2009年 9月22日 第8回放談会のご感想集

少人数ならではの貴重な経験となりました。
放談会お疲れ様でした。貴重なお時間とお話ありがとうございました。
私にとっては、予想通り、いや予想以上の身のある、充実の時間でした。

いろいろな人が集まる9人のいろいろな質問にほんとうに、真摯に、丁寧に素晴らしい回答をされていて、その姿をみただけでも、大変勉強になりました。


たくさんの本をお読みになり、勉強され、実践されている鮒谷さんのような方のお話を聞くことはそれだけで、独力で勉強するより、はるかに効果のあるものだとあらためて感じました。

部活で言えば、レベルの高い他校の生徒、あるいは中学生が、高校生と合同練習して、レベルの違いを感じ、一層のレベルアップを痛感した、そんな感じ?です。


また、参加者の方々は、想像以上に、若い方、中には現役学生の方もいらっしゃって、驚くとともに、大変刺激を受けました。

年代だけでなく、ほんとにさまざまな職種、バックグラウンド、考え方の人にお会いし、その考え方を共有させていただくという、少人数ならではの貴重な経験となりました。


個人的には、いろいろ悩み、考えてきたことが、見えてきたようで、一方、いろんな新しい考え方やこれからやらなければいけない課題がたくさん出てきて、今からギアを入れ替えて新たな気持ちで頑張っていこうと、今は、元旦のような心境です。

鮒谷さん、お疲れ様でした。今日はほんとにありがとうございました!!

(アスリートブランドジャパン株式会社 代表取締役 根本真吾 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

メルマガを読んでいきながら、こういう機会を持つことができたなら、自分を変革できる要因になると思います。
時間があると思っていた放談会、あっという間に終わってしまいました(9時終了の予定が10時半まで延びたにもかかわらず)。

個別の質問に対する詳しい回答、ありがとうございました。

他の参加者への回答も十分参考になるものであり、新たな世界を知るきっかけとなったことは大変うれしく思います。


鮒谷さんがレジメで作成したお話しをされる内容が時間の制約上、どうしても十分にとれないので、それが残念でした。
この放談会は2日間必要なのかもしれません。


自分の内面を変えないと外面が変わらないという話は、かねてから参考にしていた寓話「シンデレラ」に重なる所があり、自分が以前、もっと活動的だった時のことを思い起こすことができました。


この放談会ではノウハウやアプローチも教わりましたが、それ以上に大切なことは、自分自身のロケットブースターに点火する起爆剤になりうる点だと思います。その刺激をいただいたことは誠に有意義だと感じています。

メルマガを読んでいきながら、こういう機会を持つことができたなら、自分を変革できる要因になると思います。

ありがとうございました。

(とのやまクリニック 理事長 殿山勇次 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

参加者の多様な質問事項に的確な回答を与えられるのはまさに圧巻でした。
この度は国などに頼らずに自分の身は自分で守る為の個人キャリアの構築というテーマに惹かれて参加しました。

私自身は公的なシステムに依存したビジネスを展開してきまして今まではそれなりの成果を出してきましたが、今後の日本の状況を考えると前提となるシステム自体が崩壊する可能性もあり最近漠然とした不安を感じていました。

そのような状況の変化にも耐えられるビジネスへの転換の道を模索している中での放談会参加でしたが、鮒谷先生のお話は個人キャリアという枠を超え圧倒的なボリュームで迫ってくるというのが実感でした。

一見別の事象が過去から未来へと有機的につながって社会と個人を構成していることが実感として理解できるのはやはり放談というライブならではと思われました。

また参加者の多様な質問事項に的確な回答を与えられるのはまさに圧巻でした。


非常に充実した時間を過ごさせていただきましたがせっかくご用意していただいたレジュメも(家に帰って読むと非常に深い内容でした)解説していただければと思いました。

また機会があれば参加したいと思いますので今後とも宜しくお願いいたします。

(医療法人けやきクリニック 理事長 鏑木豊 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

リアルタイム、帰宅後、そして今日までも、自分の中で小爆発が多発している所でございます。
先日は過密スケジュールの中、放談会を開催していただきありがとうございました。

ある意味予想通りと申しますか、濃い内容で非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。リアルタイム、帰宅後、そして今日までも、自分の中で小爆発が多発している所でございます。にも関わらず、返信が遅くなったことを恥じている所存であります。

あれから、頂いた資料を読み返し、また推薦図書である「2020年からの警鐘」をじっくりと読ませて頂いておりますが、

(中略)

その中で、私が一番心に刺さったのは「アテンションを取りに行く、守り抜く」。

日常において、ネットサーフィンや、テレビ視聴等、注視すると「アテンションを奪われている」時間は多々ございます。アテンションを奪われている時間は、単に時間を無駄に過ごしている(有意義な場合もある)だけでなく、アテンションを創出する機会も奪われていることから、その差は計り知れないものだと認識し、恐ろしくなりました。

やはり、情報過多の現代では、その適切な取捨選択が重要だと再認識しております。ただし、どこまでが適正なのかはまだ模索中ですが・・・

また、推薦図書の「2020年からの警鐘」も、熟読に比例して恐怖が席巻してきております。鮒谷様が放談会の中で、「将来への不安」からくるモチベーションが最も高いと仰っておりましたが、これを読むとその感情になるのは、必然であると感じました。この本ともっと早くに出会っていればよかったと思いますが、現状を憂いても仕方ありませんので、これから出来ることを着実に実行していければと思います。

長くなりましたが、これからも「セカンドステージ」及び「平成進化論」とは長い付き合いをさせて頂き、また、機会があれば放談会にも出席させて頂きたいと思います。

本当にありがとうございました。

(株式会社総合環境計画 安藤圭吾 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

自分にとって決して安い金額の投資ではなかったですが、放談会を終えた今、本当に参加して良かったと思っています。
頭の中のスイッチが切り替わった。

放談会を終え、帰りの電車の中で振り返った時の自分の思いです。


鮒谷さんが放談会で仰っていた、認識を変えることで、行動が変わり、結果が変わる。

ということが、実際に昨日の自分にも放談会の中で様々な鮒谷さんの思いを浴びることで自分の身にも起きたことが驚きでした。


放談会の場で平成進化論の中で語られている内容と同じような話しもありました。

しかしリアルの鮒谷さんから言葉を発せられると、自分に言葉が沁みこんできて脳がフル回転して言葉を捉えようと必死になったことがデジタルとアナログのコミュニケーションの違いなのかとも思いました。


異常値を目指すというフレーズを何度も使われていましたが、まずはそこから始まるということ。

専門性を追求して、そこから様々な分野に幅を広げて考えて価値を生み出す。

そこに向かって、自分の認識を変化させ続けて、行動し成果を出していきたいと思います。


自分にとって決して安い金額の投資ではなかったですが、放談会を終えた今、本当に参加して良かったと思っています。

また、いつか放談会に参加したいと思います。

本当に貴重な時間を有難うございました。

(不動産コンサルティング会社勤務 Y.H 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

その根底にある物を認識できると、金額をはるかに超える学びになりそうです。
鮒谷さんにお会いするのは初めてで、少し緊張したのですが、実際にお会いすると物腰の柔らかい方で、プレッシャーなく参加させていただけました。

放談会の内容については、情報量が多く、多種多様な情報源からのお話だったのが印象的でした。

また、参加者の質問にも丁寧に対応されていて、質問の中からレジュメの話を補足したり、時間が足りなくてレジュメを進めきれなかった部分をカバーされていて、とてもよく構成されていたと思います。


鮒谷さんの徹底されている姿勢がとても勉強になりまして、レジュメの中で言うと、

「想い、思想、哲学、価値観を載せる」
「無意識レベルへの情報刷り込みの存在を認識する」
「自分の頭で考える必要性」
「発信者のバイアスを取り除き、見るべきものを見る」
「閾値を超える」

・・・挙げるときりがないですね。

平成進化論の根底に流れている物、発想と表現の豊かさがレジュメに凝縮されていて、それを鮒谷さんの口から聴くことで、より深く理解する事が出来ました。

「編集はアート」、正に鮒谷さんが実践されている事だと実感しました。


お話の内容としては、21世紀のキャリア構築についての放談ということでしたが、徹底的に学ぶ、の言葉に代表されるように、一人ひとりがプロになる事の必要性を再認識しました。


おそらく、この放談会が直接何かを生み出すことはなかったとしても、その根底にある物を認識できると、金額をはるかに超える学びになりそうです。

(自分の人生を変えられるのは自分だけですが、何をきっかけに人生を変えるのかは自分が決めることですし、話している事の奥深さを認識すると、その価値を実感できます。


個人的にはこれまで、能力の最大化や、全体の最適化を軸に学んできたのですが、自己開示が足りていない部分を感じましたので、より積極的に自己開示をしようかと思っています。

キャリアの構築や勉強法については、個人的に鮒谷さんと、おそらく似て非なる切り口から研究してきたのですが、結論として出てくる物には近い物があって、それもとても興味部深かったです。


最後に、時間がない中、多くの質問に答えて頂きありがとうございました。

鮒谷さんの非言語のメッセージを含めるときちんと受け取れているか確信は持てませんが、もう2,3年は超長期的な視野を持って学びを続けて、人に価値を提供できる存在になりたいと思います。

そして、いつか鮒谷さんにビジネスチャンスを提供できるような存在になろうと思います。

ありがとうございました。

(製薬メーカー勤務 T.W 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんの思考・思想・哲学の一部を垣間見ることができたのは、私にとって大きな財産となると思います。
非常にたくさんの学びがあり、整理するのに今日1日かかりました。

鮒谷さんの思考・思想・哲学の一部を垣間見ることができたのは、私にとって大きな財産となると思います。


10年後振り返った時に、この放談会が転機になった、と思えるよう、今後の人生の中で学びを実践し、少しずつ自分の認識を書き換えていこうと思います。

素晴らしい機会を提供して下さり、本当にありがとうございました!大満足でした!!!

(一橋大学商学部経営学科 岩崎陽介 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。



※現在、20万1602名が購読中。