読者さまからの3229の感想メッセージ [1451-1500]

読者さまからいただいた、感想メッセージを掲載させていただいております。
あなたさまからの感想もお待ちしております。

平成進化論の感想投稿はこちらから

いつも何かに挑戦していることかと思ったら 走っているとはランニングのことだったんですね!! 私も明日から走ります! まずは歩くからかなぁ・・・

私も、めんどくさいと思うことが多く、なかなか長続きしません。 今日のメルマガを読んで、発信してみようと思いました。 目標を決めて、早速友達に発信したいと思います。 次回のメルマガも楽しみにしています。

たいへん参考になりました。 私もさっそくブログを書くことを周囲に公言して、習慣化しようと思います。

はい、腑に落ちます。2年位走ってますが、いまだに「セルフイメージ」が上がるのを感じます。だから習慣になるんですよね。そろそろ結果がついてきそうな予感です。

セルフイメージ凄く重要だと思います。 ありがち姿を書き、読み、イメージすることを心がけます。 ありがとうございます!

このところ、運動と脳の関係、インプットとアウトプットの関係と「良いストレス」の大切さ等素晴らしい御指摘だと思います。 運動は頭頂葉を刺激して、脳の血流を増やし活性化した脳のアウトプット効果を高めます。ただ、走る以外にも速歩(一日20分で3km程度)テニスや水泳なども良いと思います。 また柔らかな人間関係、適度な信頼関係と気配りの交流会(Get Together) は、前頭葉に良いストレスを与えてくれます。貴職はコミュニティ(Live Together)と書かれました社交(多分、Club,Circle,Society,Partyの事)は インプットとアウトプット両効果が期待されます。

小さなことの毎日の繰り返しが積上げになる。 走る事もメルマガ配信も・・ 本当にそうですね。 いつも、気づきをいただいています。

ちょうど1000日続けても色あせないちょっとした習慣作りが重要と考えていたところです。 ■「オレって(わたしって)凄いかも」 と(錯覚でいいので)思える日常習慣を一つ持つことで その行動が自信を生み、 その行動が成果をもたらしてくれることにより さらなる自信を生む。 日頃のちょっとした「俺ってすごいかも」を実践したいと思います。 ありがとうございます。

私は、毎日仕事に行く際、階段を利用しています!(威張るほどのことでもないのですが)B1から目的地の6階まで歩いています。これを習慣にして2ヶ月!確かに、毎日続けられてることで自信がついてる気がします。実際のとこ閉所恐怖症気味のところがあり、エレベーターはもともと得意でなかったことがそもそものきっかけでもありましたが。。。おかげで(?)閉所恐怖症はひどくなり(!)先日やんごとない事情で市立図書館のエレベーターを利用したところこわいのなんのって!うーん、これには考えてしまいましたが、階段登りは継続したいと思います!最近風が強い日が多いですが、ジョギングがんばってください!

環境を変えることで 脳の動きを変えることができるのですね。 ビジネスパートナーと温泉企画してみます。

自宅に帰ってからの行動プランまで明確に落とし込むこと が非常に参考になりました。 その場で、ToDoリストを作れば 効能高くなりそうです。

昔断念した習慣も 今の知識や戦略的に 挑戦することで、新たな発見が あるような気がしました。

自らの信じた道を究める。これこそが、成功への最も長いものでもあり、最短距離でもある。と感じました。 いつもありがとうございます。

習慣化の習慣化ですか。 何かインスピレーションをいただいた気がします。

大学生の女子です。 わたしも2年ほど前から、ジョギングを続けていて、フルマラソンを3回完走しました。多いときで週6回ほど走ってましたが、自分の怠惰さに打ち勝って走ることで、セルフイメージが上がり、性格まで前よりずっと明るくなりました。 それに日常生活でもストレスを感じなくなりました。 ある本によると、ランニングをすることで、意識的にカラダをストレス状態に持って行くため、ストレスに対しての耐性がつくとか。納得!!! 一番のライバルは自分(の中のナマケモノ)です。 ジョガーとして、お互いがんばりましょうね!

ランニング2年、禁煙3ヶ月、少し習慣を変えることに成功し始めていると感じておりますが、「律する」域にはまだまだです。

奇跡のりんご すごい。

鮒谷さん、奇跡のリンゴ、氣になっていた本なのですが、今日のメルマガで是非読みたいと感じました。ありがとうございます。

本が売れているのは知っていましたが、リンゴってそんなに難しいものだったんですね。その原動力はなんだったんだろう・・読むしかないですね。

コーヒー馬鹿の時もそうでしたが、この木村さんはご家族まで巻き込んで馬鹿に徹せられたのですね。凡人にはできない、できないというより『しない』から凡人のままなのですが。私も少し勇気をいただきました。熱中していることを夢には見ますが、幻覚を見るまでは及ばす、むしろ何て中途半端な生き方をしているんだ、と深く反省した次第です。

リンゴもすごい

すごいですね。そこまで出来る人は少ないと思います。 でも、家族は多少なりとも犠牲をしいられたのではないでしょうか。そのことを思うとちょっと気の毒な気もします。 現在は家族が理解し、仲良くやっておられるなら何も問題ありませんが。

いつも為になるお話し、感謝して承っております。  今回の腐らないりんごの話には大変な感動を覚えました。  いま私のライフワークとして携わっている精神障がい者の  生活支援の仕事の難しさは木村秋則さんの根気を学べば少  しは解消するのだと教えられたように思います。そして   艱難は越えるものだと悟った次第です。  有難うございました。

毎回、心を揺さぶられるメルマガ、ありがとうございます。 木村さんのりんごの話、出身地が青森県弘前市の私ですが恥ずかしながらTVに出られるまで存じ上げませんでした。 私も1点だけは誰にも譲れない何か、を持ちたいと思っています。 木村さんのりんご、是非いただいてみたいものです。 ありがとうございます。

馬鹿になる、って難しい。 ただただひたすら打ち込んだってなれません。 誰にも負けないくらいの打ち込みをしていたら、そのうち世間のヒトが〇〇馬鹿と思ってくれるんでしょうね。でも、ヒトの口にのるのはそのもっともっと後ですものね。 はやく馬鹿と呼ばれるようになりたい、です。

周囲の目を気にして恥をかくのを怖れている私には、背中を押してくれる内容でした。ありがとうございます。

禁煙やダイエットに成功していますが 振り返ってみると、外部発信は かなり心の支えになったと思います。

なんかわかる気がします。 土曜の朝によく駒沢公園を走るのですが 土曜の朝っぱらから走ってるような人は かなりストイックで自己コントロールができる 人たちなのだと思うのですが、なんだか成功者オーラが 出てる人が多いんです。そして自然と自分のセルフイメージが あがってるのを感じます。

過去の成功体験を自分でほじくり返して 心の中で再体験してから 一日を始めるとすごく生産力アップができます。 鮒谷さんの言うセルフイメージの大切さを 日々実感しています。

マラソン以外で自分のセルフイメージを上げる方法って 考えればいろいろある気がします。 私の場合は、朝シャワーです。 なんだかぜいたくな気分がするのと 朝のモヤを一気に流してくれて すっきりした自分になる気がします。

面白いですね。 道場破りに備えるコーヒー焙煎士。

鮒谷さん、いつも気づきの多いメルマガありがとうございます。 今日の猪木とアリの試合、たしか土曜日学校帰りの 近くの電気屋さんで、友達と観ていた覚えがあります。 そのときは正直 観るんじゃなかった! と憤慨!! でも、そんな事情があるとはつゆ知らず。 確かその事情を 、猪木は、いっさい自分から口外していないのでは? ( 一般に知られたあとでも、、、) バカになることとともに 、 その心意気、 心底しびれますね。 自分も その 百分の一でも 実行できればと、 いまさらながら、 心に刻んでいます。

馬鹿になることの大切さ、 ほんとの意味で馬鹿になることが,いかに大事か 人は知らずとも、自分で体験することで、それが後々 自分を磨くことにつながり、人から信用され、一目置かれる それができるようになりたい。いつもいつでも

ブランドをプロモートするプロセスでは必ず嫌なこと、恥になることが伴います。友人や家族からなんであんたの写真がサイトに出てるのよ、恥ずかしいからやめなさいよとか、こんなものうまくいくはずないからやめなさいよと。しかしそれを乗り越えてはじめてブランドが確立するのだと思います。有意義なお話をありがとうございました。

今回の「腐らないりんご」の話は、2年ほど前だったかに聞いたことがあり、涙が止まらないほど感銘を受けました。実は、数日前にりんごを丸かじりしていて、この「腐らないりんご」の事を思い出しました。「きっと美味しくて、体に良くて、食べたら幸せな気持ちになるだろうなぁ・・・」と思った矢先にこの話題が取り上げられていて、ビックリしました。ありがとうございました。

なるほど! ・・・馬鹿になります

魂は、細部に宿るといいますが きっと仕事とは、見えないところでの 志が商品に現れるのでしょうね。

壮絶の一言ですね。 ここまで極め欲がでてくる 原泉ってなんでしょうか。

自分の専門性をここまで つきつめると だれも追いつけなくなるのですね。 何か一点突破できる専門性を 自分の中でとがらせなくてはと思いました。

 昨日のメルマガを見て「猪木語録」を買いました。それ位面白かったですよ!凡人には真似できないと言っていましたが、改めて3人の「馬鹿」の話を聞いて、私もやってみようかと思いました。  私が前から一番なりたい「馬鹿」は、子供に時事問題の大切さを教えるしくみ作りです。そのための歴史や中国、教育、ITの勉強です。立花先生の授業も聞きますが、まず自分の仕事であるデータベースで実現できればと思います。

鮒谷さま この記事はすばらしいの一言しかありません。 ひとつのことにここまで究極的に専心できる こころとはどのように形成されたのでしょうか? 木村秋則さんが親からうけた教育内容を知りたいです。

5年間、継続しておられるのは、とてもすばらしいことですし、 そのように成長のバロメーターを考えておられるのは、とても 参考になりました。

いつも、楽しく拝見させていただいております。 熊谷と申します。 恥をかけとの言葉、胸にしみました。 今、私は外資系の某コンサルティング会社で、 一年目の新入社員としてはたらいているのですが、 人員整理が進み始めて、半分おびえながらの生活です。 こんなとき、人と差別化を図るためにも、「恥」というのは、いいのかもしれません。 無難に過ごすことに慣れ始めています。恥をかき、 熱い気持ちを取り戻さなければなりませんね。 目指せ独立で頑張ってまいります。 ありがとうございます。

私に最も足りない部分だと自覚しています。

あのルールの話しは、私も最近知り、さすが猪木と思っていたところでした。ところで、例の曲は「猪木 ボンバイエ! 猪木 ボンバイエ!」だと思っていましたが・・調べてないですけど。ひょっとして鮒谷さんの故意ですか?

最近ブログでの情報発信がスランプだったのですが、そうですよね「恥をかけ」ですね。かっこよく見られたい気持ちが、どうも強いようです。

私も元新日本プロレスファンでした。 プロレスはただその選手の強い弱いだけでなく その生きざまが醸し出す魅力にやられていた気がします。 今のレスラーには、バカがあまりいなくて いくら技が過激でも、 どうしても昔のような熱をもってみることができません。 大好きな人でバカを説明して頂いたのでよくわかりました。

あの試合をやって借金もあの当時のお金で数億せおったはずです。 人気絶頂のころに、借金苦で、リムジンの中で寝泊まりしていたり 糖尿病との闘いだったり、そんなあの人の生きざまをしっているから なんかあの人がいきててくれるだけで勇気もらいます。

【 長く生きるほど感動は増えていく 】 「初物」ではなく「深い感動」というのは、とってもすばらしいです。 感動を得ようときっと努力されているのだろうとも思います。 いくつになっても初物の感動は良いですが、それ以上に、深い感動を得られるように、自分も進んでいきたいと思いました。 ありがとうございました。

こんにちは。 私も感動は深まると思っています。 でも、一方で深まらない人もいる。 それが多数派だから、そういう大人を見て、 老いをこわがるようになっていたと思います。 感動が深く、成長し続けて、クリエイティブである年配者は、 外見が若々しい(5~15歳ぐらいも見た目が違う)のが特徴ではないでしょうか。 次も楽しみにしています。

平成進化論の感想投稿はこちらから



※現在、20万1602名が購読中。