすがだ」と唸るでしょうが、

 磁器のことを何も知らない人には、
 そこにさっぱり価値を見いだせないかもしれません。



■しかし、そのウンチクを語れる人がいて、見る人に
 情報が伝われば、別です。

 分かる人にしか分からなかった「器」に、
 情報がまぶされれば、

 誰の目にも、光り輝く宝に見えるのです。



■このように、
 ウンチクを語れば語るほど、値(あたい)が増す。

 商売を行うにあたって、極めて重要なことだと
 思われます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■1本2000円のワインを買う人が普通である一方、           2000万円のワインを買う人もいる。                ■まさか味が1万倍も違うはずがない。ならばこの価格差は       「語られるべきウンチクの差」としかいいようがない。       ■なぜ取扱い商品のウンチクを語らねばならないか?          語れば語るほど、正当な評価を認識してもらえる           (=高く売れる)ようになるからだ。            

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る



※現在、20万1602名が購読中。