毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6560号 バストの揺れ方で人生の意味が解かった日曜日


■人生において、

 悲惨な境遇を経験した人は
 分かると思いますが

 そういうときは音楽くらいにしか
 救いの対象を見いだせないんですね。



■布団の上で仰向けに寝っ転がって、

 あるいはバイト中なんかに
 音楽を聴き、

 しばし、
 浮き世の悩みから逃避する。



■さらに、

 元気を与えてくれる曲を聴き
 立ち上がるための勇気をもらう、

 という、、、



■多くの人と同じく、
 私(鮒谷)にもまた、

 助けてもらった曲が
 たくさんあります。



■今でも昔のことを思い出し、
 布団の上に寝っ転がりながら、

 当時、よく聴いた曲を聴き直すことが
 しばしばあります。



■そんなとき、

 その曲を初めて耳にしたときのこととか
 その頃の鬱屈した思いとか、

 けっこう鮮明に
 思い出すんですよね。



■こうして音楽を媒介にして、

 タイムスリップしては
 当時の感情を思い出し、

 十数分ないし数十分かけて
 (ときに1時間以上もかけて)

 今の時代に戻ってくると、


 いつの間にやら
 元気ややる気が充填されて、

 再び大量行動に
 取りかかれるようになります。



■あの頃の絶望的な境遇から
 なんとか抜け出し、

 今、機嫌よく生きられているのは
 大量行動のおかげであった、

 ということが感情の蘇りとともに
 気付かされるから。



■だから今、不遇の状態にある人は、

 慰めてくれたり、元気を与えてくれる
 曲をヘビロテしながら、

 「今に見とれや!」

 と自分に言い聞かせて、


 大量行動につなげていくための力を
 得ていかれたら良いのでないか、

 と思います。



■あるいは、

 大量行動の末、日陰者の人生から
 脱却できた経験のある方は、

 時折、その頃の曲を聴いては
 原点回帰されてみてはどうでしょう。



■実は私(鮒谷)、

 事務所内にテントを張り、
 中にエアウィーヴをセッティングして、

 気分転換の必要があるときには

 テントに潜り込み、
 低い天井?を見上げながら、

 音楽を聴くことがよくあるのですが
 これ

 ※テントを張ることではなく、
  力を与えてくれる音楽を聴くこと

 はお勧めです。

 私の元気の源(の一つ)です。



■本日のメルマガは、

 テントに入って寝っ転がりながら
 スピッツの曲を聴いているとき、

 着想を得て、記したもの。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■大量行動するから突き抜けられる。    突き抜けた後は、その世界に連れ出して    くれた大量行動が懐かしく感じる。   ■人生やキャリアを    質的に転換させるためには    「大量行動」    は避けて通れぬ道であり、    このことを説かない成功法則はすべて    インチキであるのみならず、    善良な人を誤った道へと誘い込む、    極めて悪質であり、罪深いものである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。