毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6593号 気分の上がらぬ朝は著しくQOLを毀損する

■「毎日が当選発表日!」音源を
 お聴き下さったKさんより、

 以下のご感想を頂戴いたしました。

 (Kさん、ありがとうございます!)


 (ここから)
 ------------------------


 今回の音源はかなり密度が
 濃いように感じました。


 朝起きたときに気分がいい人と
 そうでない人の違いから、

 言語と感情の関係性、

 そして、そこから発展して
 解釈の力の高め方の5段階の話へと進む、

 この前半部分だけでも
 元が取れました。


 特に、解釈力の高め方は、

 対象を自分でなくて
 担当製品やお客さんに変えれば、

 セールスにも活用できるのでは、
 と思いましたので、

 実際に試してみようと思います。


 自分の担当製品を
 使って下さっているお客さまが、

 どんな困りごとを解決されているのか、
 という事例(物語)を数多く構築し、

 それらの構成要素を
 臨機応変に組み替えることで、

 新規のお客さまに対して、
 より臨場感を持ったご提案ができるのでは、


 と音源の趣旨からは離れた方向では
 ありますが、ニヤニヤして
 この部分を聴いておりました。


 また、これはコミュニケーションに
 おいても使えそうですし、

 自己変革のみならず、
 その他の事にも活用できる、

 非常に汎用性の高い考え方を頂けて
 とてもありがたかったです。


 そして、後半は単に解釈の力を
 高めるだけでなく、

 実際に思いもかけない
 果実を得る方法について

 「裏山物語?」

 をはじめとする、
 多様な比喩を通じてお話頂きましたが、

 こちらも非常に有益な内容でした。


 悪因悪果ならぬ、
 良因良果の作り方について、

 縦横無尽にメタファーを駆使され、
 言葉を尽くして語って下さっていましたが、

 その中で特に印象的だったのは、
 時間軸についてのお話で、

 桃栗三年柿八年のお話が
 自分の過去の経験からも
 非常に納得がいきました。


 確かに手元に資源がろくにない状態で、

 プラトンの『国家』や「老荘思想」とか
 から始めてもちょっと厳しいよな、

 と昔、一念発起、哲学書を読み始めても
 得られた知見が現実に
 なんら生かされる機会がなく、

 あっという間に意気消沈してしまった
 ことを思い出しました。


 音源中の比喩をお借りするならば、

 何も蓄えのない水呑み百姓が
 なけなしの金をはたき、

 いきなり実をつけるのに
 30年かかる銀杏を植えたようなもので、

 当時の状況では餓死(挫折)するのは
 必然でした。


 やはり、定期的な収穫が
 見込める状態でないと

 そういったものに投下し続ける
 リソースは得られませんし、

 また、成果が出ないことから
 折れてしまうのも無理はない、

 と納得させられました。


 もちろん、志は高く持つことが
 重要だとは思いますが、

 足元を見て、
 着実に手堅く張っていく、

 そのことの重要性を
 鉄火場音源とは異なるアプローチから
 お話し頂き、

 より一層理解が深まったような
 気がしました。


 ここまででも大きな衝撃を
 受けっぱなしだったのですが、

 終盤でさらに一発メタファーを
 ぶっ込まれてこられたのには
 本当に驚かされました。


 「未来にプレゼント音源は
  いわばジュブナイル小説の
  ようなものであった」

 といったことを仰っておられましたが、

 そう仰られるのも無理はないほど、
 宝くじのメタファーには衝撃を受けました。


 宝くじを1億円分購入されて、
 7000万を溶かされた

 (実際はシミュレーターだった
  そうですが、、、)

 鮒谷さんが仰るからかもしれませんが、
 非常に納得感があり、

 また、ある意味において、
 今、どんどんと行動を起こすことで、

 未来の不確定性を楽しもう、
 とも思えました。


 この他にも、億万長者についての
 研究結果や強豪セールスの話、

 年収2000万円の貧乏人に
 ついてのお話などなど、

 刺激的な内容が目白押しで、
 非常に有意義な時間を
 過ごすことができました。


 あらためて繰り返し聴いて、
 無意識的有能の境地にまで刷り込みたい、

 心からそう思わされました。

 ありがとうございました。


 (T・K さま)

 ------------------------
 (ここまで)


 Kさん、長文のご感想、
 ありがとうございました!



■今回の音源について、

 これだけお書きいただければ
 これ以上は何もいうことがない、

 という気持ちにもなりましたが、


 せっかくなので
 冒頭にお書き下さった

 「朝起きたときに気分がいい人と
  そうでない人の違い」

 について補足的に記します。



■あなたは

 「朝起きたときに気分がいい人と
  そうでない人」

 のいずれでしょうか。


 毎朝、気分良く起きられる人は、
 例外なく、前日の夜までに

 「今朝、気分が良くなる
 (楽しくなる、ワクワクする)」

 ための種をまいているのです。



■例えるなら、

 一ヶ月前に
 今日の旅行計画を入れているから、

 今朝、目覚めたときに

 「今日から旅行だ!」

 とテンションが上がります。



■この話はあくまで一つの比喩に
 過ぎませんが、

 かなり汎用性のある喩えでは
 ないでしょうか。



■今朝、起きたときに
 何の希望も楽しみもないとするならば、

 昨日の夜までに

 「今日、感情が盛り上がるような
  準備をしてこなかった」

 ということになります。



■あらかじめ準備をしていれば
 必ず、

 「朝、起きた時、
  すでに感情が高まっている」

 という状態から
 一日を始められるはず。



■不肖、私(鮒谷)も、
 毎日、朝起きた直後から、

 期待に胸を躍らせつつ、
 さっそく行動を開始していますが、


 それは、

 「その状態に入るための準備を
  前日の夜までに必ず行っているから」

 です。



■分かりにくいかもしれないので
 より具体的に言いましょう。

 (以下もあくまで一例ですが)


 毎日、メルマガを通して
 音源のご紹介(セールス)をしているから、

 朝、起きたとき

 「昨日の夜から今日の朝にかけて
  何本、音源が売れているかな?

 (いくらの売上=利益、
  が上がっているだろう)」

 とドキドキ・ワクワクしながら、
 販売本数の確認を行えます。



■こうした種まきを行っていなければ

 「昨日の夜から今日の朝にかけて
  何本、音源が売れているかな?」

 という感情の高ぶりが
 生まれるはずがありません。

 何もやっていなければ
 何も起こらないのです。



■朝、起きたとき

 「即座に目が覚めて
  一気にエンジンがかかる」

 のは、
 体質でもなんでもなく、


 昨日までに行った行為が、今朝、
 どんな結果を出してくれているか、

 を確かめたいという気持ちから。


 (繰り返しますが、
  以上はあくまで一例です。

  実際はさらに複合的に
  いろんなことをやっています)




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■毎朝、起きた時に今ひとつテンションが    上がらないのは、    テンションが上がる種まきを前日の夜まで    に行ってこなかったからである。   ■気乗りしないところからから始まる一日に    QOLの高まりなどあるはずがない。   ■起床した瞬間から、ワクワク、ドキドキが    止まらない、    そんな毎日を過ごしたいのなら、    あなたが行うべきことがある。   ■まずは人生が充実するメカニズムを知り、    次に、その理想の状態を作り出すための、    高い再現性のある行動を行う必要がある。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。