毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6558号 温厚な私(鮒谷)もブチ切れた!


■昔から何度も書いているのですが
 未だに

 「問い合わせフォーム」

 を使って
 営業してくる輩があります。



■「問い合わせ」と書いているんですが
 字が読めないんですかね(怒)

 小学校からやり直してきて下さい。


 「問い合わせ」の言葉の意味を
 きちんと理解された上でのお問い合わせは、

 全く問題ない、というか、
 そのためのフォームですからね。



■しかし、

 小学生レベルの単語の意味も
 解することができない者から投下される、

 問い合わせとは無関係の、
 コピペ一方通行セールス文章が、


 私(鮒谷)のメールボックスに
 いちいち転送されてくるたび

 (求めてもいないのに強制的に)

 認知コストや時間コストや
 感情コストを支払わされるのです。



■問い合わせフォームにメッセージが入れば
 できるだけ早く、ご回答したい、

 という思いで、
 スタッフに転送、はもとより、

 私(鮒谷)のところにも
 転送されるように設定しているのですが、


 それが仇となって、

 頻繁に不快なメッセージが
 私の目に触れることとなり、

 近年、そうした事象が
 ますます増えているのです。



■まったくもって、

 どんな考えでそのような迷惑極まりない、
 許しがたい所業に及んでいるのか、

 想像もできません。

 きっと何も考えていないだけだと
 思いますが。



■しかも驚くべきことには、
 文面に目を通してみると

 「あなたの営業を代行します」

 とか

 「あなたの元に
  見込み客をお連れします」

 とか

 「当方はネットマーケティングの
  プロフェッショナルです」

 とか、

 冗談もほどほどにせよ、

 といいたくなるような
 文言が記載されているのです。


 本当のマーケティングのプロなら、
 そんなことは間違ってもしないはず。



■嘘だと思うでしょう。
 でも本当の話。


 ここでリアル営業メッセージを
 実名入りで全文紹介したいくらい。

 武士の情けで止めておきますが。



■それにつけても
 そんな営業をしている時点で、

 己の(ならびに所属企業の)頭と能力の
 足りなさのプレゼンとしては申し分ない、

 と思わずにはいられません。



■「語るに落ちる」

 という言葉がありますが、
 まさにその典型事例と言えるでしょう。


 「問い合わせ」の意味すら
 分からぬ人には、

 「語るに落ちる」の意味は
 なお分からぬでしょうけれども。



■こうして、

 認知能力や時間や感情を
 無駄に削られるたび、

 憤りを覚えていた私(鮒谷)も
 ついに決起し、


 「二度あることは三度起こさないように
  システムづくりに着手する」

 という意思決定基準にしたがい、
 システム化を徹底することにしました。


 ※システム化について
  詳しく知りたい方は

 -----------------------

 【システム&カオス音源】

 鮒谷周史の、圧巻!「『人生はシステム作り』と
 考えるとうまくいく」放談会音源

 ~システム(秩序)とカオス(混沌)の
  狭間を適切にコントロールし、

  人生/ビジネスシステムを
  継続アップデートする

 ■収録時間:約187分(3時間7分)

 -----------------------

  をお聴き下さい。



■具体的には
 問い合わせフォームに記載していた


 -----------------------

 弊社へのお問い合わせにつきましては、
 下記に必要事項をご記入の上、
 送信ボタンをクリックしてください。

 -----------------------

 という、もともとの文章に


 -----------------------

 ※(ほとんどの方には関係のない話ですが)

  営業メールについては
  対応に人的コストがかかるため、

  一回の連絡につき1万円(税抜)を
  申し受けております。

  ご連絡いただいた場合は上記を完全に
  理解くださったものとして取り扱います。

 -----------------------

 という文言を付加しました。


 ※それが以下の「問い合わせフォーム」です。
  本当に書いてます笑

 https://form.os7.biz/f/aa1e924b/



■とはいえ、

 「問い合わせ」の字すらも
 読めない人たちですから、

 果たして、こうして付加した文章の
 意味を理解してもらえるのか、

 甚だ怪しいところではありますが
 とりあえずテスト的に稼働させたところ。



■ちなみに、

 (これはもう
  何年も前からやっていますが)

 自宅や事務所にガンガン、
 ポスティングされてチラシ等は、


 上記と完全に同じ文章ではありません

 (さすがにご近所様の手前、
  11000円請求とは書いてません笑)

 が、基本的なコンセプトとしては同じで、

 一撃でポスティングされることが
 皆無になりましたよ。



■毎日、ポストから取り出しては
 ゴミ箱に捨てていた、

 あの無駄な手間がなくなって
 ストレスがゼロになりましたから、

 同じ悩みを持たれる方があれば
 これは超絶お勧めです。



■そんな実績?もあるので、

 営業メールを無差別に
 ブチ込んできた人の中でも、

 多少なりとも字が読める人があれば
 (いねーかな)

 同じ効果が見込めるに違いない、
 というか、そうなってくれと願ってます。



■まあ、来たら来たで、

 本当に「11000円の請求書」を
 無慈悲に送りつけるつもりなので、

 どんな反応が返ってくるか
 それはそれで楽しみなんですが。


 認知も時間も感情も削られているのだから
 正当な対価請求でしょう。



■、、、以上の文章を通して、

 私(鮒谷)が何を
 お伝えしたかったのは、


 ただ「大量行動」しさえすればいいと
 いう考えは大間違いである、

 ということです。



■思考しない人が大量行動する以上の
 迷惑行為はないし、

 そうして他者にかけた迷惑は
 たとえば、


 いくら頑張っても売れないとか、
 大クレームにつながるとか、
 11000円の請求書が送りつけられる(笑)

 といった形で、
 いずれ自分に跳ね返ってくるでしょう。



■きちんと学び、考え、

 適切な意思決定基準を確立し、
 微差を積み重ねる(継続的に改善する)、


 そんな精神を持って
 その上で大量行動するからこそ

 【安定した成果をもたらすシステム】

 が築かれていくのです。



■間違った量げいこは体を痛める

 (=間違った大量行動は
   かえってシステムを傷つける)

 ことを理解する必要があるでしょう。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■学びと思考なき大量行動は悪である。   ■結果が出ないだけでなく、他人に迷惑を    かけることすらあるからだ。   ■きちんと学び、考え、改良・改善の精神を    持った上での大量行動。    これによって「システム」が継続的に    アップデートされていくのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。