メールマガジン見本4【2195号 サボってきた人だけが持つ優位性とは】

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る

見本4
【2195号 サボってきた人だけが持つ優位性とは】



■きっと多くの人が、


 「あの時、もっと頑張っていれば
  今ごろはこうで、こうで、ああだったのに」


 と、

 振り返ってみて後悔の念に駆られる時期を
 持っているのではないでしょうか。



■そのとき、悔恨の情は必要ですが、実は

 「取り返しのつかないことをしてしまった」

 などと悲しむことはまったくありません。


 「二度とあのときのようにあってはならない!」

 という思いこそ、

 これから猛烈に動いて圧倒的なパフォーマンスを
 あげていくための原動力となってくれるからです。



■「あまりにも勉強してこなかった」

 「あまりにも行動してこなかった」

 という反省、悔恨のエネルギーは、
 うまく制御してやれば、

 ロケットのエンジンが炎をあげて上空に飛んで
 いくときの推進剤の役割を果たしてくれます。



■後悔の念、悔恨の情こそが、
 人間にとって行動誘発をもたらしてくれる

 「推進剤」

 となるのです。



■このことに気づいたとき、

 私は、

 「過去、膨大な時間をかけて蓄積してきた
  巨大なマイナスエネルギー(汗)」

 が、

 体内ですべてプラスエネルギー(推進剤)に
 転じ変わるのを感じたわけです。



■これをさらに敷衍するなら、

 【 怠けてきた人ほど多くの推進剤を蓄えている 】

 ということがいえるかもしれません。


 私も推進剤はかなり大量に備蓄してきたほうだとの
 自負がありますが、

 おそらく皆さんの中にも、私に負けず劣らず、
 相当量、溜めこんでこられた方もいらっしゃるのでは
 ないでしょうか。(失礼)



■過去を後悔するばかりで
 なかなか前進できないでいる人がいらっしゃるのなら、

 アドバイス、というとおこがましいですが、
 自分の体験から語らせていただくと、


 そんなあなたこそ、

 「点火されれば凄いことになる」

 のです。



■なにしろ、あなたよりも一生懸命がんばってきた人は、
 こういった推進剤を溜めていません。

 既に使いきって、タンクの中は
 スカスカになっているのかもしれません。



■ひるがえって、そんなあなた、そして私は、
 推進剤がフル充填(笑)されています。

 ですから、ひとたび点火されればあとは早いのです。


 アッというまに大気圏を突き破って宇宙空間へ
 飛び立つことができそうです。

 お互い、そこをこそ喜ぼうではありませんか。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「がんばっておくべき時期にサボッてしまった。二度と    あのようにあってはならない!」この悔恨の情こそ、    ロケットを地球の重力から解き放ち大気圏外へ飛び立たせる    推進剤となる。   ■怠けてきた人ほど推進剤の蓄積がある。    悲しむのではなく、そこをこそ、喜ぼう。

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る



※現在、20万1602名が購読中。