2011年10月22日 【変わりたいのに変われない「3つの理由」セミナー】のご感想集

3つのポイントを自分のこれまでと照らし合わせて内省し、言葉に表すことで、状況の理解がすすみ自分をどうしむけていこうかという、とてもいい「きっかけ」作りにすることができました。
3つのポイントを自分のこれまでと照らし合わせて内省し、言葉に表すことで、状況の理解がすすみ自分をどうしむけていこうかという、とてもいい「きっかけ」作りにすることができました。

3つのポイントが相互に関連し、自分の事象、他の方の経験で、ぐるぐるまわり一体となって、全体感がある。
一つを深堀したり、二つの関連性を見出したり、また深堀したりなど、「知」や「いい経験則」の間を相互にいったりきたり、全体を俯瞰したりすることで、大きな「環」やつつみこまれるような、感覚を得ている感じです。

教育学、哲学、ビジネスなども、それぞれ深堀し、関連性を見出し、それを違う言葉で表現できたりすることで、「考え」が昇華して誰かのためになったり、ビジネスの種になったり、しそうですね。


1.求める世界の言語化

自分の求める世界を「言語化」する努力をし続けることで、それが求める世界にいく「こつ」なのが、腹におちつつあります。

20年前の学生時代は達成したい「夢」を、それこそ簡潔ではありながらも、「言語化」していたので、達成ができた。

また、自分の近くにロールモデルといえる先輩が身近にいたので、彼の行動を真似することで、自分をその目標に向けて進ませやすかったですね。

(この時は、将来海外にでても「普通に」活躍できるビジネスパーソンになりたいので、「英語」でビジネスを学んでみようと考えた。)

2.外にでて人に会っていない。本よりも、人との接触・会話が刺激。

目標やそれに向けての熱い情熱があればすすめることが分かっていながらも、目標がない状況なのは理解できていた。

ここで、「目標がない状況なのは何故なんだろう」と深堀りすればよかったのだという気付きを得ました。
それも、「言語化」を通じて。

また、目標をいったん達成したものの、そこから一段も二段も上の世界の方々に会う機会がなく、刺激をうけてこなかったことが、現在は「目標喪失」している理由の一つなのだなあという気付きが大いに得ることが出来ました。
3.大きい目標に向けて「くい」を打ちこむ

自分の目標という名の「向こう側」に、「くい」を打ち、日常という名の大きな「引力」に抗い続けることで「向こう側」にたどりつく。

「くい」も一本ではなく、それが何本も打たれて、「点」が、「線」になり、それが「面」になることで、引力という名の自分を引き戻そうとしたり、堕落させようとするひもが切れて、「向こう側」にいくことができる。

4.まとめ
自分としては、自分の行いたいことを「言語化」し、その道の達人を見出して、心のアンテナをとぎすます。
達人と会って、自分の脳みそに「くい」を何本も打って、自然とそちら側に引き寄せられるようにしていきます。
鮒谷さん、参加メンバーの皆さま、有難う御座いました。

(溝口貴之 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

自分が変わるチャンスはここしかないと思い、意を決して申し込みました。結果、大満足でした!
淀みなく流れる鮒谷様のお言葉に感動しっぱなしでした。時折ジョークも交えながら、分かりやすく具体例で解説していただき、あっという間の3時間半でした。
本日は、多くの気づきや学びの機会をいただき、鮒谷様、並びに参加者の皆様、ありがとうございました。

約1年前に3日間セミナーが始まってから、参加したいと思いながら、金銭面、日程面を調整できなかったこと、参加される皆様からすると自分は場違いなのではという思いから、ずっと参加できずにいました。

今回、半日セミナーが開催されるということを知り、自分が変わるチャンスはここしかないと思い、意を決して申し込みました。

結果、大満足でした!

淀みなく流れる鮒谷様のお言葉に感動しっぱなしでした。
時折ジョークも交えながら、分かりやすく具体例で解説していただき、あっという間の3時間半でした。

自分なりに変われない理由を理解し、変わるためのヒントを得ることができました。


ここからは、自分次第だと思っています。
自分の価値観を再確認し、自分のペースで進んでいきます。

以下、印象に残ったことを記述します。

・ご縁を大切に(特に長期的な視点で)

①外に出て行かないから
 (認識の問題)
・人と会う
  →こんな風になりたいと思う(インパクト 大)
   なれないと思ってはいけない
  →本では変われない(インパクト 小)
  →同じコミュニティでは変われない(インパクト 小)
・人は見たことないものは想像できない
・自分の所(価値観)はどこか
・どこに自分の常識を置くか
・杭を打つ→ゴム紐で戻る→杭を打つ→・・・
 杭を打ち続ける→いつか杭の方に引っ張られる
・フロー > ストック
・思考(言語) > スキル
・漠然とした不安(消極的変化)からは変われない

②求める世界とそこに至る道筋を言語化していないから
 (目標設定とプロセスの問題)
・ブログを書く
  ・思考の言語化
  ・定点観測
  ・バグの発見
  ・自分を律するツール
・思考(価値観)の他流試合
  どれだけ負けたか

③こちら側の引力に引きずられているから
 (環境、習慣の問題)
・行きたい世界へ身を置く
  居心地が悪い→正解
・毎日、杭を打ち続ける
・こうありたいという欲求(動機づけ)

▽今後の活動
・ブログを始める
・人に会う機会をつくる
・自分の所(価値観)はどこかを見つめ直す

最後にセミナーに参加できたこと、今回のご縁に、心より感謝申し上げます。
次にお会いできるのが、いつになるか分かりませんが、よい報告ができるよう頑張ります。


----(後日、再び頂戴しました)----

セミナーでお話があった「ブログ」を始めて、3日が経過しました。

まずは、小さな一歩を踏み出すことができました。
そのことだけでも、大感謝です!


さらに、日々の仕事でも、「ブログを書かないと」と思っているせいか、情報に対するアンテナの感度が上がってる感覚があります。

また、セミナーの興奮がまだ続いているためか、高揚感があり、ものごとをポジティブに考える傾向があります。

セミナーに参加できて、本当によかったです。

ありがとうございました。

(システム開発会社勤務 K.T 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

長い間、メールマガジンにて教わって参りましたが鮒谷さんの生の声を心で感じることができました。(中略)
遠方から馳せ参じましたが、本物を求め出会うことができ、感動をいただきました。
昨日は、本当にありがとうございました。

長い間、メールマガジンにて教わって参りましたが鮒谷さんの生の声を心で感じることができました。

心で感じて、心に刻む。

全てを言語化することにより、一度考えることができる。

腹が立つこと、争いごとを言語化することにより相手の立場もわかり、今一度考え直せて腹が立たない。

争い、激怒が無くなり、自分自身のレベルも上がる。

今後の自分に言い聞かせたい。意識したい。

そして、無意識の有能な人間になることができればと思います。

遠方から馳せ参じましたが、本物を求め出会うことができ、感動をいただきました。

今後ともよろしくお願いします。

(土木工事会社勤務 K.T 様)(S.T 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

何よりもためになったのは、「自分が漠然と考えていることを言葉にし、気づかせてくれる」という回数が、今までのどのセミナーよりも多かったことです。
今回、はじめて鮒谷様のセミナーには参加をさせて頂いたのですが、終わって2日たってもまだ処理しきれていないくらいの、濃密な時間を過ごせました。

何よりもためになったのは、
「自分が漠然と考えていることを言葉にし、気づかせてくれる」
という回数が、今までのどのセミナーよりも多かったことです。


これが鮒谷様がいつもメルマガで発信されている言語化能力かと、思い知らされました。

また他にも自分の心に刺さった言葉として、

「自分の世界の外側に常識を置く。」
「変化への動機が大事。中途半端な動機では変われない。」
「ロールモデルとのギャップを感じることが大事。」
「自分のコミュニティの常識は、他のコミュニティの非常識。」
「積極的変化と、消極的変化の違い。」
「短期と長期の時間の使い方。」
「フローとストックの考え方。」

など、いままでメルマガで曖昧な理解をしていた言葉が、とても深い意味を持っていたことを知りました。

今後も、メルマガを読みながら、その奥にある深い意味をくみ取れるように、私も言語化能力を磨きたいと思います。

今回のセミナーは、一つのきっかけになりました。
本当に、ありがとうございました。

(企画・マーケティング会社勤務 T.A 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。



※現在、20万1602名が購読中。