毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6570号 「安全、安心、安定、自由」を手に入れるためのビジネス、という発想


■ふとした拍子に

 「ああ、本当に幸せだなあ、、」

 と思うことがあります。

 しかもそれが
 かなり頻繁にあるんですよね。

 一日に、何回も。



■さしあたっての不満も
 困りごともなく、

 仕事そのものもやりがいがあり、
 毎日楽しい。


 もとより

 【目標設定音源(三部作)】
 【思考のピラミッド音源】

 で語ったように、適当に生きていたら
 そうなったわけではなく、


 かなりの長きに渡って

 【目標を見据えて、行動して、
  軌道修正しては、結果を確認し、

  目標を見据えて、行動して、
  軌道修正しては、結果を確認し、、、】

 をひたすらに繰り返してきたからこそ、

 ようやく(昔と比べると)
 安定した人生を送られるようになったかな、

 と感じられるようになりました。



■こうした、

 「安全、安心、安定、自由、、」

 といった感情からもたらされる
 幸福感について考えるたび、

 自身のビジネスとの、

 「切っても切り離せない関係」

 に思いを致さずにはいられません。



■私(鮒谷)は、

 (人によっては
  格好悪いと思われるであろう)

 「極小ゲリラビジネス」

 を長きに渡って展開してきました。



■いや、「展開」なんていうと
 聞こえが良すぎますね。

 正確には

 「泥縄式に生きてきた」

 といったほうがしっくりきます。



■それはさておき

 「泥縄式に生き抜いてきた
  =変化に対応してきた」

 ということになるのですが、


 こうしたプロセスを経て
 再構築を繰り返してきたビジネスは、

 弱そうに見えて、案外、強靭で
 簡単に失われない上に、


 柔軟性だけが取り柄ですので
 環境の変化に応じて、

 スピーディにいくらでも
 変えていくことができます。



■大企業と零細微粒子(や個人企業)の
 ビジネスには、

 それぞれ一長一短ありますが、
 後者においては

 【即死しそうで、即死しない】

 という利点があります。



■上手に運営できれば
 固定費を相当程度、抑えた上で、

 小さくて小回りがきくから

 「死にそうで死なない(しぶとい)w」

 そんな事業にできるのです。



■これは

 【固定費極小&変化対応力】

 を実現させることができた
 スモールビジネスの、

 大いなる強みであり、
 喜びの源である、

 そんな風に考えていますし、


 こうした長所があるからこそ
 毎日、いろんなタイミングで

 「ああ、本当に幸せだなあ、、」

 という気持ちが
 ふつふつと湧いてくるのです。



■たしかにスモールビジネスのオーナーは、
 大企業オーナーと違って

 「大儲け」
 「大金持ち」

 といったワードとは
 残念ながら縁遠くはなります。



■しかし、

 固定費を極小化した上で
 高い利益率のビジネスを構築し、

 コンコンと湧き出ずる
 キャッシュフローから生まれる、

 (ビジネスの規模感からすると)
 潤沢と思われる手元現金と、


 さらにビジネスを下支えする顧客基盤
 (顧客との関係性)さえあれば、

 「安全、安心、安定、自由、、」

 といった感情を手に入れることは
 そんなに難しいことではありません。



■イソップ童話にでてくる
 すっぱいブドウの話(=負け惜しみ)、

 ではなく、


 今となっては心の底から

 「やっててよかった
  スモールビジネス!」

 と叫ばずにはいられない心境です。



■しかも、その小規模ビジネスを、

 完全にオンライン対応の形で
 実施することができるとするならば、


 これから先、
 コロナがどうなるか分かりませんが、

 どう転んでも、
 すなわち当面、落ち着くことがなくてすら

 そのことによって心が落ち着かない、
 といったことはなくなります。



■実際に、
 私(鮒谷)自身、昨年の頭まで、

 年間プログラムも各種セミナーも
 個別コンサルも会食も、

 その他あらゆる営みを
 リアルベースで行っていたため、


 コロナが蔓延し始めたとき、

 一瞬、あ、ヤバいかも、
 と危機感を感じたわけです。



■しかし当時、間髪入れずリリースした

 【アフターコロナ音源】

 において、

 変化の速度以上に
 変化に対応することを公言し、

 返す刀で舵を切ることで
 新しい環境に最適化させられました。



■その時に改めて確認できたことは、

 システム化されたスモールビジネスを
 完全オンライン対応させたら、

 (繰り返しになりますが)

 「安全、安心、安定、自由、、」

 といった感情を、

 それまで以上に日常的に
 感じられるようになったということ。



■良くも悪くも、

 零細企業の社長や
 個人事業のオーナー(フリーランス)は、

 ビジネスの成否とQOL(人生や生活の質)の
 高低はほぼ完全に連動する構造であり、


 会社や事業が傾けば
 著しくQOL下がる

 (ストレスまみれ、から、
  下手したら一家離散や夜逃げまで)

 ことになります。



■こうしたことは昭和や平成初期には
 珍しい話ではなかったし、

 もちろん、
 今でもないわけではありません。


 しかし幸いないことに現在は、

 ネットやITを
 適切に活用することによって、

 上述したとおり


 (ここから)
 -----------------------

 固定費を極小化した上で
 高い利益率のビジネスを構築し、

 コンコンと湧き出ずる
 キャッシュフローから生まれる、

 (ビジネスの規模感からすると)
 潤沢と思われる手元現金と、


 さらにビジネスを下支えする顧客基盤
 (顧客との関係性)があれば、

 そのリスクを極小化することは
 可能です。


 (中略)


 「安全、安心、安定、自由、、」

 といった感情を、日常的に
 感じられるようになったということ。


 (中略)


 「やっててよかった
  スモールビジネス!」

 -----------------------
 (ここまで)


 といえる世界にたどり着くことは
 そんなに難しいことではありません。



■もちろん、

 完全に自分一人で
 独学&独行動(?)で取り組んでも、

 そんな世界に到達できる可能性は
 かなり低くなるでしょう。



■しかし水先案内人がいて、その人が
 きちんと道案内してくれるのなら、

 あとは、その人が通ってきた道を
 なぞっていくだけですから、

 再現性高く、その道を
 歩むことができるようになるでしょう。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■零細企業経営者やフリーランスにとって    ビジネスとQOL(人生や生活の質)は    密接不可分な関係にある。   ■それゆえ、    固定費を下げ、潤沢なキャッシュフローを    手にして、盤石の顧客基盤を確立して、    「安全、安心、安定、自由、、」    といった感情を手に入れられれば、    自ずから幸福感を感じられるようになる    のである。   ■こうした状況を作り出すことを目標とし、    そこから逆算してビジネスを組み立てる、    これは一つの有効な人生戦略と言える    のではないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。