2017年01月02日 【目標設定フォローアップ放談】ご参加者並びに音源をお聴き下さった方のご感想集

音源を聴いた後、自分なりに目標をノートに書き出していたんですが、セミナーを受けた直後に受ける前の10倍くらいの量、そして、受ける前の100倍くらい恥ずかしくて、人には言えない内容の目標を書き出せました。
鮒谷さま

今回の目標設定の仕方の音源、また、フォローアップセミナーありがとうございました。

音源をゲットして、毎日寝る前に聞いてたら、電車に乗って鮒谷さんに会いに行く夢を見てました。
そんな感じだったので、今日のセミナーのお知らせを見たとたん「ポチ」っとしてました(^^;;

去年セミナーを受けてから、少しずつ成長してる感がありましたが、

「こんなモノでは無いハズ!」

と思うことが出来ました。

音源を聴いた後、自分なりに目標をノートに書き出していたんですが、セミナーを受けた直後に受ける前の10倍くらいの量、そして、受ける前の100倍くらい恥ずかしくて、人には言えない内容の目標を書き出せました。

「ナント狭かったんだろ~~T_T」

鮒谷さんが常にかかげてる、目標を聴いて、ワクワクしました。

真似っこですが、少しずつ自分用にカスタマイズして、毎日、眺めて、臨場感を感じられるよう、バージョンアップしながら、目標に向かって、進んでいきます!

次回はスケジュールパンパンになったら、会いにいきますので、よろしくお願いしますm(._.)m

(栃木県日光市のギター教室 野口 さとし 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんの起業当初からの歩みを経営の数字を含めて具体的に生々しく惜しみなく開陳していただいたことで高い目標を立てることの重要性を再認識いたしました。
鮒谷さん

いつもお世話になっております。

先日購入いたしました「目標設定放談会」の音源が良かったのでこの度の放談会も音源化の予定とありましたが、音源化を待ちきれず、参加いたしました。

目標を立てた後どうなるのか、達成していくためにはどうしたら良いのかを鮒谷節全開、秀逸な比喩表現満載で2時間30分以上にわたり立ちっぱなし、休憩なしで話し続けていただきありがとうございました。

おかげさまで、多くの学びを得ることができました。
目標と現在のギャップから生まれる真空状態を埋めるためのPDCAサイクルの回す具体例の一つとして、鮒谷さんの起業当初からの歩みを経営の数字を含めて具体的に生々しく惜しみなく開陳していただいたことで高い目標を立てることの重要性を再認識いたしました。

一方では、

「多くの方はPDCAサイクルを回すのが遅い」
「勉強しても結果が出ないのは私アホですと言っているようなもの、遊んでいる方が良い」

など、耳に痛い言葉もあり、見えない矢が胸にグサグサと突き刺さったようでした。

最後には、鮒谷さんご自身が実際に立てておられる目標を読み上げてくださり、すごいサービスだなぁと驚きましたがパンチの重い言葉を用いつつも磨き抜かれた言葉の目標は美しい散文詩のようでもあり非常に参考になりました。

「目標を立てて終わるのか、目標を実現していくのか」

これから襲い掛かるであろう(?)事への予習はできましたし、

「未来と現在の綱引き」

に負けない予感を感じることはできましたのでこれを実感、確信に変えていけるようやっていこうと決意しました。

先日の目標設定放談会の音源が「骨」とするならば今回のフォローアップ放談会は「肉」と言えるような内容だと感じました。

この度は本当にありがとうございました。

(結婚相談所Emias(エミアス)谷 富雄 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

お話を聞いているうちに質問をする必要がなくなりました。
それほど昨日のセミナーは腹落ちしました。
鮒谷さま

昨日はありがとうございました!

目標設定フォローアップ放談会の感想を送付させていただきます。
文字よりも、音声よりも、やはりリアルですね。

音声ファイルは繰り返し復習できるというメリットはありますがリアルで感じることのできる熱量にはそれ以上のメリットがあります。

上質なセミナーには、それに参加するだけでセルフイメージが上がる得難い効果があります。
岡山から参加した甲斐がありました!

さて、実は私は当日、鮒谷さんに質問させていただきたいことがありました。
その機会を得ようと参加したのですがお話を聞いているうちに質問をする必要がなくなりました。

それほど昨日のセミナーは腹落ちしました。
質問したかったのは次のようなことです。
現在と未来の綱引きの際に生じる現在に引き戻そうとする強烈な力は人によってその大きさが違うのではないかということを感じています。

すぐに変われる人と変われない人の差はマインドブロックの強さにあるのではないかと思っていました。
その力の強さは自己肯定感の高低に影響されるのではないかと。

自己肯定感が低い私のような人間はマインドブロックが人より強く、高等なフィクションを打ち立てても現実と理想のギャップによって発生する葛藤が目標へ向かう原動力とはならず、どうせ失敗するしという負け犬根性で逆に自信をなくす原因になるのではないかと感じていました。

目標をすり込む時間と頻度を上げれば上げるほど逆効果になるのではないかと思っていたのです。
しかし考え方が全く間違っていました。
原因は目標に臨場感がないということだったとわかりました。

実際、音源を聞いてからBeing目標を作ったのですがどうもしっくりこないと言うのかまったく引力が発生しなかったのです。

しかし、本邦初公開と言われた鮒谷さんのBeing目標を聞かせていただいたとき
私のBeing目標についての理解が浅すぎたからだと昨日わかりました。


私はこれまで単語、文節で

「●●な〇〇である」「●●な〇〇になる」

というようなものをBeing目標だと思っていたのです。

しかし違いましたね。
鮒谷さんの目標は詳細に文章化されていて、臨場感たっぷりでした。

Being目標とは、想像し得る最高級の未来の自分のプロフィールなのかなというのが昨日の私の理解です。

もうひとつ、教えていただいた人が介在しなければ目標に臨場感を持たせられないというのも確かに!と膝打ちした次第です。
2017年も「出会いを大切にしよう」と気持ちを新たにすることができました。

圧巻のセミナー、ありがとうございました。

(谷口 慎治 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

昨年1年かけて行動し理解してきたことが、言語化されることによって、さらに腹落ちしました。
本日は、ありがとうございました。

今まで、『目標設定』の重要性についてわかっていたつもりで、毎年、目標を設定してまいりました。

しかしながら、自分が達成できそうな目標ばかりを掲げていました。
達成できそうな目標ですから当然「達成」するわけです。
目標を掲げ、達成し、また次の目標を掲げる・・・・

その繰り返しをしてきても、どこか満たされていない自分にストレスを感じていたのですね。

昨年は、そんな状況を「変えたい」と心ら望み、行動していました。
そして、改めて

「目標とは何ぞや?」

という疑問に到達し、自分と向き合う日々を過ごしていました。

常々、

「在り方のうえに初めてやり方が活きてくる」

と言い聞かせていたのですが、今回、目標設定放談会の音源を拝聴し、

Being   何者でありたいか?
Doing   どうしたいのか?
Having  何を手に入れたいのか?

という願望(目標)の原則を知り、昨年1年かけて行動し理解してきたことが、言語化されることによって、さらに腹落ちしました。

腹落ちしたのですが・・・・
ここでひとつ、どうしても知りたいことが

「どうやったら、向こう側の世界に臨場感を持たせることができるのか?」

と言うところでした。

目標を掲げても、その目標にリアリティ(臨場感)がないと、行動に移せない、現状の引力に負けて「楽」に生きてしまう、という事は、自分自身実体験済みであったため、そうならぬ様、常に向こう側に引っ張られた状態でありたい、と思った時に、

臨場感をどう持たせるのか?
鮒谷さんは、どう臨場感を持たせているのだろう?

というところが知りたかったのですが、今日のフォローアップ放談会での、そこに、人間が介在していないと臨場感が生まれないというお話で、すっきりとしました。

過去、振り返ってみると自分が目標設定をする時には必ず、
 
あの人の様になりたい、や
あの人は素晴らしい、とか

誰かしら、目指したい人やその人の生き様に触れていたように思います。
そして、そのような人との出会えたのもやはり目標設定していたからだと、気づきました。

昨年末に立てた目標は、まだまだ赤面してしまう内容ですが、今日、参加した全員の前で目標を語ってくださった鮒谷先生は、掲げている内容に赤面しているようには見受けられず、必ずそこに到達する、という自信すら感じたくらいでした。

私も、3ヶ月後には赤面せず、必ずそこに到達している、と自信をもって宣言できるように。
今後は、未来と今とのギャップを埋めるべく、逆算思考で常に考え続けること、PDCAサイクルを回し続けること、ここに意識をおいていきたいと宣言します。

本日はありがとうございました。

(辻 満紀 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

今回のセミナーは私にとって、たくさんの気付きを得ることが出来ましたし、新年から身が引き締まり、最高のスタートを切ることが出来ました。
鮒谷様、

群馬県高崎市より参加させて頂いた、Oと申します。

昨日は大変貴重なセミナーを開催して頂き、ありがとうございました。

私は今回のフォローアップセミナーは、インベスターZの三田さんとのコラボ音源(鮒谷さんパート)と目標設定放談会(本編)からなる3部作のようなものと位置付けておりました。 勝手にですが(笑)

目標設定に関しては全くの素人であることが「本編」の音源によって気付くことが出来ていたので、今回のセミナーにて基礎中の基礎を自分のカラダに叩き込みたい、との思いで参加させて頂きました。

また目標設定の「やりかた」とは別に、鮒谷さんの目標設定と達成に対する「予感→実感→確信」に至るまでのプロセスやマインド的な核となる構造の概念を掴み取りたい、との思いもありました。

まだ復習としては昨日と今日の2日間でのノートの見返しと簡単なまとめ程度ではありますが、現時点で理解できたこととしては、

「真空を作り、埋める」

ということが重要なポイントだと感じています。
さらに言うと、これこそが核となる最重要の構造なのではないか、という仮説も浮かんできております。

といってもまだこれから実践を重ね、仮説と検証を繰り返し、自分の身体感覚に落とし込む必要はありますが、この概念に気づけただけでも大きな進歩であり、大きな収穫だったと思っています。

まさに「鬼のPDCA」を回すことによってのみスキルとして身につく、ということですね。
これからも精進して実践を重ねます。

今回のセミナーは私にとって、たくさんの気付きを得ることが出来ましたし、新年から身が引き締まり、最高のスタートを切ることが出来ました。

本当にありがとうございました!

(T.O 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

今回もたくさんの学び、気づきをいただきましてありがとうございました。
鮒谷様

この度はお正月にもかかわらずセミナーを開催いただきましてありがとうございました。
三が日の過ごし方が1年の自分の在り方を現すと聞いたこともあり、すぐに参加を決めました。結果、充実した学びを得ることができました。

印象に残ったこととしては

・未来と現在の綱引きでどのように向こうの世界と繋がるのか
 向こう側に臨場感を持たせる

・ガラケーのバランスが未来と現在のバランス
その先に高等なるフィクション、高い目標を力点にかければ向こう側に行きやすい

・高い目標を掲げればそこに至るための道筋を考え続ける
 →関係ないことも関係づける 紐づけが拡がる→好奇心を持ち学びが広くなる

・PDCAがみんな遅い
目標がないと回すこともない

・~だからできない、のORでなく
ANDで繋ぐ考え方 →できると考える→どうやったらできる?

・言葉によって未来を生みだす

・言葉に落とすと精緻化する
目標と日記はセット
考えることは概念の集積であり、書き続けることで思考が整理される


目標設定をしてみて、今の仕事に当てはまる部分と、そうではない部分があることを知り自分自身を抑圧し、現実を正当化している部分がありました。
これを統合していくのか、破壊、創造していくのか、もっと言葉に落として自分と向き合っていきたいと思います。

敵前逃亡せず、中途挫折せず、目標とこれからも真摯に向き合います。
また、考えることを放棄しないよう言語化するため日記を書いていきます。

今回もたくさんの学び、気づきをいただきましてありがとうございました。

(遠藤 洋子 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

参加を決めるまでは少し二の足を踏んでいたのですが、参加を決意し実際に受講してみて、ここ2、3年自分の中に発散しきれないエネルギーがあり、モヤモヤしていた心が少し晴れてきたと実感しております。
セミナーを受講する前に、特に聞きたいと思っていた以下2つのポイントを聞くことができたため、大変満足しております。

・向こう側への臨場感を具体的にどうもたせたらよいのか
・高等なるフィクションの具体的なイメージの仕方

私は某IT企業のシステムエンジニアをしておりますが、定性的な目標として、『社内No.1のしゃべりの達人』になる目標を立てました。
しかし現状は、あまりにも言葉を知らなすぎるし、稚拙な表現力であり、言語化する能力も未熟であると痛感しております。

その目標への第一歩として、まずは毎日日記を書くことを習慣化することに決めました。

今回最も学んだことは、PDCAを回す際に、その時点でボトルネックになっていることを常に考え、取り除いていくことが大切であるということです。

現在の自分にとって一番のボトルネックは、言語化する能力であると考えているため、日々日記に思考の集積を残すことにより、言語化する訓練に精進していきます。

今回鮒谷さんのセミナーは初受講でした。
参加を決めるまでは少し二の足を踏んでいたのですが、参加を決意し実際に受講してみて、ここ2、3年自分の中に発散しきれないエネルギーがあり、モヤモヤしていた心が少し晴れてきたと実感しております。

ありふれた表現かもしれませんが、やらないで後悔する人生よりも、やって後悔する人生をこれからも歩んでいきたいと思いました。

参加を迷われている方に少しでも参考になればと思います。

(システムエンジニア T.H 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

圧倒的な知識量、知性、言葉に対する感性の鋭さ、まさに「言葉の達人」という表現がふさわしいと感じました。
鮒谷 周史 様

先日は、目標設定放談会のフォローアップセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。

鮒谷さんにお会いするのは、今回が初めてでした。
一言で言うと、強烈なインパクトを受けました。
メルマガ、音源だけでは伝わってこない「熱量」を受け取りました。

実際にお会いして、一番感激したのは、

「言葉の密度の濃さ」

です。

早口なのに、一つ一つの言葉に無駄がなく、すーっと入ってくる感覚。

「あ~、そういう例えできたか~!!」

という感動。

圧倒的な知識量、知性、言葉に対する感性の鋭さ、まさに「言葉の達人」という表現がふさわしいと感じました。

しかしながら、鮒谷さんが最初から今のようだったわけではなく、目標を設定し、向こう側の世界に臨場感をもたせ、日々、質の高い意思決定と行動を積み重ねてきた結果であるということを強く感じ取りました。

鮒谷さんが自分の目標を読み上げてくださったのもすごく参考になりました。
今まで、単文で

「私は~である。」
「私は~しました。」
「私は~な人間です。」

などの目標を設定していましたが、今回のお話を聞き、目標とする世界を自分の言葉で

『一つの物語を編む』

ということをしてみたくなりました。(やってみると結構大変で、今、真っ最中です)

最後に、いくつかメモの中なら印象に残った言葉を列挙して御礼のしめといたします。

・臨場感
・綱引き
・予感 実感 確信
・幽体離脱
・目標とのギャップ = 真空状態
・立てた目標は、かなう
・毎日、見返す、読み返す=向こう側の世界におもりを置くイメージ
・高速PDCA
・ボトルネックは何か
・かなう前(直前)に次の目標を立てる。
・頻度、時間、インパクト

などなど

フォローアップセミナーの音源も購入しました。
届くのが楽しみです。
何度も復習します。
そして、圧倒的な量の行動を積み重ねます。
(いや、すでに積み重ねている最中です)

ありがとうございました。
鮒谷さんとセカンドステージの皆様のますますのご活躍を願っています。

(小学校教員 F 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

お陰様でしっかりと時間を天引きしてBeingをたくさん出すことができまして、またそれらの似ている言葉を組み合わせて文章化することが出来ました。
先日はありがとうございました!

音源を聞いて分かったつもりでいましたが、やはりライブで聞くとより深めることが出来たので正月返上で参加してよかったです。
さて今回参加して気づいたことを書かせていただきます。

・小錦級の目標を掲げていないと、ある程度の結果で満足してしまうが、鮒谷さんは目標が高かったがために更にPDCAを高速に回しつけることが出来た。

・シーソーの話がとても分かりやすく、力点が重ければ重いほど(目標が高ければ高いほど)向こう側の世界に行ける。

・今までの目標は表面的な目標だったので達成しても喜びが少なかったし、その後の目標も何となく建てただけでしたが、それはBeingから紐ついた本質的な目標ではなかったことが理由と分かりました。

・目標を立て、書けばよいだけではなく、行動しなければいけないということを鮒谷さん自身の実例を聞きイメージすることが出来た。

・臨場感がない目標では途中で諦めてしまう、臨場感を持たせる目標はBeingから始めなければ無理である。

お陰様でしっかりと時間を天引きしてBeingをたくさん出すことができまして、またそれらの似ている言葉を組み合わせて文章化することが出来ました。
とても人さまには見せることが出来ないほど棚上げしたBeing目標で、我ながらよく書けた?と思った次第です。

次はBeingに紐ついたHaving以降の目標も立ててまいります。

また今回の音源も楽しみにしています!
ありがとうございました!!

(鈴木 政宏 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

最後の鮒谷さんの自身の目標が、とても臨場感のある物語になっていることが驚きでした。
お世話になっております。

1月2日目標設定フォローアップ放談会に参加させて頂きました大森です。
1週間が経ちましたが、あらためて感想文をお送りします。

音源も購入させて頂きましたが、まずはこの感想文を書き終わらなければ聞いてはいけない気がして、ダウンロードだけしてまだ聞いていません。

1週間が経ち、感想文という形でまとめきれなかったのは、他の方の書く感想文のクオリティが高くて、躊躇してしまったところもあります。

しかし、これはあくまで自分のために書くもので、他人と比べるためでは無いと思い直して書きます。

「未来に臨場感を持たせる」

これは日々意識をしています。
偶然ですが妻から「セミナーどうだったの?」と聞かれたので、(慌てて)ピンポイントで何かを伝えなければと思った時に出て来たのが上記の言葉です。

その他、

・未来に臨場感を持たせることで、未来に引力、重力が生まれ、そのギャップに「健全なストレス」を感じる。

・山の上から見たら「筋が良いか悪いか」が分かる。

・目標が高いから、組み合わせの妙が生まれる→イノベーションが生まれる。

・ロールモデルには「ホームラン級」「長打級」「シングルヒット級」「振り逃げ級」がいる。(とても分かりやすい例えでした!)

・目標は砂鉄に対しての磁石→右向け右ができる。

・4つの領域の中で、自分がどこにいるか?→変わる人、変わらない人がその領域をそれぞれどう進むのか。

・「or思考」ではなく「AND思考」。


そして、最後の鮒谷さんの自身の目標が、とても臨場感のある物語になっていることが驚きでした。
と同時に「物語を編む」という鮒谷さんの言葉を思い出し、とても納得がいきました。

鮒谷さんの言葉を自分ごとに置き換えられるよう、抽象化と具体化を繰り返しチャレンジします。

また今回、鮒谷さんの選ぶ言葉も大切に聞き逃さないようにと思っていました。

ちょっとした表現、言葉の順番、助詞の使い方、その端々に意味があるに違いなく、せっかく(そして初めて)ライブでお会いするのだから、コンテンツ以外のところも吸収しようと思っていました。

その企みはうまくいったかは分かりませんが、今ノートを見返し、ちょっとした表現の復習をしています。

今回のセミナーで直接学んだことではありませんが、メルマガに引用されていたユダヤ人の言葉、

「学んだことを復習するのは、覚えるためではない何回も復習するうちに新しい発見があるからだ」

には、目から鱗を落とされました。

すでに実行したことは、

・手帳に書く内容を変えました→未来(目標)に臨場感を感じ感じられるようフォーマットにしました。→今後もより良く修正していくためPDCAも忘れないよう書いています

・スマホの待ち受け画面に今年の目標を掲げました。→人に見せられないスマホになってしまいますが(汗)、いつも見ているところなので、今年一年はがまんします。

・仕事だけでなく、家庭での家事を含めた活動にもPDCAを組み込むよう考えています。→無意識に日常的に行なっていることほど、PDCAをかけにくいと感じつつ、だからこそ改善の余地がたくさんあると実感しています。

現状はこのような状態です。

ようやく感想文が書けましたので、これからフォローアップ音源が聞けるのが楽しみです。
放談会&フォローアップ放談会の復習を、これから何回もしていきます。
直接ライブでお会いした副次効果として、毎日のメルマガのリアリティも上がりました。

素晴らしいセミナーと素晴らしいメルマガいつもありがとうございます。

(大森 剛 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんが年収1億円の目標を掲げた後に、それを達成するまでのストーリーは「なるほど、そういう事か!」と五臓六腑に染み渡るような納得感がありました。
「目標設定&目標達成」放談会音源を聞いて以降、頭の中で「目標設定モード」が続いております。

Being、Doing、Havingそれぞれの目標がまだまだ粒度の荒い言葉ですが、それらが頭の中でグルグル回っております。
大げさな表現になりますが、音源を聞いた後、目標が頭にこびり付いているせいか、いつも通りの日常の現象が違って見えるような不思議な感覚でいます。

これから粒度が徐々に細かくなって、独自の目標が出来上がってくる期待感があります。
これは今までに無い感覚なので、ちょっとワクワクしています。

そんなワクワク感があるなかで、1月2日にフォローアップセミナーを開催するというメールを受信したとき、

「これはノーポチだ!」

と申込みしかかったのですが、正月の三が日です。

「ノーポチは危い」

と思いとどまり、妻の説得にトライしました。
ダメでした。そして泣く泣く断念しました。

そのためフォローアップ音源が発売された時は、迷いなく購入しました。
前回購入する際に散々悩んでいたのがウソのような即買いです。

フォローアップの音源は、鮒谷さんの赤裸々な体験談を織り交ぜながら、実に具体的に目標設定の効果・効能を理解することが出来ました。

特に鮒谷さんが年収1億円の目標を掲げた後に、それを達成するまでのストーリーは

「なるほど、そういう事か!」

と五臓六腑に染み渡るような納得感がありました。

メモ書きを上げればキリがないで、少し別の視点で感想を申し上げるならば、今まで「目標設定は苦しい行為」と感じていたのですが「楽しい、ワクワクする行為」に変わったことが最も大きな収穫でした。

「目標設定は希望である」と仰っていましたが、まさにその通りですね。

更に言えば、恥かしげも無く棚上げした目標が、自分の既定していた枠が取っ払ってくれたのか、

「(全く根拠が無いですが)おれってスゲーなぁ」

との言葉が頭で回り始め、セルフイメージも大幅に向上し、対人関係のストレスが減りました。これも不思議な感覚です。

当然ながら、1ヶ月足らずで現状が大きく変わることはありませんが、内面が変化し始めたように思います。

先日、友人に「そんな高い音源買って、元取れそう?」と突っ込まれました。
「恐らく取れる。自分次第だけど大きく人生が変わるきっかけなりそう。数年後、激安だったと言えるかも」 と回答しました。

まだ音源の効果は「期待、予感」という域を出ておりませんが、きっと100日後、半年後には目に見える変化が出てくるのではと思います。

(T.U 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

どんな出来事でも、関連づけて目標達成のための何かできるようになっているのではないかと思います。
新年の1月2日に、目標設定セミナーを開催いただきまして、ありがとうございました。

この言葉は、定型のあいさつでなく本当に私の中から出てきました。
新年のはじめの大切な日に鮒谷さんに、また会えるのですから、こんなに嬉しい機会はありません。

学んだことをフィードバックするまでセミナーは終わってはおりませんので、メールでご連絡をさせていただきました。

購入させていただいた音源と、1月2日のセミナーとその後の2-3時間のおかげで、私は具体的な目標をたてることができました。
年末年始に、MP3プレイヤーで、3時間の大阪の目標設定セミナー音源を3回繰り返して移動中や食事中などに、を聞きました。

今の私の状態はさしおいて、定性的な目標を、たくさんたてました。
私が何者として覚えられたいか。どんな生活がしたいのか。どんな友人を持ちたいか。会社でのこと。家庭のこと。いろいろと書きなぐりました。
定性的な目標はこれから時間をかけて整理するところです。

定量的目標は、より具体的にイメージできるように数字や期限をきって作りました。

前からなんとなく気づいてはいましたが、定性目標と定量目標という定義があることすら知らなかった私はとても恥ずかしいと思いました。

年賀状に書かせていただきましたが、

「2017年は目標をたてて、それを達成します」

その目標は、とても高いものであり、私の能力を最大限に毎日出し切っている状態で、達成できる定量目標です。

長期的な、定性目標は、すぐに達成はできないかもしれませんが、追い求めて、いつかは必ず達成(なりたい自分になる)します。

あまり、テレビも見ない、芸能音痴の私が、山本彩ちゃんの「365日の紙飛行機」をたまたまYouTubeで聞いて、涙するぼど、感動して目標を書きなぐっている私がいました。

そんな行動は音源を聞いてセミナーを受けたからであると思います。

どんな出来事でも、関連づけて目標達成のための何かできるようになっているのではないかと思います。

今年、2017年酉年は、私にとって飛躍の年にする計画です!!

(匿名希望 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

「目標設定&達成会音源」および「目標設定放談会フォローアップ放談」の2つに参加させていただきましたが、両方に参加して本当に良かったです。
鮒谷さん、こんにちは、ルーク平野です。

「目標設定&達成会音源」および「目標設定放談会フォローアップ放談」に参加させていただき、ありがとうございます。

「目標設定&達成会音源」および「目標設定放談会フォローアップ放談」の2つに参加させていただきましたが、両方に参加して本当に良かったです。

というより、2つの音声を聞くことで、目標設定&達成が実現すると感じました。

なので、「目標設定&達成会音源」を聞いた方は、ぜひ「目標設定放談会フォローアップ放談」も聞くことをお勧めしますし、まだ聞いていない方は、2つの音声を聞くことをお勧めします。

2つの音声を聞くことで、学びの深さが2倍どころか、数倍の効果があります。

音声を聞いてとくに良かったところは、目標を達成するためには、予感を感じる⇒実感がでてくる⇒確信に変わる⇒目標が達成される、このように変化していくのは、本当にその通りだと感じました。

また目標達成が確信に変わるためには、

「目標達成に臨場感を感じるようになること」

が、腑に落ちました。

過去の目標達成したことを振返ってみると、目標達成することに臨場感を感じるようになり、目標達成することに確信を持ち、目標を実現することが当たり前のように感じ、目標を実現してきました。

恋愛セラピストとして独立して10年が経ちますが、全国10カ所以上でセミナーを開催できたり、250名の講演会を実現できたり、6ヶ月間の講座を定期的に開催できたりとさまざまな目標を達成することができましたが、鮒谷さんの話を聞いて、あらためて目標達成のポイントが深いところで理解できました。

そして、臨場感を感じるためには、その目標を達成している人と実際に会うことが重要だと感じました。

今回久しぶりに鮒谷さんとお会いして、直接お話を聞くことで、目標達成の臨場感を感じることができたのが、一番の収穫です。

さっそく、2017年の定量的な目標と定性的な目標をたて、目標実現するために活動していきたいと思います。

本当にありがとうございました。

(恋愛セラピスト ルーク平野 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

目標設定の音源は、成功するために必要なたくさんの気づきを与えてくれました。
購入して大正解でした。というか、もっと早く購入するべきでした。
今回は貴重な学びと気づきを与えていただき、誠にありがとうございます。

正直に申し上げます。目標設定の音源、当初は購入するつもりはありませんでした。

しかし年末のメルマガでフォローアップセミナーの告知を見た瞬間、なぜだかわかりませんが体中に電流が走り、気づいたら音源とフォローアップセミナーの両方をポチっている自分がいました。

そして音源を手に入れてから本日まで、すきま時間や通勤時間を使い、それを何度も繰り返し聞いています。

驚く事に同じ内容の話でも、聞く度に新たな気づきを得ることができ、今ではまるで音源セミナーの中毒者状態です。

以下目標設定放談会とフォローアップセミナーの感想です。
初めてセミナー音源を聞いた後の感想は、

「同じ話を以前どこかで聞いたことがある」

というものでした。

「目標を強くイメージすれば、それは叶うのだ」と。

過去の記憶を整理すると、これはNLPの本やセミナーで数年前に学んだ知識でした。

思い起こせば、当時の自分はそれなりに目標を紙に書きだし、折に触れて「なりたい自分」をイメージしていたものでしたが、気づくとその習慣は絶たれてしまっていました。

なぜだろう?

自問自答しながら話を聞くうちに、その理由がわかりました。

それは、目標をきちんとした形で言語化できていなかったから。
今でも鮒谷さんの

「言葉なくしてイメージできますか?」

という問いかけが、強烈に脳内にこだまして頭から離れません。

そして今。

フォローアップセミナーで天引きされた時間を使い出し切った目標に、日々追加や修正をし、やっと自分の腹にストンと落とせるレベルの「数々のぶち抜けた目標」ができあがりました。

Havingの前にあるべきBeing とDoingも自分の言葉で定義し、それを今年の手帳の最初のページに貼りました。
これからはこの手帳を北極星として毎日持ち歩き、毎日読み返し、この新鮮なやる気に満ちた気持ちをいつでも思い出せるようにしたいと思います。

そして手帳を落として爆死しないよう、くれぐれも注意します(笑)

目標設定の音源は、成功するために必要なたくさんの気づきを与えてくれました。
購入して大正解でした。というか、もっと早く購入するべきでした。

この度は、どうもありがとうございました。

(紺野 純 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんが語られた「年収1億円」を達成するまでの道のりは、生々しく、せきららで、成長・拡大されていく様子が、ダイレクトに伝わってきました。
鮒谷様
スタッフの皆様

この度は、貴重な音声をご提供いただき、誠にありがとうございます。
インターネット通販事業を行っております、秦と申します。

目標設定の音源に続き、フォローアップの音源も購入させて頂きました。

フォローアップの音源内容をメルマガ内で少し公表されていて、「これは欲しすぎる!!」と思い、発売された瞬間すぐに購入いたしました。
鮒谷さんの買わせる技術には頭がさがります(笑)

ただ、1つ目の目標設定の音源を聞いていたこともあり、

「この続きのお話は確実に重要だ!!」

と確信していたこともあります。
実際そのとおりでした。

中でも、鮒谷さんが語られた「年収1億円」を達成するまでの道のりは、生々しく、せきららで、成長・拡大されていく様子が、ダイレクトに伝わってきました。

ただ、その中での鮒谷さんのPDCAの速さが尋常でなく、常に「どうすれば?」と考えられ、行動されてきたのだと強く感じました。

まさにPDCAサイクルのラリーのようで、いずれにしても怒涛でした(笑)

また、特に「7つの習慣」に関するお話は自分の中で、響いたものがございます。

ーーーーーーーーーー
「第一領域から第二領域」まで行くのが勝負の別れどころ。
それを実現させるものが目標である。
ーーーーーーーーーー

自分は間違いなく第3領域に直進するタイプであったので、(いや第一領域も危ないかも?)これはかなり腑に落ちたお話でした。

そして事あるごとに、繰り返しおっしゃっていたように、この移動を実現させるのが「目標」であると。

正確には目標の臨場感でしょうか?

いずれにしても、「〜をするためには目標」と何回も言って頂いたおかげで、目標の大切さがかなり染み込んだ感じがいたします。

この音声を単体で聞かれるのもいいかと思いますが、(前半部は少し復習が含まれている感じがしましたので)迷われてる方は、ぜひ目標設定放談会の音声と合わせて、ご購入されることをオススメいたします。

むしろセット商品と考えたほうが、脳内メモリを消費せずに済むのかと。

貴重な音源をありがとうございました。
これからも勉強させて頂きます。

(秦 茂幸 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

目標設定からまだ、一週間ほどしか経過していないのですが、今年の俺はやれるかもと思えるし、毎日が楽しくなってきました。
目標設定フォローアップ放談音源を購入させて頂きました。
なぜ、購入したかというと「圧巻!目標設定&目標達成」放談会音源を購入して、めちゃくちゃ心に刺さったからです。

この音源を聞いて、感じる事は人それぞれと思われますが、私が感じた事は鮒谷さんが言わんとされていることと、ずれるかもしれませんが、

1、今まで自分が変われなかった理由が解った

2、自分をめちゃくちゃ褒める

という事です。

1については、今まで私はTODOリストが目標だと勘違いをしていました。TODOリストは大切だが目標ではない。それでは 来る日も、来る日も、ひたすらにピンポン玉を打ち返しているようなものである。

2は自分には数々の成功体験があるのに、それを成功体験と感じていなかった。つまり、他人から見たら大したことでもないこと、でも、自分にとっては大きな一歩だったという事柄が沢山あった。あの時に、自分を「俺って、スゲー」と心の底から褒める事 が出来ていたら、違う人生があった。

と大きなところでは上記の2点の事を感じました。

そして、会社の目標管理シートではなく、人生初の目標制作に取り掛かりました。
と言っても、会社の目標管理シートのように体裁の良い目標はすぐに書けるものの、気の入った、格好つけず、本当になりたい自分の目標はなかなか難しいものでした。

それでも、何とか自分で納得する目標を立てる事が出来ました。
すると、目標設定からまだ、一週間ほどしか経過していないのですが、今年の俺はやれるかもと思えるし、毎日が楽しくなってきました。もちろん、立てた目標は毎日、見ています。
また、これが効く、効く目標の力ってスゲーと実感しています。

その他には、鮒谷さんの声を聴かせて頂き、

「えっ、こんな緩い感じの喋りでいいんだ」

と思いました。(すみません。決して悪い意味ではありません)でも心に刺さる。

そこで、私は社内で新入社員向けのある講義をさせて頂いています。
去年の10月27日の平成進化論で

「正しく」

「順序を間違えず」

「格好良く」

「賢そうだと思われる為に」

と考えずに話す、全ては為に。
を意識して、鮒谷さんの話し方を真似させて頂きました。これは、受講者からも上司からも解り易いとの評価をもらうことが出来ました。

本当に、有難う御座いました。

(会社員 M.K 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

今回の音源も大変面白く、何度も何度も聞いております。
いつも楽しく拝聴させて頂いております。

今回の音源も大変面白く、何度も何度も聞いております。

とにかく高い目標を持つ、ということの大切さを再認識させられました。
高い目標を持てば、そこに真空状態が生まれ、どうしたらそれを埋めることができるか、を考えるようになる、ということがあると思います。

高い目標を掲げて、日々あれこれ頑張っていこうと思いました。

(営業 Y.I 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

今回の目標設定放談会音源 + フォローアップ放談音源を聞き、「ずっと考える」感覚を得られたことは、大きな収穫でした。
今回の「目標設定放談会のフォローアップ放談音源」を聞き、鮒谷さんが以前からおっしゃられている

「ずっと考えている」

という状態について、やっと腑に落ちました。

目標を掲げ、臨場感を持ち、「ずっと考えている」という状態になるまでが 0 → 1 であり、ここを抑えなければ、いくら勉強や行動を積み重ねてもそれはゼロに掛け算しているようなものである、と理解しました。

鉄道のイメージで例えると、レールのポイントを目的地の方向にカチッと入れる。
まず、それがなければ始まらない。

もちろんそれだけではダメで、そのうえで、いかに速く走るのか? 安全に運行するのか?については、「やり方」の部分になってくるのだと思います。

3日間セミナーに参加した際に、

「定期的に考える時間を設けるのですか?」

と、「わかっていない」質問をしました。

その時のお答えは、

「ずっと考える」

だったわけですが、その時はその本旨を理解していなかったものの、今回の目標設定放談会音源 + フォローアップ放談音源を聞き、「ずっと考える」感覚を得られたことは、大きな収穫でした。

ありがとうございました。

(K.H 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

今回のフォローアップ放談会ですが、何よりも前回の目標設定放談会で学んだ内容を、強固で揺るぎないものにしてくれたと思います。
今回のフォローアップ放談会ですが、何よりも前回の目標設定放談会で学んだ内容を、強固で揺るぎないものにしてくれたと思います。

未来と現在のギャップについて、実に多彩な、変幻自在な比喩を使って、何度も説明して頂けました。苗が自分の心深くにしっかりと根を下ろした感じです。

今回、ハッとさせられたのは、

「立てた目標は必ず叶う、しかし叶う前に次の目標を立てないと、緩んでしまい、立て直すのに時間が掛かる。だからこそ、大きな目標を立てるべき。」

と述べられた部分です。

また、森羅万象に興味を持つ大切さ、組み合わせの妙、山の上から下を見る、などに心を揺さぶられました。

年末に無我夢中で立てた自分の目標を、何度も書き直し、よりリアルな未来にしていきます。

今後とも宜しくお願い致します。

(N.M 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

前回は感想を見送ったのですが、今回は感想を送る方を選びました。
それだけ前回の目標設定音源は、自分にとって大きな学びとなりました。
前回は感想を見送ったのですが、今回は感想を送る方を選びました。
それだけ前回の目標設定音源は、自分にとって大きな学びとなりました。

前回の音源では、目標の重要性を再認識させていただき、それからは定性目標と定量目標を毎日頭の中で回しています。
それによって仕事に向かう姿勢が変わったと思います。

そして、今回の音源ではただ目標を立てれば良いのではなく四六時中目標について考えている状態にならなければいけないという所が勉強になりました。
前回の音源でも考えている状態にならなければいけないと言っておりましたが、自分はそこを少し勘違いしていたように思います。

今回鮒谷さんが実体験を元に話されているのを聞き、自分の持っていたイメージと違う考えている状態を再認識することができました。
今後は、寝ても覚めても目標について考えている状態を意識しつつ行動していきたいと思います。

ありがとうございました。

(Y.M 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

全体を通してもフォローアップと銘打っているだけあって、前段の「目標設定&達成放談会」の理解をさらに深められる内容で、今回も買って良かったと思える内容でした。
今回こちらの音源を購入する決め手は案内にもあった番外編・鮒谷の目標発表!につきます。

全体を通してもフォローアップと銘打っているだけあって、前段の「目標設定&達成放談会」の理解をさらに深められる内容で、今回も買って良かったと思える内容でした。

意図せず、「番外編・鮒谷の目標発表!」が最後となっておりましたが、そのおかげで「目標設定&達成放談会」、「目標設定フォローアップ」の流れがしっかりと収束しているように感じました。

「目標設定&達成放談会」、「目標設定フォローアップ」の個別の内容が「番外編・鮒谷の目標発表!」に帰納しているようにも感じ、改めて、鮒谷さんの話の展開とまとめる技術に惚れ惚れといたしました。

「番外編・鮒谷の目標発表!」を聞いたあと、自分の目標を見直すと棚上げしきれず日和った内容が散見されたため、やる気の半減期を迎える前に目標をブラッシュアップします。

目標を高くし、学びの範囲が広くなる。
学びの範囲が広くなるとそれを結びつける力が強くなる。
それを実感できるように、脳内言語を書き換え、逆算思考でもってPDCAを鬼速で回していきたいと思います。

今回も有意義な音源を提供いただき有難うございました。

以上、よろしくお願いいたします。

(片野 敬勇 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。



※現在、20万1602名が購読中。