毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6544号 防衛大学の学生と、自堕落学生の間に存在する唯一の違いとは


■量げいこ音源をお聴き下さったAさんから
 以下のご感想を頂戴いたしました。


 本文に入る前に
 まずはご一読下さい。


 (ここから)
 ------------------------


 「継続」

 「時間を味方につける」

 という言葉は知っていましたし、

 何かを身につけるには
 そういったことが重要だとも、

 これまでの経験から
 分かってはいました。


 ただ、最近は何かを習得する際には
 そういったものが必要だと理解はしていても、

 果たして本当に続けられるのだろうか、

 あるいは、

 習得するまでに果たして
 どれくらい時間がかかるのだろうか、、、

 そんな言語が脳内を巡り、

 何かを習得することに対して
 どうも足がすくみがちな傾向にありました。


 また、それを振り払って何かを開始しても、
 そういった言葉が私に足かせのように絡みつき、

 取り組もうとするも
 急流の中を遡るような感覚で、

 抵抗が強くてなかなか続けられず、
 挫折して、さらに疲弊する、

 といった状況でした。


 とはいえ、さすがにこのままでは
 人生が動かないのは重々承知しており、

 どうにかならないものかと考えていた
 矢先に量げいこ音源の案内を目にし、

 何か現状の打破につながらないかと思い、
 聴かせて頂きました。


 本質的にはこれまでに私が理解してきた
 ことと同じことを仰っているのですが、

 時間軸ベースではなく、
 量という軸からのお話は
 非常に新鮮でした。


 卑近なたとえで恐縮ですが、

 同じ店で毎日同じものばかり
 食べていては飽きてしまうのと同様に、


 概念や意思決定基準においても、

 心が動かなくなった言葉を
 終始大事に掲げていても、

 自らが行動し、成果を出す、
 という観点からは全く意味がありませんから、

 随時、心が動く新たな言葉に
 更新する必要性を痛感しました。


 また、「チャンク」のお話も
 非常に印象的で、

 これは今すぐにでもテーマを定めて
 どんどん量げいこを進めないともったいない!

 そんな気分にさせられました。


 音源で仰られていた比喩を
 借りるならば、

 消沈しかけていた心の炎に
 まさに「薪」をくべて頂いた、

 そのような心持ちにさせられる
 音源でした。


 以前、取り上げられていた
 男塾の直進行軍のように

 「前進あるのみ!」

 と、脳内でファンファーレが
 鳴り響いていますw


 こんな気分になったのは
 本当に久々ですので、

 この機会を逃さず、しっかりと捉え、
 人生を前に進めていきたいと思います。


 このたびは貴重な音源をリリース頂き、
 ありがとうございました!


 (A・A さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 Aさん、長文のご感想、
 ありがとうございました!



■人間、動き始めるためには

 「環境を整える」

 ことがとても大事です。


 以前、YouTubeで

 「防衛大学の朝」

 みたいな動画を見たことがありますが、


 (細かなところは
  記憶違いがあるかもしれませんが)

 起床の合図があるや否や、
 飛び起き、即座に布団をたたみ、

 全員、全力でグラウンドに走っていき、
 そこで朝の体操を開始、

 起きてからグラウンドに出るまでの
 時間は5分、

 そんな感じでした。



■防衛大学ですから、
 みな、大学生ですよ。


 多くの、というと失礼ですね、
 少なからぬ(あまり変わらないか汗)、

 自堕落な大学生(!?)

 から見ると、同じ大学生ながら
 まるで別世界の存在です。



■とはいえ、

 おそらく(というか間違いなく)、
 両者に本質的な差はないはずです。


 ただ、異なるのは

 「それが当たり前になっている環境に
  身を置いているかどうか」

 というところだけ。



■一般の大学生、とくに親元を離れて
 下宿なんかしている学生さんなら、

 よほど意志堅固でない限り、

 (誰の目からも自由になれますから)
 放逸な生活になるに決まっています。



■能力とか資質の問題ではなく
 環境の問題、

 であって、


 ということはつまり、

 【環境を選べるときに
  速やかに環境を選べ】

 【そうしないとあっという間に
  マイナス環境に影響されて堕落する】

 こととなります。



■より詳しく言うと、

 【意思決定できる気力が残っているうちに
  速やかに環境を整えなければならない】

 ということ。


 ひとたび、行動しようと意思決定を下す
 気力が失われてしまったら、

 そこから先、覇気や気力が醸成される
 環境を自ら選び取ることはできなくなる。



■その状態に落ち込んでしまい、

 堕落環境が堕落生活を呼び、
 堕落生活がさらに堕落環境を作り出し、

 そんな

 「永久マイナスループ」

 が発動されて、

 社会復帰できなくなってしまう人も
 しばしばです。



■そこまでいかなくとも

 【社会からの、緩慢なる落伍】

 というのは
 まるで珍しいことではなく

 (あなたも友人知人の中にも
  そうした例を見つけられるかもしれません)


 だからこそ、

 【意思決定できる気力のあるうちに、
  適切な選択をする必要がある】

 【意思決定を先送りすると、
  どんどん意思決定する力が衰える】

 と肝に銘じ、


 【元気なときに
  環境を整える必要がある】

 【元気なときだけがチャンス】

 と理解し、行動しなければならない、
 ということになりそうです。



■量げいこ音源をお聴きくださった
 Aさんは


 -----------------------

 「チャンク」のお話も
 非常に印象的で、

 これは今すぐにでもテーマを定めて
 どんどん量げいこを進めないともったいない!

 そんな気分にさせられました。

 -----------------------

 音源で仰られていた比喩を
 借りるならば、

 消沈しかけていた心の炎に
 まさに「薪」をくべて頂いた、

 そのような心持ちにさせられる
 音源でした。

 -----------------------

 以前、取り上げられていた
 男塾の直進行軍のように

 「前進あるのみ!」

 と、脳内でファンファーレが
 鳴り響いていますw

 -----------------------


 などとおっしゃってくださっていますが、
 まさに音源をお求めくださることで

 【前進するための環境を整えられた】

 といえるのではないかと思います。



■当社のハイエンドサービスとして

 「年間プログラム」

 というサービスがありますが、
 これなどはまさに

 【前進するための環境づくりの
  最高峰】

 そんな位置づけで提供しています。



■話がそれましたが、あなたもぜひ

 【元気なときに
  環境を整える必要がある】

 【元気なときだけがチャンス】

 と心得て、


 意思決定できるときに
 バンバン意思決定して

 【行動せずにはいられない環境】

 を未来の自分にプレゼントして
 いただければと願っております。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■やる気の問題ではない。    すべては環境の問題なのである。   ■だからこそ、    大きなエネルギーを求められる意思決定を    行えるときに、バンバン決定を下して、    自分の未来に適切な環境をプレゼントする    という発想が重要になる。   ■元気が失われてきたら、未来に環境を    プレゼントすることができなくなる。   ■意思決定する意思力、気力、体力、財力の    あるうちが華である、ということだ。   ■過去の自分から適切な環境をプレゼント    されることがなければ、    悪ければ急激に、良くても緩慢な、    人生からの落伍が始まることとなる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。