毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6552号 「地蔵」から「ストナン(ストリートナンパ)超人」に超絶進化した人から学ぶ、普遍的成長プロセスについて


■「PDCA(計画→実行→評価→改善)」

 という言葉が
 一般に用いられるようになってから、

 長い年月(半世紀以上?)が
 経過しました。



■当たり前の話ですけれども、

 意味のある形でPDCAサイクルを
 回そうと思ったら、どうしても

 「大量行動が必要」

 になってくるんですよね。



■一年に一回、
 何かを変えてみたたところで

 変化を体感する前に寿命が訪れて
 死んでしまいますよ。



■その昔、

 「ストナン(ストリートナンパ)の
  達人」

 からお話を伺ったことがあります。

 ※個別コンサルのお客さまでした


 蛇の道は蛇、という言葉がありますが、

 ご専門(?)における、驚くべき知見や
 ノウハウを開陳下さったものでした。



■そのとき考えたんですよね。

 まるで別の分野ではあるけれども
 抽象度を高めたら

 「やってることは全く同じだな」

 と。



■手に入れたい能力や才能や結果を
 明確にして、

 実現のために超速のPDCA
 (=大量の仮説検証)を行えば、

 どんな分野であろうが、人間、
 ある程度のレベルにまで到達できるんだな、

 と思ったのです。



■幸か不幸か(!?)、
 私(鮒谷)は上記分野について、

 集中力を投下しようという
 強いモチベーションは湧いてきませんでした。


 正直に告白すると、

 ストナン超人の行動力と
 メンタルタフネスぶりについては、

 羨ましく思いましたが(笑)



■これまた正直に告白するならば、
 もし私(鮒谷)が

 「そちらの方面に
  強い動機が生じていたならば」

 おそらくは同じくらいの水準には
 到達できたのではないか、

 と考えたりもいたしました。


 誘われもしたんですが(笑)

 残念ながらそのモチベーションは
 一向に湧いてきませんでしたが、、、



■それはさておき、

 要は「心震える目標」さえ見つかれば、
 その目標に対して

 【適切なアプローチ(大量行動&改善)】

 を行うと、

 どんな人でもある程度のところまでは
 いけるということです。



■昨日のメルマガで

 【目標なき大量行動 ×】
 【目標はあっても行動なし ×】

 という話をしましたが、
 そういうこと。



■この反対に

 【目標を明確化し、
  然るべきプロセスで詰めていけば、
  どんどん目標に近づいていく】

 に決まっているのです。



■ここでいう

 「然るべきプロセス」

 を細分化して説明すると


 -----------------------

 0、まず手に入れたい物を明確にし

 1、次にそのための原理原則を学び


 2、自分の環境に適合すると思われる形で
   仮説を立て

 3、仮説が本当に正しいか実験(=行動)して


 4、うまくいったらそれを踏襲

 5、うまくいかななったら
   新しい仮説を立てて再び実験


 6、「4」ならびに「5」を常軌を逸した
   速度で行い続ける(大量行動)

 7、以上により、成果をもたらしてくれる
   システムが高頻度でバージョンアップされる

 -----------------------


 ということになります。



■その方は
 ストナン(ストリートナンパ)において、

 はじめは

 「地蔵」

 ※ナンパ初心者が、緊張して声をかけられず、
  固まってしまう状態を「地蔵」というそうです

 からのスタートだったみたいです。



■しかし練習を重ねるうちに、

 すぐに苦もなく、息を吸ったり
 吐いたりするくらいの感覚で、

 街頭で声をかけられるようになり、


 さらには声をかけたお相手と
 セカンドステージ(?)に至るまでの

 「結果(!)」

 を出せるようになったということ。



■そこに至るまでのプロセスを
 興味本位で伺ったところ、

 まさに上記の「0~7」を忠実に
 行われていたということで、

 これまた驚いたものでした。



■私(鮒谷)は

 「自分で自分の人生をマネジメントしている
  感覚の持てる世界に出る」

 という

 「0(目標の明確化)」

 を行い、


 あとはひたすら「1~7」を繰り返す
 毎日だったので、

 何ごとも同じだと改めて知らされた次第。



■やっぱり、どんな世界においても

 【到達したい目標を定め、
  守破離(模倣対象を決め)を行うために
  大量の仮説検証(行動)をし続ける】

 ことが性交、、、失敬、
 成功の秘密だったようですね。



■上記の

 「0~7」

 それぞれに対応する音源を
 リリースしてきましたが、


 特に、ここしばらくご案内してきた

 【量げいこ(大量行動)音源】

 は、

 -----------------------

 2、自分の環境に適合すると思われる形で
   仮説を立て

 3、仮説が本当に正しいか実験(=行動)して

 4、うまくいったらそれを踏襲

 5、うまくいかななったら新しい仮説を
   立てては再び実験

 6、「4」ならびに「5」を常軌を逸した
   速度で行い続ける(大量行動)

 -----------------------

 について、

 4時間ほどの時間をかけて
 かなり詳しくお伝えしている音源、

 と言えるかと思います。



■言っては悪いですが

 「人生や仕事が思うようにいかない」

 と悩まれている人は、

 「0~7」のいずれか、
 あるいはすべてについて、

 「自分なりの定見を持っていない
 (方法論を確立していない)」

 んですよね。



■目指すべき世界のイメージもなければ
 模倣対象も持たず、

 もちろん、その分野における
 原理原則も学んでいない。



■当然、仮説も立てようがないから
 流されるままに生きて、

 仮説がないのだから
 検証など尚、行えるはずもなく、


 PDCAが一回りさえせず、
 まして大量の実験も行えず、

 いつまで経ってもシステムは
 バージョンアップされない。



■例えてみれば、そんな

 「生きる姿勢」
 「学ぶ姿勢」
 「行動する姿勢」

 のまま、
 はじめてのストナンに挑戦する、

 みたいなもの。



■それでは
 どれだけ時間が経過したところで

 「ナンパの達人」

 になれるはずがありません。


 ナンパの達人になる必要はありませんが

 【結果の出し方】

 を知らなければ、

 何ごとによらず、
 結果を出せるはずがないのは当然、


 とここまで読まれたあなたは
 気づかれたのではないでしょうか。




■念の為、補足しておくと、

 なにも私(鮒谷)はナンパの勧めを
 ここでしているわけではなく、


 どんな分野であっても

 【その他大勢から抜け出せる人には
  普遍的な学びと行動のルールがある】

 ことに気づいていただきたい、

 そのためにイメージをつけやすい
 ストナン事例を紹介させてもらったに過ぎません。

 くれぐれも誤解なきように、、、




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■どんな分野においても    普遍的な成長プロセスがある。   ■細分化すると以下の通り。    0、まず手に入れたい物を明確にし    1、次にそのための原理原則を学び    2、自分の環境に適合すると思われる形で      仮説を立て    3、仮説が本当に正しいか      実験(=行動)して    4、うまくいったらそれを踏襲    5、うまくいかななったら新しい仮説を      立てては再び実験    6、「4」ならびに「5」を常軌を逸した       速度で行い続ける(大量行動)    7、以上により、成果をもたらしてくれる      システムが高頻度で更新される。   ■このプロセスを忠実になぞるだけで、    どんな人でも加速的進化を遂げられる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。