毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6484号 馬を水辺に連れてはいけても、水を飲ませることはできない


■「動きたい、
  動く必要があると分かっている、
  しかし動けない」

 そんな悩みを持つ人は
 思っている以上に多いもの。



■こうした症状に特効薬はなく、

 時間を味方につけつつ、
 自分を躾ける習慣化する以外にない、

 と理解するところから
 すべては始まるわけですね。



■このことが理解できないと、

 即効性があるように思われて
 むしろフォーム(正しい姿勢)を崩す

 「おかしな型」

 を身につけてしまいかねないので
 要注意。



■横着せずに正しいフォームを
 正しく身につけさえすれば、

 後々、楽になるのですから
 まずは

 「フォームの身につけ方」

 を学ぶべきでしょう。



■私(鮒谷)が提供してきた
 コンテンツのうちの少なからぬ割合が、

 直接・間接に

 「フォームの身につけ方」

 に関係ある話だというのも
 それだけ身につけるのが大変、

 ということ。


 同時に、

 一度、身につけさえすれば
 一生モノの財産になる、

 ということでもあります。



■それゆえ一言、二言で
 語れるものではもちろんないですが、

 その中でも今日は、

 「動けるようになる」

 ための有効性が実証されている、

 一つの方法論をお伝えいたします。


 それは

 「思い切って
  人前で話をしてみる」

 こと。



■一例を挙げると、

 私(鮒谷)は長い間、

 -----------------------

 1、いい人になりましょう
 2、凄い人になりましょう

 -----------------------

 とメルマガで書くのみならず、
 人前で話をしてきました。



■そのような発信を行うのは

 「自分はそのような人間ですよ」

 もしくは、少なくとも

 「そんな人間であろうとしていますよ」

 という決意表明をしているのと
 同義です。



■現実には、もちろん

 「自分はそのような人間ですよ」

 と言っているのではなく、
 後者、つまり

 「そんな人間であろうとしていますよ」

 というスタンスのもと

 -----------------------

 1、いい人になりましょう
 2、凄い人になりましょう

 -----------------------

 とお伝えしているわけですが、

 これがいい具合に
 プレッシャーになるのです。



■正直なところをいうと

 「実はそれが全くできていない」

 どころの話ではなく

 「なろうという覚悟も決まっていない」

 状態であったにもかかわらず、


 ノリと勢いの力を借りて

 「ああ、言ってしまった、
  書いてしまった」

 という状況を作り、
 走り出したら止まれなくない状況を作った、

 のが実際です。



■こうして一度、宣言して、

 人さまの視線をこちらに
 向けることに成功すれば、


 もはやその視線から
 逃れられなくなるので

 「仕方ないけれども
  やらざるを得なくなる」

 のです。

 そしてこれがいいのです。



■やっているうちに、

 徐々に宣言した方向に向かって
 動き出せるようになり、

 やがて、そこから生まれる変化を
 体感できるようになってきます。


 私(鮒谷)自身、

 間違いなく、昔の自分と比べて

 -----------------------

 1、いい人になっている
 2、凄い人になっている

 -----------------------

 という実感があるのです。



■誤解のないように記しますが

 「誰かと比較して、
  私(鮒谷)はいい人です、凄い人です」

 なんて微塵も思っていないし、


 あくまで

 「昔の自分と比べて」

 と記しているように、
 過去の自分と比較しての話です。



■こうして

 「対過去の自分比」

 において変化や成長が実感できるから、

 満たされ、ますます
 頑張れるようなってきます。



■つまり、

 なりたい自分になるためには
 ノリと勢いの力を借りて

 「やっちゃえ 日産」

 ならぬ

 「いっちゃえ ○○」
 ※○○は自分の名前を入れる

 方式が極めて有効である、

 とお伝えしたいのです。



■もちろん、

 これだけやればすぐに変われる、
 動き出せる、

 とまでいうつもりはありませんが、


 それでも少なからぬ、

 前に進む、
 最初の駆動力を獲得するための、

 きっかけと力を得られるはず。



■ここしばらく

 【「ここから始めるセミナー開催」音源】

 音源をご紹介してきましたが、


 セミナーを開催して
 カネを儲けましょう、

 みたいな安直な話ではなく
 (結果として儲かることもありますが)、


 そんなことよりも、
 もっと大事で、価値がある、

 と私(鮒谷)が信じている、

 「人前に立ち、宣言する」

 ことの力を借りるための

 【きっかけとやり方】

 をこの音源で学んで頂ければと
 願っています。



■最後に少し付け足しをしておくと、

 これまでに
 何百回、何千回どころではないくらい

 「動きたい、
  動く必要があると分かっている、
  しかし動けない」

 という言葉を聞いてきましたが、


 ハッキリ言うと、

 こうしたことを言われる方は
 心の奥底では

 「動かなくて構わないし、
  何の問題もない」

 と思われているのです。



■口ではいろいろ言われていても、

 自分にとって心地よい
 コンフォートゾーンに留まっているので

 「これでいい」

 と考えているということですね。


 なので、そうした方にどれだけ

 「頑張って下さい」

 とかなんとかいったところで

 【無意味】

 であることがコンサルを開始以降、
 よく分かりました。



■本人自身が(本心では)

 「本気でやるつもりがない」

 のだから、

 赤の他人たる私(鮒谷)が
 何を言ったところで、

 何も変わらないし、
 行動に移されることはありません。



■結局、最後の最後は
 本人が本気になるしかないのです。


 私(鮒谷)ができることは
 そのための

 「触媒的な役割」

 を果たすことくらい。



■よく言われる言葉でいえば

 「馬を水辺に連れてはいけても
  水を飲ませることはできない」

 ですよ。

 水を飲めるのはご本人だけ。



■もちろん、水辺にお連れすることは
 できますよ。

 それが仕事だし、
 水を飲むように促すのも私の仕事。



■目標はこう設定すると良いですよ、
 毎日、書くことで思考を整理してみては、

 というところから始まって、
 あれやこれやそれやの話をして、


 その後、たとえば

 「セミナー(勉強会、読書会)
  やってみたらいいですよ」

 ということで、

 水辺にまでは引っ張っていき、
 さらには水を飲むように、

 促してもいるつもり。



■けれども、最後の最後、

 「ノリと勢いでまず、やるんです。
  次に余勢を駆ってやり続けるんです」

 という私(鮒谷)の言葉を聞いて、


 やってもらえるかどうかは
 最後はご本人の決断次第。

 背中は押しますが、やるかどうかを
 決められるのは、あなただけ。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■動きたいのに動けない、    そんな悩みがある人は、    ノリと勢いの力を借りて、    セミナーや勉強会を開き、    自分の姿勢、態度、目指すべき世界を    宣言すればいい。   ■一度、名乗りを上げ、    さらには歩き続けているうちに、    確実に過去の自分と、異なる自分に    変わっていることを実感するはずだ。   ■他人の目というプレッシャーが    変革、変容の後押しをしてくれるのだ。   ■大事なのは、最初の一歩を踏み出し、    二歩目、三歩目と歩き続けること。   ■そこから動かずにはおれなくなるところ    までは地続きだ。   ■最初の一歩を踏み出す人と、    躊躇する人の(小さな)差は、    時間の経過とともに絶望的なまでの    懸隔となって現れる。   ■あなたはどちらの人生を歩みたいのか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。