2011年 7月 9日 【3日間セミナーご参加者様向け フォローアップセミナー】のご感想集

無理やり予定をこじあけ、やっぱり参加した自分の決断に大満足しています。
間違いなく、7月9日(土)がまた一つのターニングポイントになりました。
<その1> 本日のセミナーについて

無理やり予定をこじあけ、やっぱり参加した自分の決断に大満足しています。
間違いなく、7月9日(土)がまた一つのターニングポイントになりました。


・長期的な視点
・バブルの異常な時代
・世の中の動きを分析
・洞察力
・うさぎとかめのレース
・一つのことを掘り下げる作業
・成長曲線
・行動レベルを制御
・温故知新
・不易流行
・歴史を学ぶ 古典
・リベラルアーツの重要性 一般教養の強化
・未来のイメージの明確化(ゴールを決める)
・ブログを書き続ける 自分の姿が見えてくる
・影響力が広がる  じわじわ
・1勝9敗  
・10年後、20年後に芽がでればいい

いろいろなことを教えていただきましたが、自分なりに一日たった今考えてみて、一つの答えがでました。
すべて上記のことを一言でまとめれば、

「まさに人間の原点づくり」

自分はいかにして生きるのかという原点を深く考える重要性。
情報があふれ、インターネットで調べればすぐに必要な答えはわかる時代。
結果ばかりが求められ、そのプロセスが軽視されている時代。

だからこそ、

・短期的にグワーと上がること、一時的な絶好調・・・偽物
・じわじわ、コツコツ、少しずつ・・・本物

そうやって、着実に一日一日を積み重ね、5年、10年、20年たったときに自分というものが確立してきて、形となって現れるだろうなあと思いました。

よくよく考えてみれば、急激に変わること自体がありえないことで、でもなぜかそれに期待してしまう。

「もっと短期で結果の出る方法は?」「もっと楽してできることがあるはず」など、これはまさに社会やメディアによる刷り込み、というより刷り込んでいるわけではないが、結果的にそうなっているのだと思います。

また、受験のシステムや就職の制度、学校教育の在り方、家庭教育の低下などなど、いろいろな日本のシステムが影響しています。

豊かで便利になった分、人間的な土台を育てる環境としては劣悪である。
どうすれば、確固たる自分を確立できるのか、とても難しい時代だと思います。

「人間の原点・教育の原点」に気づかせていただきました。
もっともっと自分を磨かなければいけない、子どもたちに何を教えるべきか、と思いを強くしました。今後、じっくりと自分を育てていきたいと思います。

正しい道を歩めばおのずと結果はついてくると思いますので、何を目指すのかをもう一度よく考えていきます。
貴重な充実した時間をありがとうございました。


<その2> 3日間セミナーを振り返って

この日から自分の中でこれまでなかった変化が生まれたことは確かです。
三日間、たくさんのことがインプットされ、思考を深めていく中で、自分の目指すところがはっきりとしてきました。
きっとそれが生活をしていく上での自信と支えになったのだと思います。


毎日の日課である、ブログ、掃除、未来への投資。
かなりしんどい部分はありますが、3つの成果が生まれています。

1つ目の成果は、自分のリズムがよくわかるということ。

毎日、ブログを書くという行為が自分を振り返る、物事に意識を向ける良い習慣になっています。
ブログがなかなか書けないときは、やっぱり忙しさに追われている、もしくは疲れていることが多い。
逆に、どんどん書きたくなる時は伝えたい思いがある時。

まだまだ、自分中心のブログですが、少しずつ他者を意識して書いていければと思っています。

2つ目の成果は、行動の無駄を省くことが少しずつできるようになったこと。

何が大事かを判断し、本当に重要なことに注力できるようになってきました。
ついつい思考よりも行動しすぎてしまう自分には大きな変化です。

3つ目は、人による影響力を体感できたことです。

メーリングリストで緩やかな強制力はもちろんのこと、仲間のブログを見て大きく触発されます。
自分だけがしんどいわけじゃなく、同じ気持ちになっている人がいる。
これだけで、ずいぶんと心の持ちようが違うと実感しました。

3つ以外にもいろいろあると思いますが、一番はこうして「考える」という行為が増えたことが一番の成果かもしれません。今後も着実に一歩一歩進んでいきたいと思います。

このような素晴らしいセミナーに参加させていただき、本当に感謝しております。
ありがとうございました。

(小学校教諭 M.N 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

自分では探ることが難しいその大切な何かを、造詣ある話で気付かせてくれるので非常に有り難いです。
専門過ぎず抽象過ぎないお話は、楽しみながら聞けるのでより腑に落ち易い。
鮒谷さんのセミナーに参加される方はそれなりに疑問や迷いをお持ちである方も少なくないと思います。

正に自分もそうですが、お話を伺っているとその中にアンテナに掛かるというか何かを掴むときがあります。

それが答を求めている自身にとって非常に大切なキーワードであったりするのです。

自分では探ることが難しいその大切な何かを、造詣ある話で気付かせてくれるので非常に有り難いです。

専門過ぎず抽象過ぎないお話は、楽しみながら聞けるのでより腑に落ち易い。


また次回があることを非常に期待しています。

(晴明院 杉浦弘晃 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

面と向かってお話を伺える機会は、非常に効率的で、学習効果が高かったと思います。
たった3時間でしたが、次に向けた行動改善案が、既にいくつか頭の中に浮かんでいます。
振り返りと共に、ゆっくりと考える機会となり、参加して良かったな、と素直に感じています。
<その1> 本日のセミナーについて

まずは振り返りの場を頂けたことに感謝いたします。
ありがとうございました。

100日間の継続を目前にして、
これでいいのか?
意味があるのか?
効果があるのか?
と不安に思うことが多くなってきたこともあり、
絶妙なタイミングでの開催であったなと思います。

日々の平成進化論メルマガを、
まるで私だけに語りかけられたコーチングとして捉え、
適宜、行動や思考、ブログの振り返りをしていました。

しかしながら、私の怠惰な性格もあり、
読み飛ばし、流し読み、忘れることもしばしばあります。
(ごめんなさい)

だからこそ、こうした面と向かってお話を伺える機会は、
非常に効率的で、学習効果が高かったと思います。
たった3時間でしたが、
次に向けた行動改善案が、既にいくつか頭の中に浮かんでいます。

振り返りと共に、ゆっくりと考える機会となり、
参加して良かったな、と素直に感じています。



<その2> 3日間セミナーを振り返ってのご感想

よくまぁ、100日弱も続いているなというのが正直な感想です。

一方で、続ければ続ける程に、
止められなくなるスパイラルに突入している感もあります。

せっかくここまで続いたのだから、
途切れさせたくない、と。

継続することの効能は、
まだ実体験として語れる程に得られていません。

しかし、小さな成功体験はいくつか積み重ねることができており、
より長期的な成功に向けた行動をとれるようにも感じています。

結果が出るのは、
半年後か、1年後か、2年後か、10年後か分かりませんが、
とにかく、続けてみようと思います。

あー3日間道場に参加できてよかったぜ。
あの時が、ターニングポイントだったな、と思えるよう、
日々、精進したいと思います。

今後もメルマガ、楽しく拝見させて頂きます。
ありがとうございました。

(阿部純一 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

あれからこのブログを毎日、時間はズレこみまくりながらも継続出来ている。
「自分には努力の才能はない」と言い続けた自分が70日以上も続いている。
このことは、3日間セミナーに参加したからこその成果。
まずは、抜群のタイミングでのセミナーであり
心が折れかけ、ダレてきた時期だったため、助かりました!


今回の内容をざっくり振り返ってみると、

印象に残った言葉

○書くという作業は、瞬間凍結である
 →その時々の想いを留めておくことが成長の証になる
○一度だけでも角度を変える、振り返ってみると大きな差が生じる
 →あの時の一度の舵取りが、、、とあとからなるはず!
○バブルの時代にいた人は、その状態が永続すると思っていた
 →多くの人は"今"を生きるのに精一杯で、せいぜい今プラス数年しか見ていない
○コントロール感が幸福感と直結
 →改めて納得。幸せってなんだろう?あらゆる文献もあるが、コントロール感は大きい
○大きな波のどこかにいる と、知っておくことが大事
 →心構えができ、自分の立ち位置もわかる
○栄枯盛衰
 →平家物語の冒頭。平家も織田も徳川もあらゆるものが滅んでいる
○「いい状態は長続きしない」とわかっていても「自分は例外」と思いがち
 →よくやります、おごるってやつです
○自分の人生を律する
 →なかなかこれが難しいけど、これが出来るとコントロール感は増す
○リーダーの資質
 →どんな時代もリーダーが求められる
○時代の変化、社会のトレンドを読む
 →トレンドや世の中の変化を掴めていないと痛い目を見ます(M元大臣、Q電)
○世の中を俯瞰する
 →高いところから、長いところから見えるようになれば手も打てる
○常に新しいものがもてはやされるが、礎を忘れてはいけない
 →やはり伝統あるもの、歴史あるものには意味がある
○温故知新、不易流行
 →まさに古典の世界。変わってもいいものと変わってはいけないものがある
   譲れるものと譲ってはいけないものがある。
○難しいのははじめの一歩
 →ゼロからイチが大変、まさに石のローラーを押すのと同じ
○しいたげられる、干されるのにも何かしらの理由がある
 →いじめっこといじめられっこどちらが悪い?どちらにも非がある
○周りからどう見られているかを考える
 →周りの目を意識してはじめて自分に目がいくことって多い
   自分が髪形を意識したのは寝ぐせだらけの自分の写真を見たから
○論を学まで高める
 →説 から 論 へ そして 学 の世界まで深堀り
○学びのはじめは点線、そのうち線となればいい
 →はじめは?でいい、それが点となり、将来どこかで線となる、ある分野で学んでいると
   着想があってスッとつながるのと一緒のことかと
○長く潜る、バサロ泳法のイメージ
 →潜る時間が長いほど、出てきた時の差は大きい という気持ちで
   潜ってても努力をし続ければ報われる エチ先生が理想かも

本当は一つ一つもっと詳しく書きたいところではありますが、ただでさえ、結構な分量になりましたのでこの辺りで。

深く学んだこと5点に集約すると

○時代を読む、楽観視しない
○一喜一憂しないで、自分を律する
○じわじわ時間をかけてバレないよう(←せこい。笑)温める
○変わらぬものを重んじる
○深堀る

今後どう活用していくか

☆あらゆるものを長い目で見て、じっくり時間と労力をかけて取り組む
☆自分の時間、精神をコントロールする


3日間セミナーを振り返って

3日間のセミナー以降、正直一部出来てないこともあり
当然のように怠けた時期もあり、
むしろ「継続出来ていたのは、はじめだけ?」
なんて思うこともありますが、考えてみれば
あれからこのブログを毎日、時間はズレこみまくりながらも
継続出来ている。

「自分には努力の才能はない」と言い続けた自分が
70日以上も続いている。
このことは、3日間セミナーに参加したからこその成果。

そう考えると、今の状況は大きく方向性が動き出す途中の段階であり
あの3日間セミナーは、
たった一度(角度の話です)の大きな舵取りなのかもしれない。
そんなことを感じています。

(生命保険会社勤務 Y.K 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

特に充実感を得られたのが、セミナー開催後に開催された鮒谷さんを含め他期の方々の交流が得られる懇親会でした。
本道場の特徴として、一人では挫けてしまうところを仲間同士を支え合って、自身を目標に近付けていくシステムに大きな魅力があると思います。
状況は道場生様々と思いますが、同様の志を持つ方々と語らいの場が持てたことは、今後の習慣化、レベルアップを図る上で大きな励みとなりました。
5月連休時の3日間道場(セミナー)から約2ヶ月経過した時点でのフォローアップセミナーの開催で、同じ過程を歩まれている方々と試行錯誤の様子、様々な気付き、学びを共有出来る有意義な半日でした。

セミナーの内容は、道場受講時の内容を凝縮+習慣化の意義を再確認するもので、初心に立ち返る絶好の機会となりました。

個人的には、短期で成果を求めない視座に、今後の大きな支えを得ました。

特に充実感を得られたのが、セミナー開催後に開催された鮒谷さんを含め他期の方々の交流が得られる懇親会でした。

本道場の特徴として、一人では挫けてしまうところを仲間同士を支え合って、自身を目標に近付けていくシステムに大きな魅力があると思います。


状況は道場生様々と思いますが、同様の志を持つ方々と語らいの場が持てたことは、今後の習慣化、レベルアップを図る上で大きな励みとなりました。

また、同様の場を設けて頂き、自身の成長を志高き方々と共有出来ればと思っています。鮒谷さん、受講生の皆さん、有難うございました。

(株式会社ビーエーシー・アーバンプロジェクト マーケティング事業部 
チーフ 桑田恭 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

私にとっては絶妙なタイミングでの圧倒的な手厚いフォロー。言葉のシャワー。
もう一度、なぜ自身の思考をまとめることに大きな価値があるのか、見つめ直すことができました。
<その1> 本日のセミナーについて
──────────────────────────────────

私にとって、ブログを書くということは、自分と向き合うことにほかなりません。
まず、PCに向かうまでの怠け心を退治し、テーマを探し、そのテーマについて頭をフル動員して、途中で調べたり。

スタートして2か月強、書けば書いたで、果たしてこれで良いのだろうか、もっと良い方法はあるのではないだろうかと自分との対話にフツフツと湧き上がる疑問というか、悩みのようなものを抱えていた時期でした。

私にとっては絶妙なタイミングでの圧倒的な手厚いフォロー。言葉のシャワー。
もう一度、なぜ自身の思考をまとめることに大きな価値があるのか、見つめ直すことができました。


時代を俯瞰的に見ることで、みずからの人生に対するコントロール感を手に入れる。
いつの日か、好不況程度のことであれば、自分のコントロールで乗り切れるようになる、というくらいの強い気持ちになりました。

3日間セミナーを聞き、数か月のブログ生活を送ったからこそ実感できる、言葉の意味。
行動を変える前に認識を変える。
認識が少しずつ変わりはじめているからこそ、行動が本物になるというイメージがはっきりと目に浮かびます。

このフォローアップセミナー、そして懇親会も含めて色々な力を頂きました。
言葉の力、関係性による力、そして日々の自分と向きあう力を頂きました。

また日々を重ねて行きたいと思います。

どうもありがとうございました。

PS

今回もまた鮒谷さんご自身が、どんどん進化なさってこられたご様子を惜しげもなく全て開陳いただき、ただただ感謝するばかり。
「気さく」でしかも「相手のために」という親切なお人柄にも惹かれます。


日々のメルマガもますます興味が増してきます。
行間に込められた思いまで読むことができるようになりたいと思いました。


<その2> 3日間セミナーを振り返ってのご感想
──────────────────────────────────

実は、3日間セミナーについて、私は何をするのかよくわからないままの申し込みをしました。
早くしないと満席になる!という焦りもあり、申し込みすることが先決だったのです。

ということで、3日間セミナーを過去の放談会の延長のようなものと勝手にイメージしていました。
しかし、よくよく見ると自分でメルマガなりブログなりを書くことが柱になっていました。
はて、メルマガ・ブログを書く気持ちが定まらないまま参加してもよいものだろうかと思いあぐねていました。

しかしそんなことはなんとも小さな問題でした。
もうセミナー初日から、その気になっていましたから。
そして日々のブログのために、時間と闘い、テーマに悩みながらもいまこうやって続けています。

それが、どれほど自分のためになるのか、どれほど人生に彩りを与えてくるれるものか、その理由は、直接、セミナーで鮒谷先生から、言葉のシャワーを浴びてください。
言葉は力です。大きな力をもたらします。

そして一連のスキームは本当によく練られたものですね。
それもおそらく日本でもっとも自己投資をおこない続けている鮒谷先生ならでは、スキームなのでしょう。

このスキームのおかげで同期の仲間たちとの緩やかな連帯意識、そしてフォローアップ研修では、同期以外の道場生という緩やかな連帯意識が醸成されます。

今後鮒谷道場がどのようなものになるのかわかりませんが、これもまた無形資産として計上されていくと確信しています。

まさに振り返ってみても、私にとっては人生の分かれ目、天下分け目の関ヶ原という3日間でした。

どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(ネットロック株式会社 専務取締役 新谷斉之 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

なんでブログ書いてるんやろ~といった思いが、強い時期だっただけにいいタイミングで勉強会を開催して頂きました。感謝いたします。
■その1

今回の学びについて

・ひとつのことをやり続けていくと直径が広がる
・ブログを書いていると自分の軸が見えてくる
・自分の考えが瞬間凍結される
・こんなに面舵いっぱいとっているのに、距離が広がらないと感じているのではないか。
・変化が早い時代。予想ができない。
・コントロール感と人生の幸福は密接に関係がある。
・世の中の大きなトレンドは触れない。
・そこをコントロールしようとすると独裁者になるしかない。
・独裁者の末路を見るとそれもよろしくない。
・古典を勉強しているのはトレンドの最低と最高を知りたかったから。
・長期的に見たときに「勝ち残りたい」「生き残りたい」
・平家物語
・沈んでも卑屈にならない。上手くいっても天狗にならない
・トレンドの波を少し距離を置いて見れるといい。
・ユーフォリアを何回か経験してやっとわかった。
・概念としては以前から知ってはいたが、行動レベルまで落とすのは難しい。
・リーダーの資質5つ
 ①洞察力
 ②構想力
 ③決断力
 ④実行力
 ⑤情熱
・常に考える事(三つ)
 ①世の中を俯瞰する力
 ②専門性
 ③関係性(人間関係)
・お金をお金で代替できないものに移し替える。
・未来のイメージを明確にする
・未来と今の綱引き
・自己受容が低い、目標がないと綱引きに負けるのは当たり前。
・未来にイメージを置いたとき、「健康を維持したい」「敵をつくってはいけない」
 下克上の精神がなく、長生きしたときに評価されたい(エチ先生)
・未来イメージを固める
・未来にボディブローを放つ
・喜びがないと続かない
・上から目線は絶対ダメ。私はこう思うくらいで
・合わない人は、ケンカする必要もない。
・目的意識を持って書き続けていると他者から自分が
 どのようにみえているかということを考えるようになる。
・マスに対して発信するのはいい経験になる。

この中で一番印象に残ったのは「未来と今の綱引き」ですね。

なんでブログ書いてるんやろ~といった思いが、強い時期だっただけにいいタイミングで勉強会を開催して頂きました。
感謝いたします。



■その2

3日間セミナーを振り返っての感想

自分1人で同じことをやったとして3日目、もって20日目までではなかったでしょうか。

いまでも、「今日は休みたい」「ストレスや」なんて思うのですが、それでもここまで続いたのは緩やかな強制力のおかげです。

効果を実感するまでには至っておりませんがこれを1年続けられれば一つの自信になると考えます。

その時に、改めて自分の進むべき方向がみえればと思います。

あとは、読書量は増えましたね。
以前よりは確実に増えてます。


ネタに直結しますから(笑)

(監査関連団体職員 J.Y 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。



※現在、20万1602名が購読中。