読者さまからの3229の感想メッセージ [1701-1750]

読者さまからいただいた、感想メッセージを掲載させていただいております。
あなたさまからの感想もお待ちしております。

平成進化論の感想投稿はこちらから

ちゃぶ台の前にいることが恒常的になっている自分がいることに、改めて気づきました。行動はしている、と自負しておりますが、やはり、足る部分・足らぬ部分の双方があることを思います。人生は常に開発途上である、という信念がありますので、時に信念を信じすぎず、特に信念を強く信じ、行動していきます。 いつもありがとうございます。

もっと外に出よう! 行動のスタート。 本気でぶつかることが、ヒントになる。 本日の気付きの一言です。 これからもよろしくお願いします。

いつもありがとうございます。私も日々試行錯誤を繰り返していますが、時々不安がよぎることがあります。「試行錯誤で終わってしまうのだろうか・・・」 ^^; きっとまだまだ目標到達への決意が弱いのかも知れません。日々の方向性は自分では気づかないうちに惰性になってきたり、少しづつずれてきたりしていることもあるかも知れません。このような文章に触れさせていただいた時、それに気づき方向の微調整や決意を新たにするきっかけとなります。

本日似たようなことで失敗しかけましたが、鮒谷さんの進化論を切り替えのきっかけにしてみます。以前よりずっと職場の環境もいいわけですから。

いつもメルマガをありがとうございます 成功されている方のお話が毎日 聞けてとても勉強になります このようなシステムにいつも感動し 感謝でいっぱいです 周りの知り合いにもご紹介させていただきます!!!

初めまして、今回の、『ちゃぶ台の前でひらめきは生まれず』特に、心に残りました。現状に不安と閉塞感を感じ、なんとか、したいと 思いながら、悩んでいた際にある本の中で出会った「迷っている時はアクセルをふかせ!」という言葉に動かされ、乱読1000冊読破、そして各書籍の感想と、学んだ箇所をブログに書き起こす、という目標を掲げました。そんな私に今回の文章は強烈に自分自身を肯定していただいたような気持ちがしました。先日ようやく、140冊を突破したところでまだまだ、目標の1割ほどですが、改めて、その目標に向けての決意が固まったように、思います。ありがとうございました。

いつもありがとうございます。 昨夜、TVで森光子さんのドキュメントを見ましたが、 なんと89歳で舞台に立ち輝いていました。 生涯「何かをし続ける・・・」 ステキな人生ですね。 私も一生涯冒険をし続けるような・・・ そんな年のとり方をしていきたいと思います。^^

本当に言われるとおりだと思います。 行動なくしてチャンスなし、しかし、チャンスをチャンスと思えない人も いるように考えます。 いつも、自分のアンテナを360度開いていないと、チャンスの女神は、着てくれないのですね? 私も前職を退職後3年目になりますが、なんとか仕事がありますよ いま、青島で来ています。 死ぬまで勉強と時流の研究が欠かせないとつくづく思うのです。 最後にいつもお勧めの本を参考にしています。 これからも、楽しくかつつらくもアル真実を教えてくださいな では、おやすみなさい

具体的で、私にとって非常に励みになりました。 スティーヴン・ジョブスのスピイーチも効果的でした。 (2073号)

鮒谷さん いつも読ませていただいております。 感想を書かせて頂くのは今回が初めてです。 何人かのメルマガに登録しているのですが、 最初は、読んでいても読まなくなるものが多くあります。 その中で進化論は常に読んでしまいます。 鮒谷さんの感性が、私には合うように思えるのです。 今回の内容は素晴らしい気づきを与えてくれました。 ニュートンの慣性の法則のように "人間は変化を嫌う生き物である"と言われていますが 新しいことにチャレンジしてみます。

55才 子供も手がかからなくなり さりとて海外旅行するほど金もなし。なんか退屈 だけど不満もなし パート仕事も面白くない って思っていたので拝見して ほんとにと思いました。いろいろな方の考えや文章を読むことだって私は前に進んでいるのだって でっぱったお腹をへこますコアをやりながらでっかいことできないけど心はでっかくです。

よかったです。 YOU チューブ見ました。 素晴らしい贈り物でした。

今回の件、全くその通りだと思います。だから折角の時間をいただいた時に、途中経過ではないベストな情報を話せたらいいと考えています。そのためには、相手に絞った情報発信を心がけないといけないのかなと。私、マスメディアではなくパーソナルメディアですから(笑) 私も次の冒険に出かけるところです。自分がワクワクすることを(一緒に来る?といいたいですが)。

いつも、拝見しております。 漢詩に目が留まりました。 ところどころに はっ とする心に響く部分が 見つかるのですが、恥ずかしながら全文ではないです。  どれだけ自分が感じることができるかは、 つまり私本人の力量に比例するのだなと反省しきりです。 「人は自分の見たいものしか見ない」とする格言が あったと思いますが、漢詩を味わうにも、何事をするにも 欲求を満たす準備のためにはまず、勉強する必要があるのですね。 「力量を持てば、それに見合った理解が得られる・・・」 それを実践されているのは、ほんとうにすばらしいですし、 勇気づけられます。どうもありがとうございました。

まさにマンネリを感じていたので、いいタイミングで刺激になりました。 ありがとうございました。

毎回ちょうど良いタイミングで多くの刺激を頂けるメールを頂きまして、誠にありがとうございます。刺激を常に求める性質でありながらも、倦怠感に包まれることも、日常で多々あります。 やはり、そのような時に「冒険にでかける」という気持ちを常に持ちつづけるということが、肝要なのですね。 勉強になりました。ありがとうございます。

こうしてメールでの感想を書いていることは、時間という唯一無二の資産投下しているということなのかもしれません。貴重な時間を投資する価値が生まれる瞬間というものは、良いインプットを大量に受け取る時、また、そのインプットされたものを自分の中で咀嚼し、内容を磨きあげて、自分のものに昇華すること。そして、それを次の受け手にアウトプットという形で伝えていくことなのかもしれません。毎回非常に多くの貴重なインプットを頂、誠にありがとうございます。

素晴らしいと思います! 学校関係のお母さんからいきなり これ買って あれ買ってなど言われ 人の気持ちの読み取れない方だと どん引きしました やはり人間性だと思います 例え一時的に儲かっても永く続かないと思います 利害打算に走る経営者がほとんどではないでしょうか なんて素人のくせして・・・

あるセミナーで、自分の一番大きな悩みが 将来の自分の職業のヒントになると聞いたことがあります。 うつ病で苦しんだ人は、将来うつのひとを助ける可能性が高くなるというような話で、自分の最大の悩みが強みにかわるという意味で勇気を もらったのを覚えています。

今日の時間をいただく!  今一度考えさされる言葉でした! 後輩であれ、仕事仲間であれ、はたまた我が子であっても、本人にすれば 大変貴重な時間である!  再認識しました。 反面私自信にとっても貴重な時間である事は事実。 時間を貰えばお互いに無駄使いしない様心掛けます。 又相手との環境整備も重要だと認識しました。 ありがとうございました。

ジョブスのスピーチを 久しぶりに見ました。 人生の最後の日と思い毎日を過ごすというくだり。 大切なことを思い出しました。 ありがとうございました。

まずは、自分の中での時間を重要なことにいただくことが大事を思いました。

私の中で、もやもやと感じていた考えを、しっかりと言語化していただいた内容だと思いました。ありがとうございます。 理解できないことに怒りの感情をぶつけるだけの無意味さに、教養を積むという対応方法があることに、逆に希望すら感じました。 毎日自分自身至らない事ばかりですが、知的な土台【教養】を少しでも積み上げて、怒りを感じた相手に対し、理解する喜びを味わえるように励みたいと思います。

いつも楽しく読ませて頂いています。 今回の『喫緊にして必須の課題』は、常々感じていることを言葉にして頂き、 あらためて、「そうだった」となすべきことを明確にして頂いたように思い ます。  日頃、世代も、国も違う人と、仕事をする中で、ややもすると、あの人は ああいう人と決め付けて、貝になり、それ以上のコミュニケーションをシャットダウンしがちですが、むしろ一歩進んで相手のことをもっと知ろうと歩みよりそのような言動をさせた背景を、誠実な関心をもって知ろうとする努力が大事だと思いました。有難うございました。

いつもまじめに読んでいます。ありがとうございます。 今回は論文形式でしたが内容は、私が現在関わっている国際協力に当てはまるもので興味深く読ませていただきました。子供が3人いてこれまで海外のみの教育を受けてきました。(家庭内では日本語で、学校では英語です)彼らに常日頃伝えているのは、「学校での教育を終えた後に本当の学びが始まるのだ。その時の成績も多少は助けになるだろうけれど、仕事を通じての実学は更に素晴らしいのだ。学位をとるのが目的になってはいけない。」と。

鮒谷さん、こんにちは。お忙しい中、毎日の配信ありがとうございます!毎日とても楽しみにしています。今日の内容も、なるほどなるほどと読ませていただきました。私は大学で異文化間のコミュニケーションのゼミをとっていました。そう、まさに相互理解。 宗教、などが入りこんでくると理解、までは難しくなるのかもしれませんが、お互いの違いを認めることはできるはずですよね!こっちもそっちもあり、みたいな態度でいるって大事ですよね。普段のコミュニケーションにおいても、ははーん、そう考えはりますか、と相手を認め、尊重するところから始まると思います。

売上を先に考えるのではなく 人様の可処分時間を頂くことが まずは大事と納得しました。

毎日欠かさず拝読させていただいております。ありがとうございます。 メルマガ№2071号のテーマについてですが、今の自分の心境にグサリと突き刺さる内容なので久しぶりに感想を書かせていただきます。「何とか自分という殻を破りたい!」と思う中でなかなか行動を起こせないでいる... 自分には何が足りないのか?単に行動力が足りないだけなのか?それとも情熱や信念がボルテージに達していないのか?と悩むこともしばし。毎日懸命に読書をし、仕事柄お客様とお会いする時間を多く取るよう心がけていますが何かが足らず不安に感じることがあります。このようなテーマでメルマガを書く機会があれば是非お願いします。

コミュニケーションにおいての教養の 定義を理解しました。 ありがとうございました

組み合わせることを常に意識して 自分の勉強をしていきます。 さしずめ今は、不動産投資×英会話=アメリカ不動産投資 でしょうか。 もう一つくらいかけるものを考えてみます。 ありがとうございました。

いつも、内容の濃いメールマガジンをお送り頂き本当に ありがたいです。今回は以下の2点に非常に感銘をうけました。 「 どの知識同士を組み合わせれば成果につながるのかを俯瞰する力がなければいけない」「「知っている」という点にフォーカスをあてがちです。」それにしても、毎日、深い内容の メールをお送りしている、鮒谷様には、ただ、ただ 感服するばかりです。

知識のコーディネーションと仕事への適用を 公式にして、自分の中にあるものを 引き出してみようともいます。 ありがとうございました。

あいまいさを受け入れること。これは、腹が据わってないとできないことだと思います。白黒つけると、気持ちがよく精神的にすっきりします。ですので、そこに流されそうになります。 私はよく"宙ぶらりん"という言葉をつかいます。様々な意見があり状況理解があり価値観があり、すっきりとはいかない"宙ぶらりん"をホールドできるかどうか。これには、宙ぶらりんからくる不安・不満・葛藤をホールドできることが前提です。そして、その器を大きくしていくことが成熟することだと理解しています。 その作業は時々、苦しいのですが...(笑)。努力を続けようと思います。

なんでもかんでも相対化する人よりも、大人になってからも狭い視野でエゴイスティックに生きられる人(メルマガでの定義では子供なのかな)の方がカッコいいと思う私もまた子供なのかもしれません。

「大人になったかどうかの定義」 非常に興味深く拝読いたしました。 私自身「そういうところが世の中なんだ」と理解している つもりです。そして、若かりしころほど、善悪二元論を 信じていました。ただ、ふと思ったのは、欧米諸国を はじめとした一神教を母体としている国々では 同じ定義を尋ねた際に、どういった定義をしてくるのでしょう。

初めてお便りします。今回の内容にすごく共感しました。 私も、初めて社員として働き始めて感じたことがあります。それまでは、「正しいかどうか」や「常識かどうか」でものごとを見たり判断していたように思います。しかし社員として働き始めてからは、人それぞれ性格があり、その性格や価値観に合わせたり、「そういう人なんだ」と理解することの方が、正しいかどうかなんかより大事だということ。その方が効率が良いし、何をもって「正しい」のかというのも難しかったりしますものね。 今回の内容を読ませていただき、今まで自分が感じていたことが、「大人になった」ということなのかも知れないな、と思い何だか嬉しかったです。

本日のメルマガは今、私が日々感じていることを文字に落した内容で、 とても腹おちしました。 この内容をメルマガで取り上げてくださってありがとうございます。 私は社会人2年目で、まだ学生の気質が残っているのか、 ただ子どもなだけなのか、 自分が正しいと思ったことが正しいと決めつけて頑固になる部分があります。 もっと柔軟に受け入れることで、コミュニケーションを円滑にして 自らの仕事がやりやすくなることが少しづつ実感として分かってきたので、 意識的に取り組んでいきたいと思います。

分かりやすかったです。 意見は違うから面白い。 主張もするしされるし、聴くし聴いてもらえるし。 交わしても心がイライラせずにいたいです。

広い視点を知れば自分の意見に拘泥する必要はなくなるだろうなぁと思います。たとえば仕事における人間関係の幅を広げるだけでも違うはずです。広い視点を身につけ、自分の幅を広げたいと、異動を6年主張し続けていますが、それを「自分の意見に拘泥している」と思われる矛盾を抱えております。とほほ。

時宜を得た記事に同感です。 総会の議案書を作っていますが、草案の段階で「知りたい数字を把握できない」と言われ、がっかりし、思わず声を荒げて答えてしまいます。 「皆さんが分かるように表を作ったつもりなのに・・・・」と考えるのは、 独りよがりなのですね。

いつも 気付きの瞬間を ありがとうございます。 器の大きな人を 大人と呼ぶならば それが正解のように思います。 単なる時間の経過と 図体のみの 大人にならないよう モガイて生きたいものです。 小さな子供に教えられることは沢山あるものですね。昨日の小学校運動会でも 感心させられることが 多く見受けられました。 456年生の騎馬戦を懸命に応援する321年生。先生からの指示があったわけでもないのに 3年生の男子のひと声が入りました。「ほらぁ、今度は 僕らが応援するんだよ!こうやって 応援するんだよ!」ですって。素敵な光景でした。

毎日楽しみに読んでいます。 先日仕事でお世話になっている方から 「仲のいい友人に、いつも自分の考え方を一方的に納得させられようとして困っています。どうにかなりませんか?」 という質問と受けていたのですが、今回発信していただいた情報はその問題解決のヒントになりそうです。 毎日刺激ある情報をありがとうございます。

今日の話題も自分のことを言われているようで、心が痛いです。 薬師寺の大谷てつじょう和尚に、我が出そうになったら、相手は異文化の外国人だと考えるといいとお聞きしたことがあります。 例えば、自分の家に土足で上がった人がいたとします。 それが日本人なら、『何やってんだ!』。外国の方なら、(親切に)「日本では、ここ(玄関)で靴を脱いで、家に上がるんだよ。」となる。 人間が土足で家に上がったという現象は同じ。でも、心の持ち方が異なれば、対応も異なる。 世の中、白黒はっきりしないことがたくさんあるということを常日頃意識したいと思います。

はじめて、メールさせていただきます。 私も似たようなことを最近よく感じていて、自分の意見、希望、お願いを相手に伝えても、基本的に相手は受入れてくれてくれないものだと思うようになりました。相手にも感情、気分、都合さまざまな状況があるので、そのたびに自分の思うとおりに相手がしてくれないと腹を立てていたのではどうしようもありません。自分の思ったとおりにしてもらえないのが普通で、してもらえたときは感謝すべきだと。もちろん、自分がお願いなどする場合に、相手に受入れてもらえるような努力は最大限すべきだと思いますが。これからも、楽しく拝見させていただきます。

おっしゃること良くわかります。 それぞれの立場や環境で 白黒それぞれですし、 それを呑み込んだうえで やんわりと相手を主導していける スタイルを目指していきたいと思います。

自分が絶対正しいと思っていたら 楽しい人生は送れないと思います。 また若い人と話すときにも この気構えは意識したいと思います。

毎朝、仕事前に拝見させていただいています。 ちょうど自分の怒りについて考えている時期にこのようなメールが目の前に。 とても驚いているともに感謝しております。 本当ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

いつもありがとうございます。 身につまされた良いお話しです。 かなり共感致しました。 実は昨日娘とつまらないことで言い争ってしまいました・・・ 子供もいつの間にか大人になっているということを 認めなければいけませんね、反省です。 「地動説」 いいですね、これでいってみたいと思います^^

毎日欠かさず読ませていただいております。今日の内容はなんと美しいたとえで心を動かされることでしょう。私も最近になって、相手がなぜそのような態度になったかを落ち着いて考えるようになってきました。もともと尊敬していた方ですし、このようなことで断絶してしまうことをとても残念に思えるようになってきました。もう少し時間はかかるでしょうが、自分の気持ちが違う方へむきつつあることが私自身の希望となっています。

私も小さい頃は、鮒谷さんが今回仰ったのと同じ理由で、地動説を唱えたコペルニクスからガリレオまでに憧れてしまい、毎日図書館に行っては図鑑を開いてニヤニヤしていました。 今でも私の憧れです。

平成進化論の感想投稿はこちらから



※現在、20万1602名が購読中。