毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6580号 「ドピュ!体験(肉体)」から「ドピュ!体験(脳内)」へのトランジション


 -----------------------

 【謹告】

 あらかじめお断りしておきますが、
 女性読者の皆様におかれましては、

 本日のメルマガは
 読まれないことを推奨いたします。

 間違って読まれ、何を思われたとしても
 当方は一切責任を持ちません(持てません)。

 -----------------------



■昨日のメルマガでは

 【全ての学びは前倒し】

 という言葉の説明を、

 長い文章を用いて行いましたが
 未だ舌足らずなところがあったので、

 今日も続けます。



■全ての学びは

 【既に知っていること(既知)に
  未だ知らないこと(未知)が結びつく】

 瞬間に生じます。


 これが起こると

 「ハッ!」
 「なるほど!!」
 「そういうことか!!!」

 という快感が脳内に駆け巡り、
 新たな学習が生起します。



■こうした快感の瞬間のことを、

 「アハ!体験」

 ならぬ、

 「ドピュ!体験(脳内)」

 と私(鮒谷)は名付けました。


 自分の体験に照らし合わせて
 このほうがしっくりくるからです(照)



■それはともかく、

 ドピュ体験をしたいと思うなら
 そのための「準備」が必要です。


 そこで要求されるのが

 【前倒しして獲得された知識】

 なのです。



■精通前の男の子が、

 どれだけ過激なエロ本や
 エロ動画を見ても、決して

 「ドピュ体験(身体)」

 の快楽を味わえないのと
 同じように、


 【前倒しして獲得された知識】

 を持たずに、

 どれほど好奇心をかきたてられたり、
 行動が促されるメッセージに触れたところで

 「ドピュ体験(脳内)」

 の快感は得られません。



■つまり

 「ドピュ体験(脳内)」

 を得たいのなら、
 そのための準備(状態)が必要であり、


 それには

 【前倒しして獲得された知識】

 があらかじめ準備されていないと
 なりませんよ、

 とお伝えしたいのです。



■ここで話が大きく変わりますが
 私(鮒谷)はこれまた昔から

 「音源あってのメルマガ、
  メルマガあっての音源」

 と申し上げてきました。



■どういうことかというと

 【あらかじめ音源を聴くことにより
  前倒しして獲得された知識】

 が雪だるまの核となり、


 その核に、

 メルマガという名のエロ本、
 ならぬ、追加的知識や情報、

 がランデブーすることによって

 「ドピュ体験(脳内)」

 を得て頂けるという意味において

 「音源あってのメルマガである」

 とお伝えしてきたつもりです。



■一方、

 「メルマガあっての音源」

 というのはどういうことか。


 音源、音源といくら私が言ったところで
 それなりに値の張るものであり、

 そこでなにが話されていて、
 どんな価値があるのか、

 一切分からずに
 お求めになられる、

 などということはありません。



■つまり

 「気になる」
 「聴いてみたい」
 「買ってみよう」

 の三段活用を踏み上げて頂くためには

 【音源を聴く意味や価値を
  きちんと説明する責任(説明責任)】

 を果たす必要があります。



■それはメルマガによってのみ
 なされるものでありますから

 「メルマガあっての音源」

 とも言えるでしょう。



■こうした意味において

 「音源あってのメルマガ、
  メルマガあっての音源」

 と申し上げているわけですが、


 両者が相互に循環しながら、
 各種コンテンツが相互に連関し始め、

 有機的、かつ、螺旋階段状に結びついて
 いくと何が起こるかというと、


 勘の良いあなたは既にお察しの通り、

 【気付きや学びの連鎖】

 つまり

 【「ドピュ体験(脳内)」のコンボ】

 が連続的に発動することと
 なるのです。

 まさに性春!



■既にこの状態(性春状態)に入って
 下さっている方もあると思いますし、

 いまだそこまでには到達していない
 けれども、その感覚は分かる、

 という方もいらっしゃることでしょう。



■あるいは、もちろん、

 「全く分からんわ」

 という方もあるでしょうし、

 そういう方がいらっしゃることも
 むしろ当然のこと、

 と言えるでしょう。



■そんなに簡単に

 【「ドピュ体験(脳内)」のコンボ】

 は起こるものではないからです。


 しかし、ひとたび

 【「ドピュ体験(脳内)」のコンボの快楽】

 を知ってしまうと、

 精通後の少年のように、文字通り
 サルのごとくに快楽を追求し始め

 (=前倒しの学びを求め始め)


 そこから先、
 数十年の長きに渡り、

 【「ドピュ体験(脳内)」のコンボの快楽】

 を味わい続けられるように
 なるのです。



■ほとんどの男性は、

 思春期から壮年期、
 さらには老年期の入り口(?)まで

 【ドピュ体験(肉体)の快楽】

 が数十年の長きに渡って続きますが、


 残念ながら

 【ドピュ体験(脳内)の快楽】

 は、みんながみんな、
 経験できる快楽ではありません。



■つまり後者の快楽は、

 【全ての学びは前倒し】

 の姿勢、態度を確立し、


 【知識の雪だるま状態】

 に出ることができた、
 選ばれし者だけが味わえる快楽、

 ということです。



■この快楽を知ってしまった人は

 【ドピュ体験(肉体)】

 とは異なり、

 おそらくは死ぬまで
 その喜びを持続させられます。


 ※この状態を

  「死ぬまで性春」

  と言っています。



■それゆえ

 (女性の快楽については分かりませんが)

 ことに男性は、

 どこかの段階で
 いずれ枯れるに違いない

 【ドピュ体験(肉体)】

 から

 【ドピュ体験(脳内】

 へのトランジション(移行)の準備を
 整えておかれると良いのでは、

 と問題提起しておきます。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■既知の知識に未知の知識が結びついた時、    得も言われぬ快楽の電流が脳内を走る    こととなる。   ■この快楽を味わうためには    「前倒しでインストールした、     一定以上の大きさの知識の塊」    がどうしても必要となってくる。   ■この塊を早期に取り込み、    快楽の連続コンボが起こるようになると、    学ぶなと言われても学び続け、    動くなと言われても動き続け、    死ぬまで興奮し続けられる、    健全かつ、快楽依存症の世界に出られる。   ■そんな快楽世界に入るための呪文、それが    「全ての学びは前倒し」    という言葉なのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。