毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6587号 高位安定のモチベーションを確立するために


■おかげさまで

 【毎日が当選発表日!音源】

 既に大勢の方が
 お求め下さっています。



■以下にKさんより頂戴したご感想を
 紹介いたします。


 (ここから)
 ------------------------


 今回の、桃栗三年柿八年メタファーから

 「収穫までには、
  様々な時間軸がある」

 というパラダイムを
 得ることができました。


 以前の

 「量稽古 音源」「数値・締切 音源」
 「目標設定 音源」「直進行軍 音源」

 などで語られていた、

 自らを律し、しつけ、テーマを設けて
 積んでいくという点に関して、

 認識を新たにすることができました。


 今回の音源で、そのモチベーションを
 維持するためのガソリンを
 注入いただいたイメージです。


 毎日、自分で決めたことを
 粛々淡々と実行していく中で、

 やはりモチベーション維持は
 キツイなと思う時があります。


 その成果はすぐには見えてこないですし、
 自分の中では

 「時間がかかるなぁ」

 と感じていました。


 そのような中で今回の音源を
 聴かせて頂きましたので、

 「収穫時期は様々であり、

  早い物では1か月、
  時間がかかるものであれば30年。

  自分の状態により、どの作物を育て
  収穫するのかを考える。」


 というお話は自分の中で、

 「早いもので1か月で収穫できるんだ!」

 という、嬉しさや救いがありました。

 いつもありがとうございます。


 次の音源も楽しみにしています。
 よろしくお願いいたします。


 (営業 D・K さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 Kさん、

 いつも音源のお求め、
 ならびにご感想のご送付、

 ありがとうございます!



■今日のメルマガでは、

 音源中に語っている内容の中で
 特に取り上げて下さった


 「収穫時期は様々であり、

  早い物では1か月、
  時間がかかるものであれば30年。

  自分の状態により、どの作物を育て
  収穫するのかを考える」


 のテーマについて。



■不完全な存在である私たちは、

 日々、モチベーションが
 上がったり下がったりいたします。


 そんな中、

 自身を脅したり、すかしたり、
 なだめたり、説得したり、

 で動かし続けられる人は
 長い目で見て、

 「逓増する人生」

 を歩める可能性が高くなるでしょう。



■反対に、

 こうした自己管理が
 上手にできない人は、

 調子の良い時にはいいのだけれども
 一旦、悪くなると総崩れ、

 となってしまいます。


 これでは、長期的に見ると
 「逓減する人生」となる確率は、

 どうしても高くなってしまいそう。



■私(鮒谷)自身、
 モチベーション管理のトレーニングを、

 それこそ十数年から二十年近くの間、
 あれこれ試行錯誤してきましたが、


 なかでも効果的だったのは、

 短期的成果を見込める取り組みと
 長期的成果を見込める取り組みを、

 上手にバランスさせること。



■調子のいいときは
 時間軸を長期にシフトさせ、

 調子が崩れそうかも、
 という予感がするときには、

 いち早く、短期に切り替えることで、


 調子の良さを持続させつつ、
 本格的な不調に陥るのを未然に防ぐ、

 というセルフマネジメントが
 可能になりました(実証済み)。



■元気があるときは、

 数年から十数年、さらには数十年先、
 という時間を見据えて、

 腰を据えて、淡々と
 種を蒔き続けられるものですが、


 元気が失われつつあるときには、

 数日から、せいぜい数週間で
 成果を見込める取り組みを重点的に行い、

 収穫時期を早めて、

 「種まき(行動) → 収穫(成果)」

 の時間をできるだけ
 前倒しにすることです。



■これを何度か繰り返すと、

 「あ、やることやってるとやっぱり、
  きちんと結果が出るんだな」

 と脳が認識してくれるようになるし、

 それによってモチベーションが
 復活を遂げて、

 再び、より長い時間軸での
 種まきが可能になります。



■こうして長期視点での
 種まきを続けていると、やがて、

 なかなか収穫時期が訪れないことに
 不安や恐怖や焦りを感じて、

 再びテンションが下がり始める。



■そんなときに、また

 「短期収穫が見込める作物を植える
  (すぐに成果を出せそうな行動を)」

 に切り替える。


 この切り替えを
 自在に行えるようになると、

 モチベーション管理は
 かなり用意になるはずです。



■まずは、こうした概念ならびに
 パラダイムをインストールすること。

 次に、それに従い、自在に
 頭と身体を動かせるようになること。


 こうしてきちんとセルフマネジメント
 できるようになった人が

 「モチベーション管理の
  基礎トレーニングを完了した人」

 となるわけです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■高位安定のモチベーションを    確立するのは簡単だ。   ■自分のテンションに応じて、    長期視点と短期視点を自在に切り替える、    そんな思考を持ち、その認識に合わせて    行動を変化させるトレーニングを重ねる、    たったこれだけなのである。   ■元気があるときは長期視点、    元気がなくなりそうになったら短期視点、    収穫の時期を先送りしたり、前倒しする    のを適宜、調整できるようになれば、    モチベーションの上がり下がりに    悩まされることは一切なくなるはず。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。