毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6586号 宝くじを大量購入せずにはいられない人と同じ世界に出られれば、人生は必ず変わるもの


■私(鮒谷)は平均的な人よりも、

 はるかに面倒くさがりの上に
 すぐイライラする人間、

 であると、
 自己を認識しています。



■昔はそうした性質・性格を
 ネガティブなものに捉えていましたが、

 いつの頃からかポジティブに
 捉え直して考えるようになりました。



■面倒くさがりだからこそ、

 面倒なことをしなくても済むには
 どうしたらよいか考えるようになり、


 すぐにイライラするからこそ、

 イライラする(平穏な感情を阻害される)
 要素を可能な限り除去しよう、

 という強い思いが
 湧いてくるからです。



■これがもし、
 マメで鷹揚な性格であったなら、

 根本的な解決をしようとは
 一切考えなかっただろうな、

 と思われます。



■しかし幸いなことには、

 その真逆な性格に
 生まれついたことによって、

 先に記したような状態にどうすれば
 入れるかを考え、

 その実現に向けて、
 ひたすら取り組んでこられた、

 といえそうです。



■そう考えるほどに

 「短所が長所となる」
 「災い転じて福となす」

 あるいは

 「雨降って地固まる(違)」

 といった世界が生まれてくるのでは
 ないかと思います。



■面倒ごとを極度に嫌い、平穏な感情を
 妨げられことを極端に厭う気持ちが、

 理想の環境をもたらす仕組みを
 作るために、

 マメに、真面目に、
 種まきできるようになったのだから、

 ほんとうに人生は分からないもの。



■話は変わりますが、先日来、

 【毎日が当選発表日!音源】

 のご案内をしてまいりました。


 この音源でお伝えしている

 「宝くじを買って当選発表を待つ」

 という比喩は、

 (自分で言うのもなんですが)
 なかなか良くできている、

 と思っています。



■理想の状態を作り出すための
 無数の試行錯誤を行い

 (=たくさんの宝くじを買い)、


 うまくいかなかったことは間引き、
 別のチャレンジを行い、

 うまくいったことを残し、
 さらにはその長所を伸ばしていく、

 (外れた宝くじは捨てて、
  当たった宝くじは現金に引き換える)


 という永続的な行いを
 表現しています。



■宝くじと同じで、

 新しい行動をしたからといって
 (購入したからといって)

 百発百中で
 期待した成果がもたらされる
 (宝くじが当選する)

 とは限りません。



■しかしながら、

 こうした取り組みを数多く、
 繰り返していくにつれて、

 将来起こりうる面倒ごとや
 イライラの種を、

 一つ、また一つと
 取り除くことができる、

 と思うからこそ
 楽しく種まきを続けられるのです。



■種をまいた結果が
 どのように展開していくのか

 (果たして芽が出てくれるのか、
  どんな作物が実るのか)

 というドキドキする期待や、

 実際に芽が出たときの驚きや興奮を
 楽しみにしているからこそ、


 種をまいたけれども
 芽が出なかったということが、

 しばしば、
 あるいは頻繁にあったとしても

 【種まきという営為全体を
  大量の宝くじを買うがごとくに捉えて
  楽しめる】

 ようになるのです。



■せっかく取り組んだことが
 期待どおりに展開しなかった、

 そんな挫折感や徒労感が
 しばしば起きるからやる気が置きない、

 というパラダイムから抜け出し、


 そうしたことが起こることを
 前提として織り込んだ上で、

 取り組み全体を楽しめる、


 そんな、

 まさに宝くじを大量購入せずには
 いられない人のパラダイムを

 (宝くじ購入ではなく)

 未来のより良き人生・生活を
 生み出すための取り組みに転用できれば、

 自ずから逓増する人生、生活、
 ビジネスは開けてくるものです。



■こうしたパラダイムのもと、

 私(鮒谷)自身もひたすらに
 芽が出るかどうか分からぬ種をまきつつ、

 負の感情を引き起こす要素を
 取り除こうとこまめに動いているうちに、

 ゆっくりと、しかし確実に理想の世界に
 近づけてきたように思います。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■面倒くさがりだからこそ    面倒なことをやらずに済むように、    すぐイライラするからこそ    イライラの種を未然に除去できるように、    取り組むことができるのだ。   ■自らが望む理想の環境を実現するには、    そのための仕組みを作り出す必要がある。   ■数多くの試行錯誤を行い、    うまくいかなかったことは間引き、    別のチャレンジを行い、    うまくいったことを残し、    さらには伸ばしていく。   ■取り組んだことが必ずしも    期待した通りの結果に終わるわけでは    ないが、    それを前提として織り込んだ上で    取り組み全体を楽しみつつ続けられれば、    自ずから逓増する人生、生活、    ビジネスが開けてくるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。