毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6577号 短期視点と長期視点の「絶妙な塩梅」について


■以下、最近考えていること。


 遊ぶことを過度に抑制すると
 欲望が育たないから、

 行動するエネルギーが
 枯渇していきます。



■反対に遊びを過度に促進すると、

 その分だけ
 手元の資源(お金や時間)が失われ、

 未来への投資が行えなくなって
 可能性が閉じていきます。



■人間には今の楽しみも
 必要だけれども、

 とはいえ、
 将来の楽しみも追求したい。


 今を楽しむから、
 未来の楽しいイメージも持てるし、

 それによってモチベーションも
 保たれ、頑張れる。



■今の楽しみを制限し過ぎると、

 未来に楽しむための
 具体的なイメージを持てず、

 モチベーションも上がらず、
 頑張れない(頑張る動機が生まれない)。



■ただし、今を楽しみ過ぎると、

 未来の楽しみを生み出す
 基礎、土台の形成を後回しにしてしまい、

 長期的に見たとき、人生を
 崩壊させてしまう危険性もある。



■今と未来、両者のバランスの

 「絶妙な塩梅」

 をできるだけ早いうちに
 体に覚え込ませることが、

 実はとても大事なのではないかと
 思っています。



■遊び過ぎてもダメだけれども
 遊び過ぎないのも、また問題。

 幸せな人生を過ごしたいと願う
 全ての人にとって、

 短期視点と長期視点のバランスは
 重要なテーマです。



■今日?明日?に
 リリースする予定の音源では

 「人生における
  短期視点と長期視点」

 についての一つの捉え方を
 提示しています。



■その考えが正解、
 などというつもりはありませんが、


 幸せな人生を過ごしたいと願う
 すべての人は、

 両者のバランスについての
 自分なりの論なり説なりを持つべき、

 ということだけは
 間違いないように思います。



■こうした思索の材料提供としての
 新音源リリース、ご期待下さい。


 ちなみに私(鮒谷)自身は、

 完璧、完全では
 なかったかもしれないけれども、

 それでも自分なりに

 「論と説
 (=意思決定基準)」

 を組み立て、それに従う形で
 毎日を生きてきました。



■少なくともここまでのところは、

 かなり満足のいく人生を
 過ごさせてもらっている、

 ということは実感と自信を持って
 断言することができますので、


 私(鮒谷)の考えてきた

 「人生における
  短期視点と長期視点」

 の筋は悪くはなかったかな、
 と思っています(自画自賛)。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生において短期視点に過度に偏るのも、    長期視点に過度に偏るのも、問題だ。   ■短期視点に寄り過ぎると、    長期視点での投資が疎かになる。   ■長期視点に寄りすぎると、短期の視点で    手に入れるべきものが得られない。   ■両者について、いかに「いい塩梅」に    バランスを取るかは、    人生において避けては通れぬ、そして    非常に重大なテーマである。   ■幸せな人生を過ごしたいと願う者は    すべからく、    このテーマについての精度の高い、    論なり説なりを確立しておきたいもの。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。