2009年 8月11日 第7回放談会のご感想集

放談会というコミュニティーの輪の中に入ったことは、大成功でした。
昨日は放談会を開催して頂き、また多くの学びを戴き誠にありがとうございました。

得たものが多すぎて、どう感想をまとめたら良いものかと、困ってしまう程です。
先程から頭の中がグルグル回るばかりで、いっこうに筆(キーボード)が進みません。

どうしたものかと、これまでに参加された方の感想を読ませて頂きましたら、こんなところで驚きを覚えるとは思いませんでした。

参加前でも興味をそそられる文章ではありましたが、それが、とても臨場感を感じ取れるようになっているのです。

これも、ある種の「認識の変化」でしょうか。
同じ文章でも、ここまで違うものかと改めて「認識の変化」の影響を実感した次第です。


他にも「世の中の認識の変化により、構造的空壁が生まれ、その空壁を埋める情報がビジネスとなるのでは?」など、昨日頂いた言葉が頭の中を活性化して、休ませてくれません。

今回、放談会というコミュニティーの輪の中に入ったことは、大成功でした。
これを機に、様々なコミュニティーに飛び込んで、認識を変えていきたいと思います。

(H.K様(回路設計・開発))

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

参加者の方もバラエティに飛んでいて、その質問と鮒谷さんの回答も様々勉強になることも多くありました。
今回も、かなり勉強になりました。

私も、発想を広げるために新しいことや新しい場所になるべく行くようにしておりましたが、鮒谷さんの動きはそれ以上の振り幅で動いているのを聞いてさらに刺激を受けました。


また構造的空隙をつく話など、すぐにでもビジネスや普段の生活に生かせることができそうな話も多くありました。

参加者の方もバラエティに飛んでいて、その質問と鮒谷さんの回答も様々勉強になることも多くありました。

いろいろな勉強や刺激を受けることができました。
ありがとうございました。

また、参加させていただきます。
よろしくおねいがします。

(経営コンサルタント T.H様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

本当にありがとうございました。
昨日は本当にありがとうございました。
不覚ながら、拝聴しているだけでドッと疲れが出てしまいました。

きっと通しでお話し続けた鮒谷さんの疲れたるや、すごいものかと思います。
(最後まで元気そうでしたのでそうでもなかったのかもしれませんが。。)

重ね重ね、ありがとうございました。


以下、箇条書きですが、気付きなどを記載します。

<目から鱗>

・「肉体」と「成果」を"徹底的に"切り離して考える
・○○が出ることは負債

・認識が入れ替わる出会いは確率論
 -ただ、準備×チャンス=結果 (準備していなければ出会えない)

・「自分軸」は、可能性を"広げ切った"上で決定すべき
 -知らない人に会う
 -知らないところに行く
 -変化を日常とする

・「環境問題」に関する優先度の変化は、徐々にではなく、1つの象徴的な出来事によって一気にもたらされる

・異常値を取りに行くことで環境が一変する
・「する」ではなく「なる」で考える

・同じ土俵で戦うなら、「3度の飯より好き」くらいの勢いでなければ勝てない
 -だから、構造的空隙を狙う

・モチベーションのエンジンはたくさんある。「ふざけんな」「おもしろい」「ほめられる」「所属している」「食える」など
 -どれがいい、どれが悪いではなく、大事なことは今、どのエンジンで動いているかを自覚すること
 -エンジンは複数持った方がいい
 -特に「○○○○(○○○○)」がパワフル


<共感・再認識>

・認識 -> 言葉 -> 行動

・人の感覚は変わる。今の当たり前と5年後の当たり前は違う
・変化の兆し(空気感)をつかむ

・自分の強みは人に聞く
・強みの種を育てる

・結局は「動的均衡」
・「ビジネス」と「プライベート」をわけて考えない
・自分に足りない部分は、頑張らずに、捨てる

・「マーケティングの目的は、セリングを不要にすること(ドラッカー)」

・世の中は「等価交換」。知識がなければそれ以外(肉体?気配り?拝聴の姿勢?)を提示する

・自分ブランディングをするなら、リアルな身内100人を固めること


重ね重ね、昨日はありがとうございました。

(K.N様(オフショア開発企業))

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。



※現在、20万1602名が購読中。