毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6534号 コーチング&コンサルティング&カウンセリング&セラピーのワンストップ提供


■継続して
 個別コンサルをさせてもらっている、

 村田佑樹税務会計事務所代表の
 村田佑樹さんより、

 ご感想を頂戴しておりますので
 以下にご紹介。


 (ここから)
 ------------------------


 鮒谷さん、今回も個別コンサルを
 ありがとうございました。


 結果として前回に引き続き、
 ちょうど1ヶ月後のコンサルとなりました。


 本来であれば、3ヶ月後あたりに
 お願いしようと思っていたのですが、

 日々の繁忙さにかまけて、
 前に進みきれてない状況があり、

 なんとか背中を蹴られて
 前に進みたいという思いがあり、

 無理を申しあげた上で、今回のコンサルを
 お願いさせていただいた次第です。


 やはり、コンサルを受けさせていただいて
 ほんとによかったです。

 現実に不安に感じていることを
 率直に申し上げたところ、

 やはりまた別の視点から
 切り込んでいただくような形で、

 その問題を解決していただいたように
 思います。


 と言うより、
 これは毎回感じることなのですが、

 私が抱えていた問題は
 実はそれ自体が問題ではなく、

 もっと高い次元から俯瞰していただき、
 私が持参した問題ではなく、

 本来の真の問題に気づかせていただく
 というものなんですよね。


 こういった点は、毎回目から鱗です。

 今日はそのような私とは全く違う視点から、
 大きくメスを入れていただいいたおかげで、

 さらに前進できそうな気がしています。


 そして、その前進するスピードを
 さらに加速するため、

 また1ヶ月後に個別コンサルを
 申し込ませていただきました。


 結局のところ、自分一人では
 なかなか進むことができないため、

 衆人環視の力により、また師匠である
 鮒谷さんとの次回の約束が、

 私にとっての行動する上での締め切りとなり、
 そのことにより、さらに爆速で進むことが
 できるというものなんですよね。


 今回も本当に大きな気づきを
 ありがとうございました。

 この1ヶ月、しっかりと頑張ってまいります!

 また引き続き、よろしくお願いいたします!


 (村田佑樹税務会計事務所
  代表 村田 佑樹 さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 村田さん、長文のご感想、
 ありがとうございました!

 前回のコンサルがお役に立てたようで
 何よりです。



■日々、お届けしたいコンテンツがあり、

 さらにご感想も毎日、たくさん頂くので、
 なかなか紹介が追いつかず、

 3週間ほど前に頂戴したメールを
 ようやくご紹介(汗)



■数日後には再び、村田さんとの
 コンサルの予定が入っているのですが、

 それまでに紹介が間に合って
 良かったです、、、



■頂戴したメッセージの中で

 「衆人環視の力」

 と記載頂いておりますが、

 この力を意図的に人生、生活、
 ビジネスに組み込むのは本当に大事、

 といつも思っています。



■そもそも人間、

 やる気なんか、例外的にしか
 出てこない生き物なんですよね。


 やる気がある、
 という前提に立つから、

 いちいち行動できなくなる度に
 自分のダメさ加減に嫌気が差すのです。



■人生において
 やる気が湧いてくるのは

 「特別なボーナスステージのみ」

 と、はじめから認識していれば、


 やる気があるのが特別で、

 ほとんどの場合は
 やる気がないのが当たり前、

 という前提で
 穏やかに毎日を過ごせます。



■こうしたパラダイム転換によって、

 行動できないことに対して
 自己嫌悪に陥ることが、

 ほぼ皆無となります。


 行動できないことを自覚するたびに

 「にんげんだもの」

 と唱え続ければ良いだけです。



■とはいえ、

 自己嫌悪に陥ることはなくとも
 (マイナスになることはなくとも)、

 できれば行動量は多いほうがいいよね
 (プラスを積み上げていきたいよね)、

 という思いも、
 当然あるわけです。



■そうした思いを実現させてくれるのが

 「衆人環視の力」

 です。


 やる気がない人間が、

 やる気が出てくるかどうかは
 ともなくとして、

 少なくとも行動に移せるのは
 周囲の目があるから。



■こうした周囲の目を利用して
 行動していくと、

 行動することによって
 「やる気中枢」が刺激され、

 本当にやる気が出てくる
 (ボーナスステージに突入)

 することがあるのです。



■このメカニズムを上手に活用できる人が
 行動し続けられる人であり、

 活用しきれなかったり、
 メカニズムの存在を知らなければ、

 いちいち立ち止まってしまっては
 一向にスピードが乗ってこない、

 ということになりますね。



■こうした背景に対して、

 私(鮒谷)は個別コンサルという
 サービスメニューを提供することで

 「衆人環視システムの
  アウトソーシング業」

 を行っているということに
 なります。



■世に、

 コーチングというお仕事もありますが
 コーチングもまた

 「衆人環視システムの
  アウトソーシング業」

 的な価値を提供しているのではないかと
 思います。



■私(鮒谷)は、


 コーチングにおける価値を提供するとともに
 それに付加して、

 「自身の専門分野
  (商売、起業、マーケ、セールス等)
  における方向性の提示と軌道修正」

 についてもお伝えしている
 (これはコンサルティングとして)


 という意味において、

 「コーチング&コンサルティング」

 を同時に提供している、
 そんな風に認識しています。



■合わせて、ときには
 クライアントのボトルネック解消のための

 「カウンセラー&セラビスト的役割」

 を果たすこともありますので、


 一人で四役を
 それぞれ行き来させながら、

 ベストと思われる形で
 価値を提供することを使命としてきました。



■それがどこまでお役に立てているか
 分かりませんが、

 少なくとも一定期間以上に渡って
 リピート下さっている、

 少なからぬお客さまにおいては
 相応にお役に立てているのではないか、

 と勝手に思っている次第です。



■(ご承知の通り、安くはないので)
 別に私(鮒谷)でなくてもいいのですが、

 なかなか行動に移せない、
 そのために毎度、自己嫌悪、

 そんな悪循環にハマっている人という
 自覚がある人であれば、一度

 【衆人環視の威力】

 をどこかで確かめてみられては
 いかがでしょうか。



■誰かの存在を
 程よい距離感で意識させられることは、

 必ずや、あなたの内面に
 一定の変化を生じさせ、

 それは行動力を増大させ、
 自尊心を高めることにつながります。



■その場合のポイントは

 【単発ではなく、
  複数回で試してみる】

 というところにあります。


 一回きりだと衆人環視とならないのです。
 その場限りで終わってしまうから。

 純粋なコンサルなら、それでOK。

 聴きたいことだけ聴いて撤収、
 でいいでしょう。



■ただし、行動の変容を目指すなら、
 絶対に

 【単発ではなく、複数回】

 でなければなりません。

 次回がいついつですね、という縛りが、
 行動を良い方向に向かわせるからです。



■そんな

 -----------------------

 1、行動量の増大(コーチング)

 2、方向性の提示(コンサルティング)

 3、前進を阻むボトルネックの解消
  (カウンセリング&セラピー)

 -----------------------

 についての、


 一定以上の知見、能力、経験を持つと
 思われる人を見つけたら、

 次に、その人の力量を
 テストしてみられると良いでしょう。

 (その場合は上述の通り、
  必ず複数回にて)



■良い人に出会えれば、
 という前提ではありますが、

 うまくハマれば、自分一人の力では
 なにをやってもうまくいかなかったところが

 【衆人環視の威力】

 を味方につけて、人生が大転換する
 可能性が生まれます。


 一発の思い切った意思決定が
 人生を大転換させる、

 ということは案外、
 頻繁に起こること。



■私(鮒谷)が目指しているのは、

 そんな変化・変容の、
 再現性の高いアシスト、

 です。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分には「やる気がある」という前提に    立つ限り、永遠に変われない。   ■自分にはやる気がない、    と認識するところから、初めて    「環境を整えることに対する投資」    に対して思いが向くのである。   ■こうした投資の重要性に認識し、    実践することが    「人生における悪循環から抜け出す     突破口」    となることが往々にしてあるものだ。   ■そのアシストをすることについての、    豊富な知見、能力、経験、    専門性を持つ人が身近にいたならば、    一度、その人物をテストしてみる、    そんな選択をするのもありかもしれない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。