毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6514号 自分を高く売れないのは、「高く売る」と決めていないから


■商品であれ、自分自身であれ
 高く売りたいのであれば、まず

 「高く売ると決める」

 ことが大事です。

 まずはそこからです。



■決めてさえ、高く売ることは
 なかなか難しいのに、

 決めてないのに高く売れる、なんて
 ことが起こるはずがありません。



■コンサルなどで、よく

 「安く買い叩かれて困っています」

 と嘆かれる方にお会いしますが、
 そうした方には一言

 「高く売るって決めてますか」

 と聞くようにしています。



■高く売ると決めているけれども
 そうならないのなら、単純に

 「やり方に問題がある」

 ですから、

 正しい価格設定の仕方や案内方法を
 お伝えするだけで、

 あっという間に高収益体質の
 ビジネスに作り変えられます。



■問題は、そもそも

 「高く売る」

 と決められていなくて、


 それゆえ当然、そのために必要な
 何もしていなくて、でも

 「高く売れないんですよね」

 と嘆かれている方。



■高く売れない理由は明白です。

 決断していないから、
 覚悟を決めていないから、

 です。


 決められないのは

 「逃げている」
 「ビビっている」

 からですね。

 安い価格で販売していたら
 価値提供できなくても

 「安い価格だから、これくらいで」

 と自分に対する言い訳がつきますから。



■そうした方は一度、高い値段をつけて
 売ってみてく浅い。

 そうすれば

 「言い逃れできなくなる」

 厳しさを体感するでしょう。

 でも、価格を上げるためには
 それは避けて通れぬ道ですね。



■私(鮒谷)は個別コンサルを
 1時間12万円、

 メルマガ読者の方からのお申込みに
 ついては「特別価格」として


 <個別コンサルのご提案>

 に記載している通り、

 「2時間198,000円(+税)」

 にて、ご案内しています。



■高いと捉えるか、安いと捉えるか、
 人それぞれだと思いますが、

 (そして私(鮒谷)は
  激安すぎるだろう思っていますが)

 とはいえ、

 さすがにこれくらいの価格で
 お客さまと向き合っていたら

 「価値をお出しできませんでした」

 では通りません。



■価値は出せて当然だし、

 そこから先は、顧客からの期待を
 さらにどれだけ上回れるか、

 に対するチャレンジをしている、

 そんなつもりで
 毎日を過ごしています。


 そのための研鑽のためには
 寝袋生活も辞さず、ですよ。



■なぜ、そんな価格帯で
 チャージできるようになったのか、

 そして、その価格帯でも、
 ひっきりなしにお申し込み頂けるのか、

 その答えは簡単で

 「値段をひたすら上げていく」

 と決めたからです。



■そのほうが楽しいし、自尊心も
 自己肯定感も上がりますからね。

 下げる一方だと自尊心も自己肯定感も
 削られていくだけです。



■ただし、上げると決めただけでは
 上がりません。

 しかし、決めなければ、
 そのための何もしないから、

 結局、価格は上げられません。



■あくまで決めるのはスタートであり、
 ゴールではありませんが、

 決めないことには
 何も始まらない、

 ということですね。


 決めて、

 「相応の努力をして」

 時間の経過とともに
 価格が上がる、

 の順番です。



■ちなみに、これは

 「直接、値決めに関係ない方
 (たとえば会社にお勤めの方)」

 であっても
 大いに関係がある話です。



■このことについて
 当音源をお聴きくださった、

 (会社づとめをしていらっしゃる)

 中安さつきさんが
 以下のご感想を下さいました。


 (ここから)
 ------------------------


 今回の音源のテーマが値付けだと聞いて、

 正直なところ、会社員の自分には
 あまり関係ないかなと思いました。


 しかし、話を聞いているうちに、

 自分が置かれた場において
 価値を提供するとか、

 相手のニーズを見つけるとか、
 説明責任を果たすなどということは、


 単に「値上げ」ということに関わらず、
 どこで何をしていようとも、

 在り方というか、姿勢として
 大切なことだと考えさせられました。


 実際に値上げをする必要がない立場にありながら
 値上げするつもりの意識をもって、

 価値の提供、相手のニーズ、
 説明責任を意識することができたら、

 これはものすごくアドバンテージに
 なるのではないかとも思いました。


 とはいえ、実際に値上げをする
 必要がある立場の方ほど、

 覚悟を持つことはできないであろうことは
 容易に想像できますが、

 それでもなお、
 意識していきたいと思います。


 この音源の元を取るためにも(笑)、

 「値上げ」の話だから関係ない、

 と思わずに行動につなげます。

 今回もありがとうございました。


 (中安 さつき さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 中安さん、ご感想をお寄せくださり、
 ありがとうございました!



■まさに

 「そういうこと」

 を当音源において
 お伝えしたかったのです。

 意を汲んでくださり
 ありがとうございます。



■実際に値決め、値上げに携わっているか
 否かはともかく、

 「自分を高く売る」

 と決めるからこそ、
 高く売るためのあれこれを行い、

 高く売れるようになるのは、

 商品やサービスのそれと
 全く同じです。



■そう考えると、

 全身全霊、切った張ったで
 毎日、鎬を削っている、

 叩き上げの経営者もそうですが、


 あくまで一般論、かつ、多分に
 偏見が混じっているかもしれませんが、

 組織に所属されている方こそ
 こうした発想を持てば、

 (相対的に緩い人が多いから)
 ガチ商売人などよりもはるかに簡単に、

 頭一つ、さらには二つ、三つ、と
 抜け出せるに違いありません。



■キャリアアップしたい、
 年収アップしたい、

 と考える会社づとめの方は多く、

 そうした方は一般に、

 資格取得をしたり、
 能力伸長を試みられたりしていますが、


 それよりも

 「自分を高く売る」

 ことを決めるのが先決ではないか、

 そしてその後で、必要に応じて
 資格取得、能力伸長、の順番ではないか、

 と個人的には思います。



■あらゆることは

 「決める」

 からこそ動き始めるのです。


 商品も、サービスも、自分自身も

 「高く売る」

 と決めるからこそ
 本当に高く売れるようになるのです。



■当たり前過ぎる話ですが、

 そんな当たり前のことを心がけている人が
 ほとんどいないからこそ、

 この世はチャンスに溢れている、
 と言えそうです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■あらゆることは「決める」からこそ    動き始める。   ■なにごとによらず、決めない限り、    なにも起こらない。   ■商品もサービスも自分も、    高く売りたいのなら高く売る、    と決めなければ何も始まらない。   ■すべては「決める」ところから。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。