毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6594号 気分は生まれるものではなく、作るもの


■「毎日が当選発表日!」音源を
 お聴き下さった、

 パーソナルトレーナー兼
 トレーナー育成コンサルタント

 の中野茂徳さんより、
 以下のご感想を頂戴いたしました。

 (中野さん、
  いつもありがとうございます!)



■ご感想に続けて、本文に入るので
 まずはご感想を熟読下さいませ。


 (ここから)
 ------------------------


 この度のネガポジチェンジは

 「質素に」
 「地味に」
 「長期に」
 「マメに」
 「辛気臭く」
 「コツコツと」
 「時間を味方につけて」

 など多数に渡ります。


 短期的成果を望む人にとっては
 いずれも忌避しがちな言葉ですが、

 毎日をワクワクしながら過ごすためには
 それらの言葉を脳内で回しながらも、

 裏山に様々な成長速度の種を
 植えることが必要です。


 また、時間差で成果物が現れるにつれて、

 それらの一見ネガティブな言葉が、
 ポジティブワードにチェンジしていくのだ、

 ということが
 改めて腑に落ちました。


 思えば会社員時代は、

 スポーツクラブという
 バリバリ体育会系な職場であったこともあり、

 何か機会があれば飲みに行き、
 翌日のことも考えずに2次会3次会と
 行った挙句、

 二日酔いで出社するという社風に
 疑問を抱き、

 余程のことでなければ断るようになって
 いった自分を思い出しました。


 当時は付き合いの悪い自分に
 不甲斐なさを感じたりもしていましたが、

 イチロー選手がむやみやたらと群れないと
 書かれていたの読んでからは、

 堂々と断るようになったものです。

 (これが私流、裏山の始まりだったと
  思います。)


 あと今回もう一つ、
 改めて肚落ちしたことは

 「気分は生まれるものではなく、
  習慣として作り出すものである」

 ということです。


 独立当初に学んだ先生から、

 セルフイメージを変えるには
 使う言葉を変えることと教わり、

 納得していた気になっていましたが、
 この度改めて

 「気分は生まれるものではなく、
  習慣として作り出すものである」

 と聞いたことで、だからこそ
 自らコントロールできることであり、

 それは脳内で回す言語を変えることで
 使う言葉も変わり、

 結果ポジティブに転換できるのだ
 ということを再認識しました。


 今後何かあった際にも、
 素早いメンタルリセットができると考えますし、

 もしそれができなくても

 「気分は所与のものではない」

 ということを知っておくだけでも、

 長らくマイナス感情を
 引きずることはないでしょう。


 今後も引き続き

 「質素に」
 「地味に」
 「長期に」
 「マメに」
 「辛気臭く」
 「コツコツと」
 「時間を味方につけて」

 裏山に自らの未来へのプレゼントとなる
 種を粛々と蒔いていきます。


 また、年間プログラムに
 参加させていただいていることによって

 (会社員時代とは違って)裏山仲間が
 たくさんいることに感謝しております。


 今後も毎日ワクワク過ごすために
 様々な種類の種を蒔くと共に、

 種を蒔くという行為そのものも
 ワクワク楽しみながら過ごして参ります。


 この度もいくつものパラダイム転換を
 いただき、ありがとうございました。


 (パーソナルトレーナー兼
  トレーナー育成コンサルタント
  中野茂徳 様)


 ------------------------
 (ここまで)


 中野さん、改めて長文のご感想、
 ありがとうございました!



■今回の音源について、

 これだけお書きいただければ
 これ以上は何もいうことがない、

 という気持ちにもなりましたが、


 せっかくなので
 ご感想中にお書き下さった

 「気分は生まれるものではなく、
  習慣として作り出すものである」

 について補足的に記します。



■多くの人は、

 今は気持ちが乗っているとか、
 乗っていないとか、

 状況に応じて
 向こうからやってくるもの、

 といったような捉え方を
 しているように思われます。



■しかし、違うんですよね。

 本当は

 「今、こんな気分になっている
 (なってしまった)」

 ではなく

 「こんな気分を作り出す」

 が正解です。



■気分は
 コントロールできるものではない、

 と思っているから、

 成り行きに任せて
 気持ちの上がり下がりが生じ、

 それがストレスの源となります。



■そんな「気分」を、
 もし自分で自在に操れたら、

 かなり生きやすくなると
 思われないでしょうか。


 そして実際に、

 完璧に、とまではいかないまでも
 かなりの部分まで、

 思う通りにコントロールできるのが
 「気分」です。



■そのためには中野さんも
 お書きくださっているように、まずは

 「意識して用いる言葉を選択する」

 ことが重要で、

 その上に、(自身にとって好ましい)
 感情が生まれてくるように、

 自分を取り巻く環境を
 整えていくことも必要となります。



■ここしばらく記してきた

 「毎朝、起きるたび、
  今日は何が起きるか
  ドキドキ、ワクワクする」

 そんな状態を作り出せたら、

 つねに好ましい気分を
 キープし続けられることでしょう。



■そこから逆算して、

 時々刻々の行動を
 (楽しみながら)行えば、

 翌朝が訪れるのが待ち遠しくなり、

 ひいては毎日がどんどん
 楽しくなっていくものです。



■私(鮒谷)は自覚的に、
 その世界に近づいていきましたし、

 (完璧に入った、とまでは
  いうつもりはありませんが)

 それでも変化に富み、
 刺激的で興奮の伴う、

 退屈とは無縁の日々を
 過ごさせてもらっています。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■気分は勝手に生まれるものではなく、    自らの意思で作り出すもの。   ■一つは言葉の使い方。    もう一つは環境を整えること。    この二つを意識することによって    気分をコントロールできるようになる。   ■このいずれか、あるいはいずれもを、    上手に操れない人は、いつも    「気分に振り回されて、     頻繁に不快な気持ちにさせられたり、     ストレスまみれの毎日となる」    可能性はかなり高くなるだろう。   ■そんな世界から抜け出したいのなら、    言葉の使い方を学び、    環境の整え方を身につける、    必要があるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。