2012年 4月14日 【3日間セミナーご参加者様向け フォローアップセミナー】のご感想集

ベイビーステップだけれども、焦りすぎることなく、目指す状態に向かって歩んでいる実感を持つことができています。
日々の行動、内面の変化ともに、素敵な宝物を得られた3日間でした。
1. フォローアップセミナー感想
────────────────────────────────

昨年9月に3日間道場に参加してから半年以上が経ったところで
今回のフォローアップセミナーの案内を受け取りました。

日々のblogや未来への投資は、ずっと続けていながらも、
1日、一生懸命やってきたつもりの日でも、
夜、blogのネタが全然思い浮かばない日や、
こんな時間の使い方をしたい訳じゃない!と焦る日もあったり、、、
とまだまだ助走期間という実感でした。

そんな中でのフォローアップセミナーは、
3時間という短い時間でしたが、
文字通り、素敵な「フォロー」満載でした。

補助輪を取りたてで、ゆらゆら走る自転車を、
風を切ってしっかり走れるようにして頂いた感覚です。


具体的には、まず以下3つを得ることができました。

===========================================

①これまでの取り組みで、自分が変化してきたことを
多少なりとも確認・実感できた

本日は改めて、「自分の言葉」が「自分の生きる世界」を定義している、
というお話がありました。

「自分の思考を言語化しアウトプットする」ことの大切さについて、
3日間道場に参加した時以上に実感を持てる自分がいました。

blogを書く際は、とことん自分と向き合わざるを得ません。
「あ~陳腐な文章だな~」とへこむことばかりです。

でも「今の自分が陳腐だ」と思いすらしなければ成長は始まらないと
いう意味では、まさに成長の第一歩を踏み出しているという実感があります。
「鮒谷さんもメルマガ第一号は恥ずかしいから、簡単には
見つからないようにしているって、仰ってたし!!」
と深刻にならずにこのプロセスを自分なりに楽しめていることも発見しました。

最初はよく分からなくても続けることで、
考え方・感じ方を進化させられたと思います。

今の取り組みの方向性を続け、自分なりの「学」を編纂したら、
本当に一生の宝物になります。

やってみてから、改めて、原理原則をインプットすることで、
自分自身の理解が確実に深くなりました。


②次に起こす行動のイメージがクリアになった
補助輪を外したゆらゆら自転車は、次に何をするのがおすすめか?
色々なヒントをいただいたおかげです。

帰りの電車で何をやろうか?とリストアップしていたら、
10分程度の間で、20個くらいのリストがすらすらっと出てきました。

進化論セミナーの何とも言えない空気感、場の力のおかげです。


③モチベーションにつながる同志とのご縁ができた

フォローアップセミナー後の懇親会では、3日間セミナー
同期の方以外ともご縁ができました。
何かを消費する立場から生産する立場、「仕掛け人」への道について、
近い立場の視点でお話ができ、これまた沢山のヒントを頂きました。


===========================================

こうして感想を文章に起こすのも、いまはまだ一苦労ですが、
「今」を言語化することが「将来」への投資になることを思うと、
参加後もよい機会を設定いただいたなと感じています。

改めて、素敵なフォロー満載なセミナー開催、
どうもありがとうございました。


2. 3日間セミナーを振り返っての感想
────────────────────────────────

3日間セミナー後の日々の行動の変化としては、
「重要だけど緊急でないこと」を優先させるという決断及び行動が早くなったことが一番の変化です。

1週間のうち睡眠や最低限生活に必要な時間を差し引くと
約100時間程度しかない、と考えたら、土日だけでなく
平日夜も残業ばかりしている場合ではない!と強い危機感を覚えました。

今は、毎日ではないものの、平日夜でも18時にはきっぱりと仕事を終え、
興味を持っていることに対して時間を使うことができるようになりました。

お金の使い方も、今の刹那的な楽しみではなく、
将来の投資になるかどうか?を基準に行うようになりました。

「無用の用」の世界のため、何か現時点で直接的な成果に
結びついている訳ではなく、今も色々と発展途上ですが、
お金については、数十万円単位の投資への不安はなくなり、
時間については、ロールモデルに触れ、興味関心を深め、
自分が目指す世界のイメージをより具体化していく時間が
かけがえのない時間となりました。



一方、内面の変化としては、
「自分は一体何者なのか?何をなしたいのか?なぜなのか?」
という点について、ごまかさずに考え続けるようになりました。


ともすると、特に仕事上において「とりあえずこれをやらねば」と、
目の前にくるボールを打ち返すことに夢中になりがちで、
「個人として、幸せに、かつ強く生き抜く力」を鍛えることをせず、
それなりに、でもそこそこレベルの充実感しかない現状に
甘んじてしまうところでした。

が、3日間道場後は、組織に依存するのではなく、
「個人として、幸せに、かつ強く生き抜く力」を付けるために、
上記を考え続けるようになりました。

「好きなこと・面白いことをやっていて、
心底楽しそうに生きている人の世界」をのぞき始め、
「自分の言葉」が過去、現在、将来を決める、という原理原則が腹に落ちた今、ベイビーステップだけれども、焦りすぎることなく、目指す状態に向かって歩んでいる実感を持つことができています。


日々の行動、内面の変化ともに、素敵な宝物を得られた3日間でした。

得られた宝物、ダイヤの原石をこれからも磨き上げていきます。

(増山直子 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

一貫して「自由になること(人生をコントロールすること)の大切さ」がメッセージとして強く含まれていると感じました。
今回のフォローアップセミナーでは一貫して
「自由になること(人生をコントロールすること)の大切さ」
がメッセージとして強く含まれていると感じました。



いかに主体的に人生を生きるか、
そのためのアプローチとして

・学びを言語化する(ブログを書く)
・学びの領域を広げて
 思考のモジュールを増やしていく。拡張していく。
・自分なりの論や学に昇華させて軸をつくる。
・それをもとにして渦を巻く(周囲を巻き込む)

が大切であることが改めて理解されました。


また、私自身も毎日ブログ/メルマガを書くことで、
思考のモジュール化が進んでいることを
実感しております。


(セミナーで強く背中を押されたこともあり)
次はそのモジュールを生かして
早期に渦を巻くことにチャレンジしようと
強く決心いたしました。

(株式会社エス・エム・エス 介護ビジネスポータル事業部
マーケティンググループ グループ責任者 増山祥紘 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

再起する力こそが大事、そのためのベイビーステップを提示いただいたと思います。
・自分の過去について、本当は当時はネガティブな感情しかもっていなかったかもしれないけれど、自分の理想とする未来から見て、過去を意味づける / 自分が輝くようにストーリーを組みなおす ことは、自分は勿論、周りの人にも勧めたいと思いました。

・ブログをどう書くべきであったかを、かなり遅ればせながら理解できました。

再起する力こそが大事だとは思っていましたが、現状の自分が何をすべきか分かっていませんでした。そのためのベイビーステップを提示いただいたと思います。

ありがとうございました。

(外資系大手IT企業 システムエンジニア Y.O 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

3日間セミナーは人生の質を変える、起爆剤でした。
本日のセミナーについて
──────────────────────────────────

 今回のセミナーでは、より具体的に次のステップに行くために
どうするかを教えていただいた
ように思います。

 ブログで自分の言葉でブロックを積み上げるような
イメージで自分とは何者かをわかること。
ある程度まとまったブロックにタグ付けをし、その中での
一貫したものをわかること。
それがわかれば、自分の型ができ、他者との差別化が
はかれるまでになること。
 しかし、そこまでになるには、とにかくある一定量の
ブログを書く(思考をする)、そのことが必要なこと。

 記憶は書き換えられる、過去を全肯定し、今を全肯定すれば
未来はOKだという話は、心強かったです。3日間セミナーでも
過去の全肯定については、話していただいたのですが
フォローアップセミナーのときの方が、私にはわかりやすかったです。
ブログを書いていて、自分が何者ということがかたまり、外に目がいき
何かしらの成果がられるようになったとき、編集能力がついてきたことを
意味する(ストーリーを作れる)
ここまでくると、経験を再構築することができ、過去の記憶の再編集
(書き換え、全肯定 変容)ができる。

ブログについては、言葉磨きというか、思考することが
もっと必要だなと感じました。
私の変容は先の先の先になっても
続けることで、それは起こるのだという確信が
もてました。

また、渦に巻く。場のコントロールができることは
全くの身一つになったときの生きる力になること。
こういう考え方は、実は初めて認識しました。

今回のフォローアップセミナーは、これからすることが
より明確になりました。


ありがとうございました。


3日間セミナーを振り返っての感想
──────────────────────────────────

3日間セミナーは人生の質を変える、起爆剤でした。

(八木裕子 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

心を動かされた事、学んだ事、刺激を受けた事、は山ほどあります。
でも一番大切だったのは、同期生や鮒谷さんとの衆人環視やお互いに刺激し合う事で、決して投げ出さず、今でも毎日"必ず"夢に対して行動し続けている自分に変われたことです。
1.4/14のフォローアップセミナーについて---------------------

3日間セミナーに参加させて頂いてから約1ヵ月が経ち、
自分を元の世界(何も思考せず、ただ会社に尽くせ!という世界)に
引き戻そうとする様々な引力と戦う中で、

これでいいんだ。
自分は間違ってはいないんだ。

と強く再確認できる素晴らし場となりました。


確信と迷いが交錯するこのタイミング(約20~30日後)で
今回のフォローアップがあらゆる引力から自分を引き戻してくれるガソリンとなり、体に蓄積されました。

具体的には以下の3つのポイントを再確認できました。
(+1つのポイントで息抜きができました 笑)

・自分にしかできない差別化で、
 1人1人が文明の担い手となり、所を得る世界を作っていく。

・思考を言葉(主に文字)として外部に表出させる意味

・渦の巻き方
(個人としての力=生きる力 を身につける )
(課題あり:4月末、遅くて5月中に小さくてもいいので必ず渦を巻く)

・鮒谷さんとスタッフの方をまとめて引きずり込んだ
 脅威の無用の用、スマート三国志の雑談。


鮒谷さん、スタッフ様、ともに大変お忙しいとは思いますが、
また、60日後前後に開催いただければ大変うれしいです。


2.3日間セミナーを振り返っての感想---------------------

現状の状況確認の意味も込めて、
以下、ご報告させて頂きます。

「3日間セミナーがどのような意味を持つものであったか」

自分の人生に大きな影響を与えるものでした。

夢へ向かう時、在りたい姿を目指す時、
自信があるから続けられるのではなく、続けるから自信になるのだ。
という大切な事を"聞く"のではなく、体に刷り込ませる事ができました。


道場生になるまで、
社会人になってから、約30日間、必ず毎日続けた事は1つもありません。
(お風呂ですら、仕事が忙しいという言い訳で入らない日もあったくらいです)

鮒谷さん、スタッフの方から
心を動かされた事、学んだ事、刺激を受けた事、は山ほどあります。


でも一番大切だったのは、今までなら投げ出した様な状況でも、
同期生や鮒谷さんとの衆人環視やお互いに刺激し合う事で、
決して投げ出さず、今でも毎日"必ず"夢に対して
行動し続けている自分に変われた
ことです。

もう、いくら払ったとか、セミナーに出て○○を学んだとか、その場で泣いたとか、よくあるセミナーで得るものとは自分自身の変容の次元が違います。


「参加後これまでの間に、どのような好ましい変化があったか」

大きく2つあります。
(細かくすると100コくらいあります。)



物事の捉え方がポジティブになりました。

結果、行動が増えました。

さらに、この行動する習慣のおかげで、
普段ならストップしてしまっていた行動まで、
"書く"事でストッパーが外れ、実践できる様になってきました。


これは思いのほか、気持ちの良いもので、
さらにポジティブになり、、、

という、

好循環が起こっています。



時間の概念が全く変わりました。

結果、1つ1つの時間を大切に生きれる様になりました。

今まで楽しいと思う事はさらに楽しくなり、
嫌だった事からは、嫌なりに必ず何か学ぶようになり、
毎日が充実しています。



ふと、周りを見渡すと、
自分より優秀な人はたくさんいます。

しかし、

・夢を叶えるために思いついた事を片っ端から書き出し、行動している人
・それが自分にとって良い結果をもたらした場合に続けている人
・時間を大切にしている人

は100人に1人(基準を甘くしても50人に1人)しかいないため、
このまま、一歩一歩を積み重ねる事で、
自分が夢や在りたい姿に到達し、成功する事を確信しています。


(インターネットマーケティングプランナー S.A 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんは、変化・変容のためにとるべき具体的な行動を提示します。
本当に変化・変容するとはどのようなことなのかということを体験させたいのだろうと思いました。
今回のセミナーも大変刺激となりました。

□このたびのセミナーに参加して、

1 ブログを書き続ける意味についての理解がよりいっそう深まりました。

 人類は言語化することによって進化してきた。
 言語は無意識の体系である。
 言語の体系を変容させるためには、出会いと思考と継続が必要である。
 これらの出会い・思考・継続を続けるためにブログを書き続ける必要がある。

2 今後何を書いていったら良いのかということもヒントを得ました。

 言語の力を利用・活用するためにブログを書いてゆく。
 その一つとして、自分の過去を書き換えるという作業をブログ・日記などで行う。
 また、チョロい理論を実践するために、何かを書く。
 チョロい理論とは、はるか高い目標に対して「チョロい」というシールを張り、それを言い続けて高い目標を自分に引きつけてゆく。

3 特に印象に残ったこと・活用してゆきたいと思ったこと。

 「過去を書き換える」ということが特に印象に残りました。
 過去は現実ではない。現在の自分が過去を作り出している。
 また、現在の自分が未来を想像する。
 いずれにしても過去と未来は「想起」に関わっている。
 ということは、この「想起」部分を変容させれば、未来を変容させることができる。
 過去の書き換えを積極的にブログや日記で行ってゆくことは、今後活用してゆきたいと思います。

4 セミナー全体の感想

鮒谷さんは三日間セミナーで百日間毎日ブログを更新するノルマを受講生に課し、さらに、今回のフォローアップセミナーでは自分で勉強会などの主催をすることという課題を我々に与えました。
自分を変化・変容させるには、行動や、行動を継続させるための強制力や仕組みが必要なのだと思います。
鮒谷さんは、変化・変容のためにとるべき具体的な行動を提示します。
鮒谷さんは、受講者に対し、本当に変化・変容するとはどのようなことなのかということを体験させたいのだろうと思いました。


(司法書士 E.S 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

やはり、実践していかなければなとエネルギーを頂戴いたしました。
大変有意義な時間でした。
■言葉について

自分の発する言葉には気をつけているつもりでしたが、
変容には言語が関わっているとなると
ますます大事にしなければならないと思いました。


「あなたは何ものですが」

と問われたときに

自分はどんな言葉で語るのか。


鮒谷先生のおっしゃった。

人は概念に対して言葉を貼り付けることによって
過去を振り返ることができるし、
現在も生きることができるし、
未来を想起することもできる。

非常に印象的でした。

私の理解が足りないのかもしれませんが、
(まちがっていましたら、修正もしくは削除してください。)

犬という言葉を聞いて
ある人は、ドーベルマンのような強い犬を思い浮かべ、
ある人は、ポメラニアンのようなかわいい犬を思い浮かべるように
連想するものが違います。

同じように、概念に対してどのような意味づけをするかによって
同じ体験をした別々の人がいたとしても、
その出来事に対する印象は全く違ったものになると感じました。

無意識、無自覚で使っている言葉によって、
自分自身に貼るラベルが違ってくるということですね。

それだけ、自分も持つ言葉は大事なのだなと。


■渦を巻くについて

個人としての生きる力。
これは刺激を受けました。

行動の集積が人生です。

自ら渦を巻かないと巻いている人に巻かれてしまう。

そのためには巻き込み方を習得していくことが
必須であるということ。


やはり、実践していかなければなとエネルギーを頂戴いたしました。

大変有意義な時間でした。

ありがとうございます。

(団体職員 J.Y 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

「これ普通に依頼すると1時間126,000円なのに、いいんですか」と、半分恐縮しながら聞き入っていました。(中略)
「50歳を過ぎても人は変われるし、夢を実現できる」という実感を味わっています。(中略)
自分で自覚できるほど自己肯定感が高くなり、どこでもどんな状況でも私は大丈夫、というポジティブで前向きな姿勢と、自信に満ちた自分が信じられないくらいです。
<その1> 本日のセミナーについて

ブログにも書かせていただきましたが、起業を夢みている私には
鮒谷さんの一言一言はまるで企業家向けコンサルティングのようで
心の中で「これ普通に依頼すると1時間126,000円なのに、いいんですか」と、半分恐縮しながら聞き入っていました。

また、ブログを半年以上書き続けてきたことで、鮒谷さんの言葉が
自分の中にストンストンと落ちていくのを感じました。
納得感が違う、という感じですね。
更にブログを書く時の注意として「自分の教科書をつくるつもりで」は、
キーワードとして受け止めました。 
今後も自分の成長の実感がでるよう、機会をみつけてフォローアップ
セミナーに参加し、書き方を微調整しながら続けていきます。

ブログに書かれない鮒谷さんの素の部分に今回も接し、ええっ!いいんですか、鮒谷さん。そんなんありですか、と、また今回もホッと安心しました。
まだまだガチガチにシャカリキに「ねばならない」の世界で自分を追い込んでいる私には、そうかぁ、こんなゆるくてもいいんだ、と救われる思いでした。
次回も人間臭い鮒谷さん、期待しています!


<その2>3日間セミナーへの参加を迷われている方へのメッセージ

何より、「50歳を過ぎても人は変われるし、夢を実現できる」という実感を味わっています。
あの時の一歩がなければ、今の私はあり得ないでしょうが
もう少し早くに勇気を振り絞っていたら、という後悔もあります。

外的変化はもちろんのこと、内面的にも自分で自覚できるほど
自己肯定感が高くなり、どこでもどんな状況でも私は大丈夫、というポジティブで前向きな姿勢と、自信に満ちた自分が信じられないくらいです。


こうした自分の変化の源泉は、やはり3日間セミナー。
それも今考えると単なる序章でしたね。
セミナー受講も実り多いものですが、その後の100日間の補助輪をつけての自転車練習、そして一人単独走行へと無意識のうちに力がついたことを、受講後半年を経てじわじわと実感しています。

鮒谷さん、大学院で私たちの起こした変化の事例を研究材料にしてくださって
いいですよ。
協力させていただけるよう、まだまだ進化を続けますから。

(株式会社ジーアール 執行役員 久保眞理子 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。



※現在、20万1602名が購読中。