毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6578号 期待と興奮と狂喜乱舞の毎日は、こうして生み出される


■以前、

 「外の世界に働きかける
  =宝くじを買う」

 というメタファーを作ったことが
 あります。


 一つのアクションにつき、
 一枚の宝くじを買う、

 というイメージ。



■そうすると

 「行動する=億劫だ、面倒くさい」

 という解釈(脳内回路)が、てきめんに
 書き換えられることに気づきました。



■当たるかどうか分からない宝くじは
 みんな喜んで買うのに、


 リターンが確約されていない

 (期待通りの結果が出ることもあれば、
  出ないこともある)行動は行わない、

 そんな矛盾を克服するための
 比喩としてはかなり効果的。



■動けない自分に対して

 「行動する=宝くじを買う

  ⇒当選発表を確かめる」


 さらには

 「大量行動する=大量に宝くじを買う

  ⇒宝くじを買えば買うほど
  (大量行動するほど)当選発表が楽しみに」

 という新しい解釈を脳に与えてみては、
 そんなご提案。



■長い目でみると、宝くじは損することが
 確定している「貧者の税金」です。


 一方で、

 適切な意思決定基準に基づく行動

 (大数法則が働き、長い目で見れば
  投下資源を上回ることが期待される行動)

 を、時間をかけて大量に行えば、
 どうなるか。



■やがて、

 毎日が当選発表日となる
 (=日々、過去の行動の結果が返ってくる)

 こととなります。

 それらは「高額当選!」もあれば
 「末等」も「ハズレ」のこともあるでしょう。



■けれども、

 全て織り込みながらもトータルでは
 必ずプラスの収支になることが確信できるから、

 今を楽しみ、
 未来に期待が持てるようになる。



■行動に対する認識をこうした
 メタファーを用いて書き換えると、

 劇的に外部への働きかけの量が増え、

 同時に、行動の質を高めるための意思決定の
 水準や、良い習慣を身につけることにも、

 意識が向けられるようになります。



■こうした取り組みの集積が
 閾値を超えると、

 過去に取り組んできた行動から漸次、
 もたされる

 「当選(リターン)」

 を手にすることが楽しみで仕方なくなり、

 ドキドキとワクワクの止まらぬ
 毎日が始まります。



■そうなると、ますます新たなチャレンジを
 せずにはいられなくなりますね。

 ということで、

 新しい宝くじを買うために、
 もう一つ会社を作ろうかと思っています。



■それはともかくとして

 「大量行動する=大量に宝くじを買う

  ⇒宝くじを買えば買うほど(大量行動するほど)
   当選発表が楽しみになる」

 というメタファーは、

 動きたくても
 なかなか動けない人にお勧めです。



■この感覚が身につくと

 「ほとんど自動的に
  新しいチャレンジをし続けずには
  いられなくなる」

 こと、間違いありません。


 現に私(鮒谷)がそうだったし、
 今もそう。



■そんな話も、このたびリリースした

 【毎日が当選発表日!音源】

 でお伝えしています。


 これからしばらく継続フォローアップが
 入るので、

 早くお求めいただくほど
 理解力&定着力が高まります。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「外の世界に働きかける=宝くじを買う」    そんなメタファーで    行動を捉えてみてはどうか。   ■当たるかどうか分からぬ宝くじでさえ、    皆、喜んで購入するのだから、    上記の解釈をもって、高い期待値の    見込める行動を選び、    やがて成果が出てくるようになると    より一層、宝くじを買わずにはいられない    (=大量行動せずにはいられない)    体になっていくはずだ。   ■その状態に入ったら、放っておいても    逓増人生が加速することとなるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。