メールマガジン見本2【2154号 人の土俵で戦うな】

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る

見本2
【2154号 人の土俵で戦うな】



■人によって、能力を発揮できる分野はまちまちです。


 賢さで勝る人もいれば、
 他者より気合いが入っている、根性の座った人もある。


 知覚する力に秀でている人もあれば、
 人を動かす力が優れている人もある。

 根気強い、我慢強いことが強みになっている人もあれば
 人と仲良くなることに長けた人もある。



■大切なのは、自分がどの能力に秀でているか、
 について、考えること。

 そして考え続けること。



■ついつい人間は自分にないものを求めたがる
 ものですが、そうではなく、

 今、既に自分が持っていて、成果を出せる能力を
 磨き続けたほうがはるかに勝ちやすいことを知るべきです。


 そんなの当たり前じゃないかと思うでしょう。
 しかしそれを実践するのはとっても難しい。



■たとえば、

 昔の私は仕事するに当たって「頭の良さ」がなければ
 成果を生み出せないと思っていました。

 しかし「頭の良さ」の土俵で戦ったならば
 これは何をどうあがこうと、

 東大医学部やハーバードビジネススクールを
 卒業した人間には逆さになっても敵いません。



■実際に、

 東大医学部に進学した中学・高校の同級生が
 何人かいるのですが、

 すでにその頃から、頭のデキが彼らとは
 遺伝子レベルで違うと感じていたものでした。(汗)



■圧倒的な差がついている状態で、

 他人の土俵である「頭の良さ」に限定して
 勝負に挑もうとしても、勝てるはずはないのです。


 それでは

 「他者の強みが発揮される土俵」

 で戦うことになり、自分の強みに立脚した勝負には
 ならないのです。

 人のフィールドに出向くのではなく、
 自分の土俵で戦うのが勝利の要諦。



■同じようにお相撲さんは、土俵の外で他の格闘家と
 戦ってもおそらく勝てないでしょう。

 土俵から出ずに、相撲のルール
 (=自分が強みを発揮できるルール)

 に従って戦うから有利に勝負を進めることが
 できるのです。



■でも、たとえばですが、

 私たちは「賢い人」を見ると無条件に
 格好いい、

 と思ってしまいますね。



■すごく論理的に、とっても賢そうにプレゼンテーション
 している人などをみると、

 「この人、すげぇ!」

 なんて思って、無条件で、その人のマネをしたくなるもの
 です。

 なんといっても格好いいし、評価されそうだし、
 目立つし、モテそうだったりもするから。(笑)



■でも、

 ひょっとするとそこは自分が戦うべき土俵では
 なかったりする可能性があることを考えなければなりません。

 自分に合った(=成果を簡単に出せる)働き方、
 あるいは仕事の進め方は人それぞれなのです。



■ほかにも、


 ▼きれいにプレゼン資料を作れる企画職

 ▼押し出しの強い豪腕営業職

 ▼異常に高いコミュニケーション能力を持った販売者


 など、人によって、

 「この人、すげぇ!」

 「この人、かっこいい!」

 「こんなふうになれたらいいなあ!」

 なんて思うタイプの人があるとおもいますが、


 憧憬(あこがれ)に引きずられて、
 自分の強みでもないところに身の程を知らず、

 この身を持っていかれそうになることが
 危険なのです。



■ある種、先天的、あるいは後天的であっても早い段階で
 その能力を発現させ、磨いてきた人をみて、

 それが強みでもない者が後追いで、同じ事をしようと思っても、
 決して先行者以上の成果を出すことはできないのです。



■仕事の進め方を決める上で大切なのは、

 「格好よいかどうか、ではなく、
  自分に合っているかどうか」

 で決めるべきでしょう。



■ちなみに私はある時から、身の程を弁え(笑)、

 「賢さ」

 と違う切り口に土俵(勝てるルール)を見つけ、
 そこから出ないようにするように気をつけることと
 しました。



■そのときから、

 無理せず、ラクに、機嫌良く、
 遊びながら、楽しみながら、効率よく、

 成果をあげることができるようになったのです。


 無理に格好つけようとせず、
 勝ちやすいところで勝つのがラクでいいですよ。

 あなたが勝てる土俵はどこにありますか?


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■他者の土俵で戦ってはならない。   ■戦う時は自分のフィールド(自分の強みが発揮できるところ)    で戦うべし。   ■格好よさにひかれて、自分の強みと違うとところに遠征しても    手ひどい敗北を喫することとなるだろう。

その他の「平成進化論」バックナンバーを見る



※現在、20万1602名が購読中。