毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6551号 目的なき大量行動と、大量行動なき目的と


■ここ2週間ほど
 (中でもこの5日間ほどは特に)、

 とあるテーマについて、朝から晩まで
 集中して研究してきました。


 具体的には、

 戦後の世界史上に名を残す、
 ある著名政治家の生涯について。



■一方の見方に偏らぬよう、複眼的に捉え、
 相対化することを心がけつつ、

 複数の、かなり重ための書籍を
 ここまでで、のべ2,000ページほど、

 ネット検索も織り交ぜながら
 (目に相当の負荷をかけつつ)

 読み進めてきました。



■詳細についてここでは記しませんが、

 訳あって高校生くらいの頃から、つねに
 私の人生に影響を及ぼしてきた人物で、


 人生のどこかのタイミングで
 正面から向き合わなければならない、

 そして総括しなければならない
 (新しい物語を紡がなければならない)、

 でも、怖い、


 と逃げ続けてきた、重たい宿題。



■このタイミングで逃げることを止め、
 正面から向き合うことにしたのですが、

 (物理的にも精神的にも)骨が折れる、
 という言葉では言い表せぬほど、

 いちいち大きな打撃を
 受けている毎日です。



■しかし、そのおかげで、

 人生に対する認識、特にこれから
 自身がどの方向に向かって生きていくか、

 について深く、長期に渡って
 考え続ける機会をもらえています。


 結果として、ひんぱんに
 思索の断片が夢に現れます、、、



■それこそ書籍と向き合うことによって
 自分の信念に

 「ハードな他流試合」

 を継続して課している感じで、

 負けが込み、認知の枠組みがゆっくりと、
 しかし確実に更新されていく、

 そんな感覚。


 苦しいといえば苦しいのですが、
 贅沢といえば贅沢な時間でもあります。



■もちろん

 「考えるために考えている」

 などというつもりは一切なく、


 この機会に

 「自分の人生のあり方そのものを問い直し、
  ゼロベースで人生設計を組み立て直す」

 ことが目的です。



■考えてみれば、こうした

 「人生や将来のビジョンに対する
  全面的な見直し(再定義)」

 を行うのは20代前半から後半にかけて、
 以来、久しぶりのこと。



■けれども、時間をかけ、

 価値観や将来像の再設定を行って
 ひとたび目指すべき方向が定まれば、

 そこから先は

 「決断、ならびにそこから
  生まれる大量行動」

 によって人生が定めた方向に向かって
 猛然と動き始められます。



■今、私(鮒谷)が行っているのは
 まさにこうしたことで、

 数年の単位で
 時間がかかるかもしれませんが、


 ある程度の着地が見えてくれば
 (メドがつけば)その後に

 【大量行動】

 を行うことによって
 目指す姿に自身を近づけていける、

 と考えています。



■大量行動を行うための方法論については
 既に

 【量げいこ(大量行動)音源】

 にてお伝えしている通り
 確立しているスタイルがあるので、


 Being目標(と、それに連なるDoing、
 Having目標)を今一度、明確にして、

 そこから一気に畳み掛けていこうと
 思います。



■人生、ときに時間を天引きし、
 緩急をつける、すなわち

 【真に大事なことを思索する
 (来し方行く末について真剣に考える)】

 ことも必要ですね。


 もちろん、そのあとは

 【一気呵成の大量行動】

 です。



■もうしばらくの間、
 日常業務は日常業務として行いつつ、

 当該政治家の人生をなぞり、
 内省&格闘して参りたいと思います。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■目的を定めぬ大量行動には意味がない。    (見当外れの方向に進んでしまう)   ■大量行動なき目的にも意味がない。    (一歩も進まない)   ■思索に裏打ちされた明確な目的と、    そこに至るための大量行動、    この二つをセットにして    人生を捉え直してみてはどうだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。