毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6597号 適切な比喩によって語られる原理原則は人生を変え得る力を持つ


■先日来、

 【毎日が当選発表日!音源】

 についての解説を
 長々とご案内してきましたが、


 要は、機嫌よく人生を過ごしたいなら、

 -----------------------

 1、時間軸をできるだけ長く取り、

 2、都度の行動のリターン率の引き上げを
   (なんとなくでも)意識する

 -----------------------

 ことで随分、
 変わってくるものですよ、

 とお伝えしている音源です。



■言われてみれば
 当たり前過ぎる話ですが、

 私たちは日常生活を過ごす上で
 こうした意識がすっぽり抜け落ちがち。



■このことを

 「分かっちゃいるけど、
  やれていない」

 と言ったりするわけですが、

 なんのことはない

 「分かっちゃいない」

 んですよ。



■少なくとも頭では
 分かっているかもしれないけれども、

 心や身体が分かっていないから
 ピクリとも反応しない(行動できない)

 のです。



■そんなわからず屋(?)に
 分からせるためには

 ちゃんと彼らに理解させるように

 「身体感覚に紐づく比喩」

 を駆使して、
 教育してやらなければなりません。



■小難しい原理原則とか語られても、
 受け入れが難しいからこそ、

 五感と直結しているメタファーを
 活用することによってのみ

 「動けなかった人が
  動けるようになる」

 のです。



■これについては本当にそれ単体で
 3日間ほどセミナーしなければならないし、

 いつかしたいと思っているくらい、
 強調してもしすぎることのない話ですが、


 私(鮒谷)自身は動かぬ自分を、
 まさに

 多種多様な比喩をフルに利用して
 言うことをきこうとしない身体を、

 教育?躾け?調教?

 してきました。



■過去6600号ほどの
 メルマガバックナンバーにおいて、

 数え切れないくらいの比喩を
 紹介してきましたが、


 その意味するところは、

 それだけの比喩を用いなければ
 放蕩に慣れた自分を躾けられなかった、

 ということです。



■自己の生活と地続きの、
 臨場感を感じられる多用な比喩を通して、

 現実の生活における
 意識の歩留まりを高めることに寄与する、


 メルマガを書き始めてからの
 私(鮒谷)の半生は、

 まさにこれに始まり、これに終わる、
 くらいの主たるテーマであった、

 と言えると考えています。



■そんな中でも特に今回の音源は

 -----------------------

 1、時間軸をできるだけ長く取り、

 2、都度の行動のリターン率の引き上げを
   (なんとなくでも)意識する

 -----------------------

 という、

 当たり前のことを当たり前に
 振る舞えるようになってもらうために、

 作成した音源だということです。



■メルマガ読者のあなたは

 【「知っている」と「やっている」の間に
  横たわる絶望的な懸絶】

 について、


 既に幾度も思いを巡らされてきたのでは
 ないかと思いますが

 (=分かっちゃいるけど、身体が動かぬという
   悩みに苦悩してしてきたと思いますが)

 その解消のために
 ご提供しているコンテンツです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■将来、豊かな時間を過ごしたいと思うなら    1、時間軸をできるだけ長く取り、    2、都度の行動のリターン率の引き上げを     (なんとなくでも)意識する    ことを心がけてみると良いだろう。   ■ただし、言うは易く行うは難し。    理解していても実践が    なかなか困難である、というのが、    核心をついてはいるけれども、    ある意味、退屈な原理原則の特徴、    といえる。   ■退屈さを打ち破り、臨場感あふれ、    感情を喚起するための手段として    「適切に語られる比喩」    は大いに力を発揮してくれるもの。   ■適切な比喩によって語られる原理原則こそ    が、人生を変え得る力を持つのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。