メールマガジン見本5【2103号 よかった探しの型にはめて世の中を捉える】

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る

見本5
【2103号 よかった探しの型にはめて世の中を捉える】



■なにか書くとき、ものを言うときには、

 「いいこと」「いいもの」「いい人」「いい出来事」

 しか書かない。言わない。


 そう決めた瞬間から、常に

 「いいこと」「いいもの」「いい人」「いい出来事」

 のみを探そう、という視点で世界を眺められるようになります。



■そのような態度で周囲に接していると、
 自分自身に対しても、

 「いいこと」「いいもの」「いいところ」「いい出来事」

 のみを無意識に探し当てられるようになってくるため、
 強力な自信が生まれてきます。


 潜在意識のなかで自らの「可能性」「強み」を
 常に探し続けることになり、それが自らの成功を導いて
 くれるのです。



■さて、今度は、これと逆のことを考えてみましょう。

 ここまで読んでこられた敏感なあなたなら
 既にお気づきのことと思いますが、、

 批評の対象探し、悪い点探し、
 不平不満探し、人のあら探し、

 は、だから危険だといわれるのでしょう。



■それらの視点が習慣化してしまうと、脳の構造上、
 自分に対しても、

 批評したり、
 悪い点を探したり、
 不平不満のタネを見つけてきたり、
 あら探しを行ってしまうことになる。


 そう、自分に対しても批評する(批判的に見る)習慣が
 できてしまうのです。



■これは、言葉をかえていえば自分自身の

 「制約条件」「障壁」「弱み」

 を見つけ出す訓練です。


 こんなことをしていたら、自ら可能性を封じてしまい、
 自信を喪失し、成果につなげられなくなるのです。



■ですから、


 人や社会の悪口を言ってはいけない。
 人や社会の批評をしてはいけない。
 人や社会の批判をしない。


 これらを意識することが、
 そのまま、自らの成功につながることでしょう。



■これは体験上もそのとおりで、

 会社員時代、私はあらゆる不平不満をいっては
 自分が高みに登ったつもりでいましたが、

 そのときには、これといった結果を出せずにいました。(泣)



■時が流れ、

 この「平成進化論」を書き始めて以来、
 かれこれ2000日以上

 (プライベート発信時代まで入れると3000日以上)

 情報発信をしていることになりましたが、
 この場では

 「いいことしか書かない」

 と決め、実践してきました。



■情報発信するうえで、
 このメディアの型、メディアポリシー

 (すなわち、「いいこと」「いいもの」
  「いい人」「いい出来事」のことしか書かない)

 を決めたわけですが、
 そこから一気に人生が好転しはじめたのです。



■どうやら、

 「よかった探しの型にはめて世の中を捉える」

 ことを習慣化することができれば、
 自分にもその思考法が適用され、可能性を開いて
 くれることにつながっていくようです。



■声であれ、文章であれ、なにか言葉を外部に対して
 発信するとき、

 「いいこと」「いいもの」「いい人」「いい出来事」

 しか探さないと留意する。


 そうすることで結果も出るし、なによりも平穏、平安な心で
 世の中に向き合うことが出来るように感じます。



■以上、このところの脳科学の勉強から学んだ知見と、
 自分の経験に照らし合わせて感じた「いいこと」を、

 みなさまにもお裾分けしたいとおもい、アウトプットさせて
 いただきました。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■批評の対象探し、悪い点探し、不平不満探し、人のあら探し    といったことが危険なのは、    脳の構造上、それがそのまま自分自身の批評、悪い点探し、    不平不満のタネの発見、あら探しになってしまうからだ。   ■これでは、自分の「制約条件」「障壁」「弱み」を見つける    訓練をしているようなもの。    決して人や社会の悪口を言わない。人や社会の批評をしない。    人や社会の批判をしない。    「いいこと」のみに焦点を当てることが、そのまま自らの    成功につながる。   ■世の中を「よかった探し」の型にはめて捉えることを    習慣化すれば、自分にもその思考法が適用され、可能性が    開かれる。    なにより、平穏、平安な心で世の中と接せられるように    なるのが有り難い。

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る



※現在、20万1602名が購読中。