毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6575号 起業版・負けに不思議の負けなし(負けるべくして負けている)


■数日間、ご案内を続けてきた


 -----------------------

 【先行者利益を確保せよ!】

 某プラットフォームを活用した
 コンテンツビジネスで、

 再現性高く、
 継続的に儲けるセミナー

 -----------------------


 ですが、

 お申込みの受付け自体は終了しましたが、
 改めて考えてみても、

 ここでご案内するビジネスは
 凄いビジネスだと思うんですよね。



■というのが

 -----------------------

 【起業放談会音源】

 鮒谷周史の
 「圧巻!極小リスク、ミドルリターン起業」
 放談会音源

 ■収録時間:約282分(4時間42分)

 -----------------------

 でもお伝えしている、


 リスクを極小化しつつ、

 リターンは極大、
 とまではいかなくとも

 いい線まではいけるよね、

 という安全運転での起業やビジネスに
 ピッタリ(ほぼ100%)マッチしている、

 からです。



■なんのことやら、と思われた方で、

 特に起業志望、
 あるいは起業直後の方には、

 ぜひとも
 上記音源をお聴き頂きたいのですが、


 「極小リスクミドルリターン」

 ならびに

 「絶対に潰れようのない
  (クマムシ経営)」

 はいずれも
 上記音源で解説している内容で、


 要は、限りなく失敗するリスクを
 抑えながら、

 相応のリターンを
 追求していきましょう、

 といった話を行っています。



■具体的には、たとえば、


 -----------------------

 粗利率9割以上、
 前金が原則、
 顧客の分散、
 物は扱わない(在庫を持たない)、
 情報の流通を生業とする、
 参入障壁は高く、
 撤退障壁は低く、
 固定費極小、、、

 -----------------------


 などといった、


 私(鮒谷)が好き好んで行ってきて
 有り体に言って、

 「リスクを下限まで抑えつつ、
  うまくスケールさせられれば、
  めちゃくちゃ儲かる」

 ビジネスの条件について
 あれこれ話をしているのですが、


 先日来、ご案内してきたセミナーで
 お勧めするビジネスは、

 驚くべきことにそれらすべての
 条件を満たしているからです。



■先のセミナーのお申し込み自体は
 既に終了しましたが、


 それとは無関係に、

 事業立ち上げの骨格を理解した上で
 商売を開始するのと、

 徒手空拳で気合と根性だけが頼りの
 ビジネス立ち上げとでは、

 自ずから結果も
 変わってくるものです。



■負けに不思議の負けなし、

 という言葉がありますが、


 商売においては、

 勝つかどうかは時の運、
 という要素もありますが、

 負ける場合は、

 負けるべくして(戦う前から)
 負けている、

 というケースがほとんどです。


 この音源を聴かれれば、
 そのことがよくよく分かるはず。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■負けに不思議の負けなし、という言葉が    あるが、これは起業においても言える。   ■勝てるかどうかは時の運、的な要素も    あるが、    負ける場合は、    負けるべくして(戦う前に)    既に負けていた、    というケースがほとんどだ。   ■起業について学ぶほどに、このことを    理解して慎重に準備するようになるが、    学ばずに徒手空拳で乗り込んでは    市場に瞬殺されるケースが後をたたない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。