【年間プログラム】ご感想集

もし、鮒谷さんの年間プログラムに入ることを迷われている方がいらっしゃるなら、1ミリの躊躇もなく、受講されることをおすすめします。
鮒谷さん

「年間プログラム」の初回講義、お疲れ様でした。
「年間プログラム」に参加させておいただいております、Kです。

昨日は、素敵なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。
初日からアドレナリン出まくり、気づきまくりで、
たくさんの学びを得ることができました。
ありがとうございました。

早速ですが、初回セミナーをお聞きした感想をお送りさせていただきます。
拙い感想ではございますが、さらっと流し読みでもしていただければと存じます。

セミナーの冒頭で、今回、なぜ三日間セミナーの開催をやめてまで、
年間プログラムを導入したのかについて、語っていただきました。
鮒谷さんに語っていただいたお話は、大要以下の通りです。

年間プログラムのご案内メールにも記載がありましたが、3日間セミナーは、思考のOSを創ることが主眼にあり、基本的には、鮒谷さんのお話を聞くというスタイルであった。
ただ、3日間という短期集中ののセミナーであることから、話を聞いて終わりとなってしまうことにより、その後のフォローが十分にできなっかたことが反省点である。
また、人が変わるためには、「場」が大事である。
それらの反省から、決して悪いコンテンツではなかった、ベターなコンテンツであった3日間セミナーを、ドラッカーの「イノベーションを起こすには廃棄からはじめる」の教えに従い、一度廃棄し、月に1回、定期的に受講者をフォローできる「場」を提供できるコンテンツである、ベストなコンテンツである、「年間プログラム」を開発し、ご提供することになったのである。

このお話をお聞きして、もしかしたら鮒谷さんは、私たち受講生に、
商品やコンテンツとはこのように創っていくものである。
ビジネスとはこういう風に構築していくものである。
人はこういう風に変わっていくものである。
ということを、自らの体験、反省を赤裸々に語ることにより、
身をもって教えてくれている
のではないか、と思ったのです。
(鮒谷さん、違っていたら申し訳ございません。)

もしそうであれば、
私は、鮒谷さんの意図したとおり(かわかりませんが。汗)
上記ドラッカーのイノベーションの言葉
「イノベーションを起こすには廃棄からはじめる」
の実践例を学ぶことができ、知識としては知っていたが、
何となく抽象的であったドラッカーの言葉が、すっと腹に落ちましたし、
自分の商品やコンテンツの創り方、
商品開発へのあくなき探究心を学ぶことができました
し、
ビジネスをやっていくうえでの、ビジネスの回し方、
PDCAの実践的な回し方の具体例
を教えていただくことができました。

私は、セミナー冒頭のわずか数十分で、
このようないくつもの気づきを得ることができました
し、
一日のセミナー全体では、それこそ何十個、
いや、もしかしたら百以上の気づきを与えていただいたと思います。

これが、1年間続くなんて、1年後には、
私の頭の中は、気づきがいっぱいでどうなってしまうのだろう!?
と勝手に妄想してしまいました。
(妄想することは、とっても大事なことですよね。)

もし、鮒谷さんの年間プログラムに入ることを迷われている方がいらっしゃるなら、1ミリの躊躇もなく、受講されることをおすすめします。

ビジネスで勝つためには、結局のところ、頭が良くないとダメだと思います。
頭を良くするためには、鮒谷さんのような一流の人の
豊富なビジネス論、経験談をお聞きし、自分の中に一つ一つ蓄積していき、それらからたくさんの気づきを得る
というのが一番だと思います。

自分を変えていくこと、変容させることも同様だと思います。
一流の人の一流の考え方、思考法をインプットし、
自分の経験と照らし合わせて、咀嚼し、一つ一つ自分のものにしていく。
自分を変えていくには、これが一番の近道
ではないでしょうか。

そして、この様な鮒谷さんの生き様を学びたいと、
全国から集まってきた嗅覚鋭い仲間と切磋琢磨できる環境も整っています。

この様なハイレベルな環境は、「場」は、他にどこにもないです。
私も他の仲間に後れをとらないよう
必死で喰らいついていこうと思います。

このプログラムが、少しでも気になっているのなら、
それは、とてもセンスがいいと思います。
このプログラムには、センスのいい仲間少数精鋭で集まっています。
そして、最強のセンスを持つ鮒谷さんが指導してくれます。

これ以上の「場」はなかなかないです。
参加を迷われている方がいらっしゃったら、
ぜひ一緒に学んでいきましょう!!

(IT企業 総務 Y.K 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

1年間どっぷり浸かる事によって、1年後の私は、「劇的」に変化している事は、間違いないでしょう。
私がもし株式であれば、今が買い時ですよ!、と言いたくなるほどです(笑)
今年(2014年)のGW、3日間セミナーに参加させて頂きました。

その後の人生が「劇的」に変わったという実感はまだまだありませんが、
「確実に」変わったという実感なら間違いなくあります。

ずっと始めたかった事をやっと始められた事、
これまでなかなか習慣化出来なかった事を何とか習慣化出来た事、
40個を越える年間目標を設定出来た事、
外に出て新しい出会いや新しいパラダイムに触れる機会が増えた事、
身の程をわきまえぬ大望を何の恥ずかしげもなく語り合える仲間が出来た事、

etc.

言い出せばキリがないのです。
これが続けば、近いうちに人生が「劇的」に変わるだろうという確信があります。

そんな折に、平成進化論で、年間プログラムの案内が来たのです。
Goodだった3日間セミナーをやめて、Greatな年間プログラムを立ち上げると。
これは参加しない理由はない!と、即決で申し込みました(笑)

実際、まだ1日目しか終わっていませんが、これは1年間凄いものになるなという感触が既にあります。

・集っている仲間たちの意気込み・姿勢から形成される場
・1日が終わったら疲弊しきってしまうほどの質・量を伴った鮒谷さんから放たれる具体的極まりないコンテンツ
(鮒谷さんはあまり疲れていない様子でしたが(笑))

この2つに1年間どっぷり浸かる事によって、1年後の私は、「劇的」に変化している事は、間違いないでしょう。
私がもし株式であれば、今が買い時ですよ!、と言いたくなるほどです(笑)

この年間プログラムに出会えたご縁に心から感謝です!

(大阪大学医学部 岩野圭佑 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんの、適切且つ効果的で正確な言葉や言い回しの選択、語彙力には舌を巻きましたし、日本語の美しさを感じました。
沢山の学びをありがとうございました。
実際にお会いする鮒谷さんは、率直に申し上げると、いい意味でフランクな方であるという印象を抱きました。

鮒谷さんの、適切且つ効果的で正確な言葉や言い回しの選択、語彙力には舌を巻きましたし、日本語の美しさを感じました。

以下は、セミナーの中で、私なりの解釈が加わっていますが、特に心に残ったことは3点です。

- 臨場感・リアリティのある未来を妄想することで、自分の未来を創っていく。
妄想する前段して、昨日までとは違うことをしたり、新しい世界に飛び込んだりすることで、新たな知見を、視点を、パラダイムを、獲得していく。

- 周囲との関わりの中で、自分の立ち位置が見えてくる。
別の言い方をすると、他者と対話する・意見交換をする中で、自分が提供できる価値や求められていること、自分自身がやりたいことが掘り起こされてくる。

- 「やる気」に頼らない仕組みづくりを行う。
学びには共同体・仲間・場といった環境が極めて重要であり、元気なうちに人と会うこと、セミナーに参加すること、等の予定を入れまくり、環境を整備しておく。

以上を踏まえて、これから1年間、行動、行動、行動につなげていく所存です。
引き続き、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

「何か」がまだ足りないな、と自分で感じていました。
その「何か」を探す為、そして変化を加速するため、年間プログラムを受講しました。
そしてその「何か」ですが、それがしっかりとわかりました。
鮒谷様

昨日は、年間プログラム0期生第一回目の講義、ありがとうございました!

およそ1年前の3日間セミナー、個別コンサルとお世話になり、自分のOSがしっかりと書き変わっているのを実感してはいました。
ただ、「何か」がまだ足りないな、と自分で感じていました。
その「何か」を探す為、そして変化を加速するため、年間プログラムを受講しました。

そしてその「何か」ですが、それがしっかりとわかりました。
レジュメとしていただいた8つのステップ、全てが(笑)欠けていました。
3日間セミナー、コンサルで「少し」気付き、有頂天になっていた自分にも恥ずかしいくらい気づかされました。

少しだけOSが書き変わり、
少しだけ目線が上がり、
少しだけそれに伴う活動量が増えただけで満足してしまっている自分

3日間セミナーの内容をほぼ100%忘れており(笑)、新たな気分で、お話を聞けました。
昨日セミナー途中にふと気づき、驚いたのですが、当時と一番違っているのは、お話の自分の受け止め方です。

1年前は、
「そんなの、出来たらいいけど。。」
「これは、今の自分にはまだ無理だな」
だったのが、
「あっ、変化の為に絶対必要だよな、どうやってやろう」
「やり始めた事はまちがっていないが、圧倒的に量が足りないな」
「これに関しては、あの人にお会いするのがいいかな?これに関しては、あの場に参加するのがいいのかな?」
と、やる事は当然で、やり方を考えている自分がいる事です。

この、気分が上がっている時に、思索する時間を天引きする場への予定を、出来る限り入れておきます。

何より信頼ならない、自分の
「やる気」
に頼る事が無いように。

これから1年間、改めてどうぞよろしくお願いします!

(藤原達久 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷様が何十年と積み重ねてこられた深い思考と実体験に基づく本質的なお話の数々(言葉のシャワー)に、「受講を決意して良かった」と年間プログラム1回目にして思えました。
鮒谷様

お世話になっております。
土曜日はありがとうございました!!

年間プログラムの第1回目を受講させて頂いた感想をお送りさせて頂きます。

まず、最初に
テクニックやノウハウといった小手先の知識ではなく、鮒谷様が何十年と積み重ねてこられた深い思考と実体験に基づく本質的なお話の数々(言葉のシャワー)に、「受講を決意して良かった」と年間プログラム1回目にして思えました。
今後の展開にとてもワクワクしております。

特に印象に残ったことは(たくさんありすぎて取捨選択が難しいですが...)

□「天引き」の概念

私のように意志の弱い人間は日常の引力に引っ張られてしまい、なかなか自分の未来(に思いを馳せた事)に対する時間を確保することができません。
しかし、これを「天引き」し続けることにより、強制的にこの時間を確保するとことの重要性が身に染みて分かりました。
自らへの投資なくして、今後生き残ることはあり得ない、これを肝に銘じやっていこうと思います。

また、自分がどのようになりたいか、これが一定程度明確でないと、天引きすべきものを誤ってしまう可能性があるということも、認識できました。
臨場感やイメージを持ってどうなりたいかを考え、現状と理想(のなりたい自分)とのギャップを認識し、天引きすべきものを考えていこうと思います。
特に私自身この部分の必要性を感じています。
妄想とワクワク感もすごく大事だということも忘れずに。

□事業を行うにあたっての心構え

お客様に対して躊躇なく対価を頂けるような価値を提供しているか、と言われた時、正直ドキッとしました。
実際、対価を請求する時、「すみませんが・・・」というような趣旨の言葉を発している自分が存在し、それはつまりこの言葉が実践できていないということだと思います。
この辺りの私自身のマインドの切り替えが必要です。
また、専門家と言われるためのレベル感(基準)や抽象度を上げるという話も、物凄く突き刺さりました。

□金メッキを貼ること

これは自分の中で大きなパラダイムシフトでした。
お客様に自分の力以上のもの(つまり背伸び)を魅せることは悪であると考えていたからです。
鮒谷様自身が事業を飛躍させる過程の話(具体的な「金メッキ」の貼り方、賑わい感の話など)は、特に今後の自分にとって必ず役に立つと確信しております。

□自分目線ではなく、相手目線でアプローチしているか

特にステージが上の方にアプローチする場合など、相手目線であることの重要性を身に染みて実感しました。
私自身が失敗した原因もまさしくこれだということが分かりました。

(公認会計士・税理士 M.T 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

お話を聞くたびに、鮒谷さんの考えをより深く理解すると共に新しい気づきをいただいていると感謝しています。
3日間セミナーにも参加していたので、年間プログラムへの
不安はほとんどありませんでしたが、今回のセミナーに参加
したことで、不安も払拭され期待感が高まりました。

お話を聞くたびに、鮒谷さんの考えをより深く理解すると共に
新しい気づきをいただいていると感謝しています。

鮒谷さんが若いときから自己投資にどれだけお金をかけてきたかを知り、
年間プログラムの金額を見て一瞬でも躊躇した自分はまだまだ
甘いな、と思い知りました...。

今回は、金メッキ理論への理解が深まりとても勉強になりました。
メッキをはる時にはメッキだとバレない場所を選ぶことも重要で、
そこでメッキを貼りまくって成長することで、今の場所に逆輸入
する事も可能というお話がとても心に刺さりました。

このような機会がまだ11回も残っていると思うととてもわくわくしています。

今回のプログラムは正にメッキをはる場所としては最高なので、
参加者の皆様と共にメッキを貼りまくれるようにしていきたいと
思います!

(大手SI企業 SE M.K 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

1日だけでも、衝撃が大き過ぎて頭がパンクしそうですが、年間を通じて鮒谷さんのパワーに毎月触れていけば、1年後には間違いなく、細胞が入れ替わり、人格までもが変わっていくのではという確信を持つことができました。
今回も圧倒的なパワーの気づきとパラダイムを与えて下さり、ありがとうございます!
私も鮒谷さんのように、お客様や周りの方へ、新しい視点をもたらしたり、価値貢献をしていきたいと強く感じました。

セミナー参加による一番の学びは、内容もさることながら、鮒谷さんのお客様に対するサービス提供・コンサルティングの内容・姿勢・意気込みを体感できたということです。
お客様からいただく料金の10倍以上の価値をもたらすという姿勢であったり、1日の終わりに「どれくらい貢献できたのだろう?」という問いを毎日投げかけるというのは、目から鱗でした。
この体験を通じて、私自身のお客様に対する姿勢をgoodからgreatなものにしていこうと強く決意することができました。

以下は、特に心に響いた点です。

・goodの反対はgreatというパラダイム

good の範疇で改良と続けていても、決してイノベーションは生まれないという発想は新鮮でした。
さらに、鮒谷さん自身が、3日間セミナーというgoodを廃棄して、greatを生み出すべく年間プログラムをスタートしたという事実が説得力があり、なるほどーと感じることが出来ました。
goodか? greatか? という視点で、現在お客様へ提供している商品・サービスをみてみると、大部分がgood でまだまだお客様のニーズを満たしきれていないのではと反省をもたらしてくれます。
これからはアスクルの事例にありましたように、お客様の声を真摯に集めて、新たなイノベーションを生み出したいと思うことができました。

・知らないとハードルを高く見積もり過ぎる

セミナーを開催する、会食を行う、自分で何かを販売してみるといったことは、やってしまえば何てことはないのでしょうが、やったことのない状態だと「こんなの自分には無理だろう」と思ってしまうのは、よくあるんだなと思いました。
仕事に置き換えても、初めて取り組む仕事は、ついつい後回しにしてしまうのは、こういった心の状態によるものなんだと腑に落ちました。
この概念を理解したことで、とにかく初動のハードルをかぎりなく下げていくことで、行動することにつなげることができるのだと分かりました。

陸上競技のトレーニングでも、通常の高さのハードルだけでなく、ミニハードル(高さ23cm)や、さらには、マイクロハードル(高さ1cm)といったものがあり、小さいハードルから練習できるようになっています。
こういったように、できるだけ低いハードルをピョンピョン飛び越えていくことで、少しずつ高いレベルへ昇華していこうと思いました。
また、部下や後輩の指導においても、限りなく低い障壁を設定してあげることで、徐々にできるレベルを上げていくことも採り入れてみます。

・プリフレームというパラダイム

アナと雪の女王の「ありのーままでー♪♪」が大ヒット中ですが、「ありのまま」はダメという一言は自分にとっては衝撃的でした。
今までは「真面目さ」「謙虚さ」というフレームをかけており、どちらかというと自信がないように周りからは思われていた面もあるかと思います。
「ありたい姿」へと背伸びして、20%増しのフレームをかけることで、周囲からの評価も上がって、実力も比例して伸びていくという発想はありませんでした。
これからは等身大の自分ではなくて、「こうありたい」とうことを念頭に置いて、演じてなりきっていきます。
 
1日だけでも、衝撃が大き過ぎて頭がパンクしそうですが、年間を通じて鮒谷さんのパワーに毎月触れていけば、1年後には間違いなく、細胞が入れ替わり、人格までもが変わっていくのではという確信を持つことができました。

本当にありがとうございます!
そして、これからもよろしくお願いします!

(税理士 T.M 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

間違いなくまた新しいパラダイム転換が起きたことは確かです。
毎回毎回、いい学びをいただき、本当にありがとうございます。
鮒谷さんのいただく金額の10倍は返すという姿勢は、本物でした。
独立して早1年が経過し、今後の事業展開を見つめ直したい、自分の目指すべき方向性を定めたいと思って、受講を決めました。
それと、独立して鮒谷さんに元気な姿を見せるのも目的でした(笑)

朝10時~夜9時までの長時間、かなり脳がぐったりとしました。
しかし、これもセミナーだからできること。
とても自分一人では無理だと思いました。
まさに、場を用意する大切さを身に染みて感じました。

セミナーの中で、特に印象の残ったことが2つあります。

1つ目は、随所に出てくるドラッカーの言葉。
顧客は誰か?顧客にとっての価値は?などなど。
お客さんのことを考えているようで、考えられていない。考えが浅い。
もはや知識の時代は終わって、これからは個に焦点を当てる必要があるとのこと。
自分の仕事にもあてはめながら考え直すいい機会でした。

2つ目は、どの基準でやるかということ。
自分の意識の低さを見透かされました。
村レベル、市レベルでは意味がないでしょう。
やるなら、県レベル、全国レベルで!
その意識でいれば、たとえそのレベルに届かなくても、村や市レベルで負けるはずがない。
上を目指すから上に上がれるし、目線を上げるからこそ、だんだんとそれらしくなってくるということ。
ちょっと軌道にのって、いつのまにか小さい世界で生きている自分を反省しました!

まだまだセミナーで学んだことが処理できていませんし、具体的にどう行動にうつすかはこれからです。

ただ、間違いなくまた新しいパラダイム転換が起きたことは確かです。
毎回毎回、いい学びをいただき、本当にありがとうございます。
鮒谷さんのいただく金額の10倍は返すという姿勢は、本物でした。

さて、これからがまた自分の新たなスタートになります。
いい報告ができるように目線を上げて、さらに頑張っていきたいと思います。
今後もよろしくお願いいたします。

(チェンジ塾 代表 根葉正裕 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

現在の鮒谷さんの生活は、そのほとんどが無形資産を貯める活動(未来への投資活動)というのをお聞きし、私もそういう生活を目指したいと思いました。
鮒谷様

こんにちは。
19日に年間プログラムに参加させていただいたSです。

まずは、以前参加した3日間セミナーでおすすめいただいたブログ執筆を
私は継続できておらず、少なからず肩身の狭い思いで当日は伺ったのですが、
その点について一切責められることもなく、温かく接していただいてほっとしました^^
ありがとうございます!

さて、当日学んだことですが、今メモを見直したところ下記が思い出されました。

・goodの反対はgreat
・プリフレーム、金メッキ(ありのままではダメ)
・イノベーションは廃棄から。足し算では起こらない。
・仕組みがあるから学べる
・変化・変容は瞬間では起こりえない。当たり前の事実
・大事な選択は情報量が多い方がいい
・基準が大切(全国区で戦う。村レベルではダメ)
・人生は何もしないと下っていく
・下りのエスカレータを駆け上がって次のフロアに行くための2つの条件
 次のフロアにあがったと実感できる時とは。
・思考には刺激が必要。そのために別の分野の言葉をつなげる
・書かないと忘れる
・大きい歯車を回すにはまずが小さな歯車から
・ふつうに生きていくと世界は狭くなっていく
・あらたなパラダイムを提供される機会をいかにもつか。
 どれだけ衝撃を受けているか
・2度あることは3度起こさない
・目標がないと易きに流される
・「?」「!」
・スイッチを切らない。ゆっくりでもいいので歩みは続ける
・センスの定義
・人は一日でできることを課題評価する。
 一年でできることを過少評価する。
・蒼蠅驥尾に付して千里を致す
・得意淡然、失意泰然
・環境に対してお金を払う
・GIVER=貯金をしていく、引き出す必要がない
・エトス、パトス、ロゴス

上記のとおり、いろいろなことを学びました。
知識だけに終わらせず、これからの実生活に取り入れていきます。

上記の事柄も納得感の大きいものでしたが、なかでも一番「そうだよな~」
と深く同調したのは、「これじゃない感」と「生きとるなー」という言葉です。

まさにここ何年か私が心のどこかで感じている閉塞感と、そうありたいと願う
感情を表している言葉でした。

「これじゃない感」ではなく、「生きとるなー感」で満たされる人生に一日でも
早くしたいと思います。

また現在の鮒谷さんの生活は、そのほとんどが無形資産を貯める活動(未来への投資活動)というのをお聞きし、私もそういう生活を目指したいと思いました。

簡単ですが、感想とさせていただきます。
これから一年間、どうぞよろしくお願いいたします!

(コールセンター スーパーバイザー H.S 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

質問に対しても、その場ですぐに3-4の比喩で説明いただき、理解が非常に進んだと同時に、鮒谷様の思考の深さ、広がりに改めて感服しました。
鮒谷様

諸般の事情により、スポット参戦となりましたが昨日は大変お世話になりました。
今回も、今まで自分に無かったパラダイム(思考の転換)、新しい思考の枠組みをたくさんいただき、思考のOSをアップデートできました。
3日間セミナーの時以上に、様々なことをざっくばらんにお話しいただき、11時間という長丁場でしたが、集中力はむしろ増していくという不思議な体験でした。
大変有意義な時間を提供していただき、どうもありがとうございました。

また質問に対しても、その場ですぐに3-4の比喩で説明いただき、理解が非常に進んだと同時に、鮒谷様の思考の深さ、広がりに改めて感服しました。

最も印象に残ったのは、三日間セミナーでは決してできなかった、1年という中期(長期では無いですね)の時間をかけて「センス」を身に付けさせてもらえるという事でした。
しかも3日間セミナーよりもさらに強力な方法で、万が一停滞してしまった場合のフォローアップ(再起動)の仕組みも導入して頂けるとのこと。
1年間参加できる方を非常に羨ましく思います!

また文章にすると平板になってしまいますが、徹底して相手の立場に立ったプログラム提供するということも、今まで以上に深い部分で認識することができました。
これに加えて、今まで以上に自身に金メッキを張って、これから事業をはじめ様々に展開していくことを考えると、今から自分の将来楽しみです(笑。
今日のメモで、また宝物が1つ増えました。

今後良いご報告ができるように、益々精進したいと思います。
引き続きよろしくお願い致します。

(大手石油関連会社勤務 K.U 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

当日痛感した事は、お互いの年間・一ヶ月目標や日々の活動記録を共有し合って、いいね!を押し合って(笑)、励まし合ってきた仲間たちがいる事への有り難さです。
年間プログラムの二回目に参加させて頂いた当日痛感した事は、
この1ヶ月FBページやFBメッセージで、
お互いの年間・一ヶ月目標や日々の活動記録を共有し合って、
いいね!を押し合って(笑)、励まし合ってきた
仲間たちがいる事への有り難さです。

前回1回目の時にお会いした時から、1ヶ月ぶりにお会いする方が
ほとんどなのですが、FBでお互いの心の内を明かして、
お互いが頑張る姿に励まされてきた間柄だからこそ、
既に戦友の様な心持ちがするのでしょうね。

鮒谷さんがセミナー中に仰られていたように
お互いティーアップし合って、
誰かがリーダーとして踊りだす時には、
全員が率先してフォロワーとして一緒に踊ってついていけるような、
"闘う集団"になっていけるよう、私も常に意識して行きたいと思います。

セミナーの内容では、他にも、
"どうすれば渦を巻いて行けるか?"という自分が今とても気になっている内容が、詳しく語られており、とても参考になりました。

また、休み時間で鮒谷さんに個別にオススメ頂いた本ですとか、
頂いたアドバイスもとても参考になり、今後の大きな進歩に繋がると確信しております。

セミナーの最後に天引きされた時間で、
残り1ヶ月の目標を立てましたので、
それに向けてこの1ヶ月奮闘していきたいと思います。

また来月もよろしくお願い致します!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

実感としては、久しぶりにゾクゾクしております。なぜか?
大量行動をしなければいない環境を手に入れたからです。
鮒谷さんにしっかり手綱を引いてもらいながら大量行動すれば、キャッシュフローと健康の管理さえできれば、うまくいくしかないだろうからです。
鮒谷さん

先日の年間プログラムの長時間におよぶミーティング、
ありがとうございました。

感想というほど高尚なものではありませんが、
実感としては、久しぶりにゾクゾクしております。

なぜか?
大量行動をしなければいない環境を手に入れたからです。
鮒谷さんにしっかり手綱を引いてもらいながら大量行動すれば、
キャッシュフローと健康の管理さえできれば、うまくいくしかないだろうからです。

普段から鮒谷さんが仰られているように、
行動すればした分だけ結果は必ず出てきます。
どういう形であれ、経験という名のデータになります。

それはわかってはいるものの
(ご存じの通り汗)、私は怠け者。

自分のこととなると、
「こんなものでいいか~、どうせ自分のことだし」
とか、
「実際動けばいいのはわかっているけど、
 今日はどうも疲れたからこの辺で・・・」
とか、なってしまいがちです。

そうならないために
「なんとなくだるいけど、
 目標達成するって、鮒谷さんを初め年間プログラムの参加者メンバーに
 宣言したからにはやるしかあるまい」
と動き回れる仕組みを今回の年間プログラムで
手に入れたわけです。

さらに言ってしまえば、
他の年間プログラム参加者の圧倒的な
行動量を見ていると自分もやらないととなってます。
基準が上がる思いです。

もう後は、粛々と
自分の目標に向けて大量行動とるだけ。

モチベーションの上がり下がりやいいわけではなく、
大量行動をしている人たちや鮒谷さんにケツを叩かれるわけですから、
やるしかないでしょ!となっております。

この環境を得るために、100万近い投資をしました。
3倍くらいで回収していきたいと思います。

それでは1年間よろしくお願いします。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

今回も、気づきの大変多いセミナーを、ありがとうございました。
今回も、気づきの大変多いセミナーを、ありがとうございました。
今回の学びの中で、特にインパクトがあり、きょうから早速使おうと思ったものをコンパクトにまとめると、以下となります。

ぶれずに、コンテクストを読みながら自分の伝えたい事を伝える
ぶれない為には、表面の表現や行動を真似るのではなく、その下にある考え方に目を向ける
戦う前に勝負を決める

まず、ぶれずに自分の伝えたいことを伝える、と言うことについて。
「人は自分の事を10倍、他人のことを10分の1に評価する」との言葉をインストールしているおかげで、まずは自分の伝えたいことを表現することが出来ました。
しかし、同時にコンテクストも重要。
ただ、まず自分で表現しないと(行動に移さないと)成功も失敗もありません。

次の、「ぶれない為には、表面の表現や行動を真似るのではなく、その下にある考え方に目を向ける」について。
人とのコミュニケーションについて、そしてその中での色々な行動について教えていただきました。
これに、自分に抽象と具体と言う概念がなければ、一つ一つを同じ重みで理解しようとし、結局何も理解していないと言う事態に陥りかねませんでしたが、切り分けて理解することにより、明日から使えるものとなったと、信じています。

戦う前に勝負を決める
日々の営業活動では、少しずつこの言葉を使いながら結果を残せていましたが、コミュニケーションにも使える、と言う視点はありませんでした。
しかし、これほど強烈なインパクトの言葉もないと思います。
早速、今日から意識的無能の始まりです(笑)

重ねて、ありがとうございました。
来月も、よろしくお願いします。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

同じ参加者のみなさんともつながりがだんだんとできてきて、フェイスブックでの報告がいい刺激になり、自分も引き上げてもらっている状態が非常にいいリズムを生んでいます。
今回で3回目の年間プログラムでした。
同じ参加者のみなさんともつながりがだんだんとできてきて、
フェイスブックでの報告がいい刺激になり、
自分も引き上げてもらっている状態が非常にいいリズムを生んでいます。

セミナーで学んだことを箇条書きにしてみました。

(印象に残ったこと)
・知っている、わかっている、できるは全くちがう
・手数を打った分だけ、経験が積める
・経験の前倒しの大切さ
・センスを身につけるには、意識して訓練する必要がある
・短期ではなく、長期(波及効果が大きい)
・大事なのは知ることではなく、身でわかっているか
・人間はだれでも下がるからそれを防ぐ対応を考えておく
・自分を立て直す言葉を持っているか
・to,doリストの位置づけ   第一領域と第二領域を分ける
・一番の大事なリソースは時間 効率化を極める
・攻める準備ができているか
・意志に頼らない環境づくり
・極小の歯車をまずは回す
・二度あることは三度ある
・システムを作り→時間を作り→再投資していく
・第二領域は頭だけでなく、足・手・口を動かしているか
・変わろうとしている人を見て思うのは、「ありえないぐらいに遅い」スピード感が足りない
・そもそも限界値を知らない。前のめりになっていない
・毎日、何かに対して働きかけをしているか
・言語体系をインストールする→言語によって人間は作られる
・心が動かないと人は動かない
・自分をのせていく(周りにもそう見せていく)ピグマリオン効果
・売上がたたない人はそもそも売っていない
・売るのではなく、売れていく方がいい
・売るための力・・・売れるシステムを作る
・変われる人・・・フットワークが軽い、ノータイムポチリ
・動きがあるところに人は集まる
・やらないリスク 経験値がつめない
・仲間同士 ティーアップしてレベルアップする!!
・戦う前に勝負はついている
・なぜ、モノは売れるのか?
・なんでもない時にタネをまいておく
・わかっている人になれるかどうか
・質問の力によって大きく変わる
・手土産によって心を残す
・コンテクストが大切
・まず、好感、共感、親近感が土台
・そこまでやるんですか?レベルを当たり前のようにやる

などなど、たくさんあるのですが、
これまでもメルマガで見たことがありますし、
セミナーでも聞いたものがあるものばかりです。

しかし、できていないことばかりです(苦笑)
知っている、わかる、できるは全くちがいます。
わかったつもり、先送りは恐ろしいです。

そう考えると、やはりどれだけ身についているのかが
成果にでるのだろうと痛感しています。

まずは、意識的無能レベルから少しずつ習慣化し、
ういた時間を投資し、スピード感を上げて、
無意識的有能レベルにもっていきたいと思いました。

これから小さいところから歯車を回し、勢いをつけて
いきたいと思います。

また来月のセミナーにむけて、一つステージを上げて
参加できるように行動量を増やしていきます!

どうもありがとうございました!!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

個別コンサルでは自分の質問を深堀りして答えてもらい、年間プログラムでは他の方の質問への回答も聞いて、浅く(と言っても深い(汗))広く学ぶ。
私はこの使い分けで、自分が望む成果に最短で到達していきたいと思います。
年間プログラムの三回目の今回、正直言って、今までで一番学ぶものが多かったと思います。

鮒谷さんが更に進化を続けられているからなのか。。
私の学びへの感受性が高まっているからなのか。。
両方だといいのですが(笑)

今回は、鮒谷さんからこれまで学んだ様々な事象が、センスとコンテクストという軸で整理された上で、改めて新しい観点から教えて頂く事が出来たのが非常に有意義でした。

また、鮒谷さんが、この年間プログラムに集う仲間達でお互いをティーアップして、賑い感を出して、1人1人の成功を最大限応援していこうという趣旨の話をされていたおかげで、今後私達はこれまで以上に、お互いが成果を出して行くのを相互に助けあう事を、何の恥じらいや躊躇もなくする事が出来ると確信しています。

こういった心強い仲間が何人も出来る事は、
この年間プログラムに参加する意義のうち重要なものの1つだと、
今回改めて強く思いました。

メルマガを継続する事の難しさと継続出来た時の爆発的な効果についての話も、
とても印象的でした。
この話は何日でも出来るんだけど、と笑いながら仰られておりましたが、
ほんの数十分のお話でも大変ためになりました。
私も近いうちに必ずメルマガに挑戦します(笑)

メルマガに関する質問が、他の参加者の方から出たものだったという事も、
この年間プログラムに参加する別の重要な意義を示唆していると思います。

毎回新しい方が数名増えて、メンバーの多様性が増える度に、
そこで交わされる会話や、出てくる質問も多様になります。

鮒谷さんと1対1の個別コンサルでは、自分1人の質問や体験の幅にどうしても限度があるため、学ぶ事が難しいか学ぶまでに時間がかかるような内容も、年間プログラムでは学べるのだなと今回思いました。

個別コンサルでは自分の質問を深堀りして答えてもらい、
年間プログラムでは他の方の質問への回答も聞いて、浅く(と言っても深い(汗))広く学ぶ。
私はこの使い分けで、自分が望む成果に最短で到達していきたいと思います。

年間プログラムの仲間達に最高の貢献が出来る人間になる事を誓いながら、
次回までの一ヶ月間全力を尽くしたいと思います。

今回も本当にありがとうございました!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

夢を語る。それをポジティブに支え合う。
言葉にすれば簡単です。
でも、作ることはめちゃくちゃ難しい。
探すことも、多分難しい。
でも、何処かにあります。
その一つは?
鮒谷さんの、年間プログラムでした。
ビールが美味しかった。

このビールの味は、昔に味わった気が気がします。

この味は、、

学園祭の打ち上げの味

まわりから見ると、下らない事にはまっている馬鹿な奴らでしかなかった祭りの後、

仲間と達成感の中、飲んだビール。

胴上げとか、絶叫とか、そんな馬鹿なことは流石に昨日はありませんでしたが、

昨日のビールの味を描写しろと言われると、

「学園祭の打ち上げの味」

これが一番ピッタリきます。

夢を語る。それをポジティブに支え合う。

言葉にすれば簡単です。

でも、作ることはめちゃくちゃ難しい。

探すことも、多分難しい。

でも、何処かにあります。

その一つは?

鮒谷さんの、年間プログラムでした。

(T.F 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんは半端ではないほどの方と交流してきた人ですから、自分に隠れている強みを絶対に!発掘してくれます。
■月一回・30日間の振り返り

目標を設定した場合、結果がでてくるのも、不安が浮かぶのもこの30日位だと思います。
その時期にセミナーがあり、一緒に勉強する仲間の進行状況もわかり、自分の目標の軌道修正をする!

...で終わらないのが鮒谷セミナーです。
『渦をまく』という大前提があるため、結果を出し始めた人から「じやあ、やってみましょうか?」とニッコリ!
確信犯である鮒谷さんに勧められ、その場でセミナー開催をすることが、何故か(笑)決まってしまうのです!

■衆人監視・共に学ぶ仲間のありがたさ

上記のセミナー開催は、孤独なものではありません。
『その人が持つ強み』が強化出来るための後押しですから、周りで勉強する仲間も「じゃあ、参加しま~す!」の挙手が何人も出てきます。
鮒谷さんの教えは『ノーポチ』つまり『考えるより行動しよう!』ですから、迷っている暇はありません。

■自己の変革を実感する

『(何かを提示されたなら)考えるより行動する!』という行為は、ちょっと遠慮しておきたいな...と後退りしたいインパクトがありますが、要は軌道修正をする力は既に持ち得ているのですから、『行動して自己変革を促す』という仕組みが可能なのだと思います。

(変わりたい)(どうにかしなければ!)と思っている時点で、必ずスキルがあるはずです。
(そんなのはないよ~泣!)と思っていても、自覚しているかいないかの違いで、必ず強みがあります。
鮒谷さんは半端ではないほどの方と交流してきた人ですから、自分に隠れている強みを絶対に!発掘してくれます。

■切磋琢磨する仲間のありがたさ

鮒谷さんの教え子は、足の引っ張りあいなどはしません。
自分の人脈を惜しみ無く紹介してくれます。
セミナー開催を計画したら『ネットの掲示板に書き込んだら...』後戻りは出来ませんが、みんなから応援されます。
セミナーを自分で開催する。
スキップしてとびこえたような状態で自己変革を促すのですから、やって損はありません。
失敗すらも肥やしになります。

それどころか得るものばかりだと言えるでしょう。

■スタッフについて

『興味はあるんだけれどな~』『値段がなあ~』『変な団体だったら怖いしな~』と考えるのは最もです。
だからこそのスタッフの対応です。
セカンド・ステージのスタッフは質問に対して、納得するまで付き合ってくれます。
私自身、メールの付き合いでしかありませんが、お人柄に惚れ込んでしまうほど大変親切で、納得するまで丁寧に付き合ってくれるお方です。
相談にも応じてくれます。

■セミナーを受けようか迷っている皆さんへ

メールでの問い合わせもハードルが高いでしょうか?
そんな事はありませんよね?

だったら後は約束されたも同然。
あなたの最初の『ノーポチ』の始まりです。

自己変革は、案外小さな勇気から始まるのかもしれませんよ(笑)!

(保育士 村上陽子 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

これまで自分が持っていたパラダイムが根底から揺さぶられるような、本質的な学びが鮒谷さんから次々と繰り出されました。
鮒谷さん、今回の年間プログラムも波及効果が極めて大きな時間をありがとうございました!

正直、午前10時にいつも通り始まり、2時間が経ってお昼の12時になった時点で、頭が熱ーーくなっておりました(笑)

それは、これまで自分が持っていたパラダイムが根底から揺さぶられるような、本質的な学びが鮒谷さんから次々と繰り出されていたからです。

鮒谷さんは、年間プログラムに限らず個別コンサルやセミナーも含めて、
お客様のパラダイムを揺さぶる話をコンスタントにするためには、
鮒谷さんご自身がパラダイムを新しく刷新するような経験をし続けていかないといけないと、今回仰られていましたね。

そうでないと、お客様が体験するパラダイムの進化に追いつかれてしまうと。

それは、多分に謙遜も含んだ発言なのかなと思ったのですが、
今回の鮒谷さんにして頂いたお話の内容の圧倒的な充実度を考えると、少なくとも、鮒谷さんがそういう姿勢で日々過ごされているんだという事が、強い実感として伝わってきました。

そして、その姿勢を定期的に間近で見れている事は、
金額に換算出来ないほど貴重で有り難い
ものなのだと私は思っています。

今回得た膨大な学びの中で、特に私の心に残ったものは下記です。

どれも、それだけで、「長期的に」見れば、数十万、
いや下手したら数百万とかそれ以上お支払いしても、
十分おつりが来るような内容であった
と確信しています。

■商品を適切なプロセスで値上げする為の具体的極まりない方法論
■「やるべき事の20%を完了すれば目標の80%が完遂される」を3乗すると、
「やるべき事の1%を完了すれば目標の50%が完遂される」事になるが、
では、その1%とは具体的に何なのか?
■営業の極意(鮒谷さんが最近得た新しい気付きを付加して)
■改めてメルマガがOne Actionで100以上のGoalsを達成出来る事について
■目標達成における、「臨場感」「決め」「宣言」の効用

今日から次回までの一ヶ月、今回得た学びを最大限活用して、
(不可能に近いほど相当難易度が高いですが)鮒谷さんにも匹敵する速度で、
成長していこうと決意しました。

次回の年間プログラムも大変楽しみにしております!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

年間プログラムの効用は大きくは二つあるのではないかと考えています。
今月も年間プログラムありがとうございました!

最近、年間プログラムの効用は大きくは二つあるのではないかと
考えています。

1.圧倒的な熱量を持った「場」に身を置くことで、
  必然的に動きが加速すること

人が変わるには適切な「場」が必要なことを最近は痛切に感じるようになりました。
しかも、その「場」は単なるコミュニティではダメで、成果がでる「場」
でなければなりません。

そして、最速で成果を出すためには「場」の熱量が重要であるように思われます。
一人で大きな熱量を維持するのは難しいですが、熱量をもった仲間がいれば「場」全体としての熱量が大きくなり、否応なく自分も「加熱」されます。
そうすることで、自らの動きも加速することで熱量が上昇し、それがまた
「場」の熱量を増加させます。
こうなると、場の熱量は上昇するばかりであり正のスパイラルが発生するのではないかと思います。

年間プログラムの中に身を置いていると、自分の速度を速く感じることは
ありません。
むしろ、他の参加者に比べると止まっているかのように思うこともしばしばです。

しかし、それはあくまで他の参加者との「相対速度」が速くないだけの
ことで、参加者それぞれの「絶対速度」は速い(はずな)ので変容の速度は通常の「場」にいるよりははるかに速くなるのではないかと思います。

しかも、「相対速度」は遅いように感じるため、ますます速度を
あげたくなり、それが高い変化率を実現することにつながるのだと思います。

2.月に一回、鮒谷さんから「センス」を丸一日かけて伝授していただくこと

過去に複数回、3日間(2日間)セミナーに参加してOSのインストールは
かなり完了したと思います。
とはいえ、脆弱性(バグ)があちこちに残っているのも事実です。
その脆弱性に対して月に一回、セキュリティパッチの適用をしていただくことで、よりバグの少ないOSにとアップデートすることが出来ています。

ITを使ったシステムを構築する際には、OSをインストールした後に
ミドルウェアと呼ばれるソフトウェアをインストールするのですが、
これが「センス」に相当するのではないかと思います。

具体個別なアプリケーションをインストールしても、
ミドルウェアなくしてはアプリケーションのパフォーマンスを
最大化できないように、「センス」なくしてはビジネスにまつわる具体的極まりないテクニックを学んでも最大限に活用することはできないように思われます。

システムエンジニアとして解釈するならば、
  ・2日間セミナー:OSをインストールする場
  ・年間プログラム:ミドルウェアをインストールする場
  ・個別コンサル:アプリケーションをインストールする場
なのではないかと思います。

こうして考えてみると、完璧なサービスラインナップであり
すべてのサービスをコンプリート(笑)する方が続出しているのもむべなるかな、といったところです。

僭越ながら、年間プログラムの効用を論じさせていただきましたが、
まだまだ修行中の身、来月もよろしくお願いします!

(木下昌紀 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

年間プログラムでは、鮒谷さんの最近の気付きや生々しいご自身のビジネスの話そして、他の方からの質問に対する回答など、色々な切り口での展開があるので、その中で生じた自分の中での疑問やアイデアをその場で深堀りできますし、11時間の長丁場の中で腹落ちするところまで持っていくことができるので、終わった後の爽快感が最高でした(今回は特に)。
鮒谷さん

本日は年間プログラムありがとうございました!!

今回で8回目となりますが、
ようやく「センスとは何ぞや」
ということが分かり始めてきました。

センスは漆塗りの如く
と仰られていたことがあったと思いますが、
それを実感しています。

正直なところ、
個別コンサルでは時間に限りがあるので、
自分の頭が完全には整理されないまま、
終わることもありますが、
年間プログラムでは、
鮒谷さんの最近の気付き生々しいご自身のビジネスの話
そして、他の方からの質問に対する回答など、
色々な切り口での展開があるので、
その中で生じた自分の中での疑問やアイデアを
その場で深堀りできます
し、
11時間の長丁場の中で
腹落ちするところまで
持っていくことができる
ので、
終わった後の爽快感が最高でした(今回は特に)。

それから、
自分の1ヵ月の気付きと振り返りの中で生じた
疑問・質問に対する鮒谷さんからの回答は
個別コンサルを受けているのと特段変わるところがないので、
一度で二度美味しい状況でもあります(笑)

また、
参加者の方々も「すごいい人」が多く
今回はある業界に関するリサーチもできましたし、
お互いのビジネスに関してアイデアを出し合えましたし、
物販のプロとのプチコラボも実現しました。

ということで、今回は「特に」満足度が高いです。

最後に、
最近、停滞気味の私のケツを蹴って頂き、
ありがとうございます。
愛情のあるダメ出しが凄く心地良いです。

視界が広がってきました。

(公認会計士・某上場企業社外役員 匿名)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

新しい方もどんどん入られてきて、一層年プロの場が新陳代謝、活性化されありがたい限りです。
鮒谷さま

昨日の年間プログラムではありがとうございました!

プログラムが始まって最初の数か月は何の変化の兆しも感じられませんでしたが、ここに来てやっと「ん?ちょっと変わり始めてるかも...」という気配を感じてきました。
どれくらいの気配かというと、3年前の三日間道場の後、ブログ継続に挫折し、年間プログラムが始まっても頑なにブログを始めなかった私が、ブログを新しい形で再開し、日刊メルマガを出し「たい」と思うようになったくらいの気配です。(結構な変わりようですね 笑)

私からすると、鮒谷さんは小学一年生にとっての先生くらい絶対で、すごい方なんですが、そんな鮒谷さんも年間プログラムの日に向けて、一か月を日々精進されているということを昨日知り、襟を正される思いでした。
先生が精進されているのに、生徒である私が精進を怠れば、差は開く一方ですね。
(弟子は師を超えていくことが最大の恩返しであるならば、上記状況は弟子失格ですね)

昨日とったメモを読み返してあらためて印象深いのは、確変モードに入るスイッチは自分にも自分の周り(日常)にもない。
だから行ったことのない場所に行ったり、会ったことのない人に会ったり、やったことのないことをやる必要がある(非日常)、ということ。
変化するには外に出て行く必要があるということを、違った角度から深く再理解することができました。

11時間もあるプログラムですので、まだまだ多くの良質なパラダイムをご提供いただきましたが、特に印象に残っているのは、私がした下記の質問に対する鮒谷さんの答えでした。

「2年後に月○万円を稼ぎながら世界を旅できるようになるには、鮒谷さんならどうされますか?」
「どうするもなにも、余裕(ヨユー)ですよー」

私は月○万円は大変だと思っているが、余裕だと思っている人もいる。ああ、これなんだと。
「人間には無限の可能性がある(絶対!)。」が座右の銘の私が、これまでの人生の中で見聞きした、常識という名の他人のものさしに、すっかり浸されていることにはたと気づきました。

何が大変で何が大変でないかというのは、結局のところ人によって違うし、だったら大変でないと思う側に自分がなればいいだけの話なのです。

そして昨日から一日が経過した今日、もうすでにそうなった時の自分がかなり鮮明にイメージできるため(乗りやすくてすみませんw)、年間プログラムってすごく安い投資だったなぁと思い始めて来ました(笑)
また前回くらいから、新しい方もどんどん入られてきて、一層年プロの場が新陳代謝、活性化されありがたい限りです。

年プロに来れば、場の力で行動が誘発されます(行動したくなります)。
行動するがゆえにより具体的な迷いや疑問が生まれ、疑問が具体的であるがゆえに鮒谷さんからの回答もより深いレベルで理解できる。
そしてさらに(行動したくなるから)行動し...と善循環が起こるため、回を追うごとにその価値は増してきています。
(初回の頃に今くらいの価値を引き出せていたら...もったいないことをしました(笑))

来月にはよりその価値を高めるため、今日からの一か月も、1日1日大事にして生きたいと思います。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

(下村拓英 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

幾度となく変容に挫折した自分でも、今度ばかりは本当に変わってしまう「予感」が「確信」になっております。
今回も年間プログラムありがとうございました。

最近は「場」の熱量は高まるばかりであり、
まさに互いに加熱し合うという正のスパイラル
突入しているようです。

様々な荒唐無稽?な「宣言」が飛び交い、参加者が変容するのは
もはや時間の問題
にしか感じられません。

幾度となく変容に挫折した自分でも、今度ばかりは
本当に変わってしまう「予感」が「確信」になっております。
変化が「現実」となるのもそう遠くない気がしています。

ところで、人生における変容というのがどのような
順序で起きるのかを浅はかながら考えてみました。

内面的(精神的)変化が起こらなければ自らの行動に変化は発生しないので、
変容には内面的変化は必須ではないかと思います。

一方で、変容するためには適切な「場」が必要なことも
実感として間違いありません。
これは換言すると、外部環境を適切に変えなければならない
ということでしょう。

これを自分なりに解釈したところ、次のようになりました。

1.まずはこれまでと異なる「場」に所属することで、
  外部環境を変化させる必要がある。

2.外部環境を変え、適切な「場」で切磋琢磨することで
  自らの内面に変化が(必然的に)起きる。
  特に、異質な人々との交わりによってこそ、内的変化が誘発される。
  
3.上記二つの結果として、自らの行動が変わることで
  現実世界としての外的世界が変わる。
  =人生が変容する
  
つまり、外側→内側→外側と変化していくのではないかと
感じています。

このように複雑なプロセスをたどるからこそ
外的世界の劇的変化は一定の期間が必要なのでしょう。

これに即したサービスこそが『年間プログラム』と言えます。
「変わりたいけど変わり方がわからない」という以前の
私のような人間にはドンピシャなソリューション
です。

年間プログラムも半分を過ぎて、遅まきながらこの事実に
気付きました。

なお、よく考えると、1.の前段階として
0.新たな世界に出る必要性を内的に(内面で)理解する
というものがあるようです。

私に対してこれを行ってくれたのが
『3日間(2日間)プログラム』でした。

また、年間プログラムで続出中のコンプリート達成者の多くは
3.においてより適切に行動を変えるためのサポートとして
『個別コンサル』を利用しているのではないかと思います。
もちろん、私もその一人です。

すでに内的変化が完了しており、行動を起こすだけという方は
『個別コンサル』だけでも十分に効果が上がるのかもしれません。
しかし、私のように
「何者かになりたいけど、どうしてよいかわからない」場合は
年間プログラムこそが効果的
な気がします。
(もちろん、その両方が最強であることは論を待ちませんが笑)

ついつい、年間プログラム論を書いてしまいましたが汗
また来月もよろしくお願いします!!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

アウトプットする技を教えてもらうものとは違い、自分を客観的に見つめ、OSのバージョンアップするための『気づき』を与えてもらえる場でした。
私が今まで参加したセミナーはどう行動力を上げるか?
が目的のセミナーが多かったです。
実際私が求めているものが、それらの事で短期でどう結果を出すか
が目的でした。

が、この度参加させて頂いた【年間プログラム】は、それらの
アウトプットする技を教えてもらうものとは違い、
自分を客観的に見つめ、OSのバージョンアップするための
『気づき』を与えてもらえる場
でした。

答えは、自分の中にある!!
が前提で、嫌でも自分の思考力を使わなければ前に進めないものなので、私にとっては、ちょっと意地悪でいてその反面、何とも言えない心地よさを感じる空間でした。

『答えが自分の中にあるなら、自力で気づけよ』
の思いに対しての答え
『人を介さないとその答えは出てこない』
も、メルマガで見ましたが
鮒谷さんの言葉をライブで聞くことによって
より深く、その意味を感じ取る事ができました。


長期投資の意味合いで参加させて頂いている【年間プログラム】ですが
月一で開かれる公開処刑(行動不足原因の気づき)(笑)に対する緊張感
日々の活動を見られているかの如くのメルマガ『平成進化論』
一日一歩の進化をもたらすための教材&セミナーに毎日触れ続ける事で年間365日、1.1を毎日掛け算していくかの如く進化スピードが増して行くと期待しています。

どんなアイドルグループのLIVEコンサートより興奮する鮒谷さんのLIVEセミナーですが年間を通して触れ続ける事で、興奮せずとも行動を起こせる自分に進化しているのを一年先に見据えております。
今回の【年間プログラム】での気づきを日々の行動に落とし入れて
また新たな状態で次回の【年間プログラム】に参加させて頂きます。

素敵な気づきのプレゼントありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

(在宅訪問リハビリ・マッサージ治療院 クローバー 院長 飯川幸弘 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

さすがは、人の進化?を追求していらっしゃるだけあって、毎回毎回、内容がレベルアップしていくので、見ていて、聞いていて、とっても爽快です。
鮒谷さんの話が個々の質問に答えていながら、実は受講生全員に反映できるようにと『具体例と相対的な話を交互にしている』ので、みんなが自分のこととして受け止めている姿が初期の頃に比べて格段とレベルアップしているのが、本当に凄いと思います。
助走段階をへて躍進にシフトした『年間プログラム』は、どうやったら自分のアウトプットになるのか?と皆さん、目を輝かせていますよね。

『何かがしたい』から『何かをしなきゃ』の時期を越えた、『あと何回受講できるっけ?』と自分自身の内面と葛藤しながら、目に見える形にしていこうとしているメンバーの手綱をとって?(失礼しました)方向性を提示して?鮒谷さんしか見えていない景色を少しでも共有しようとする熱意が、とにかく熱い!
これがマンガなら、目に炎を宿しているような『真剣勝負』だよな~!なんて思いながら、村上は皆さんを眺めています。

それらはすべて、鮒谷さんがみんなの理解力をどんどん引き上げているからですよね。
さすがは、人の進化?を追求していらっしゃるだけあって、毎回毎回、内容がレベルアップしていくので、見ていて、聞いていて、とっても爽快です。
本当に気持ち良いくらい、かっこいいです!

村上自身は『危機管理意識』について、前回色々ご相談にのって頂きました。
鮒谷さんのお昼の時間まで頂戴し、大変申し訳ありませんでした。
『考えすぎ』あるいは、『今はそこに焦点を当てるレベルに至っていない』ことをハッキリ言って頂き、誠にありがとうございました。

感想としては、私は過去の失敗事例を転化しようとして、必死なのだな...という気持ちを持ちました。
モンスター・ペアレントや、上司のパワーハラスメントが頭から離れず...というよりそれを前提に変革を求めようとするから、話がややこしくなるんだな~!と、思い至りました。
個人的にパワハラを受けていた訳ではなく、自分の感情のままに爆発して職員を萎縮させる上司を何人も見てきたので、そこが上書きされないままぶつけた質問の数々でしたのに...本当にありがとうございました。

今の村上に必要なのは、現状はどうなのか?それに対する手順は?起こりうるリスクは何か?どう対応すれば良いか?などなど。
すべてマイナス思考でとらえて(過去の一番ひどかった事例が基盤となっていて)今後をどうするか?を考えていたものですから、自己保身が真っ先に出てきたんだな~!という感じです。
0(ZERO)になっていたつもりが、もっともっと、下手をすると何十年前の状況を想定しているのがわかった...ということは、現状認識が全く出来ていないという結論です。

今回、(遅参・早退のため)短時間しか参加できなかったにも関わらず、大変多くの学びをさせて頂きました。
出来るものなら、ライブで他の皆さんの現状をお聞きしたかったです。本当に残念です。

無茶苦茶な村上の質問に対応頂きました鮒谷さんには、心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

このパラダイムシフトは、あの空間にあるエネルギーにどっぷりとつからなければ得られなかったに違いありません。
鮒谷様

今日はありがとうございました。

年間プログラムの1回目。
すでに、投資した資金を回収できた感があります。

鮒谷様が発する言葉一つひとつはもちろんそうですが、
それよりもその言葉の奥にある、起業家としての
パラダイムの持ち方、ビジネスへの考え方
といった、
より抽象的な概念というか、感覚というものを
頂けました。

速読講座のビジネスモデルについては
はじめてお会いした個別コンサルと
圧巻セールスセミナーで、今後の設計図が
描けていますが、今日は本業で勤務している
介護の仕事についての気付きというか、
大きなパラダイムシフトがありました。

介護業界は、
・介護保険内でしか売上が立たない(法律で売上の上限が決められている)
・慢性的かつ深刻な人手不足
・高齢社会のはずなのに集客に苦労している施設が多い
という構造的な問題を抱えています。

とくに、私が働いている施設では人手不足が危機的状況で
職員は常に一杯一杯のなか時間に追われて働いており、
そのため人手不足に拍車がかかり、満足なケアを提供できず、
結果稼働率も低い状況にあり、ゆえに賃金も最低水準のままで
経験者がどんどん辞めていく・・・
という悪循環に陥っています。

これらの問題を一気に(とは言っても2~3年はかかりますが)
解決する策が、家に帰って風呂に入っている間にあふれ出てきました。
まさに「あふれ出てきた」のです。
次回の個別コンサルでは、その件についてもご相談できればと
思っています。

私は、速読講座では常々「本を読む事が重要なのではなく、
本を読んで何を感じたか、どんな気付きがあったかの方が
大事ですよ。知識を得るために本を読むのではなく、
付加価値を生み出すために本を読みましょう」と話しているのですが、
まさに今日のセミナーでとても大きな付加価値を得ました。

その価値は、年間プログラムの費用など、鮒谷様の言葉を借りれば
「誤差」の範囲です。
このパラダイムシフトは、あの空間にあるエネルギーにどっぷりとつからなければ得られなかったに違いありません。

あと11回、自分がどこまで登っていくことができるのか、
正直想像もつきませんが、1年後の自分自身が
楽しみで仕方ありません。


本日はありがとうございました。

(合資会社ファイブケイ代表 渡辺篤志 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

学習の機会として月に一回11時間を天引きするのは超長期的に見れば合理的な選択でしょう。
今月も年間プログラムありがとうございました。

年間プログラムで提供されるコンテンツに
通底しているメッセージは毎回同じです。

誤解を恐れずに言えば、
毎回同じようなコンテンツや
実はメルマガにも書いてあることを
聞きに行っているのです。

しかし、だからこそ月に一回行くことに
意味がある
と考えています。

漆塗りのように丹念に上塗りを繰り返さなければ、
年月とともにその教えは風化しはげ落ちていきます。
だからこそ復習が大事なのですが、悲しいかな人間というのは
復習に時間を割くことをおろそかにしがちです。

ならば、強制的に毎月同じ話を聞くことで
嫌でも忘れられなくなる(笑)ようにすればよい
のです。
その学習の機会として月に一回11時間を天引きするのは
超長期的に見れば合理的な選択でしょう。

また、参加者が毎回違った状況・心境に変化・進化している
ことも年間プログラムでは意味を持ちます。
(話者である鮒谷さんが毎月進化を遂げているのは
いうまでもありません)

教育とは相互作用なので、同じコンテンツを
提供されても受け手の認識によってその意味づけは変わります。
ある人にとって刺さる話しも、ある人には刺さらないことは
多々あります。
また、同じ人間でもあるときは刺さらなかったのに
別なときには刺さるということもあるわけです。

よく、ドラッカーの本を若いときに読み、経験を積んでから
読み直すと全く違う場所に線を引くという話がありますが、
それは自分が変わったことを知る手がかりでもあるわけです。

と考えれば、毎回同じようなコンテンツを聞くことで
自分がどのような内容に感銘を受けるのかを観測することで、
自分の成長を知る手がかりにもなるのでは、と最近は考えています。

またしても、私的年間プログラム論となってしまいましたが、
修行も佳境に入ってきた身ですので、来月もよろしくお願いします!!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

真の成果を出すための大きな指針をいただきました。
鮒谷さん、今回も年間プログラムではありがとうございました!

今回特に印象に残っているお話として2つあります。

一つは「第2領域を常に準備しておく。そして第3、第4領域はやらないと決める」ということです。
第1領域はまあやるとして、それが終わった後に第2領域を準備しておかないと、未来につながらない第3,4領域の活動のみをすることになってしまいます。
また第2領域を準備していても、それはやるには「重い」ことがほとんどなので、比較的すぐできる第3,4領域をやりがちです。(日々の自分の仕事を思い出すと思い当るフシがありありです...汗)
であるならば、第3,4領域は人に任せるなどして、もうやらないと決める!
真の成果を出すための大きな指針をいただきました。

二つ目は、「失敗を多くしている人に魅力を感じる」ということです。
自分の経験からも、受け売りの言葉を言う人よりも、実体験に基づいたお話をされる人の方が魅力的だと感じます。
またその時に、成功話だけをされるよりも、失敗話をされた方がより共感することができます。
「人を惹きつけるには失敗を多く経験すること」という、失敗に対するプラスの解釈をまた一ついただきました。

その他にも、鮒谷さんの個別コンサルは「俺のシリーズ」から着想を得ていることや、「このままだとスケールしない大人の会」のお話など、鮒谷さんご自身の具体的な事例をお話いただき、非常にワクワクした時間を過ごさせていただきました。(ここでも「実体験」の威力を体感しましたw)

一か月後によい報告ができるよう、また本日より一日一日を大切に過ごします!
ありがとうございました!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

ますます加速感がついているセミナーは、楽しいし、刺激的だし、多角的思考の提示であり、新たな段階への架け橋であり、もう色々な意味で最高です!
ますます加速感がついているセミナーは、楽しいし、刺激的だし、多角的思考の提示であり、新たな段階への架け橋であり、もう色々な意味で最高です!

なかでも最強なのは、鮒谷さんの声質の強さであり、経験に裏打ちされた分析であり、あらゆるパターンの人間観察から導き出した統計と考察であるからこそ、【年間プログラム】という場を共有する人の意識を奪い、大きな渦の先に見える景色へと先導して下さるのでしょうね。

鮒谷さんを「師匠」と慕う方が多いのは周知の事実ですが、【年間プログラム】の加速度は本当に半端ではありません。
大事なキーワードを忘れないように書き留めたり、話を聞き逃さないように注視したり...、そんな周りの人々もキラキラした目!(笑)で鮒谷さんを見ていますし、それこそが鮒谷さんの真骨頂!
だからこそ【年間プログラム】は最高に楽しいです!

自分の体調管理さえ万全なら、もう大声で叫びたくなるくらい「かっこいいぞ~!」「スゲー!」「そう来たか!」ってわめきたくなる位の興奮の連続のてんこ盛りなのにな~、本当に残念です。
これはもう絶対に!個人コンサルティングでは体験出来ない「仲間がいるからこそ!」の体感であり、鮒谷さんの「場の共有」や「無用の用」を繰り返し想起させらるから凄い!人間の相乗効果でしかありませんね。

前回私は【年間プログラム】を欠席しましたが、フォローで配信して下さる「当日の内容」を拝聴しているだけで、その場にいられなかった悔しさがこみ上げてくるのに、モチベーションの高まりを押さえられなくなりました。
本当に元気を頂きました!ありがとうございます。

さて、どうしたらこの思いを伝えられるのでしょうね?
①お試しで一度【年間プログラム】に参加出来る企画を作る
②第二案は音声発信で体感する企画を募集する
...なんて言うのはダメですか(笑)?

■追伸

『ナニワ金融』を読み始めました。難し過ぎるけれど大変勉強になります。
マンガは大好きなのに、頭を使い過ぎてもはや筋トレです(笑)!
とにかく凄い!凄すぎる!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

僕にとって年間プログラムの場は、自分の至らなさを再度見つめ、翌月の計画を立てる場所です。
鮒谷さん、今月もありがとうございました!
僕にとって今回の年間プログラムの場は、自分の至らなさを再度見つめ、翌月の計画を立てる場所です。

参加させてもらう前から
「最近ちょっと停滞気味だけれど、年間プログラムに参加したら、また再出発できるな」
と確信しておりましたが、その通りとなりました。

やる事が日付入りで、かつ細分化したものが出来上がりました。

今回も多くの学びが多かったのですが、特に一つあげると個別に質問もさせてもらった
「前倒し癖の習慣化への難しさ」
です。
意思を筋トレする。快楽比率と不快比率を見つめてみる。人に期限を言う。まず、そうであろうと決める。
とにかく、そうであろうと決めました。
「ただ、出来ないと自分で思っているだけの人の方が多い」
本当にできない人ではないと信じて。

今後とも、よろしくお願いします!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

毎回異なる視点から、キャリア形成や習慣化、情報発信、リスク管理、営業の極意、etc. など様々なトピックスでお話して頂いています。
先月もありがとうございました!

年間プログラムでは毎月、たくさんの刺激を頂いています。
毎回異なる視点から、キャリア形成や習慣化、情報発信、リスク管理、営業の極意、etc. など様々なトピックスでお話して頂いています。

その話題は表面上は異なるものであっても、実は本質の部分で共通していて、それを切り口を変えて何度も繰り返し叩き込んで頂いているように思います。
そのため、飽きやすく物覚えの悪い自分でも、繰り返すことでだんだんと身に付き、実際の仕事の中でも活かすことが出来る場面が増えてきているように思います。

加えて、一ヶ月の行動を発表する時間も自分にとっては非常に貴重です。
前月に宣言した目標に対する進捗率を発表し、反省し、来月の目標をコミットし(させられ汗)、さらに鮒谷さんよりアドバイスを頂くことで、『サボってはいられない』と気持ちを新たにすることが出来ています。
さらにセミナー参加者の皆様の進捗を聞くたびに、その意識の高さに引っ張られ、『自分も負けてはいられない』という喝を頂いているように思います。

このような場が一ヶ月ごとに設定されていることで、自分の目標に向かって長期間にわたって燃え(?)続けていれますし、調子が悪い時でさえある一定以下には落ちずに継続的に活動できています(あとは、目に見える成果を発表できれば最高なのですが、そこはなかなか・・・汗)。

次回こそ、良い報告ができるよう、頑張ってまいります。
ありがとうございます!

(武田薬品工業株式会社 主任研究員 宮久郁夫 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

100倍返しもまんざらではないと分かってきました。
月一で参加する『年間プログラム』も今回で5回目の参加になりました。
5回目ともなれば何か変化あったかな?と自問しても正直『何が変わった』と明確にいう事は出来ないでいます。
ただ『変化』する為の行動をサボる癖が減ってきたのかなと感じるところはあります。

習慣の生き物である人が、どのようにしたら悪い習慣を変えられるか?
常に変わる事に意識を持たれている方々と会う事が効果的な方法とするならば、年間プログラムをその様な場と捉えて参加しているのが私なのかなと考えています。

今まで別の単発セミナーなどに参加して、良い話を聞けば『感動しました』『明日から変われそうです』といった感想をもっていましたが、そうそう自分が一日で変われる事などないわけで、自分を作る習慣を変えるには何度も何度も、繰り返し繰り返し良い習慣の種を撒いて、それでも微々たる変化しか出来ないのが人だとすれば、今までの私が単発のセミナーに参加しただけで『明日から変われそうです』と言っていた事を恥かしく思います...(汗)

鮒谷さんがこの年間プログラムでも10倍返し!?100倍返し!?を言われていましたが、正直『いくらなんでも100倍は無いだろう...』と考えておりました...(スイマセン)
ですが悪い習慣を換えさえすれば、この先ずっと利益を生み続ける事が出来る!!
鮒谷さんが言われている『複利で効いてくる』とはこの事かと思ったら、100倍返しもまんざらではないと分かってきました。
逆に今の立ち位置が低い所に居る私ほど、伸び代があり回収率も高いと喜んでおります(笑)

そんな年間プログラムも私からしたら楽しみで仕方ないセミナーというものでは無く、毎回参加するのに緊張で前夜は眠れず、居るの息苦しい場であります。
一か月の行動を発表するその瞬間、自分の一か月の行動量を発表するのが恥かしいレベルの場なので5回目となっても緊張せずにはいられない私です。
12回目までにその緊張感が心地よいと感じれる様に、日々の行動あるのみですね。

そんな中で、今回言われていた行動に対して『量>質』量をこなす中で質が磨かれるというのは、成長する過程で何かしら近道はないかと考えている私には響くものでした。
『量稽古』行動、行動、行動、行動、行動とにかく動く事
まずは『行動にコミット!!』
やってみないと結果は分からない!
だからさっさと動かないといけない!!

そして動くためのシステムとして言葉を水先案内人として使い、衆人環視の元にさらけ出し、自分を追い込んでいく。
簡単なようで中々難しいですが、難しいからこそ行う事で力を発揮するのだと感じています。
さっそく、言葉と衆人環視の力を借りて自分を追い込んで行きます!!
そして来月までの一か月、毎日ガンガン行動していきます!!

それでもまた来月の年間プログラムも緊張しながら受けるのでしょうが...(笑)

ありがとうございました。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

場の力を借りてOSのバージョンアップが少しずつ行われているのを感じる事が出来ています。
先日もセミナーありがとうございました。
セミナー後!?セミナー含!?の懇親会もまたまたご馳走になりありがとうございました。

今回は人数が少なかったうえに、懇親会もあったため鮒谷さんをいつも以上に身近に感じる事が出来、私にとって良い意味で鮒谷さんも同じ人間なんだなと思う事が出来ました(笑)

だからこそ
『11時間喋り続けても疲れない』
『むしろダラダラと過ごした方が疲れる』
という『仕事=楽しい』だからいくら行っても疲れないという事を私の常識にしても良いのだと思えるようになれました。

『常時閑あり』が疲れる体質をつくり『忙中閑あり』が幸せな瞬間を生んでくれるという言葉も私にとって、ありがたい言葉でした。
何となく思っていた事が言葉となれば、ブレない思考を作ってくれるのだと今回改めて気付かされました。
思っている事を言葉として持っている事が、自信になるというのは今回のセミナーで得る事が出来た、大きなところです!!

皆さんに比べOSのバージョンがまだまだ低いもので、年間プログラム参加中はずっと緊張しっぱなしですが、場の力を借りてOSのバージョンアップが少しずつ行われているのを感じる事が出来ています。

行動する事にコミットして先にガンガン予定をいれていく中で時間管理を工夫して忙しい中でも時間に追われる事無く『忙中閑あり』で過ごして行き、来月の年間プログラムで良い報告が出来る様に過ごしたいと思います。


⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

『ここまでかっ』と言うほど、レベルを合わせてお話しして頂いた事により腰が重く、中々動き始めない私でもさすがの『行動』を起こす力を頂きました。
鮒谷様

今回も東京での美味しいお酒と食事をご馳走頂きありがとうございました。
セミナルーム、酒場と場所が変わってもお話しする方がセミナー参加者で一緒だと常に、盛り上がる会話の内容も一緒で、楽しく過ごせました。
『場の力』を改めて感じる時間でもありました。
ありがとうございました。

今回で8回目の『年間プログラム』となりましたが、今回特にカスタマイズしてのお話を頂いたようでした。
『ここまでかっ』と言うほど、レベルを合わせてお話しして頂いた事により腰が重く、中々動き始めない私でもさすがの『行動』を起こす力を頂きました。

鮒谷さんが常々言っている事ですが、『人と会う』と『変わる人』の関係性を事細かに言って頂き、尚且つ私のレベル感で伝えて下さった事で『動かないといけない』から『動いてみたい』と思えるようになりました。
そんな大差ない言葉の違いですが、私の気持ちの変化は現在の状況から脱出する『行動』を加速させるのにありがたい言葉でした。

残念ながら、来月の年間プログラムは欠席させてもらう事になりますが来月の年間プログラムまでの目標を立てたので、しっかりと行動して行動結果だけは報告させて頂きます!!

よろしくお願いします。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんがコンサルティングを行う上で気をつけられていることを惜しげもなく話していただいた内容が、自分には衝撃的でした。
鮒谷さん

2回目の年間プログラムとなりますが、2回目も様々な学び・刺激をいただきました。
挙げると切りがありませんが、いくつかに絞って挙げてみます。

・仕事とは何か?コンサルティングとは何か?
 
 生きて仕事をすることや、コンサルティングを行うことについて、その定義や意義を根本から見直すキッカケをいただきました。
 お勧め頂いた本、早速、手に取りました。

・自分を定点観測するための仕組みと、その効果
 
 筋トレの例を挙げて説明いただきましたが、どの分野においても修練した人は、感覚が鋭敏になっていくのだと 再認識しました。
 日々のパフォーマンスを、その結果として中長期のパフォーマンスを最大化する具体的な方法をご教示いただいたので、早速実践していきます。

・成長ステージの言語化
 
 スイッチONから二段階右折の例は、自分自身がどの成長ステージに居るのかを見直すだけでなく、他者のサポートを行う上でも重要な概念でした。

・コンサルティングの極意
 
 鮒谷さんがコンサルティングを行う上で気をつけられていることを惜しげもなく話していただいた内容が、自分には衝撃的でした
 あまりにももったいないので、ここには何も書きません 笑
 ここで知ったことを少しずつでも実践していきます。

今回も自分のベースとなる思考OSをアップデートするのに、あるいはビジネスを加速させるための土台をつくるのに、恐ろしいほどの言葉のシャワーをいただきました
1つ1つが中長期的に波及効果の大きいものですから、しっかり自分にインストールしたいと思います。

中長期の成果を上げるだけでなく、独立・起業したばかりの私には短期的成果も必要です。
そのため、前回は密かに1ヶ月間の課題を自分に課したのですが、今回も具体的な行動を目標設定して、次回まで頑張ろうと思います。

ありがとうございました!

(経営コンサルタント・ITコンサルタント 渋屋隆一 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

ついつい落ちてしまいそうな目線を上げる、普段考える機会が少ない中長期の課題に目を向ける、そして、毎月の実践報告と、次の1ヶ月の目標を宣言する場として活用させて頂きます。
鮒谷様

この度は1年間、年間プログラムで大変お世話になりましてありがとうございました。
何とか「嫁ブロック(笑)」を突破することができましたので、2年目の申し込みもさせていただければと思います。
また特典で付けて頂いた「二日間セミナー」もスケジュールを調整しましたので、もし空きがありましたら再度聴講させて頂ければと思います。

以下感想も兼ねて、所管&二年目の決意表明(?)です。
鮒谷様も書かれている通り、年間プログラムの最初の意味は、

「日常から引き離された、まとまった時間を強制的に確保する」

ことにあるのだと思っております。
分かっていても自分では強制的にこのような時間を天引きすることは、なかなかできませんので、きっかけを作ることが必要ですね。

またこれまでで最も印象に残っているのが、年間プログラムの最初の方でおっしゃった、

「別に私の話なんて聞いてなくてもいいんです。私の話をきっかけに、キャリアや現在、そして中長期の課題について、自己の中で『壁打ち』(深く思索することと解釈してます)をしていただくこと、それができたならば、それこそが価値なんです

という言葉です。

まさに年間プログラムはそのような場に最適で、他ではなかなか提供されていないサービスなのだと考えております
正直申しますと、直接おっしゃった言葉に加えて、実際取ったメモの半分は、それによって自分の中で導き出された結論だったり、新しいアイデアだったりしています
しかも、だんだんと後者の比率が増してきており、自分の中での満足度・充実感もそれについて上がっていくのを感じております

今後も、ついつい落ちてしまいそうな目線を上げる、普段考える機会が少ない中長期の課題に目を向ける、そして、毎月の実践報告と、次の1ヶ月の目標を宣言する場として活用させて頂きます
また、年間プログラムがますますの盛会となり、新たな出会いの場が頂けることにも期待しております。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

このコミュニティで学んでいければ、自分ひとりでは見ることのできない世界を見れそうな気がしました。
鮒谷さん

年間プログラム(第1回目)に参加させていただきありがとうございました。
今回も本当に多くのことを学ばせていただきました。

約1ヶ月前の35期2日間セミナーで鮒谷さんに初めてお会いして、あまりに頭の中を殴られまして(学びが多すぎるという意味です)ので、気がついたら年間プログラムを受講することを決めていました。
※本当は個別コンサルか年間プログラムか迷い相談させていただきましたが。笑

前日にはワクワクが止まらず、まるで遠足前の小学生かのような状態(簡単に言うと寝れなかったのです...)になっていました
いざ年間プログラムに出陣してみると...大きく4つ持ち帰ることができました。

①鮒谷さんをリアルで感じることができた

2日間セミナーとは全然違って戸惑いも多かったです。
私のイメージでは2日間セミナーはアジェンダではないですが、鮒谷さんの伝えたいことが事前に決まっているという印象を受けました。
年間プログラムの午後の部は受講者からその場でリアルな活動報告、質問や困っていることに対してみなさんの学びになるよう、臨機応変に回答しており瞬発力がすさまじかったです
常日頃お客さんに提供するサービスの価値を高めるにはどうしたらいいかを考え、高速でPDCAを回しているからこそできるのか!と五感で感じることができました。

②自分のやるべきことが明確になった

2日間セミナーを受講してから、自分でも少しは行動できるようになったと思っていましたが、全然まだまだできてないことを改めて実感できたのも収穫でした。
正直のところ、人に会いたいけど会い方がわからない、会ってなにを話せばいいのかわからない、と思い悩んでいましたが、あっと言う間に解決してしまいました。
具体的な方法から学び方の姿勢(思考のスタンス)まで教えていただき、次に自分はどのように行動したらいいのかが明確になりました

③素晴らしいコミュニティに出会うことができた

受講者のレベルの高さに圧倒されてしまいました
みなさん、本当に勉強熱心で行動しまくり、PDCA回しまくりですね。
1ヶ月の活動報告では...どんどん出てきます。
※私はなにも言えず恥ずかしかったです

一歩でも近づけるようにしがみついて、行動していけば自分自身がとても成長できると確信いたしました
私も目線を上げるよう当然努力するのですが、このコミュニティで学んでいければ、自分ひとりでは見ることのできない世界を見れそうな気がしました

④持ち帰った代表的な言葉

今回も良質な言葉をたくさんいただいたのですが、私の中で一番響いたのは、

「お客さんにとって売る側の都合は関係ない」

という言葉です。
私の仕事でも、それはそっちの仕事だ、失敗するリスクがあるからやりたくない、など自分たち都合での会話が非常に多いです。
それってお客さんからしたら関係ないよなぁと実感しました。

なので...
早速ですが会社で「それはこっちの都合でしょ。お客さんはなにを求めているんだろうね?」とみんなに問いかけるようにしてます。
確かにな。と少しずつ職場の雰囲気もよくなってきました。

以上の4つが自分の中での大きな学びでした。

まだ始まったばかりですが、これから1年間よろしくお願いいたします!!!

ありがとうございました!

(大手金融系シンクタンク システム開発SE R.Y 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

年間プログラムのときにいただいたアドバイスを一つずつ日常生活に落とし込み、PDCAサイクルを高速で回し続けています。
鮒谷さん、

先日は年間プログラムでたいへんお世話になりありがとうございました!

毎回、午前の部の鮒谷さんのお話は私にとってすべて目からウロコの内容ばかりなのですが、特に、今回していただいた「能動的な質問」のお話に私の心が大きく揺さぶられました。
このお話を聞いた瞬間、

「自分が掲げた毎月の売上目標を達成するために、最大限の努力をしたか?」

という問いを自分に投げかけていました。
でも、午前の時点では、私はこの問いに対して売上目標を達成できていないことについて様々な「言い訳」を考えていたのです。
例えば、

「短期的な売上の結果を気にせず粛々とやっていく方が大切だ」と。

ところが、午後の部で私のこの1ヶ月間のビジネスの進捗状況をご報告した際、鮒谷さんから私が抱えている問題の本質をえぐる質問を投げかけられてしまい、できれば伏せておきたかった自分が目標達成に対して逃げの姿勢を選択していることを参加者の皆さんの前で白状せざるを得ない状況になってしまいました。

このお陰で、ようやく「当事者意識と責任」が出るようになったと思います。

ありがとうございました!

鮒谷さんから

「起業当初は、短期的結果にフォーカスした方がいい」

「もうちょっと危機感を持つこと!」

と、やんわりとおっしゃっていただいたのですが、いただいた言葉が私の心の奥底に潜んでいた甘い考えを一気に払拭してくれました

現在、年間プログラムのときにいただいたアドバイスを一つずつ日常生活に落とし込み、PDCAサイクルを高速で回し続けています
日中にもっと人に会い、FBの友人に情報提供のお願いをしたところ新たな動きとチャンスが出てきました。
月末までのあと10日間、

「自分が掲げた毎月の売上目標を達成するために、最大限の努力をしたか?」

と問い続けながら、4月の売上目標を達成するために危機感を持って取り組んでいきます。
そして、5月の個別コンサルティングで成果をご報告させていただきます!

今後とも、よろしくお願いいたします!

(起業家 L 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

丸一日に渡ってホットな思考、あり方、ノウハウなどが知れる機会は、この年間プログラム以外にはないと思います。
「今、こんな仮説が合ってそれを確かめている」というようなお話はそれ自体が私たちも実践できるものであり、お話を伺っていて非常にワクワクしてくるのです。
「気付いたことや深く学んだこと」

目標を可能な限り明確に、クリアにすること。
これが最も大きな、そしてハッとした気付きでした。
今まで立てていた目標は明確だ、と自分では確信に近いものがあったのですが、まだまだ明確では無かったこと。
「Being」ではなく「Doing」の位置にとどまっていた、ということが良く分かりました。
帰宅してから早速目標の明確化に臨み、しかし「まだ靄がかかっているような気がする。もっと明確にできるのでは?」の自問自答を繰り返しております。
ここがもっともっとクリアになることによって、今後の販促や既存のお客様のさらなるリピーター化に直結すると考えております。
できるだけ速く(というか超高速で)この自問自答を繰り返しつつ、透明度の高い目標を定めていきます。

「特に印象に残ったこと」

以下の2点です。

・目標のさらなる明確化

・「変わりたいのに変われない」の一歩向こうにあるのは何か?

前者につきましては先ほど述べさせて頂いた通りです。最も大きな気付きであり、だからこそ印象に強く残っています。
後者は、今後私が考え、明らかにして見込みのお客様に認識して頂けるよう、日々の発信を含め常時考えていくべきことだと思いました。
特に私が提供させて頂いている個人コンサルサービスにおいては、この視点がなければいっときはうまくいっても中長期的には必ず行き詰ることと認識し、お客様の奥底にある「声なき声」を聴けるようになるために、この視点は常に意識していくべきだと考えておりまます。

「今後活用できると思ったこと」

先ほど述べさせて頂いた2点は、間違いなく活用できるし活用すべきだなと思いました。というより、セミナーや参加されておられた皆さまの活動報告、質疑応答など、すべて使えるものだと思います
活動報告などで挙がっていたことはすでに参加者の方が行っていることであり事例の宝庫でもあるので、自分に置き換えていかにして活用していって結果を出すか?を考えていくべきだなと思いました。
そういう意味でも、今回勇気を出して年間プログラムに申し込んで良かったと思っております。

「決意したこと」

これまで個別コンサルやセミナーなどを通して鮒谷様が何度もおっしゃっている、「お客様の声なき声」に耳を傾け、それを聴くための努力を怠らないこと、そして、私のサービスを安定して月に3件以上売れるようにすること。
この2点を達成することを今回のセミナーで決めました。これらを通じて、長期的には「本物」になる!ということも決意しました。
だからこそ、目標のさらなる明確化や「変わりたいのに変われない」の一歩向こうにあるのは何か?に取り組んだり考え続け、光速で廻し続けていこうと思っています。

「これまでに参加した他のセミナーとの違い」

鮒谷様が日々考え、実践しておられることをリアルタイムで聞けることは、他のセミナーでは無いと思います
多くのセミナーというのは、講師の方が実践し結果を出し、それを体系化してから出しており、そのタイムラグが生じてしまうからです。講師がセミナーでシェアしていることが、実際にはすでに古くて使えない、ということも見聞きしたこともあります。
直近ひと月の鮒谷様の思考や行動を垣間見れるのは非常に貴重な機会だと思います

「年間プログラムや鮒谷のセミナーへの参加を迷われている方へのメッセージ」

丸一日に渡ってホットな思考、あり方、ノウハウなどが知れる機会は、この年間プログラム以外にはないと思います
「今、こんな仮説があってそれを確かめている」というようなお話はそれ自体が私たちも実践できるものであり、お話を伺っていて非常にワクワクしてくるのです
また、参加しておられる方々も、いろいろな意味でレベルが高く、目線もかなり上位にあるので、その世界観を知れたり基準線が自然と引き上げられていくはずです。そういう場があることが、年間プログラムの醍醐味の一つでもあると思います
価格がそれなりにするので申し込むのに勇気がいると思いますが、初回でその元は取れると思います
少しでも迷っておられるようでしたら、ポチッとして参加してみてはいかがでしょうか。

(大手建設会社勤務  金山 直志 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

他のセミナーではかなり過去の話が多くなっているような気がしていて、すでにホットポイントでは無い情報を提供されることもあるのですが、年間プログラムではこれから火がつくような話題・要素がふんだんにあるのでこれは大きな違いだなと思っています。
だからこそ、しっかり実践し続けることで自分の商売は間違いなくビッグバンを起こしえるし、そのときは必ず来る!ということが確信レベルで植え付けられていきます。
「気付いたことや深く学んだこと」

『カネを稼ぐとはどういうことなのか』ということを改めてインストールできました。

正直、まだまだ真剣さが足りない、カネを払ってくれるその背景に想いを馳せることができていない、などなど挙げればキリがないです。
しかし、このタイミングで改めてカネを稼ぐということの姿勢・心構えについて再インストールできたことは今後を見据える上でも良いタイミングであったと思います。
根強いバグなのですぐに取っ払うことは難しいかもしれないですが、デキるだけ早く取っ払って、相手の期待値を圧倒的に超えていくように常に考え動き続けていきます。

「特に印象に残ったこと」

以下の2点です。

・ノウハウよりも元気・気迫・ヤル気が必要。

・命の次に大事なお金を頂くということはどういうことか。

脳みそと心臓にグサリと突き刺さったような感覚を覚えました。
「この人に頼みたい!任せたい!」と思ってもらえるような人物になることが、どんなノウハウとかやり方よりもはるかに必要だなと感じました。

「今後活用できると思ったこと」

前回の年間プログラムと併せ、前述しました2点は自分の商売のみならずどの仕事でも活用すべきと思います。仕事ができるとかできないという以前の話であり、先ほど述べた2点があれば仕事は自ずとできるようになっていくと思うからです。現に、仕事ができる人のほとんどは、その2点を持っていると感じています。

「決意したこと」

お客様が大事な大事なお金を自分に託してくれることの背景をしっかり汲み取り、そしてお客様の「声なき声」を聴き続け、また考え続けていきます。
また私のサービスをひと月に3件以上売れ続ける状態にする、これの達成突破に向けて高速で動き回ります。

「これまでに参加した他のセミナーとの違い」

鮒谷様のリアルタイムの行動やそれによる結果・分析を直に伺うことができるのは非常に貴重だなと思います
他のセミナーではかなり過去の話が多くなっているような気がしていて、すでにホットポイントでは無い情報を提供されることもあるのですが、年間プログラムではこれから火がつくような話題・要素がふんだんにあるのでこれは大きな違いだなと思っています
だからこそ、しっかり実践し続けることで自分の商売は間違いなくビッグバンを起こしえるし、そのときは必ず来る!ということが確信レベルで植え付けられていきます

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

自分がいま課題に思っていることに直接的にアドバイスをいただきつつ、他の参加者の近況報告を通じて、「自分が認識していなかった自分の課題」や「自分が武器とも思っていなかった経験や思考回路が意外と武器になりそうなこと」に気づく良い機会となりました。
・鮒谷さんの放談について

「メッキを貼り、挑戦の機会を得て、メッキがはがれるまでに中身を金にする」という話、フリーランスになったばかりの頃を思い出しつつも、大なり小なり人生の中で何度も(ほぼ永久に?)繰り返すことができる成長の黄金則だなと思いました
特に自分は、その時々の興味で関わる仕事をガラッと変えがちなので、文章を書いたり研究会を開催したりしながらメッキを貼りまくり、人より多く&早く成長の機会を手元に引き寄せるのを習慣にしてしまう必要があるなと改めて思いました。(いま関わっている分野について、いったん非公開でブログを書き始めました)

・参加者の近況報告&質疑応答について

自分がいま課題に思っていることに直接的にアドバイスをいただきつつ、他の参加者の近況報告を通じて、「自分が認識していなかった自分の課題」や「自分が武器とも思っていなかった経験や思考回路が意外と武器になりそうなこと」に気づく良い機会となりました

具体的な話で言うと、他の参加者の方がしていた「脳内メモリを空ける」については、先日の年間プログラム参加以降に自分の中でアンテナが立ちました。
仕事はもちろんですが、(むしろこちらの方が効果を感じていますが)「家族への連絡」や「自分があまり興味ないけど必要な買い物(服を買ったり)」や「スポーツジムの下見」など、放置気味にしていたものを処理できて、気分に余裕ができた感じがします。
正直に言うと、この感想を1週間以上提出できていないこともそれなりに頭のメモリを埋めていたのですが、これにて何とかボールを手放すことができました(実はその前に受けた圧巻セールスセミナーの感想もまだ出していないので、明日書きます)。
以前のメルマガで「脳内メモリが埋まって何も手が付かず敵前逃亡」という話がありましたが、何とかそうならずにホッとしています(笑)。
というより、逃亡しようにも翌月も勉強会で鮒谷さんに会うことになるので、とにかく何か書かなければという気持ちにさせてくれるのも年間プログラムならではの良さかなと思いました。

それでは、次回以降もどうぞよろしくお願いいたします!

(山田 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

自分が向かう方向が間違っていないことに気がつけたので、安心しました。
鮒谷さん

7月度の年間プログラムに参加させていただきありがとうございました。
今回もとても勉強になりました。

3回目の参加となり、良い意味で少しずつ慣れてきました。
参加者の方々とも仲良くなってきた気がします。笑
鮒谷さんの言葉にも慣れてきました。
以前よりも自然に言葉が入ってくるようになり、腹落ちしやすくなりました。

学びが多すぎて書ききれないので、特に印象深い3つだけ書きます。

①金メッキの貼り方

金メッキを貼る重要性に関しては漆塗りの如く説明していただいていたので、自分の中では実際に金メッキを貼っているつもりになってました。
正確に言いますと、ぼんやりとした金メッキを貼っては剥がれ、貼っては剥がれと一進一退を繰り返しているというか...。
その理由が2つわかりました。

・プロセスを踏めていない
・金メッキを貼る対象が明確でない

金メッキの三冠王こと「気合・やる気、能力、実績」に対して「20%増しで金メッキを貼り120%の仮面をかぶる→死に物狂いで戦う→仮面が内面化していく」というプロセスで戦っていこうと思います。

②いただくお金と渡す価値

自分でビジネスをしている訳ではないですが、深く刺さりました。
今後、自分で考えているサービスに対していくらお金を払えるか考えてみます。
その方にはその方なりのお金の重みがあるわけで、サービスの価値に対してお金を払うわけです。
相手の想いを汲み、期待を超えていかねばなりません。
常に「いただくお金⇔お渡しする価値」を考えて、いただく以上の価値をお渡ししなければならないですし、その方の未来の姿をイメージしてもらえるようなサービスを作っていこうと思います。

③目標達成へのプロセス

この1ヶ月間は前回いただいた宿題を達成するべく、目標を掲げて行動してきました。
結果は達成できず。。。
正直落ち込んでいました。(今思えば落ち込む権利すらなかったです。笑)
しかし鮒谷さんにかけていただいた言葉を聞いて驚きました。
「目標を掲げる→達成できない」これはなにかを成し遂げる際に必要なプロセス。
できなかったことをヘコむのではなく、どうしたらできるようになるかを考え、仮説、検証を行い、どんどんPDCAを回そう!と言うことでした。

結果は出せなかったのですが、自分が向かう方向が間違っていないことに気がつけたので、安心しました
目標と現実に差(ギャップ)があり過ぎて、ストレスを感じています。
そのストレスを活動力の源としていきます。
ストレスを感じられることを喜びとして、目標達成に向けて邁進していこうと思います。

以上となります。
ありがとうございました!!!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんのお話と参加者の皆様のお話から多くの気づきと元気をいただけ、非常に充実した1日となりました!
鮒谷さん、

本日も鮒谷さんのお話と参加者の皆様のお話から多くの気づきと元気をいただけ、非常に充実した1日となりました!
ありがとうございます。

特に印象深かった内容は以下の2点でした。

一つ目は、無意識にやっている自分の常識を疑うことについてです。

私は数ヶ月前までは長年の間サラリーマンだったため組織のコントロール下のもとで指示されることを淡々とこなす時間を過ごしているのが当たり前になっていました。
本来、自由をこよなく愛していると思っていた私でしたので、4月に独立してからは時間を自由に使えることを何よりも楽しみにしていました。

ところが、実際は時間の使い方についてサラリーマン時代の時間の使い方の常識が独立してからも無意識レベルでなかな抜けきらず誰にも拘束されない自由な時間を自分の充足感を満たすことだけに費やすことに対して自分に許しを与えていなかったことに気づくことができました。


二つ目は、苦手を苦手と認める勇気についてです。

独立してからは自分の専門領域以外に様々な事務処理をすべて自分一人で行うことになり予想していた以上にこちらに自分のエネルギーと時間を投入する毎日となってきました。
このことに対して

「今、充実感を感じられているか?」

と自問自答したとき、そうでないことが明確になり、出来る範囲で外注できることは外注しようとようやく決断できるようになりました。

今回の年間プログラムで、無意識にやっている(考えている)自分の常識にこそバグがあること、また、自分の苦手なことをバサッと切って充足感を味わえることだけをやると決めることの大切さを気づかせていただけたことで、自分自身が起業家として少しずつ成長していることを実感できました

来月の年間プログラムでは、さらに成長している様子について鮒谷さんにご報告できるよう即断即決即行にフォーカスしていきます。

引き続き、よろしくお願いいたします!

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

現在の心境は日本一の大学ヨット部に入部し下級生時代に思い続けた、"今に見とれよ感" でいっぱいです、大学時と同様必ずや日本一を取れるよう精進し続けていきます。
鮒谷さん

年間プログラム、2ヶ月ぶりの参加させていただきました、今回も内容の濃い講義をありがとうございました。

ただ直前スケジュールを詰め過ぎ、寝不足による集中力不足にて、不覚にも半分くらいの時間ウトウトしてしまいました(汗)

まさに過去の引力と戦っている心境です。
(意識的無能と意識的有能のせめぎ合い)

少しずつ改善はされていると思いますが、正直スピードが遅いと感じており、そんな自分に苛立ちを感じています。
(3歩進んで◯歩下がるイメージ)
しかし自分への可能性、投資を諦めず、必ずや引力に打ち勝つと決心しています。(ただ時間が。。)

成長スピードが遅い理由は過去のマインドや習慣から脱し切れていないこと、行動量、スピード、その継続力がまだまだ足りないです。
(無意識から意識に引き上げられたことは過去より進歩)

決めた習慣も半分くらい継続できていなかったり、この1ヶ月かなり緩んでいました。
もう一度、予定を入れる、人に公言することでサボれないように自分を縛り、負荷をかけ続けていきたいと思います。

また他人、自分の強みを今後強く意識し、そこで戦います。
(自分の謙遜は今後禁止します、笑)

現在の心境は日本一の大学ヨット部に入部し下級生時代に思い続けた、"今に見とれよ感" でいっぱいです、大学時と同様必ずや日本一を取れるよう精進し続けていきます。

引き続きご指導お願いいたします。

(T.T さま)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

「前回のプログラムで聞いた内容だけ」でなく「鮒谷さんがこれまで発信したこと全般」が、日々の経験や学びとリンクしてきているような感覚があります。
前回で3回目(3ヶ月目)の参加となりましたが、最近「前回のプログラムで聞いた内容だけ」でなく「鮒谷さんがこれまで発信したこと全般」が、日々の経験や学びとリンクしてきているような感覚があります。

一例で言うと下記のような感覚がこの1週間くらいの間にありました。

・自分と距離があるものから積極的に学ぶ

日経新聞・私の履歴書で吉野家の元社長の書かれていたことを読み、ある考え方が直近の自分の仕事に活かせそうだったので、同じような匂いを感じた飲食フランチャイズの経営者の本をその場で数冊頼んだ(家に届いてまだ積ん読状態ですが...)

・脳内一等地の橋頭堡を守り続ける

先日読んだネット記事で、eコマースで強みを持つとあるBtoB企業が「『この商品と言ったら○○』と印象づけるために、顧客にあえて紙のカタログを定期的に送っている(送るカタログの選定にはeコマースで蓄積した情報を活用)」
と書いてあり、鮒谷さんのメルマガとは異なる手法ではあるが同じことを狙っているんだな(逆に目的が同じでも手法は多数あるな)と自分の中で腑に落ちた

これも年間プログラムで継続的に鮒谷さんにお会いしているからかと思いますので、これからさらに学びの速度が高まっていくのが楽しみです。
次回以降もどうぞよろしくお願いいたします。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

これまで何度も話を聞かせていただいて、自分のやるべきことはわかっているつもりなので、あとは実践あるのみです。
年間プログラム、昨日の講義もありがとうございました。

これまで何度も話を聞かせていただいて、自分のやるべきことはわかっているつもりなので、あとは実践あるのみです。(当面枯渇しないだけのマグマの充填も完了です。。)
無意識的無能

意識的無能(知らなかったことを意識上に引き上げる)

意識的有能(やったほうがいいとわかったことをやり続けられるようになる)

無意識的有能(1段階レベルアップ)

以後、繰り返し(この精度をいかに高められるかのあくなき追求)

そのために、インプット量よりもアウトプット(行動、実践)量を増やすこと

インプット > アウトプット やり残し、先送り、沈殿、腐臭を放つ、自尊心の毀損
インプット < アウトプット 逓増、成長、変革

仮説と検証を繰り返す、PDCAサイクルを高速で回す

行動に移すため、行動し続けるため、自分一人の意思では継続できない

自分を縛る(他人とお金を介在させる)

昨日の学びのポイント

①目標設定の大切さ(引力)
残された時間 < やりたいこと(の方が多い)

取捨選択(何をやるかよりも、何をやらないか。捨てることの方が重要)

脇道に逸れてる時間はない(はず)

②見えないものを見る力を養う

訓練する

人生の差になる

③大量播種システム(未来投資)

大量の種を蒔く

未来への楽しみを増やす

④ピコ太郎(笑)

セルフイメージを高く持ち続ける

夢を叶える

⑤その他複数

以上、ありがとうございました。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

いつも同じようなテーマなのに(「原則」だから当然なのですが)、毎回新たな気づきを得られ、抽象的なことから、超実践的なノウハウまで、縦横無尽にお話しくださって、大変参考になりました。
鮒谷様

先日も年間セミナーでお世話になりましてありがとうございました。

今回は大きく、

・目標をもつこと
・見えていないものが見えるようになること(構造を理解すること)
・種をまくこと

を教えて頂いたと思います。
これだけだと禅問答ですね(笑。

昨日も、2時間ほど省察の時間を取り、目標の再設定と、今後1か月の指針を立てることができました。
これは、年間セミナーを受けていなかったら、まず行わなかったことでしょうし、今回もきっかけと言いますか、良いスイッチを押していただいたと感じております。

また、いつも同じようなテーマなのに(「原則」だから当然なのですが)、毎回新たな気づきを得られ、抽象的なことから、超実践的なノウハウまで、縦横無尽にお話しくださって、大変参考になりました。

私も人前で話す機会が多々ありながら、上達が遅くて鮒谷様の足元にも及ばないのですが、話し方のコツも教えて頂きましたので、今後も目標として少しでも盗めるよう、精進したいと思います。

次回もよろしくお願いいたします。

P.S.休憩時間に購入した推薦本の到着も楽しみにしております。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

価値とは何か?解っているようで、全く解っていない、理解できていない自分にハッとしました。
価値とは何か?解っているようで、全く解っていない、理解できていない自分にハッとしました。

価値を理解せずに商売をしていたとは、ハッキリ言ってあいうえお・1+1=2という生きる上での基礎基本を知らずに生きているのと同じだと思い、音声コンテンツを拝聴しながら考えております。

特に、日常茶飯事と化している問題を問題と認識させてあげること、そしてそれを解決できる術はあること、それをお渡しすること、これが価値であるというお話は今の私にとって(もちろん今後も)かなり貴重な教科書です。

期間限定ではありますが、何度も何度も聴かせて頂いて、反復して、無意識的有能の域までもっていきたいと思います。

来月は午前限定になりますが、参加させて下さいませ。

改めまして、音声コンテンツありがとうございます。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

今回は短い時間での参加となりましたが、それでもとんでもなく大きな価値を頂けたと実感しております。
本日もありがとうございました。

都合のため午前のみの短い時間での参加でしたが、いつにも増して発見や振り返りの機会を提供頂け、非常に価値ある時間を過ごさせて頂きましたこと、感謝申し上げます。

ずっと同じペースで動いていたためか、気持ち的に下り坂だったような状態が続いておりましたが、販売している個別コンサルのリピート契約を頂けたことが新たな発見をもたらし、常日頃鮒谷様がおっしゃっている

「売らずに売りつつ、売って売る」

ということが体を1周駆け巡ってきた、そんな感覚を覚えております。

それまでは、「売っているつもりで売っていなかった」ことが明るみになり、このたび契約を頂けたことを振り返って「売るとはこういうことなのか!」ということを肌身に体感できたことは、今後の生活において大きな転換となる、そんなふうに感じています。

それを年間プログラムの場において改めて言語化でき、感覚だけではなく理論の面から振り返ることができたことは非常にありがたいです。

また、

「ずっと同じ速度のままだったらおかしいと思え!」

という一言は、グサリと脳天に突き刺さり、

少しずつ負荷を増していきつつ速度も進化をさせて、行動に落とし込んでいこうと改めて考えている次第です。

某保険会社の営業マンがノルマとして

「1週間に3件の契約を頂く」

ということを聞いたことがありますが、いきなりそこは難しくても

「ひと月に3件」

というところを、まずは第1目標として定め、それを成すために逆算していきながら日々を過ごしていこうと思います。

さらに、目標のあり方についてもお話頂き、特に「現在形で考える」ことについて深く心に入ってくるのが解りました。

よく鮒谷様はセールスについて

「お前はもう買っている」

という状態を生み出すことが大事だ、とお話されていますが、目標のあり方や意識の持ち方については

「オレはもう売れている」

という意識を強烈に持つことによって、その意識に実像がだんだんと追いついてくると、お話されていました。

ここは日々継続して、そして強く意識して生活を送っていこうと考えています。

今回は短い時間での参加となりましたが、それでもとんでもなく大きな価値を頂けたと実感しております。

改めてありがとうございました。

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

鮒谷さんに一刀両断されたことにより僕は素直に、というか幸運に、新しいフレームを手に入れることができました
鮒谷さん、土曜は年間プログラムの方、大変ありがとうございました

第1回目でかなり緊張していたのですが、鮒谷さん並びに皆さんに温かく受け入れて頂き、道場の2日間同様、あっという間に終わってしまいました。

自分で選択し、勢いと覚悟で申し込んだ年間プログラムでしたが、やっぱりよかったなと思いました。これも道場が終わった時と同じ感覚でした。

僕はまだアンテナが立ちはじめたほんの駆け出しかもしれないですが、少なくとも10月の道場の時の自分とは違っていました。

狭いコミュニティの、身近な人を批判することしかできない自分でしたがそこから日常の引力と毎日向き合って、勝ったり負けたり、負けたりばかりでしたが、鮒谷さんに一刀両断されたことにより僕は素直に、というか幸運に、新しいフレームを手に入れることができました

周りの人に話しても分かってもらえませんが分かってもらえなくても、自分だけは実感として分かっていることというのは例えばこういうことなのかなぁとも思っている最近です

アンテナが立ちはじめた時
うまくいっている時
停滞した時

こういう天引きの空間があるのは本当にありがたいと思いました


今回、またたくさんの言葉をもらいました。
書き切れないですが、少しだけ書かせて頂きます。

・がんばる、気合い、根性とかじゃない、ふつうにやる、ずっとやる
・1日考えても大して変わらない、適当に打ち返す
・目標を現在形で考える~勘違いを起こさせて、足りない部分を埋めようとする
・毎日、自分に震えている?
・パソコンのBack Spaceボタンがダメなところ
・他者を説得する前に自分も説得されている比喩の力
・書きまくれることが天職、書きまくっていると1つのところに戻ってくる、コマのように
・語って、自分がその気になって、反応があって、妄想が肥大化する
・毎日言い続ける、行間に思いを込める
・盛り上げるのは簡単、巡航速度を落とさないようにする
・目標は何度でも作りかえればいい
・ビッグマウスから始めて、つや消しして修正していく
・すべてのものを有効活用する、意味づけを変える
・腹が立ったら負け、ザラガス化、耐性をつけていく
・文脈の貿易、会ったことのない分野に触れる
・脈絡なく触れる、たゆたわせる
・上から下は見えるけど、下から上は見えない


自分が何者であるか、何者かであるための漆塗りをこれからも続けていきますので、これからもご指導ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い致します。

この度はありがとうございました。

(吉田 裕彦 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。

これからも様々な気付きや学びが自分には起こると感じています。
本日は貴重なお時間ありがとうございました。

前回は初回でしたので、緊張して付いていくのに必死でしたが、今回はリラックスした中で受講する事ができ、非常に有意義な時間となりました。(前回が有意義でなかったという訳ではありません、念の為)


今回の参加のなかでの具体的な気付きは、とにかく日常で思ったことや自問自答を残しておく事の重要性です。そしてそれと合わせて、紙に書く事の大事さです。

鮒谷さんのお話の中で、

「PC等で書くという事は、後から編集出来るという事で、それは良くない。紙に書くことが大事だ」

とありました。
確かにそうだと思いました。

従い、今後は何でも良いので、書くまでのアクションを短く、そして間違っても良いのでとにかく書くという事をしていきたいと思い実践していきます。

この文章もメールの下書きとして書いています(いきなり紙ではないのですが汗)が、間違ったりしてもとにかく自分の頭の中を吐き出す為に誤字しながら書いています。

これはもちろん後から編集し(てい)ますが、メモや携帯のメモ機能を活用しながら、とにかく残すようにします。(自分に対して出来るチャットなどが出来れば一番良いのかなとも思っています。)

とにかく筆を進める、考えを吐き出す、これを日々実践していきたいと思います。

また、目標についてもそうで、まずは大それた目標を掲げ、それを細かくしていく、具体的には?年収月収だったら税引き後なのか?手取りなのか?そういう事は大事だというのは本当にそうだと思いますし、

言ったは良いけどそれが伴っていないと吐き出してから思いましたので、その場で少し訂正をさせて頂きました。
これも吐き出さなければここまで深く心に刻まれなかったと思います。そういうことが非常に大事だとも感じました。

これからも様々な気付きや学びが自分には起こると感じています。
それを逃さず残して行けるようにしていきます。

今後とも何卒、よろしくお願い致します。

(西方 良之 様)

⇒今後のセミナー開催予定は こちら からご確認ください。



※現在、20万1602名が購読中。