毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6493号 見たくもないマスターベーションを、カネを払って見せられる身にもなれ


■ビジネスを

 「お客さまに価値を渡すのと引き換えに
  お金をもらう」

 ものと定義するならば、


 主語は徹頭徹尾

 「(私、ではなく)あなた」

 にして語らなければなりません。

 ※あなた=お金を支払って下さるお客さま



■たとえば私(鮒谷)も、

 コンサルをするときには
 最初から最後まで

 「あなた」

 を主語にして語ります。



■もちろん

 (あなた=顧客、が○○されるにあたって)

 「私(鮒谷)が過去にやってきたことが
  参考になるかもしれませんので......」

 といった事例の紹介や
 知見提供の文脈で

 「私(鮒谷)は~」

 と語ることはありますが、


 何の脈絡もなく、最初から最後まで

 「私は~」
 「私は~」
 「私は~」

 という話をし続けたら、

 それはコンサルではなく、
 単なるひとり語り、

 より厳しい言葉でいうならば
 マスターベーションとなってしまいます。



■たしかに

 「マスターベーションを見せるから
  おカネを下さい」

 というビジネスが成立する特殊な分野
 (AVとかw)もありますが、

 あまり一般的ではないでしょう。



■基本的には、

 (自分の気持ちいいことではなく)
 相手=顧客、が気持ちよくなるように、

 つまり

 【徹頭徹尾、相手を主語にして】

 語るからこそ、
 商売は繁盛するのです。



■これを逆にしてしまうと、

 ヒッチコックの『鳥』くらいの勢いで
 閑古鳥が襲いかかってきて、

 あっという間に
 貧乏のどん底に落ちてしまいます。



■仮にも商売して
 お金を頂戴しようとする人なら、

 主語を「私」にして語り続ける人など
 あるはずがないだろう、

 と思われるかもしれませんね。



■しかし、

 ありもありも、
 大ありなんですよね、

 商売人においても
 そうした人は珍しくありません。



■試しに

 「コンサルタント紹介サイト」

 みたいなサービスがいろいろあるので、
 登録して、

 (自称)コンサルタントを
 呼んでみたら分かりますよ。



■そこで

 「こんなことを教えてくれる人、
  ありませんか?」

 と(それなりの金額とともに)
 依頼内容をアップするとすると、


 それこそヒッチコックの
 『鳥』みたいな感じで襲撃、

 もとい、
 数多くの連絡をいただきます。



■その中で、

 この人は優秀そうかな、
 経歴も経験も悪くないな、
 一度、お話ししてみるか、

 と思って、

 所定のお金をお支払いして
 コンサルを依頼してみてください。

 (たいていの場合)
 顎が外れそうになりますから。



■私(鮒谷)の体感では、

 誇張抜きで8割くらいの人から

 「唖然、呆然、憤怒、失笑」

 といった、

 日常、あまり経験することのない
 感情を味わわせてもらえます。


 ひょっとしたら、非日常感情を味わえる
 遊園地みたいな場所なのかもしれません。



■副業をしているすべての人がそう、
 なんていうつもりはありませんが、


 そうしたサイトには、
 大した思いもなく、

 あわよくば
 小金を稼げればラッキー、

 くらいな感じで登録している人も多く、

 (まじ、ふざけるな)


 本気で覚悟を決めていないから、
 とにかく一事が万事、

 いい加減な人が多いです。



■全てにおいて適当なので

 「顧客のことに思いを致す」

 などという、
 当たり前のことにに思いを致すこともなく、


 自分の話せることか、話したいことだけを
 ペラペラ喋って、それでおしまい、

 そんな人の如何に多いことか。

 (思い出して再び、憤怒)



■そんな人に遭遇するたびに

 「あなたは一体、どういうつもりで
  顧客にお金を請求しているんですか?」

 と小一時間、問い詰めたいくらい。


 そんな人がチェンジしてもチェンジしても
 姿かたちを変えて何度も現れるので

 「魔界村かよ」

 と思わず、つぶやいてしまったことすら
 ありました。



■なにかの音源で、

 そんな経験談をしたことも
 あったように記憶していますが、

 でも、逆に言えば、

 真面目に「仕事」をする人にとっては
 むしろ大チャンス到来。



■なぜなら、

 異形の怪物たちが跳梁跋扈している
 魔界村において

 「魔物でない(=全うな商売人)認定」

 されたら、

 いくらでも商売を取れるようになり、
 引っ張りだことなるからです。



■ベム、ベラ、ベロ、よろしく
 魔物の衣を脱ぎ捨てて

 「早く人間になりたい」

 のなら

 【私が主語】

 【マスターベーションを見せて出演料を
  もらおうとする男優、女優】

 の世界を卒業し、


 【徹頭徹尾、
  相手を主語にした語り】

 の世界に身を置くこと。



■すべてはそこからです。

 これが当たり前にできるようになって
 初めて

 【人生、ビジネスのスタート】

 に立ったといえるでしょう。


 それまではまだ

 【なんにも始まっていない】

 のです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■商売繁盛の世界に身を置きたいのなら、    「自分を主語」の姿勢を改めて、    「あなたを主語」に転換させるべき。   ■見たくもないマスターベーションを    カネを払って見せられる身にもなれ、    ということだ。   ■想像力を働かせられない人は、    いつまで経っても儲けられないし、    飛躍の機会が与えられることもない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。