毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6601号 肉体が紐づいたビジネス vs. 手離れの良いビジネス


■もう随分前から

 「音源販売」

 を行ってきました。

 が、正直に告白すると、
 もっと早くやっておくべきであった、

 と思っています。



■それは

 【ビジネスにおける
  圧倒的な手離れの良さ】

 ゆえの話です。


 同じ売り上げを上げるにも、

 手間ひまかけて10万円、
 ということもあれば、

 ほぼ手間いらずで10万円、
 というビジネスもあります。



■どちらが正解、
 ということはありませんし、

 どちらを推奨しているわけでも
 ありません。


 でも、たとえば

 「個別コンサル」という
 手間暇のかかるビジネスと、

 「音源販売」という
 手間暇のかからないビジネスと、

 両方の仕事をしている
 私(鮒谷)としては、


 【圧倒的に楽なのは音源販売】

 と正直に告白せざるを得ません。



■ではなぜ、お前は、

 「毎日、それなりの件数、
  個別コンサルを行っているのだ?」

 と尋ねられそうなので
 先にお答えしておきますね。



■その理由(の一部)は、以下の通り、


 -----------------------

 0、入れ替わり、立ち代わり、
   お越し下さるお客さまに対する、

   価値提供のコミットから生まれる緊張感が
   人生をピリッとしたものにしてくれる


 1、人とのご縁が深まる

  (1時間12万円+税、という単価が単価なので
   既に結果を出している人か、
   これから成果を出される人しかいない)

   そういう皆さまとのご縁は財産になる


 2、誤解を恐れずに言うならば
   そのご縁は価値提供の源泉ともなる

   そうした方々同士を紹介することで
   別のお客さまや友人知人に感謝される


 3、それぞれの世界で活躍されている方なので
   いながらにして多様な世界にアクセスできるし
   ノウハウや知識を共有いただける


 4、話をしているうちに
   新しい着想が湧いてくる

  (しばしばそれが新しい商売や
   音源のネタになる)


 5、話を繰り返すうちに
   表現が洗練されてくる

  (一定の完成を見たものが音源化される)

 -----------------------


 などの、メリットがあるからです。


 他にもたくさんありますが、

 ちょっと考えただけでも
 日々、これだけの価値を享受しています。



■なので、個別コンサルは

 「私自身も価値を得られる
  貴重な時間」

 であり、

 「お客さまとの楽しい対話タイム」

 でありますが、同時に


 「絶対に価値をお出ししなければならない
  胃の痛くなるような修行タイム」

 でもあります。



■それゆえ、

 できることならば
 音源販売のみに特化できれば、

 仕事自体は
 めちゃくちゃ楽になりますし、

 短期的には
 さらに儲かるはずですが、


 ただし長期的に見ると
 私(鮒谷)自身がダメ人間化して、

 「長期逓減の人生になる」

 ことが予見されるので、
 歯を食いしばって修行しています。



■とはいえ、

 ビジネスの基盤はどこまでいっても

 「手離れの良いコンテンツ販売」

 にあるから、

 自分でいかようにも
 コントロールできるんですよね。



■大学院に入ってからは、

 売上を落とすことなく
 意図的にコンサル枠の調整を行い、

 時間を生み出しましたが、
 それもこれも

 【手離れの良いビジネス】

 が主体になっているからこそ。



■そんなことに思いを致すたびに

 「やっててよかった公○式」

 ならぬ

 「やっててよかった音源販売」

 と思わずにはいられません。



■というわけで今日は、

 【肉体と紐付かないビジネスを、
  一つは持っておいてはどうでしょう】

 というご提案。


 もちろん、これは経営者のみならず
 サラリーマンの皆様にもいえること。



■「会社づとめ=肉体に紐付いた給料」

 という解釈もできるわけで、


 今のような副業解禁の潮流の中で、
 一つでも二つでも、

 【安定的、継続的に収入がもたらされる
  入金基盤】

 があれば、かなり安心です。



■それであれば
 不動産投資もありじゃないか、

 と思われる方もあるかもしれませんし、
 それもまた一つの考え方だと思います。


 ただ、

 いま現在の収入が不安定、
 かつ、それほど蓄えもなければ、

 不動産投資においては

 「一発の失敗が致命傷」

 となるリスクはゼロには出来ません。



■その上、

 数千万、あるいは
 1億超えの物件を購入して、

 (つまり、それだけのリスクを負って)

 実際に入ってくる収入を
 利回りで換算してみると、

 大したものではなかったりすることも
 しばしばです。



■そんな中、
 コンテンツ販売のいいところは、

 不動産投資と同じくらいの収益を
 リスクを限りなくゼロにして

 (初期投資はほぼゼロで)

 実現させられる、ということです。

 「利回り数%と利回り無限大の違い」

 といったら言い過ぎでしょうか。



■でも私(鮒谷)は借り入れを行わずに、

 日々、手離れのよい音源販売ビジネスで
 安定的な収入を得ているわけで、

 それゆえ不動産投資の誘惑は
 少なからずありましたが、


 結局、コンテンツビジネス以上に
 割の良い商売はちょっとない、

 という結論を導き出して、
 今に至ります。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■きれい事を抜きにしていうと    【手離れの良いビジネス】    は楽であり、安全であり、    安心をもたらしてくれるもの。   ■対して    【肉体が紐付いているビジネス】    は、    どれだけ頑張っても一向に楽にならない、    という弱点がある。   ■それぞれ長短あるが、順序としては    【手離れの良いビジネス】    を基盤として構築し、    その上で必要や状況に応じて、    【肉体が紐付いているビジネス】    も、そこに付加する形で取り組むのが    高いQOLを維持する秘訣である。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。