読者さまからの3229の感想メッセージ [1551-1600]

読者さまからいただいた、感想メッセージを掲載させていただいております。
あなたさまからの感想もお待ちしております。

平成進化論の感想投稿はこちらから

いつも有難うございます。 早速、amazonで取り寄せをお願い致しました。 お体、ご自愛下さい。

"「心が震えた」上での決定だったのかどうか"という今回のメッセージは、「無能領域を切り捨てて、無能領域はそこがよく出来る人にまかせ、自分の有能領域に集中する」と、共通点があると感じました。 また、私もこの考え方に大賛成です。"「心が震えた」上での決定だったのかどうか"が、じつは長い目でみた成功か失敗かの重要なわかれめになってることが、私自身も振り返ってみて、多いです。

心の震える事に集中しようとの呼びかけ。 深くその通りですね。

心が震えるかどうか。おっしゃる通りだと思います。 自分の経験を振り返っても、心が震えて挑んだことはことごとくうまくいき、そうでないものはそれなりで終わってしまうことがほとんどです。 私が毎日配信しているメールマガジンも、自分の心が震えたものだけを書くようにしています。 もちろん鮒谷さんのようにはアウトプットが洗練されていないのですが、日々これ精進です^^

鮒谷さん、こんにちは。ご出張お疲れ様です。感想を一言で表すとすれば、 驚愕 です。人はみな 行う・行わないのどちらかを意志決定するわけですが、心の魂が震えている=本当にやりたい事 だと思います。そして、行っても行わなくてもよい事にエネルギーは良く使われないですし、結果も今ひとつという事なのでしょうね。やるかやらないかで常日頃、私は自問自答して きましたが、 魂が震えるかどうかで決めたのは人生で数回しかありませんでした。そして今後は、己の夢を短期で叶える為魂の選択をしていくと決意しました! 感動のお話を有難うございます!

この世に無駄な経験はないと思って生きてきましたが、やはりドラッカーさんの説に一理あると思います。以前、鮒谷さんが言っておられた、いろんな角度、立場から見ても、やはりそのほうが効率いいのは確かですね。転職歴の多い私としては、軽く自己否定することになるものですから、ちょっと辛いのですが、素直に認める必要を感じる41歳の春です。

切り捨てる、そうですね、この感覚ですね。ありがとうございます。

私41歳、まだまだ人生折り返し、これまで色々試した分、ぶれずに集中できそうです。

その次まで設定されているのはさすがですね。しかし、読者のかたも色んな感想・意見をお持ちなんですね。発信するからこそ知る、生の声、いいですねえ。

まさに共感です!最近ブログを書き始め、最大の効果は「自身の振り返り」だと周りの人にも吹聴していたところです。強みについても、きっと書いていることでしょう。

長期的な視点なんですね、うれしくなります。

昨日、決めること・継続することの重要性をひしひしと感じていたのですが、決定のポイントがいまひとつ、消化できていませんでした。「震える」感覚参考にします。

ついつい損得勘定で行動しがちな現状にある私にはとても必要な言葉でした ありがとうございます

よかったです!!!!!

いつも納得性の高いコメントで元気が出ています。 ありがとうございます。

心が震えることをする、物凄く共感出来ます。 でも実際に今までそうしてたかと言うと正直してないことが多いです。 やはり損得で考えてしまってました。反省です。 心が震えないと本気にはなれないのですね。 これからの判断基準にしたいと思います。 ありがとうございます。

「人間という生き物は、本来、興味を覚えないことや結果を出せないことに 対しては心が震えない、という存在だとおもいます」 今日の言葉にすごく勇気づけられました。 今までこういった「震え」を実感したり、大きな成功を納めた機会がなく、自分の体験でこの言葉を実証することはできません。でも、最近始めた取り組みに、初めて「震え」を感じています。少しの不安も感じていましたが、このまま前進していけそうです。ありがとうございます。

心が震えることに集中しそれ以外を切り捨てることが勤務している人間にはなかなかできないことですが、気をつけてみると成果を上げている人はみんな自己中心的に好きなことのみやっているようです。この人たちは自己中心的でとんでもないと思っていたのですがこうでないと成功しないのかなと複雑な気分にもなります。ともあれ、自分もいい意味で自己中心的に心が震えることのみに集中してやってみたいと思います。

「心が震える」 これが近年無いですね。この事が何かが巧くいかない(取組みの中途半端、体調の一時不振、資産運用の失敗 等)の原因でしょう。 ならば「何故震えないの」という問いには・・・もう一度「何をしている時が楽しいのか 楽しかったのか」を整理することかと考えました。ありがとうございます。久し振りに私のとっての納得のメールでした。

「強みの上に築け」というドラッカーの言葉を以前から自分自身の座右の銘に しておりましたが、自分が持っていない能力を他人が持っているのことに直面した時、嫉妬や時には自信を失うことがありました。 しかし、それぞれの強みや興味は違うということを改めて確認することが出来ました。ありがとうございます。

いつもありがとうございます。 業績が悪化してくるとこの「心の震え」よりもどうしても「焦り」が前面に出てしまいます。「心の震え」vs「焦り」 「焦り」が前面に出ているときは、発想の軸が「自分の安心」になるので仕事が独りよがりになって成果が出ないことが分かりました。 一方で「心の震え」が前面に出ると、軸が「相手の満足もしくは感動」になるのでやるべきことと、やらないことが明確になってくるのだと感じています。 まだまだ悪戦苦闘の毎日ですが、素敵な気づきを毎日送ってくださる鮒谷さんに心から感謝しております。 P.S.本棚からドラッカーを引っ張り出して読んでいます。

自分の分野で、卓越性×アライアンスを想像したら ゾクゾクしました。大きな気づきありがとうございました。

多くの成功者と言われる方が みな一様に、同じことを言われているので これはだんだん真実だと感じるようになりました。 なので、私も直感で行きたい学校に行くことに決めました。

その決定が、その結論は、私の心が震えているか まさに腑に落ちたというか 仕事を長く続ければ続けるほど、惰性で決めてしまったり 経験則から雑に企画を組んでしまったりしがちで そんな仕事はつまらなく、結果も平凡になりがち 自分が楽しくなければ、お客様も楽しめるはずがない それを信念に働いているつもりなのに、なぜか終わった後 自分が楽しめていなかったことに気づくことも多い だから今回の「自分の心は震えているのか」という 言葉に、ずんと、ずどんと、まさにそうだ~~~と 叫びたいほど共感してしまいました 気づかせていただき、ありがとうございました!!

さすがです。 参考になりますというか、成功してらっしゃる方々はみんな同じようなフレーズを使っていますね。 いろんな方の著書やこのようなメールに載ってくる記事に同じようなものが有りますが、時々やはり『ドッキ』とさせられるものも数多くあります。 最近嵌っていますので、期待しています。

素敵なメッセージ、毎日楽しみに読ませて頂いております。 手探りの人生、目標設定にブレが生じる事多い日常。 現在私の日常で実施している事。 "心震える事のみ!"っと云って下さっている文面に "やっぱり、そうだ!!" っと、安堵感を持って読ませて戴きました!! 日々の充実感は、日々の自分自身への感動。 そんな気にさせて頂いた文章に納得です。 今後も毎日の心の震え、楽しみに致しております。 今日もありがとうございました。

読ませていただいて、心の中がすっきり晴れました。 最近決断した事が、全くその通り!で自分の中では上手く言語化できなかったことが、ここに書かれてあって 「そうやわ!」と一人納得してしまいました。ありがとうございます。

私は、こういうものは感覚的なものと理解しているので、論理的な説明は不要と思ってます。

おっしゃるとおり。異論なし。もう少し考えて行動しようと思います。

立ち上げ業務は、 一見大変ですが、スタートがうまくいけば そのあとの伸び率が素晴らしいのと似ていますね。 コストを恐れず初期投資に比重w置くべきですね。

なるへそです。書くことで、整理され刻印される。鮒谷さんは、書かれる際に特定の誰かを思って書かれることがありますか?それとも、多くの読者に向けて、というスタンスでしょうか。ある人気小説家が(男性)自分はたった1人に捧げたくて小説を書いている。そして、それが多くの人に受け入れられている。ということをを言ってらっしゃいました。ターゲットは1人なのに、万人に受ける。面白いなと思いました。(ターゲットは奥様でした!)鮒谷さんの場合、もしかしてご自分がターゲットなのかしらと今書きながら思ってきました。←わぉ!着地?笑

この基準はいいですね とくに60歳を過ぎるとそう思います でもこれは年齢に関係ないですね

初めてメールをさせていただきます。 いつも考えさせらてているメルマガ発信ありがとうございます。 原点ですね。考えを改めないといけないと思いました。 人間の可能性は無限大。今回の情報は説得力がありました。 失敗を繰り返すが出来ると信じて行動すれば・・・ 可能性追求の本当の意味を考えさせられました。 目からうろこです。ありがとうございます。 明日の新人研修生の講義に使います。

私も、赤ちゃんの話を聞いたことがあります。 確か2足歩行するまでに、6万回失敗するという話だったと記憶しています。 大人が6万回失敗したら、絶対に自分にはできないと思ってしまいます。 赤ちゃんが見本ですね。 ありがとうございました

いつも平成進化論を楽しく拝読しております。 本日の、学習の本質、まさにその通りですね。赤ちゃんに学ぶという表現もユニークですが、考えてみると、いたってシンプルなことですよね。私は、「おそらくそれは難しい」、「わたしにはできないんじゃないか」などのネガティブの塊のような心が多くを占めており、苦しい日々です。失敗を恐れず・・・、が持続できなくもがいています。しかし、平成進化論には勇気付けられることが多いです。 今後もよろしくお願いいたします。

とてもよかった参考になった。ありがとう。

鮒谷さま いつも気づきのあるすばらしい情報 提供ありがとうございます。 急速に成長されている様子がいつも ひしひしと伝わってきますが、ついつい 忙しいと感想を出しそびれてしまいます。 今日のテーマも大変重要だとわかっていながら 実行できていない人がほとんどではないでしょうか。 いつも鮒谷さんの言葉にハッとさせられます。 これからもぜひがんばってください。 強力に応援させていただきます。

記録は、メモまたは、録音するのがいい方法です。

おっしゃる通りだと思いました。メモの大切さをつくづく感じています。 私もレコーダーで録音したり携帯からPCにメールしたり、もちろんペンとメモ帳を使ったりします。 今頭に浮かんだことと、1分後に1分前に浮かんだだことを思い出したものは別物だと思うので、その時 を逃したくないと思います。 今日もありがとうございました。

くじけそうな気分でしたが、 とても勇気をいただきました。 いつもありがとうございます。

鮒谷さん、記憶は本当に一生懸命とどめる努力をしないとどんどん消えますよね。僕もブログネタをいつも考え、ふと、アイディアが浮かぶのですが、ほかの仕事や用事をしているうちに忘れてしまったことがどれだけあったか。 そこで、僕はいつも身の回りにメモとペンがあって、さっと書き留めるようにしています。 人と電話で話していてもそう。その場ではわかっていても、1時間もすると記憶が薄れてきます。最悪なのは飲みに行ったときの会話。だから、トイレに行く振りしてメモったりしています。 いつも楽しく、ためになる話、ありがとうございます。 では。

爆発的に仕事が進む高井先生のスタイルが 想像でき、大変ためになりました。 ありがとうございました。

おっしゃる通りですね。 私が用意しているツールはペン(PODPEN)、ICレコーダー、携帯メールです。 自転車に乗るようにツールを使うことができるようになれば怖い物がなくなりますよね。 明日も楽しみにしています。

今日もありがとうございます。 耐水性のメモ、裏紙を活用したメモ、ポメラを早速導入しようと思います。 ありがとうございました。

いつもありがとうございます!耐水性のダイバー用のメモ帳!に特に感激いたしました。そうなんです!お風呂でけっこういいこと思いつくんですよね!これは普通の文房具屋さんにも置かれてるんですかね。普通にノートと同じ棚などにおかれてたら思わず買ってしまいますねー。ちょっと高くでも遊び心で。結局使わないのにいろいろな色を買ってしまったカド消しのように。(笑)プレゼントにも面白い♪いいアイデア頂きました。ありがとうございます!また、何でも首を突っ込んでみるとのいつぞやのお言葉に従い今日は友人がスタッフとして参加している代々木公園のアースデイ行ってきました。すっごい収穫☆あわせてありがとうございます!

私はお風呂でシャワーを浴びているときに良いアイディアが浮かぶときが多いのですが、メモ用紙がおけません。 今はお風呂の外に置いてあるレコーダーで咄嗟に録音しています。 それと、私の家にも数か所メモセットを置いていますが、 外出する際には万年筆を持ち歩き、メモに使うようにしています。 万年筆をそばにおくと、製造、販売をしている方や他の万年筆好きな方との温かい繋がりを感じられます。 思いのこもった万年筆がそばにあるだけで落ち着いてゆっくりと思考することができ、良いアイディアが自然と生まれます。 鮒谷さんも、もし興味がおありなら一本試してみてはいかがでしょうか。

今日の配信(も)、響きました。鮒谷さんには遠く及ひませんが、恥ずかしながら私も日刊でマガジンを配信しており今日で77号配信することができました。配信することで変わったことは、鮒谷さんのおっしゃる通り能動的且つ受動的な環境の構築ができるようになったことです。配信は、波長の会う人との繋がりを持つ魔法のツールだと思います。 鮒谷さんのマガジンに出会えたことに感謝です。

その通りだと思います。 まだ、鮒谷さんの言われるような効果とか、目に見える周辺の変化は実感していませんが、書く事で自分が励まされていることは確かですし、根拠はないですが自信を取り戻せる気がしています。これが、私が本当に気持ちを伝えたい人に伝わったとき、初めてブログを続けた意味があるのだと思います。 ブログの毎日の更新、やっと4ヶ月目に入ったばかりです。これからも続けます。

鮒谷様 はじめまして。 有言実行と無言実行とがありますが、有言実行の重要性を改めて認識した気がします。情報発信とは皆に公言する場でもあり、発信を続けていくことにより、周囲からのプレッシャーも味わいながら、且情報も入りやすくなってくるのかなと思います。結果、最短の道を進むことができるのかなと。

こんにちは。 私は本もブログも書いていますが、 実際には「書けない」という人も多いので、 「書く」ことの勧めというは、 正論であっても、実現が難しいと思いました。

平成進化論の感想投稿はこちらから



※現在、20万1602名が購読中。