毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6498号 「老後2000万円問題」が、きれいさっぱりなくなる話


■目指すべき目標に数字を掲げ、
 合わせて締切りを設けて動くのは

 「筋トレ」

 をするようなもの。

 負荷はかかりますが、
 ストレッチするから筋力がつきます。



■もちろん、

 習慣化されるまでにはそれなりの期間、
 一進一退が続くこととなりますが、

 身につくところまでトレーニングを
 重ねていきたいもの。



■一進一退を受け入れることが、

 筋トレであろうが、
 目標設定&達成であろうが、

 自身を躾けるための要諦です。



■どれだけ躾けたところで報いがなければ、
 それはただの苦行になりますが、

 躾が習慣化され、何も考えなくても
 できるようになった暁には


 (私(鮒谷)がよく言う
  言い方をするならば)

 「羽が生えたような」

 そんな世界に出られるという
 報酬が用意されています。



■筋力がアップすれば、

 それまでかけていた負荷が
 負荷に感じられなくなるように、


 ある、良い行動が習慣になれば、
 もはやそこに負荷はかからず、

 思いのままに振舞っているだけで
 勝手に成果が出続けることとなります。


 この状態を

 「羽が生えたような」

 と表現しているのです。



■この世界に私たちを連れて行ってくれる
 行動を無意識にできることを

 「良質の習慣」

 と名付けるならば、


 良質の習慣を一つ、また一つと
 身につけることによって

 どんどん身体は軽く、
 楽になっていくでしょう。


 ※習慣化の話については
  下記音源を参照下さい。

  「羽の生やし方」について話している
  音源ということになりますね。


 -----------------------

 努力ゼロ/成果最大化(習慣化)音源

 -----------------------



■そんな

 「羽の生やして、
  世界を自由に飛び回れる」

 ようになりたければ、

 ぜひとも身につけたい
 習慣の一つとして

 「数字と締切を日々、意識する」

 ことを挙げておきたいと思います。



■この習慣を一言でいえば

 【狙った獲物は外さない習慣】

 と言えるでしょう。


 またの名を

 【対象を撃墜するまで追い続ける
  ホーミング(自動追尾)ミサイル習慣】

 とも言えそうです。



■つまり

 「欲しい物を必ず獲得する習慣」

 ですから、

 「老後2000万円問題」

 などに悩まされることとか
 なくなります(本当です)

 「60歳(あるいは65歳までに)
  2000万円貯める」

 と決めるだけですからね。



■なんならここの数字を自由に書き換えて

 「30歳」「35歳」「40歳」
 「45歳」「50歳」「55歳」

 等にしてもいいのです。


 もちろん金額も

 「3000万円」「5000万円」
 「1億円」「3億円」「5億円」「10億円」
 「30億円」「50億円」「100億円」

 など、自由に入れたら良いでしょう。



■たとえ、

 その年齢で、その数字を
 実現できなかったとしても

 「何も掲げていなかったときよりも
  100%、確実に目標に近づいている」

 ことは断言いたします。



■ならば、

 「数字と締切を設けないなどありえない」

 と思いませんか。


 何も掲げなければ、
 何も行動しないから、

 何も起きないのは当たり前。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■数字と締切りを設けることによって    筋トレのごとく自らを鍛錬できる。   ■もちろん、そこには一進一退が    あるだろうが、    習慣化できるところまで進めていく、    これが自らを鍛錬し、躾けるための要諦。   ■こうして自らに制約を課し、己を躾け、    習慣化することで、    無意識的有能の境地に至ったならば、    身体は軽く、楽になるはずだ。   ■いつもどおりに振舞うだけで    成果が出続ける、そんな世界に遊びつつ、    さらに良質の習慣を一つづつ、増やせば、    より一層、世界は楽で楽しいものとなる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。