毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6602号 ドラッカー、意思決定について、かく語りき


■私たちが行動する前には
 必ず何らかの

 「意思決定」

 を行っています。


 それゆえ、

 「意志決定の質と量」

 がビジネスの成否を
 決定づけることとなります。



■そう聞くと

 「意思決定の質は高く、
  量も多いほうがいい」

 と思いますよね。


 でも、
 それは正解ではありません。



■これはこれで悪くはない
 (=一定の成果は出る)

 のですが、残念ながら一般に

 「意思決定の質と量は反比例する」

 のです。


 意思決定の数を過度に増やすと
 意思決定の質は低下します。

 熟慮、吟味、検討の時間が
 取れなくなるから当然の話。



■これについて、ドラッカーは


 【成果を上げる者は、さほど多くの決定は
  行わない。重要な決定に集中する。

  意思決定にかける時間を間違う者もいる。

  重要な決定に時間をかけずに、意味のない、
  しかも易しい決定に時間をかけている

     (非営利組織の経営 135ページ)】


 と述べています。


 特に

 「意思決定にかける時間を間違う者もいる。

  重要な決定に時間をかけずに、意味のない、
  しかも易しい決定に時間をかけている」

 のくだりは、

 私(鮒谷)にとっても
 耳の痛い話なのですが、、



■ドラッカー著作を何度も読み、
 この言葉は意識していたつもりですが、

 読み返すたび

 「全然、分かっとらんかった
  (というか、忘れとった)」

 となるのです(汗)



■いくら大量の意思決定を行っても、

 そこから生まれる大量の行動の
 一つ一つの波及効果が低ければ

 「労多くして功少なし」

 あるいは

 「貧乏ヒマなし生活」

 となるわけです。


 お互い、

 【重要な決定に集中】

 してまいりましょう、、、



■考えてみれば、たしかに

 「日々、細かく行っている膨大な
  (些末な)意思決定→質の低い行動」

 から生み出された成果の総量よりも、


 「よっしゃ!
  これからは音源販売や!」

 という、

 意思決定(決断)一つから生まれた
 成果のほうが、文字通り

 「ケタ違いの結果(利益)」

 を私(鮒谷)にもたらしてくれました。



■同様に、あなたも私(鮒谷)同様、

 あれこれ、いろんなことに
 手を出してしまいがちなのであれば、


 【成果を上げる者は、さほど多くの決定は
  行わない。重要な決定に集中する】

 というドラッカーの言葉を、

 今一度、深く味読してみられては
 いかがでしょう。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■意思決定は数よりも質。   ■これからの人生や生活に    大きな影響を及ぼす    「数少ない、重大な意思決定」    を下し、速やかに実行に移す、    これこそが逓増人生を過ごす秘訣である。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。